美容・健康のカテゴリ

プスパ

記事によると

「いつまでも変わらぬ若さを保ちたい」 切なる願いを抱く女性たちで、今日もアンチエイジング市場は大盛況!!ですが、老化との戦いにも限界があります。 整形やボトックスもメリットばかりではないし、高価な美容アイテムを使い続けるには潤沢な資金も必要… でも、あきらめないで!! インドネシアには、実年齢を聞いた人が混乱してしまうほど年齢不詳の最強美魔女が大きな話題となっています。(分かり易く他の色を使ってもOK)

続きを読む

lip1

記事によると

今や日常生活に欠かせないもののひとつになったスマートフォン。出先でもいろいろ検索したり、いろいろ見たり聞いたりできて、とっても便利なんだけど、そんなことをしているとバッテリーがすぐに限界値に達しちゃいますヨネ!

そんなときはモバイルバッテリーの出番なわけですが、どうせ持ち歩くなら、かわいい方がいい! さらに意外性があればもっといい! というオトメのみなさんにおすすめかもしれない新商品が発売されましたゾ!
続きを読む

CRI_IMG_6017_TP_V

記事によると

SNS投稿などで自分の写真を撮る機会が増えましたよね。
人からどう見られているか気になるのは私だけじゃないはず。。

私はもう10年以上毛穴の黒ずみと開きに悩んできました。

どう頑張ってケアしても毛穴は消えないから。。と思って化粧に力を入れても、
毛穴を隠すためのファンデーションが余計に毛穴を目立たせるんですよね。。

 
写真からでも毛穴が目立つのがはっきりわかるので、絶対SNSには自分の写真は載せられない。。
普通の自撮りはおろか他撮りなんてたまったもんじゃないです。。
(常にマスクで汚肌を隠していました。。)

続きを読む

女性 ヌード

記事によると

最近、女性から見ても「美しい!」と思う磨き抜かれた美ボディを作るボディメイクをされている方多いですよね。 TVなどでも特集されていて話題になっています!女性らしさを常に意識している今時の大人女子!特に気をつけているのが「スタイルの変化」です。年齢と共にたるんでくる下っ腹や、ブヨブヨの二の腕もそうですが、特に「バスト」はそうした変化を如実に感じさせられる箇所らしく、誰にも言えない悩みを抱えている人は多いのだとか。

「30代になってから、バストが下がってる気がする」
「バストアップしたいけど、今更頑張っても…」
「胸が大きければ、もっと自信を持っていられるのに」

続きを読む

ooo

記事によると

アメリカ・ロサンゼルスに暮らすインスタグラマー、ライアン・ポッター(Ryan Potter)さんは “メイク愛好家” 。ユーチューバーとしての顔も持ち、数多くのメイクチュートリアル動画を投稿し続けています。

年齢は明かしていないようなのですが、あどけなさが残る表情といい、つやつやピカピカとしたお肌の質感といい、おそらく10代か、20代前半くらいでしょうか?
続きを読む

ブラジリアン

記事によると

どんなに気心の知れた友人でも、アンダーヘアの悩みについてはなかなか話しづらいもの。
処理やケアの方法に関する詳細なガイドラインなどもなかなか見つけられないため、サロンやセルフで処理している女性の中には、「この処理法って正しいの?」「どうするのが一番いいんだろう」と気になっている人も多いようだ。
そこで今回は、成城松村クリニックの医院長で婦人科医の松村圭子先生に、アンダーヘアの正しい処理法についてお聞きした。

続きを読む

アムラー

記事によると

安室奈美恵の引退のニュースを聞いて青春時代に想いを馳せる人も多かったのではないでしょうか?
アラフォー世代にとって安室奈美恵はアイドル以上のアイコン。
90年代半ば頃、細眉、厚底ブーツ、日焼け、茶髪など安室奈美恵のファッションを真似る“アムラー”と呼ばれる若者が続出し、一種の社会現象までになりました。

アラフォー世代を見わたすと、いまだに“アムラー後遺症”を患っている女性が少なからずいます。
さすがに厚底や日焼けはいないですが、“アムラー眉”から抜けられない方をよく見かけます。  
先日、久々に公に姿を現した豊田真由子衆院議員もその一人とお見受けしました。

続きを読む

bed_boy_sleep

記事によると

マッサージにサプリメント…どんな方法を試してみても身体の疲れがとれない、という人はいませんか?もしかしたら、睡眠の質が下がっていることが原因かもしれません。

睡眠の質を高めることは、どんな健康方法よりも確実に身体の疲労回復効果を高めてくれます。おまけに自分一人で取り組めば効果が出ることですから、お手軽でコストもかかりません!

この記事では、睡眠の質を上げる方法についてご紹介していきますね。どうせ同じ時間眠るのなら、ぐっすり眠ってスッキリ疲れをリフレッシュしちゃいましょう。

続きを読む

不調

記事によると

普段は元気なのに、季節の変わり目になると体調が悪くなることが多くなるという女性が増えています。
よく「季節の変わり目は風邪をひきやすい」とも言われているので体調を崩しやすい季節というのは分かっています。
しかし、普段は感じられない症状が出ると「自分は何か悪い病気なのではないか」と不安な気分になります。
ましてその症状が長く続くと普通に生活するのもままならなくなり、さらに精神的負担が出てしまい悪化する場合もあります。
「病院に行っても病名が分からない、治療法や薬も処方されない」と特に多くの女性が悩んでいる5つの体調不良の解消法はあるのでしょうか。

続きを読む

[ココに画像]
記事によると

真っ白く炊き上がったふっくらご飯、白くてふかふかした食パン、どちらもおいしそうですね。

日本人は真っ白なご飯とともに育ってきたせいか、白い食べ物はなんだかおいしそうに見えてしまいます。
でも、白い食べ物の中にはダイエットの敵であるものも多いのです。
ふっくらご飯もそう。ふかふか食パンもそう。
対して、黒や茶などの色をした食べ物には、ダイエットに良いと言われるものも少なくありません。

ということは、白っぽいものを黒や茶色の食品に置き換えて食べると、ダイエット効果が期待できるのでは?

続きを読む

このページのトップヘ