kanou

記事によると

ファビュラスなお姿を拝めるだけでなく、心に残る金言まで授けてくださることでおなじみの、叶姉妹のインスタグラム。

2018年2月5日は、ピンク色のバラを手にした姉・恭子さんの写真とともに、親と子の関係の在り方について言及。「『救い』になること」と題されたこちらの投稿は2万超もの「いいね!」を集めています。
【「親は子供を救えず、また子も親を救えない」】
「親は子どもを救えません。また逆に、子どもも親を救えません」

この一文から始まる叶姉妹のメッセージは「親は子どもを変えることはできず、子どもも親を変えられない」と続けています。

否定の表現が続くため一見するとネガティブな表現に聞こえるかもしれませんが、むしろこれは「救い」の言葉なのです。

記事の全文はコチラからどうぞ







ファ‥ファビラス…!!!!!!
(これだけ言いたかった)




お仕事探すならうれせん求人!
うれせん求人バナー