2005年12月

2005年12月31日

ありがとう2005年

気づけば12/31大晦日。翼コンのまとめもうまくできていないけれど、2005年を振り返ってみよう。適当に思いつくままに。

【夢】
よくニュースで「今年の一年を一文字で表すと」っていうのを毎年やっているけれど、自分だったら…「夢」だろうなと一昨日からずっと思っていた。2005年の元旦のエントリーを読み返してみると、もうそこから「夢みたい…」って始まっていて。オーラスの幸宏の「夢をありがとう」っていう言葉にも、なんちゅーコメントだと笑いつつ、でもそうだよな、夢みたいな1年だったな今年は…ってしみじみもしたんだよ。

【MAD】
あんなに初めて聞いたときは違和感というか、もうちょっと…こう…なんか…できなかったのかなぁ…って正直その命名には思っていたけれど、今ではなんとなくああMADっていいんじゃないのって思えて馴染んできました。それはきっと、福さんが「エムエーディーから…」って言ってたオーラスのお礼もそうだし、幸宏の「エムエーディーともども…」もそうだし、彼らが俺たちMAD!って思うならそれでもうMAD最高だから。野田くんが入って14人になって、増えるMADっていうスタンスも嬉しい。

【嵐コン】
初日のあの謙虚な気持ちは忘れないでいようと思う。姿をそこにみつけただけで感動していた初日大阪。その後の5ヶ月がすごすぎたけれど、やっぱりいつだって原点は嵐コンだし2005年の幕開けはあのしゃぼんだまみたいなのが浮き上がっていくようなスクリーンの映像から。福岡でMCに呼ばれたときは本当にびっくりして息が止まるかと思ったし、オーラスの花束は感動したし。秘密が今年の出来事だったなんて。ああ早くDVDを(ry

【翼コン】
これはもう最近のことだし今更振り返るっていうかんじでもないのだけれど。翼くんとの新しい出会いが嬉しかった。平日週末にコン三昧ってちょっとあこがれてたから夢がひとつ実現したと言えるかも。FINAL公演みながら、9月〜12月って1年の3分の1も翼コンに浸ってたんだなーすごいなーってしみじみしてました。

【テレビ】
テレビにでない自担たちっていうジンクスが去年崩れて、年に1回しかテレビに出ない自担たちっていうジンクスが今年崩れました。倍だよ!年に2回だよ!

【雑誌】
雑誌解禁!まぁ圧倒的に動いてるほうが素敵な人たちな集団なわけですが(笑)、おすましして写っている顔や、人柄がわかるようなコメントに何度も何度も眺めてニヤニヤしてしまった記憶。フォーラムで雑誌の写真を使ってうちわ作った人が何人かいたなぁ。

【ラジオ】
「まつざき」っていう名前が電波にのった!

【お気に入りエピソード】
・翼コンであれだけハードにダンスを踊りまくった後なのにホテルに帰って愉快なダンスパーティーを開いている福さん松崎(たまにこっしー)。どんだけダンス好きなんだってつっこみたくなる(笑)。
・楽屋で宿題やっている林くん。

【F.M.Tokyo】
もうMADだからF.M.Tokyoっていうユニットはないんだろうけど…ってもともとそんなユニットは勝手にファンが作り出した幻なのかもしれないけれど(笑)、もうこの5人に対する腐れ縁としかいいようがないようななんともいえない思い入れはこれからもやっぱり続くんだろうなと思う。

【ファン】
気のせいかなぁ…今年ファン増えたよね、みんな。これって結構すごい現実だなぁと思ったり。この年齢で、この位置で、この露出で。見るたびにかっこよくなってるっていつも書くけどそれはあながち間違いじゃないんじゃ…なんて。MADのファンをやってるのはすごく楽しいし、幸せだから、そういう思いをしているファンが増えるってすごくいいなー。幸せを分かち合える人たちが多いって嬉しい。


もっといろいろ項目をたてて書こうと思ったけど、それだけで1日が終わってしまいそうなので、このへんにしておきます。なんか最近あんまり文章がすらすらかけないや。

ありがとう2005年、ってタッキーコンのタイトルがすごく今年の気分にぴったり。2005年は本当にいい1年でした。長い長い夢物語をみていたような1年。3年分ぐらいを一気に過ごした気分。大晦日にこんなにこの1年にありがとうって気分になるのは初めてかもしれない。こうやって1年1年重ねていけたらいい人生なんだろうなって思います。

