2021年12月31日

2021年大晦日

気付けば大晦日2021年あっという間だったような長かったような
思い出があまりないようなそんな1年

カウコンは申し込んでみたけれど当たらなくて家で見る大晦日
にっぽんの歌でキンキバック時代のふぉ〜ゆ〜の過去映像が見られたからまあこんな大晦日も悪くないなと思いつつ
いまはカウコン放送を楽しみにしている
だって2022年は寅年!
12年前に寅年だけどふゅーちゃーされなくてバックに徹するふぉ〜ゆ〜をみて
この人たちも寅年なんだけどな
12年後にまだ残っていてリベンジできたら面白いなと冗談半分で思っていたから
その12年後が来たんだな本当に残ってるなんて!と面白くて
出るかどうか分からないのではなくちゃんと出るとアナウンスされているカウコンを楽しみにしている

ENTA!も見に行って
あっという間の2時間で体感が絶対に2時間ではなくて
回を重ねるごとに新曲が増えていくのが嬉しい
ENTAを観に行くと年末だなという気分になって
これがずっと毎年続いていくといいなと改めて思ったりした

今年の漢字は穏かな
色々と世の中的に衝撃で生活を翻弄された去年に比べれば色々なことに慣れて平穏に暮らして
ふぉ〜ゆ〜を応援するスタンスも穏やかに緩やかに見守る感じで過ごした1年だった
色々なことがあったけれどふぉ〜ゆ〜も自分も穏やかな心持ちであれという思いも込めて

2021年もこのブログに立ち寄ってくださった方ありがとうございました
もう本当に気まぐれに更新するだけのブログですが
まだ応援しているというメッセージを込めて細く長く続けていくつもりなので
2022年もまたよろしくお願いします
良いお年を!



arashigumi at 21:39|PermalinkComments(0)

2021年11月28日

NO 4U. NO LIVE 〜TEN祭〜

当たる気がしなかったけれど当たるときは当たるもので行くことができました
やっぱりコンサートの夜は興奮でなかなか眠くならないので覚え書きメモを書いてみる

・ドームシティの会場に入ってまず思ったのは「スクリーンのあるコンサートだ…」ということで
・いつかの優馬コンを思い出した
・帰ってきてからそれはいつだったろうと過去の記事を探してみたら2015年のGWで
・その時に「ここでふぉ〜ゆ〜ライブをやったらどんなかんじだろう、楽しいだろうなぁ、いつかこんなかんじでふぉ〜ゆ〜ライブがまたできたら最高だろうなぁ」と想像した未来が
・今日なんだと思うとなんともいえない嬉しい気持ちで
・「スクリーンのあるコンサート」もいつ最初に思ったかよく覚えていないけれど、最初の頃はスクリーンを使わないような簡素なセットでライブをやっていて、いつの日かそういうコンサートができたらいいなと思い描いていた未来で
・それだけではなくステージの左右に4Uとライトで綺麗に表示されたり10周年の10と表示されたり
・演出も色々な工夫を凝らしたもので
・だんだんグレードアップしてきているな
・演出込みで楽しむジャニーズのライブっぽくなってきているなと感心したりした

