2005年09月

2005年09月29日

翼コンMC@新潟

松崎、川村メモ。

・「モンチッチみたい」と翼くんに言われた松崎。ああ、去年名鑑の写真をみてどこかでみた気がしたのはそれだ。(切った髪型はちょうど去年の名鑑の写真みたいなかんじ)
・すごくトーク得意そうな顔して、そうでもないのが松崎。
・オーストラリアに行ってたんだね、3週間もいなかったんだね。
・翼くんに今度ブーメランを見せてもらいたい。縁起いいよね、東京追加公演を願う翼くんにしてみれば。
・どういうのがジャズダンスなのかわからない。翼くんはうまいらしい。
・「翼くんジャズ“は”すごい」という発言を笑われてるのに気付かない松崎。「ここ笑うとこじゃないですよ。」真顔で客に訴える松崎が微笑ましい。
・次の人…って言われて「英語で呼んでもいいですか?」って松崎が。
・一瞬キャア!英語喋るの?!と思ったら
・「リバービレッジ川村。」
・ホームスティで自分の名前説明するのに使ったネタなのかな。それがまたりょうくんな所が素敵。
・りょうくん紙袋持ってキター!
・このネタ大好き。地味に面白い。
・舞台袖で持ってけ!とかみんなで盛り上がってる姿を想像すると愛しい
・りょうくんJr.生活9年目…かっこいいよ
・翼ファンのみなさんはあの小さかったりょうくんと今喋ってる人が同じってわかってるのかなぁと思ったり
・りょうくんの喋り方がおっさんくさいというか落ち着き払っていてよっぽど松崎より頼りたくなるかんじ
・そういや「落ち着きない」と翼くんに言われてた松崎
・ボケてる翼くんに「つ、翼くん?!」とつっこみを入れるりょうくんが素敵。
・「Jr.もどんどん前に出ていくんで応援してください」@りょうくん
・「後半もひとつひとつ大事に頑張っていくんでみていてください」@松崎
・ほら、りょうくんのほうがやっぱりリーダーみたいな発言だよ頼もしいよ

夏の名古屋で一生分ふたりの声を聞いた気がしたのに、勝手に一生分なんて決めなくていいんだなぁと思いました。
当たり前のようにJr.が喋っているのに少し慣れてきたけど、実は毎回この夢のようなコーナーがカットにならないかドキドキしてたりします。


arashigumi at 23:06|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年09月26日

リバービレッジ川村

松崎が、頑張っていた。

1mmの余裕もなく、周りも見えないぐらい焦りながら、ひたすら頑張っていた。

こんなに「頑張って!」って気持ちで祈るように見たのは久しぶり。

みんなが踊れている中に、後から一人合流。まぁいいや、じゃなくて、追いつかなきゃ、足ひっぱれない…って顔をひきつらせて必死に頑張る姿に、ああ自分も頑張ろういろいろと、と思いました。

藁さんに踊れてるか心配される松崎とか、立ち位置目安のシンメ池タンを必死に目で追う松崎とか、江田ちゃんフォローで入ったみたいで弟チームにひとり背の高い松崎が混ざっているところとか。
レアですよ(笑)。

「あーダメだオレ…」
って松崎が落ち込んでる姿が目に浮かぶようだけど、でも、新潟長野とそんな松崎を見れたのはよかったと思います。また頑張ればいい。

まだまだいろいろと書くことは尽きないけれど、このへんで。


arashigumi at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年09月22日

江田剛とかMADとか

江田ちゃんの名前がジャニーズウェブから消えて、あーしばらく見れないのか…とやっぱり寂しかったり。
途中からステージに穴開けるぐらいの事態なわけだから、1日や2日で復帰はないだろうなとは薄々感づいてはいたけれど、残念です。
どうかツアー中に復帰があるのなら、仮面ソロを江田ちゃんに。
それぐらいの意地悪はしてやって欲しい。


MADの話。
あーやっぱり世間的にはMADといえばあのうちわになったMADなのかなーって思ったり。
MADって聞いて、ユニット名再利用キター!って思ったと同時に、再利用って…デジャブキター!って思ったり。
アンコールのDo Me Crazyを聞くと、昔のJr.コンのオープニングで当時のMADに混ざってでてきた自担にあーとうとうこの日が来たか!と思ったのを思い出す。なんであの頃はあんなにMAD入りに抵抗する気持ちがあったんだろうね。MADのみんな好きだったのにね。
まだまだ思い出はあるよ。松崎が松崎じゃない人みたいでもうオシマイだ…って毎回泣きそうな気持ちでみていたキンキFコン追加で、ツアー最後のほうでようやくMADって呼んでもらえて泣いた思い出とか。
あとはね、ドームで雲にこっしーの名前だけなかった思い出とかね(笑)あれ確かMADだったよねぇ。