来年の大晦日もありがとうっていえるような1年にしよう。どんな1年でも。

最後になりましたが、こんな適当ブログを見に来てくださっている方々も、本当にありがとうございました。皆さんが幸せな2006年になりますように。

さて。
行ってきます。
東京ドーム。
マッチさんを見に(笑)。

arashigumi at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々思うこと 

2005年12月30日

記憶は薄れていくものだから

感想羅列しておこう。時系列無視です。

・1部に大野くん松潤がきていた。2人にもMADを見てもらえて嬉しい。翼くんを見ているだろうとは思うけれど、ちょっとでも1瞬でも見てくれていたら嬉しい。
・2nd faceは幸宏から江田ちゃんに戻っていた。江田ちゃんがやっぱり嬉しそうでみていて嬉しい。
・幸宏がしゃべったときに、「MADともども…」って言ったのが、ああ幸宏もMAD愛が芽生えてきたのかなってちょっと思った。MADって胸を張って言えるようになってきたかなと。
・ビーナスの松崎。座るべきところを立ったまま止まってしまった松崎。うわっ、やっちまった…ってかんじで、じりじりバレないようなさりげなさで超ゆっくりしゃがんでいく松崎。それはもうバレバレなんだけど、しゃがんだ後もすみませんでしたぁ・・・・ってかんじで床に頭をこすりつける勢いで反省ポーズ(笑)。久々に面白い松崎をみた気がした。
・ネバーエバーで下手袖みてニヤっとする幸宏。
・ネバーエバーで上手袖みてふきだしそうになる陵くん。
・池タン江田ちゃん松崎の3人バク転。やったあとすごく楽しそうな3人。
・Depp into Blueに入る瞬間の床たたきがオーラスは本当に楽しそうにみんなでやっていた。Do me crazyが終わると気合い入れて踊る曲はやりおえた!ってかんじで肩の荷がおりるんだろうな。それまでの緊張感があるから、最後のDeeep〜の笑顔があるんだろうな。
・近くの席の人が「優」うちわを持っていて、てっきり野田優也うちわだと勝手に思っていたら池田優うちわだった。ああ!また同じ漢字がここにも!
・福さんがLOVE&TOUGHで煽りのタイミングが逆になっちゃって、あれ?あれ?って眉を下げて笑顔で直してたのに和んだ。
・実は福さんちょっと調子悪そうで心配だったからその笑顔でほっとした。
・花束を持ってきたのは雄大くん。その花束を必死で隠して、持っている雄大くんを他のMADは隠そうとして、バタバタ笑顔でやってる様子に和んだ。
・福さんがマイクでしきって花束贈呈。福さんはやっぱりリーダー。
・生声の「ありがとうございました!」声を出してありがとうっていうのがすごいことだよね、声を出せるってことがすごいよね。
・逃げろーっ!ってかんじで袖にさっさとはけていくMAD。14人もいるから、みんなが揃ってひとつのことをするだけでなんかかわいらしくてコミカル。
・2nd faceの最初の雄大くんソロダンスは、翼くんがケガで踊れない分本当にソロダンスみたいになって。雄大くんがカットされなくてよかったなぁと思った。
・仮面で堂々とバク宙をする山亮をみながら、ああ山亮今年バク宙マスターしたんじゃなかったっけ…バク宙できちゃった瞬間目撃したの今年じゃなかったっけ…って思った。どんどん高度が高くなって雄大くんみたいになってる。
・愛想曲。1部では本当に緊張して余裕ないかんじで真剣にひいている石垣くんに、ちょっと心をうたれた。うまくいってよかった。
・なにかの曲でドラムが前にでてこなくて、後ろにひっこんですごく暗いところで曲が始まりそうになった牧野くん「あ、あの…俺…後ろなんすけど…」と素で焦った声に笑った。
・最後Jr.がひとことずつコメントを翼くんからもらうところで、陵くんの目がウルウルしていて、陵くんて感動屋なんだなと思った。陵くんのそのまっすぐさが好きです。その後すぐに大爆笑してたりして、何度も言うけれど陵くんが幸せそうだとすごく嬉しい。