・やっぱりコンサートは楽しいなという思いと
・ふぉ〜ゆ〜が踊っている…という不思議な感覚
・そういえばふぉ〜ゆ〜は踊る人たちだったと思い出したというか
・どうも最近はふぉ〜ゆ〜を演技をする舞台の人、という感覚に自分はなっていたらしい
・全体的に大人っぽい感じのダンスで好きな感じ
・もう一度見られるならどの曲がいいかなと思い返したときに思ったのは
・「みはり」かな
・白シャツの衣装も良かったし、歌のついでに踊るという感じではなくて踊るついでに歌うみたいな
・踊りでなにかを表現する感じが好きだった
・衣装といえばオープニングの黒いキラキラ衣装も素敵だなと思ってみていた
・キラキラしているというそれだけでなんだか嬉しい
・メインの人が着るキラキラ具合にふぉ〜ゆ〜のコンサートであることを実感する
・MCで寅年の話をしていて
ふぉ〜ゆ〜全員が「五黄の寅」の年に生まれている、そして来年が36年ぶりにやってくるその最強の年だという話だった
・その話を聞きながらカウコンがあったとしてふぉ〜ゆ〜が寅年で出演する姿を想像したりした
・ありえない未来も叶えてきているふぉ〜ゆ〜だからありえなくもないと思えてしまう
・今日のコンサートもありえない未来のひとつだったから
・そういえばEverything 4 Youを今回も歌ってくれて嬉しくて
・もうこの曲は何度でも毎回聴きたいし見たい曲で
・自分の中ではふぉ〜ゆ〜のデビュー曲みたいな位置づけだなとか思ったりして
・思った後にデビューしていないけどねと心の中で自分で自分につっっこんで
・カウコンに出て歌うなら「Everything 4 You」かなー、いやYouTubeで広く認知されているほうなのは「大丈夫さ」かなー
・とか自分の中で盛り上がって楽しんだりした
・あとはJAPONICA STYLEを見て和風の曲もいいなと思ったり
・DJ ZAKIの合戦2を上手下手のお客さんで分かれてやるのが思った以上に楽しくて殺陣をやりたかった自分を発見した
・ROAD TO PLAYZONEもよかった
・特に好きだったのはふぉ〜ゆ〜で2手に分かれて違う振りを踊っていたところ
・あの時は大勢いる中で踊っていた曲がいまこうやってふぉ〜ゆ〜だけで踊るとまた全然違って見えてくる
・アンコールの「大丈夫さ」からの「Thank you for your love」は鉄板の好きな流れ
・アンコールがよく似合う2曲
・「大丈夫さ」は明日から頑張ろうという明るい気持ちになる
・「Thank you for your love」にあと足りないのは銀テープだけで
・いつの日か銀テープの発射されるコンサートを夢見ている
・何年後に実現できるかな
・もう実現するのは自分の中では決定事項

・オーラスだからダブルアンコールがあって
・何の曲をやるんだろうと思ったらPGFで
・ああ!この曲があったか!という思いで
・その前に10周年つながりで滝翼コンを心の中で思い出していたから
・初めてふぉ〜ゆ〜として滝翼コンで歌ったPGFを思い出して
・そしてその後すぐに自由に歌うふぉ〜ゆ〜をみてクリエのPGFを思い出して
・こうやって色々な場面が思い返される、これこそが10周年だなとか思ったりして
・10周年なんだな
・あまり意識してなくてこのブログでもなにもお祝いしていなかったなとか思ったりした
・福さんが「10年前の俺ら、見てるか−!」みたいに叫んでいて
・見ている自分も10年前の自分に今のふぉ〜ゆ〜を教えてあげたい気持ちになったりした

10周年おめでとう

改めて書いておこう
10年と簡単に言うけれど途方もない年月と毎日の積み重ね
色々なことがあったな
久しぶりにこの10年のブログを読み返してみようかな

そんな夜


arashigumi at 01:39|PermalinkComments(0)

2021年11月06日

BORN 2 DIE

いつもながらネタバレありのメモ

・原作も読まずにフラットな状態で観に行った
・どんなかんじの話かもあまりわかっていなくて厨房男子のメンバーということだけ知っていたのだけれど
・蓋を開けたら同じメンバーでも中身は全然違うようなでもテイストは同じような
・劇中の歌を元ネタなんだっけと思いながら聞いて
・絶対知っているけれどタイトルがでてこない…とか思いながら途中で思い出してスッキリしたり
・原作のマンガがあって、でも現実世界のふぉ〜ゆ〜も導入でいたりして
・マンガに入り込んでしまうとか時間があっちいったりこっちいったりとか
・同時刻で他の場所ではこんなことが、みたいな話はとても好きなかんじだった
・子供を連れて行っていたら気まずいだろうなみたいな場面もありつつ
・きっと原作がそういう感じなんだろうなと想像しながらみた
・原作の世界観は大事
・自分的には途中から、あ、面白い!となって
・どの場面だったかな、ベアーが明け方にコンビニに到着した場面だったかな
・いろいろな点と点が線につながったみたいな瞬間
・あと好きだったのは
・最初の現実世界のふぉ〜ゆ〜の何気ないシーンと最後の同じようなシーンでの感じ方の違いで
・一見同じようなシーンなのに感じ方が違うというか
・変な表現だと思うけれど1本の映画を見終わった後みたいだなと感じたこととか
・そして終わった後に原作が読みたくなって読んで
・読んでみたら思った以上に原作のままで
・原作のほうが表現に遠慮がなく書かれていてわかりやすかったので読んで良かった
・そしてYouTubeで作者の「BORN2DIEの秘密」という裏話動画があったから観たら面白くて
・この事件や作品の影響を受けているとか元ネタの解説があって
・舞台をみていてもなんとなく昔の話だなとは感じたけれどそりゃ原作のマンガが書かれたのが20年以上前だものなと思ったり
・そうやって元ネタを知ってから思い返してみると
・世紀末が来るとかそういう時代あったなとか少し懐かしい気持ちになったりもした
・終演後の「大丈夫さ」の安心感
・原作を読んだうえでもう一度博品館で観られるのが楽しみ

