ミルクレープ

記事によると

コーヒーショップといえば、スターバックスばかりが注目される。
だけどみんな、日本を代表するコーヒーショップを忘れてないか? 
ドトールだよ、ドトール! 
国産のお店をもっと贔屓にしてやって欲しい。安くて居心地がいいドトールを、もっと見直すべきだ。
何より、ドトールを評価すべき点は「ミルクレープ」にある。
発売開始から現在に至るまで21年もの間、あの美味しいスイーツを提供し続けているのだ。
最近はコンビニでもミルクレープを販売しているのだが、はたしてどこのミルクレープが1番美味しいのか? 

今回はドトール・セブンイレブン・ローソン・ミニストップのミルクレープの食べ比べに挑戦した。
ナンバー1は、ここのミルクレープだ!!

・各社の値段
ドトールコーヒー ミルクレープ 360円
セブンイレブン ミルクレープ 発酵バター香るクレープ生地 270円
ローソン 絹のような口どけ 20層のミルクレープ 295円
ミニストップ 9層のミルクレープ 300円


価格はドトールの商品が頭ひとつ出ている感じ。
コンビニ各社は概ね300円台でまとめている。形状はミニストップだけが長方形だ。

・ドトールのミルクレープ
まず最初にドトール。今に至る日本のミルクレープの礎を築いた一品だ。
私(佐藤)が考えるこの商品の魅力は、食感にあると思う。
クレープ生地は比較的 硬めで、食べると1層1層の重なりを感じ取ることができる。
価格は他のものより60円近く高いのだが、それでもその価格に見合うだけの価値があるのではないだろうか。ホイップクリームとクレープ生地の織りなす食感の魔術は、20年以上人々を魅了しているといっても過言ではない。

・セブンイレブンのミルクレープ
続いてセブンのミルクレープ。この商品は、生地がもっともクレープらしいと感じられた。
生地そのものは薄いのだが、口のなかでその存在感が失われることがない。
発酵バターの風味も、しっかりと生きている。
4社のなかで、もっとも女性ウケしそうな味と食感。
スイーツに定評のある、セブンならではの考え尽くされた一品だ。


記事の全文はコチラからどうぞ







ミルクレープ食べたくなる!




お仕事探すならうれせん求人!
うれせん求人バナー