滑り台で遊ぶ子供





記事によると

もうすぐ学校の新学年が始まりますね。
これからお子さんが大きくなっていくにつれ、教育費が必要になってくるのです。
では教育に関して、世の夫婦の意見にはどのような相違があると思いますか?
今回は、ソニー生命保険が30~59歳の男女1,000名を対象に実施した『子どもの教育資金に関する調査』の結果をご紹介しましょう!

夫婦喧嘩も勃発!? 親の教育方針の差

調査ではまず、「子どもの教育に関し、夫婦の教育熱はどうか」と尋ねました。すると、なんと「夫婦ともに教育熱心ではない」と答えた人が36.3%と4割近くに!

「勉強が出来なくてもいい、伸び伸び育って欲しい」と思っている夫婦が多いようです。

次いで「パートナーは教育熱心だが自分はそうではない」(24.2%)、「夫婦ともに教育熱心だ」(21.6%)、「自分は教育熱心だがパートナーはそうではない」(17.9%)という結果に。

教育に熱が入ると起こり得るのが夫婦間の意見の衝突。「夫婦間で教育方針が異なるか」と尋ねると、「あまりあてはまらない」が55.9%、「全くあてはまらない」が21.3%と、約8割が当てはまらないと答えていますが、18.5%が「ややあてはまる」、4.4%が「非常にあてはまる」と回答。

記事の全文はコチラからどうぞ







教育資金の計算は難しそうですよね…;
学費から生活費など、考えておかないといけないことが多そうです…(^_^;)


お仕事探すならうれせん求人!
うれせん求人バナー