最近のコロナの落ち着き具合によしよしいい感じだから頼むからこのままでと思っていて
なんなんだろうこの急激な収束具合と不思議な気分になりつつ
この調子なら徐々に色々お出かけもできるかもと期待している
そんな今日この頃



arashigumi at 11:28|PermalinkComments(0)

2021年10月24日

誕生日

10月20日は誕生日だなーと思ってLINE LIVEを横目に何か書こうと思ったけど
何を書こうと思っているうちに日がどんどん過ぎてしまった
そして今も何を書こうか迷っている
これといって書くことがない、でもなにか書きたい(笑)

きっともう何も書かなくていいかなと思うのは
LINE LIVEやついったーや色々なところでたくさんのファンに祝われている様子をみてそれで自分も満足してしまったというか
同じ気持ちというか
おめでとう、シンプルにそれに尽きるからかもしれない

思えばこのブログで最初に祝ったのが18歳のときで
それから毎年10月20日はやってきて
気がつけば35歳で
この先もずっと歳を重ねていくと思うとなんだか幸せな気持ちになる
「大丈夫さ」のMVで堂々と楽しげに歌っていた姿が印象的
もう歌ったことやMVが出たことで驚いたりしない
それだけの年月を越えてきた

誕生日おめでとう
そしてこれからも


arashigumi at 20:38|PermalinkComments(0)

2021年09月21日

MV「大丈夫さ」

良い曲!好き!

YouTubeで見られるのもいい
曲調も振付も明るくて楽しくて好きなかんじ
MVのメリハリも好き

1234!のかけ声も好き
衣装のメンバーカラーがうまく溶け込んで自然に使われているのも好き
LINEにちょっとニヤっとする
本当に4分10秒があっという間中山優馬

なんていうか
大丈夫さ明日からもがんばろう
みたいなのが
大人の哀愁というか
大変なこととかやってられないこともあるけど
色々あるけどまあがんばろうぜみたいな
大人なりの応援ソングみたいな
自分の立場で聴くからそう思うのだけど
共感できる曲だしふぉ〜ゆ〜に似合っている

元気出して頑張っていこう
そんな気分



arashigumi at 18:55|PermalinkComments(0)

2021年08月29日

初単独ツアーとか

お知らせは突然やってきて突然申し込みが始まってあっという間に締め切る

秋の舞台をまたうーんうーんと悩みながら申し込みを考えていたら
初単独ツアーのお知らせが来てびっくりしたような慣れたことのような

グッズのCDケースが最高で考えた人は天才だなと思って
なんていうかCDデビューしないことを逆手にとっているというだけでなく
CDデビューしている人たちはできないことをゲラゲラ笑いながら楽しんでやっている
こういうところがふぉ〜ゆ〜の好きな所以で
その発想にお金を出したいなと思った

Tシャツも可愛いかんじでいいのだけれど
バックプリントはそこはただ大きく背番号的に4の文字が欲しかった
でもそれじゃパクリと言われちゃうかな
とにかくツアーTがあるというそれが嬉しいなとか

本来ならツアーだから当然のように色々な土地へ行きたいところだけれど
自分の中ではまだそれはなしなので東京だけ申し込んだけれど当たる気がしなくて
でも以前のように何が何でも行きたいと色々がんばってみることもせず
当たったら行くはずれたら今回は縁がなかったと思えるようになってきたので
運を天に任せるようなそんな気分
でも本当はとてつもなく行きたい
頼むから映像に残って欲しい

こっしーのあゆふぉゆを読んで
2013年かーそんなに前だったかーとすっかりもう風化しつつある記憶
そんなときのためのこのブログでの記録
その当時のことを読み返してみると
自分も悲しいでもなく怒りでもなく「悔しい」とただその感情がその時残ったようで
ああ、あの時自分は悔しかったんだな
なんだかその時の無になった自分のことを思うと懐かしくて泣き笑いのような感情になる
そう思うと記録を残していくのも大事だな
あとで自分が読むと楽しいから

