keisan

記事によると

皆さんは今まで、自分が生まれてから何秒たったかわかる? 年齢ならすぐに応えられるものの、生まれてからの秒数についてすぐに答えられる人はまずいないのでは?

でも、CASIOが運営している高精度計算サイト「KEISAN」を利用すれば、それが簡単にわかるんです。しかも、各自に合ったメッセージまで表示してくれるのだとか。

とっても興味深いので、今回私もやってみました!
【生まれてから何秒経った?】
「KEISAN」の中の「こよみの計算」の「時間・時刻」のカテゴリにある「生まれてから何秒たった?」で計算できるのが、生まれてからの時間。

自分が生まれた生年月日(何時何分まで)と現在の日時を入力すると、経過日数、経過時間、経過分、経過秒、そしてメッセージがすぐさま出てきます。

【生まれてから12臆秒も経ってるなんて…!】
私も自分の生年月日を入力し「計算」ボタンを押してみたところ……ドキドキ。

経過日数は14442日、経過時間34万6610時間、2079万6607分、12億4779万6240秒と出てきました。39年生きてきたことは当たり前のように受け止めていますが、秒数になおすと生まれてからもう12億秒以上も経っているのか……おつかれさま、私。と、なんだかちょっとしみじみしてしまいます。

記事の全文はコチラからどうぞ








興味あるし、やってみたい!
と思ったけど、やっぱり怖いからやりません(@@)
年齢という現実はえげつないものですね。



お仕事探すならうれせん求人!
うれせん求人バナー