2015年08月


記事によると

炭水化物は、ダイエットの大敵
ダイエット=炭水化物を減らすという方法や、炭水化物の摂取を一定の期間止めるなどといった「糖質制限系」が広まっています。

なぜ炭水化物を制限するのか
炭水化物は摂取することにより糖となり、必要なエネルギーとして消化吸収されますが、余った糖は脂肪へと変わってしまいます。

炭水化物を摂らないとフラフラになってしまう
本来、炭水化物は身体にとって非常に必要な栄養素です。
炭水化物を摂取することにより、身体が動くエネルギーを作り出したり、脳に必要な栄養を送ることが出来るわけですから、これを制限すると様々な問題が起きがちです。


続きを読む


記事によると

・寝かしつけ
 ∟これをしたら寝る時間」という入眠儀式を決めて、毎日行います。

・ラッコ抱き
 ∟仰向けに寝ているママの胸の上で、赤ちゃんがうつ伏せになるように寝かせる方法。
  ママの心臓の音が聞こえるので、赤ちゃんはとても安心するようです。

・眉間をやさしく撫でる
 ∟赤ちゃんの眉間の間を人差し指でゆーーくり撫でます。
  すると反射で目を閉じてるうちに本当に眠くなって寝てくれます。etc…


続きを読む


記事によると

2015年度 お小遣い額が最下位から2番目に
男性会社員の毎月のお小遣い額は昨年より1,930円減少し、37,642 円と 1979 年の調査開始以降2 番目に低い金額となりました(最低額は 1982 年の 34,100円)。

2015年度 昼食代平均(日)が600円台
1日あたりの昼食代の平均も601円と前回より60円アップ。

アベノミクスとは相反して、お父さん達には厳しい結果となりました。

▼掟その1 外食はやめよう。
2014年度では全国平均で1日約500円台。各地でもそれほど大きな開きはないと思われる。
1日500円×20日出勤として10000円。高いと見るか、手間を惜しむか。


続きを読む


記事によると

主は去年結婚したばかりで、旦那と迎える初めてのお正月に知らない女性から怪しげな内容の年賀状が届く。
旦那は知らないと言い張る。
忘れ去った夏にまた同じ女性から怪しげな内容の暑中見舞いが届く。
旦那はまた知らないと言い張るが、主は疑心暗鬼に。
そんなある日、旦那が帰宅する前にその女性から電話が…。
「妻ですけど、どのような御用件でしょうか?」 と伝えると相手は明らかに動揺。
女性「あのっ・・・私、○(旦那)さんとお付き合いしてるんです!奥さんがいるなんて聞いてません!!」


続きを読む


記事によると

今日の会話。
姑「貴方(私)~孫の躾悪いわよ?私と暮らしたほうが孫もいい子になるかもね。教育ロクに受けてない人はこれだから困るわね。」(私は高卒)
姑「あ~それにしても。他人の娘さん(私)がいるってだけで私こおんなに気を使って疲れたわ。なのにこの嫁は全然気を使わないんだからまったく(以後ブチブチと文句)」
私「あ、じゃ、別々に住みましょうか?」
姑&旦那「え?」
私「だから別々に。」

姑「あ、あっはっは。別居ぉ?そんなの○○ちゃん(旦那)がするわけないじゃないのお?ねえ?」
旦那「そ、そうだよ。お前いきなり何を」(ちょっとおびえた感じ)
私「あーだから。○○ちゃんは置いて来ますんで、他人の娘が別に住むってことです。じゃ、決まりですね。これからご近所さんに挨拶してきます。」(立ち上がる)
姑「待ちなさい!そんなこと許されると思ってるのですか?それにご近所さんになんと言っていいか…」
私「他人の娘がいないほうがお義母さんも気が休まるのでしょう?そうなさってください。ご近所に言うのは私がここにいると思われて来られると二度手間になると思うので連絡先だけでも伝えようかなと。」


続きを読む


記事によると

食べ物で表現された国旗
ただし、日本はシンプルさが仇に…しょぼい(´・ω・`)

紹介されている国
・オーストラリア
・ブラジル
・中国
・フランス
・ギリシャ
・インド
・トルコ
・日本
・韓国
・イタリア
・インドネシア
・レバノン
・スペイン
・スイス
・タイ
・イギリス
・ベトナム
・アメリカ


続きを読む


記事によると

実家が田舎のローカル線のよく見える山を所有している
よく見えるポイントにいくには山の裏からギリギリ車は通れる程度の長く険しい獣道みたいなところを通らなければならない
その中でも危険なのが途中の沢にかかった木製の橋

撮り鉄が来るがマナーが悪いため、橋を撤去することに
撮り鉄が行くポイントは山の裏の入り口からお社までの中腹にあり、そこにいくには先ほどの橋を通らねばならない。
なのでその橋を撤去、封鎖することにした。マナーの悪い撮り鉄達はその日を境に見なくなった

皆が忘れた数年後のある頃に事件が起きた
その沢に車が落ちているとの事だった。
だが、車が通れないように設けた旧橋の入り口の立て看板は動いていない。
住民は記憶の糸を手繰り寄せて、「撤去まで思い至った件の撮り鉄達の車」と一致することを思い出した。


続きを読む

このページのトップヘ