話は飛ぶけれど
最近思うのは不意打ちのふぉ〜ゆ〜が増えてきたなということ
Youtubeを見ていると突然雄大くんの舞台の動画がおすすめに表れてきたり
相棒の再放送を見ていると福さんの舞台の宣伝テロップが流れてきたり
オリンピック選手が出る番組見ようと思ってなんか雄大くんに似てる人がいるなと思ったら本人だったり
普通の生活の中で追わなくても向こうからふぉ〜ゆ〜が視界に勝手に入ってくる
いままでにない現象だなと思ったりしている

そういえばパラリンピックの開会式のウォーリーさん演出にもびっくりして
昔からふぉ〜ゆ〜の周りの人は売れていく説を勝手に唱えているから
ほら!また!と勝手に喜んで
いやいやそうじゃないっていう反論も自分で勝手にしている

そんなこんなで緩やかにふぉ〜ゆ〜を応援している今日この頃
CDケースがなかなかのヒットだったので書いてみました



arashigumi at 22:16|PermalinkComments(0)

2021年08月01日

SHOWBOY!

だいぶ書いていないなとは思っていたけれど、これが今年初投稿だと知りびっくり
以前のような情熱で頻繁に記事をアップすることはなくても、ふぉ〜ゆ〜を応援している限りここは畳まないと心に決めているので
気が向いたときに更新という感じで緩くいこうと思う2021年

そしてSHOWBOY
待ちに待って先日クリエに観に行ってきた
去年は2021年になれば普通に観劇も出来るだろうと思っていたけれど
世の中はそうはなっていなくて
いや気にしなければ普通に観劇できる世の中だけれど
仕事上まだ色々難しいなというか万が一のことを想定してしまう性分というか
観劇で感染するとは全然思っていないけれど自分が持ち込む可能性のほうがあるなという
身近な環境での感染者とか濃厚接触者とかの単語と隣り合わせの生活で
色々スケジュールなども考えた末にこの日のSHOWBOYならオッケーと自分の中でゴーサインを出して
満を持して当日を迎えた

そもそもお出かけ全般をずっと自粛していて
通勤経路以外でどこかへ行くということもほとんどなかったから
日比谷の駅で降りただけでもうワクワクして
前回SHOWBOYを観たときとまた全然違った心持ちだった

舞台の幕が無事に開くだけでもすごいことだな、よかったなと思ったりして
開演前は劇場内は会話をお控え下さいとの案内や、エレベーターの定員減とか
対策ちゃんとしているなと感心したり
空席なく埋められている会場に対策も変化してきているんだなと感じたり

そして華やかに始まる舞台
なんだかとても長い間ふぉ〜ゆ〜を生で見ていなかったような気がして
実際の月日よりも長く感じて
そして舞台の上は変わらないSHOWBOYの世界があって
夢のようだな
夢の世界だな
と思ってオープニングで泣きそうになってしまった
うまく書けないけれど、マスクのない世界というか
そういうことを気にしなくていい、そういう心配もない、早く戻りたいと思っている夢の世界
でもそんなことを思ったのはオープニングの一瞬で
その後は一気にまた物語へ引き込まれていった

再演だからストーリー展開も知っているのだけれど細かいところはいい感じに忘れていて
そして確実にふぉ〜ゆ〜自身も前回より成長しているから
より物語に引き込まれるというか
終わりのほうの曲でふぉ〜ゆ〜に重ね合わせたような感じの歌詞があったけれど
それを聴きながら思ったのは
ふぉ〜ゆ〜の舞台、ということを抜きにしてもこの舞台は面白いな
ということで
なんていうか、ふぉ〜ゆ〜ありきの舞台だしふぉ〜ゆ〜の良さを出す舞台なのだけれど
もしそうでなくてもこの舞台は面白いなという
何が言いたいのかというと
舞台としてとても面白いというシンプルな感想
その中には、ふぉ〜ゆ〜の舞台役者としての成長も含まれていて
無名の役者としてあの4人が出ていても十分面白い舞台だなということ
それだけふぉ〜ゆ〜も力をつけてきたということを感じたということ

あとはもう
こっしーの役はやっぱりお似合いだなとか
中国語で台詞ペラペラ言うってやっぱりすごいなとか
前回も思ったようなことをまた思ったりした

ああ楽しかったな
元気がでたな
そんなエンターテイメントの力を改めて感じた
1公演の重みというか
自分的にはずっと自粛している中でのやっとの観劇だったから
この日にかける思いがいままでと違って
大事に大事に観た公演だった