ああ忘れていた過去のことをいろいろと思い出させてくれて、ありがとう。

もうね、あさってコンサートだと思うだけで楽しみで仕方ないんですよ。


arashigumi at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年09月19日

やっぱり

会場で松崎の姿をみかけただけで人生が薔薇色に感じられたよ…

それより。
バックJr.の名前が決まったって、翼くんが。

わーわー爆弾発言きたーまってー心の準備がー!どんな名前なのー!と思っていたら。




「MAD」




その瞬間苦笑したJr.担はどれぐらいいたんだろう。
これは想定の範囲内だからいいけどね…もうちょっと夢みたかったよね…

アンコールのDo me crazyのときに「MADー!」っていう紹介が聞こえた気がしたよ。
あのときはタッキーだったっけ翼くんだったっけ。

東京公演お疲れさま。翼コンは最高です。


arashigumi at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年09月18日

夢が叶うのではなくて

無理すぎて願うことすらしなかったことが現実になっていく…
とりあえず1部の興奮だけメモ

・突然翼くんが「ここで今からジュニアに1曲歌ってもらいます」と言い出した
・言ってる意味がわからない
・歌?
・歌うって誰が?
・ジュニアって誰?
・何?翼くんは何を言ってるの?
・まさかあの人たちが歌うとかそういうこと?
・ウソでしょ?冗談?
・そんなことを考えてるうちに「昨日何が歌いたいかと聞いたら…これを歌いたいと言いましたので、どうぞ!」
・こ、このイントロは!!!!!!
・仮面仮面仮面仮面!!!!!!!!!!
・ステージに登場してくるジュニアたち
・6人マイク持ってるジュニアたち
・おいおい福さんマイク持ってるよ
・うそうそうそうそありえないありえないありえない
・福さん雄大くんこっしー幸太朗ちゃん幸宏TJがマイク持ち
・ほんとに歌ってる
・今目の前で起こってることが信じられない
・うわーうわーナマ歌へただ翼ファンの皆さんごめんなさい
・でもそんな下手さ加減も愛しくてたまらない
・ダンスチームも仮面踊ってて素敵
・マイクチームにTJがやっぱり入るんだねTJといえば歌だね
・途中から翼くんが合流
・翼くんの歌がすごくうまく聞こえる
・翼くんが出てきてくれて救われたかんじ
・翼くんが歌ってるのに最後は一緒に歌っちゃうマイクチームが素敵
・目の前のことが信じられないうちに曲が終わった

いまだに信じられません
夢じゃないよね

arashigumi at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

仮面仮面仮面仮面!!!!

すごいよすごいよ
仮面増えたどころか



歌ってるのがJr.…



ありえない光景がいま目の前に!!


江田ちゃんが心配です。


arashigumi at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

23 to 24 翼コン初日

1曲終わるごとに感動の吐息が漏れるかんじ。

かっこいい予想のその上をいってました。

ダンス好きにはたまらない。

松崎がいないのが残念で仕方なかったです。

でもそれでも楽しかった。

明日も行ってきます。


arashigumi at 01:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年09月11日

ザ少年倶楽部 公録

もう始まる前から顔がにやける感じで。
あの少年倶楽部に嵐・Jrが出るなんて。
個々にでるんじゃなくてあの12人が出るなんて。

松崎がいないとかそういうのはこの際おいといて。

きっと後半に出てくるんだろうなと思っていて、早く見たいような、まだ楽しみを後にとっておきたいようなワクワクした気持ちで前半を過ごして。

そして、スタンバイ。

幕が開いて暗闇にいる12人を見て息が止まる思い。
本当にFMだけじゃなくみんないる…
か、かっこいい…

衣装が素晴らしすぎる。
黒タンクトップに迷彩パンツ。
黒キャップに笑ったけど。やっぱり帽子かぶらないとダメなんだ(笑)。

もうそこにみんながいるだけで胸がいっぱいで、温かい気持ちになって、会場にいる人みんなに見て見て!って自慢したくて、見るのがもったいなくて。
うまく説明できないけれど、すごく雰囲気がよかった。
ほどよい緊張感と、信頼と、自信と。
ひと夏を一緒に越えてきて、そして秋を迎えても一緒にいられる嵐組って初めてだよ。2005年はなんかすごいよ…って頭をよぎって。

前回の福さん出演のときみたいに、なんだかわからないけどそこにいる、みたいなかんじでもなくて、必然性があってそこにいるかんじ。
結構、姿を現してから曲が始まるまで時間があったけれど、軽くストレッチやってみたり、隣にちょっかいだしてみたり仲よさげで空気が柔らかくて。

そして、新曲。
ゆっくりめなかんじで、曲の雰囲気はDiamondみたいなかんじ。
ひとつひとつの振りからも、胸を張って踊ってる感じが伝わってきて、誇らしくて嬉しくて、踊っている全員がみたくて目移りして。

ああかっこいい。

その言葉に尽きるんだけど。
そのままメドレーでGet Downが始まったら、急にアップテンポで辰越のオンステージ開始!
この流れがすごくかっこいい。
途中からみんな出てくると思ったら出てこなくて、最後まで辰越オンステージ。
すごいすごい!踊りきっちゃったよこの2人…!と興奮してしまいました。

そしてしばらく間はあって

1 DAY 1 NIGHT。松崎のところに武内くん。
やっぱり似てるよね(笑)。
TVよりも長いバージョンで2番も歌ったので、さらに新しい振りも加わって。
6人は譲れないんだね、なんとなくそんな気はしてたけど。
この曲はもう文句なしにかっこいい。
TVみたいに何度もリピートできればいいのにって思いました。
はじめ、幸宏武内の2人がでてきたときにキャァァァァーーーー!って会場に悲鳴があちこちであがって、それは2人ってわかってて悲鳴あげたんだよね?KAT-TUNとかと間違ってないよね?って一瞬不思議な気持ちになりました。でもすごく人気者みたいで嬉しかった。

以上の出番が終わった後も、収録は続いたんだけれど、もうニヤニヤして勝手に脳内リピートして目の前が見えない感じ。
こうやってアウェイな場所でも堂々と踊って、普段彼らをみていないであろう人たちにあのダンスとか雰囲気とかを見てもらえたってことも嬉しい。

今日は7月収録の少年倶楽部放送ですよ。
夏を越える前の林山亮TJ幸宏武内江田池田が見れるのが楽しみ。
使用前、使用後みたいな(笑)。

最近、一番幸せな時期を過ごしてるんだなぁって思います。
ひとつひとつ噛みしめていきたい。

arashigumi at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) TV