お金・貯金のカテゴリ

お金

記事によると

長財布がいい? 新月には財布を振る? 3年で買い替え?

新年に向けて、財布を買い替えようと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 財布には風水の見解やいろんな噂がありますが、ファイナンシャル・プランナーの目から、よく耳にする財布ジンクスをひも解いてみました。これからの財布選びの参考にしてくださいね。


財布を買うのなら長財布がいい?

 「長財布はお金が貯まる」と、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

i2_org

記事によると

12月の下旬頃には、秋冬物のセールが始まりますが、今から待ち遠しいですよね。
セール対象となるアイテムも意外と多く、通常価格のアイテムがいきなり半額になったりすることもあります。
年間のセールの中でも、一番お買い得感が強いセールだと思います。
しかし…年末セールといえども、損をする可能性は大いにあります。
例えば、30%オフで商品を買って数日後訪れてみたら、同じ商品が半額以下になっていたといったケースも…。
同じ商品なら、少しでも安く買いたいですよね。

では、年末年始のセールは、いつが狙いめなのでしょうか?
続きを読む

8fedb0cc.jpg

記事によると

10年前と今現在の価値観を比べてみると、こんなにも違ってきたのかとわかる事があります。

10年前
「ユニクロ安い!」
「Francfrancの雑貨かわいい!」
「美容院でカット5000円」
「ヤマダ電機安いな〜」


「ユニクロ高くね?」
「100均でもかわいい雑貨ある」
「床屋はQBハウスでいいや」
「家電はネットで最安値比較」

続きを読む

5fcf0ba7.jpg

記事によると

人生100年時代 キャリアを開発するのは「自分」

  こんにちは、「ワークルールとお金の話」の佐佐木由美子です。以前から、働く女性を応援する情報共有の場として、「サロン・ド・グレース」を主宰しています。9月のサロンで取り上げた、これからの新しい働き方とワークルールについて、今回はお伝えしたいと思います。
超高齢化社会の現実 定年後の人生は30年近くある

 厚生労働省の発表によると、2016年における日本の平均寿命は、女性が87.14歳、男性が80.98歳といずれも過去最高を更新。内閣府の発表では、2050年には女性90.29歳、男性83.55歳になると見込まれています。

続きを読む

5fcf0ba7.jpg

記事によると

あなたは自分が「何に、どこで、どんな支払方法で」お金を使っているか、把握できていますか?

 マネーセミナーや個人相談で話を聞いてみると、家計簿を付ける人は少ないのが現状で、何を隠そう、私自身もファイナンシャルプランナーですが、手書き家計簿は付けていません。

 自分が家計簿を付けられないからいうのではありませんが(笑)、家計簿を付けなくてもお金の管理ができていれば問題はありません。でも、お金の悩みがあるのなら、「1カ月だけ家計簿」を付けてみませんか。

続きを読む

5fcf0ba7.jpg

記事によると

「同じものを買うなら、少しでも安く購入したい!」と考える主婦は少なくないですよね。
家計を預かる身としては、節約しながら上手にお金を使いたいと思うものです。

近年はネットショッピングも一般化しているなか、なんと実店舗よりネットのほうが安く買える!
と定評のあるお買い物も。『WooRis』のリサーチをもとにお伝えします。

続きを読む

5fcf0ba7.jpg

記事によると

旅行や買い物を賢く楽しむ方法から今さら聞けない基本知識まで

 お盆休みも明けて仕事が本格的に始まった人も多いのでは?
今回は、日経ウーマンオンラインで大人気の本コラム、FP・前野彩さんのお金のアドバイス記事の中から、特によく読まれた記事をピックアップ。
今さら聞けないお金の基礎知識からお得なお金ワザまで、一挙に紹介します。
読み逃している人はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

続きを読む

5fcf0ba7.jpg

記事によると

親さんと「もしも」について話をしていますか?

 入院・介護・死亡……こうした「もしも」のことが起こった場合に、親が子どもに望むことについて、話をしたことはありますか?

  「もしも」の話をすると、「まだ、元気だから」と先送りするパターンと、「縁起でもない」と考えることをやめてしまう2パターンに分かれるようです。でも、この状態のまま放っておくと、どちらも「もしも」が起こったときに困ってしまいます。

 なぜなら、「もしも」の話は、親子が共に元気だから話ができることだから。

 親が認知症になってしまったり、余命宣告をされたりした直後に具体的な話をするというのは、なかなか難しいことだと思いませんか? 「もしも」はまだまだ先のこと、と思っているからこそ、実は話がしやすいし、準備もしやすいのです。

続きを読む

ハート 割れる

記事によると

転職して23時半頃に家に帰るようになった 
はじめは早く帰ってから浮気してるかもと思ってたら給与明細を見せられ納得しました 

夫は月給26万円で私は専業主婦として子供を二人育てています

ですが、家計にやりくりに給料だと物足りないと思っていたりもしました 
たまたま夫と喧嘩する事になって、カッとなって 
「貴方の給料が少ないの!もっと稼いできて」と言ってしまった 
本音ではなかったと思います 


続きを読む

このページのトップヘ