いままでともすれば気軽に観すぎていて
きっと演じるほうは毎回全力でやっているだろうに
でも今回は自分も全力で観たというか
次はいつになるかわからないからひとつ残らず観ておきたい、みたいな
十分楽しんだ公演で
そんな自分の観劇スタイルについても考えたりした

そしていまはその観劇の思い出を胸に
楽しかったなーと余韻に浸る日々
ワクチン接種でなんとか世の中が変わっていかないかなと期待をしつつ
ここ数日の東京の感染者数に苦笑いしかなく
オリンピックを観て楽しんだり
光一コン行きたかったなと思ったり
そんな2021年の夏

来年の夏はどんな風に過ごしているのだろう
そんなことを昔も考えていたことがあったな
ということでとりとめも無い久しぶりの記事はここまで




arashigumi at 23:42|PermalinkComments(0)

2020年12月31日

タイトルのような夜に

このブログは嵐ブログではありませんすみませんふぉ〜ゆ〜ファンのブログです
でも昔の嵐コンの思い出はたくさん詰まっています

そんな気分で今更ながら自分のブログタイトルに申し訳ないような
嵐ファンの人に見つかりませんようにと思うような
嵐配信Liveを見ながらブログタイトルのような思いで一杯になるようなそんな大晦日

とんでもない1年だったなという率直な感想で
それでも時間は過ぎていくし来年はやってくるんだなとぼんやり思って
まだ何も解決しちゃいないとも思ったりする

このブログもサボり気味で逐一書くこともしなくなって
辞める選択肢もあるよなと頭をよぎることもなくはなかったけれど
今まで自分が楽しみに読んでいたブログがなくなる度に寂しい思いをしてきたから
細く長く続けていこう気が済むまで
と思っている

嵐配信Liveと厨房男子配信が重なって同時にみててんやわんやになったこととか
すこジャニが面白くてゲラゲラ楽しみながら見たこととか
ENTA!3は普通に外れて配信に喜んでおうちでENTA!したこととか
ふゆパラのオリ曲配信が嬉しかったこととか

書けていないこともたくさんあるけれど
気が向いたときに気楽に書くぐらいでよいかなというスタンスでやっていきたい

ふぉ〜ゆ〜としての2020年を振り返ると
なんか本当に芸能人になってきたなというか
デビューとか本当に関係ないなと感じることが増えてきたというか
特にすこジャニでそれを感じたのだけれど
しれっとデビュー組に混ざってもいいんだな意外と違和感ないなという自信というか
いま思えば昔の自分は自信がなかったんだな
信じてはいたけれど心のどこかで不安に感じていた部分もあったんだなと思ったりして
その自信はこんな時代でも舞台に立ち続けるふぉ〜ゆ〜から来る自信だな
今年を漢字で表すと「自信」かなと思ったりした
一文字じゃないのはいつものこと

そんなこんなでとんでもない2020年が過ぎ2021年へ
来年の今頃はどんな世の中になっているのだろう
そしてふぉ〜ゆ〜は、自分は、どうなっているのだろう
そんな思いを抱えつつ
今年も更新少ないのに見に来てくれていた方々ありがとうございました
来年も少ないと思いますが急にたくさん書くかもしれないしこればっかりはその時の気分で

それではよいお年を!





arashigumi at 22:01|PermalinkComments(0) 日々思うこと 

2020年11月16日

ふゆパラ

2020年もふぉ〜ゆ〜は格好良さを更新していた

コンサートというだけでそれはもう楽しいのだけれど
それに加えて今回は洒落ているというかセンスがいいというか
選曲とか振付とか今までからまたちょっと違ったふぉ〜ゆ〜がみられて
なんというか、その変わり続けるふぉ〜ゆ〜に感心したコンサートだった

