シングルマザー・ファーザーのカテゴリ


記事によると

子育てのための情報は溢れているけれど、シングルマザーへの情報はどうだろう?

育児雑誌や育児情報サイトを見ていて筆者が常々思うのは「夫のいる家庭を前提とした情報」ばかりだということ。最近の育児ノウハウは「より生活を楽しく、育児ストレスを少なくするかということ」に重点が置かれています。


それによって「イクメン」という言葉が生まれたりもしましたよね。夫の協力を得ることで、家事や育児は確かに楽になります。

しかし、シングルマザーに対しての育児情報ってものすごく少ないんです。「シングルマザーでも楽しく快適に育児出来るよ」なんて情報を流せば、離婚率や未婚率が上がってしまいます。

離婚や母子家庭の数を増やすことを助長してしまう可能性は高くなりますよね。できれば夫婦で子育てをするのが、経済的にも精神的にも、子供のためにも一番いいこと。

そのためかどうかは定かではありませんが、シングルマザーに役立つ情報というのは、声を大にして言えないものなのかもしれません。


続きを読む

記事によると

私は在宅で仕事をしている寡婦。中学と園児持ち。
資格の必要な仕事でそこそこの稼ぎがあり
シングルマザーでも子供を希望する私立中学に入れられた。

それがいつの間にか私が家で売春をしていると噂になり
幼稚園に呼び出される。これが先々月の話。

家の中でいかがわしいことをしていても見えない、実際は何してるのかわからない
在宅で子供を私学に入れられるほど稼げるわけない
そんな仕事あるなら私もやるから紹介しろと
奥様方の半数は全く信じる気配なし。


続きを読む


記事によると

これからシングルマザーになろうとしている人の中には、もしかしたら今、強い不安感に押しつぶされそうになっている人がいるかもしれません。精神的にはもちろん、経済的にも、物理的にも、自分ひとりで子供を育てるなんてできるのだろうか? と。でも世の中にはシングルマザーの先輩がたくさんいます。事情は色々でもひとりで子供を育てているということは同じです。

というわけで今回は海外サイト「Huffing Post」から、先輩シングルマザーたちが感じている「シングルマザーとして生きるということ」をお届けします。今日は悩むのをちょっとやめて、先輩たちの声に耳を傾けてみませんか? 何かが見えてくるかもしれませんよ。


続きを読む


記事によると

主は20歳の男性。
小さい頃に両親が離婚し、父に引き取られる。
父が再婚し、新しい母、そして、その後妹が生まれる。
20歳の誕生日に両親に呼び出され、血の繋がっていると思っていた父に繋がっていないと告白される。
実の母との離婚の原因はそのことも一因。
そして主は・・・


続きを読む


記事によると

ドラマ「Woman」で改めて、ひとり親世帯の深刻な貧困問題がクローズアップされています。
何せひとり親世帯の貧困は世界最悪という日本。
国が管理しやすい家族4人をモデルとして様々な特権を与える一方、
そこから溢れた家族構成に対しては、国も社会でも冷遇されたことがこの貧困を生んでいます。


続きを読む

記事によると

先日も朝から出かけ夕方帰宅して家のドアを開けると、本来聞えるはずのない泣き声が・・・
嫌な予感と共にリビングに駆け込むと、
見知った赤子が二人バスケット(?)の中で顔を真っ赤にして泣いている。
側のテーブルの上に置かれた『後よろしく』のメモ


続きを読む

このページのトップヘ