・KISSミスとかEverything4youとかはもう定番として好き
・毎回やってもらって全然構わない
・しょっぱなのMCを録音でお届けするという演出も不意打ちで面白かった
・涙、ひとひらも曲がとても好きだから嬉しい選曲
・新オリジナル曲のホーンテッドハウスは、聴きながらMVがみてみたいなと思ったりして
・面白いMVが作れそうだなとか思いながら聴いていた
・そうそう、ちびっこJr.がついていてちびっこふぉ〜ゆ〜で
・わー!と思ったし、なんだかバックがつくとデビュー組みたいだな、こういう風景昔よくみたな(ふぉ〜ゆ〜がバックとして)と嬉しくもあった
・MCでこたつが出てくるのはなんとなく察したけれど
・出てきたこたつが想像よりかなり巨大で笑って
・でもそれでちゃんと距離をとって座っていてなるほどと感心したりして
・それがムービングステージに変化していったのには笑ったし感動もした
・ふぉ〜ゆ〜が説明する前にちゃんとムービングステージだ!と気付いてテンションがあがったのもなんだか嬉しい
・自分的にもう一度どの曲がみたいかといったら
・まあ全部みたいといえばみたいのだけれど
・心惹かれるのはLPガールかな
・こんなかっこいい曲だっけと目から鱗のような、今回のバージョンが好きすぎる
・もちろんプレゾンバージョンも好きだけど、それに新たなニュアンスが加わったというか洒落た感じになっているというか垢抜けたというか
・とても気に入った
・あと、LPガールだったか別の曲だったか忘れたけれど階段もちゃんと生かして踊っているのがすごいなと感心したりして
・階段がプレゾンの大階段に見えてきたりした
・Fallingも良かったな
・これは本家の振付そのままな感じでそれも良くて懐かしくて
・サングラスを探すみたいな設定で持ってこられるサングラスがいまいち合わないみたいな演出なのだけれど
・持ってくるこっしーや福さんやちびっこたちはみんなちゃんとサングラスをかけているのが地味に面白かった
・タライが上から吊られて並んでいる様子に本家のすごかったライトのセットを思い出して
・それを模してるのかはわからないけど、それに見えて
・でもこっちはタライでその落差も面白くて
・少年隊メドレーはもう素敵
・いつまででも聴いていられるし、名曲揃いだからこうやって後世に伝えるというか、歌い繋いでいって欲しいみたいな気持ちにもなった
・Thank you for your loveの終わりに合うかんじもコンサートの鉄板曲みたいで好き
・ダブルアンコールはPGFだったこれも好き
・あっという間の2時間だった

来年はホールツアーをします!(したいの意味)、やらない理由がない、こんなに楽しい時間が持てるのだから
みたいなことをふぉ〜ゆ〜が言っていて
本当に実現したら楽しいだろうな、そういえば今年どこにも旅行に行ってないな
と日本各地を巡った色々なツアーを懐かしく思いだして
でもなんとなく出来る気もしていて
その根拠のない自信みたいなものは、コンサートの中身が良かったからで
やらない理由がない、と同じ感覚で
この素敵なコンサートを全国各地の人にみてもらえない意味がわからないという感覚

今日は収録カメラが入っていて
LINELIVEで配信されそうな気配で期待だけがどんどん膨らむのだけれど
自分がみたいのも勿論だけれど来られなかった人がみられるといいなという思いが強くて
そういう時代になればいいと思っている

福さん誕生日おめでとう
そして会場にいた同じ誕生日の人もおめでとう
そう考えてみると毎日世界中誰かしらの誕生日なんだなと思ったら
明日からちょっと楽しく過ごせそう

ふぉ〜ゆ〜が「(ファンの)みんなと一緒なら楽しくすごせる」みたいなことを言っていた気がするけれど
それはその通りでそれがいつも以上に感じられる時間を過ごせて
本当に久々に心の底から楽しい時間だったなとじわじわと幸せをかみしめているかんじ
コンサート当日特有の興奮で眠れない感じも久しぶり
こっしーが最後の挨拶で「今日のことは忘れません」みたいなことを言っていた気がするけれど
いつもと違うこの状況下の中でこうやって楽しい時間が過ごせたことは
私自身も本当に忘れられないだろうな、この先何度も思い返す公演だろうな
そんなことを思った一日だった


arashigumi at 00:25|PermalinkComments(0)

2020年10月25日

KinKiコンがAmazonビデオで配信

10/30(金)からAmazon Prime Videoでキンキコン、ソロコンなど13作品が配信されるらしい

うわー!嬉しいなと思って
配信でまた色々な人に観てもらえるというのは画期的なことだし
自分自身もちょっとした時に気軽にまた観られるというのは嬉しい

嬉しいから覚え書きを載せておこう

『We are φn’ 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08』
『KinKi Kids 2010-2011 〜君も堂本 FAMILY〜』
『KinKi Kids Concert 2013-2014「L」』
『2015-2016 Concert KinKi Kids』 ※バックにはついていない
『KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason-』

『KOICHI DOMOTO Concert Tour 2012 “Gravity”』 ※バックにはついていない

ENTA!3も嬉しい
早く何も気にせず思いっきり舞台やコンサートが楽しめる環境が戻ってきますように

arashigumi at 16:39|PermalinkComments(0)