まだ他にもきっとあるけど、いまはこのへんで。
ほら、また右腕が痛いよ…
今日は貴重なお休みなので、家のこと全部やってしまおう。翼コンにひたりながら大掃除。

arashigumi at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

考えてみたら

今日の2部(オーラス)を見に来ていたタッキー。

MCビーナス振り付け終了後「ミュージックスタート!」で突然流れ出す“二人の夜”。そしてリフトで颯爽と登場のタッキー。会場大興奮。
イントロが終わって歌い出そうとしたらすぐ曲が終わって、タッキーを乗せたままリフトは下がっていく。Jr.大爆笑。

そのあとビーナス2回も歌って、Jr.の最後のポーズに興味をしめしてくれたり、最後のポーズのまま捌けていくJr.を面白がったり。

タッキーの目にMADがどう映ってるのかなぁとちょっと思いました。
アンコールのビーナスは客席から呼ばれてステージにあがってきたから、Jr.の花束贈呈や、福さん合図の「ありがとうございました!」っていう流れも全部席から見ていたのかな。当然翼くんのほうを見てるだろうから、バックのJr.のダンスまで目が行かないかもしれないけれど、MADのよさが少しでも伝わっていると嬉しい。

多分この先も、MADがタッキーの仕事に呼ばれることはなんとなくない気がするけれど(=タッキー&翼の仕事にも呼ばれることはないと思う)、でもそんなのはわかんないよって思っている自分もいたりします。今年たくさんの限界を超えてきたから、絶対ダメっていうことなんてないんだなと思います。

なにがいいたいかと言うと、タッキーに見てもらえて嬉しかったということです。
いろいろな人にMADを見てもらいたい。

arashigumi at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

なにから書いたらいいんだろう

まとめて書こうと思ったら完成しないうちに年を越してしまいそう。
書きたいことがありすぎると、書ききれないから書かなくていいか…っていう名古屋終了後と同じ現象に陥りそうです。
まぁ少しずつ思いついたことから書いていけばいいのかな。

まずは、翼くんおつかれさまでした。
足の具合がよくないんだろうなっていうのは昨日みてればわかったけど、今日来ていたタッキーが「骨折」って言うまで、そこまで悪いとは思っていませんでした。
足の指骨折とかなんだろうけど、あそこまで感じさせないのはやっぱりすごいです。
悔しかっただろうな。
思い切り踊らせてあげたかったな。
と思いました。
そしてエッジで翼くんを担ぎ上げたあと下ろすとき、MADがすごく気をつかってそっと下ろしているように見えて、愛だよねーってちょっと懐かしいフレーズを思い出しました。

ケガをして出られないつらさもあるけれど、
ケガをしても出なきゃいけないつらさもあるんだなーと思いました。

まぁそれは裏返せば
ケガをしたら休んでも他の人がカバーしてくれる幸せと
ケガをしても自分でなければ絶対いけないぐらい必要とされてる幸せだから。

今度自分が体調悪いときは今日の翼くんを思い出してふんばろうと思いました。



つづく。


arashigumi at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年12月29日

たくさんのありがとう

今井翼 23 to 24 ツアー FAINAL も無事笑顔で終わりました。

たくさんのありがとうがあふれたツアーだったように、

最後はJr.からも生声で

福さんの号令で

福さん「きをつけーっ!」

福さん「せーのっ!」

MAD全員「ありがとうございましたーーーーーっ!!!!!」

って。

たくさん書きたいことがあるので、それはまた家に帰ってから。

幸宏「夢をありがとうございました」

本当にありがとう。

いろんな人にありがとう。


arashigumi at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

今井翼23to24アンコール公演初日

アンコール公演には江田ちゃん含めて、1人も欠席とかいなくて、13人揃っているといいなぁと思ってたけど、

全 員 揃 う ど こ ろ か 増 え て 1 4 人 (笑)

ありえない展開すぎて、もう野田くんがそこにいるだけでもう面白くて仕方なかったです。2005年は、こちらの予想するより遙かにすごいことがいろいろ起きたけれど、最後の最後まで予想を超える展開!

とりあえず眠いので感想羅列

・ワンデイで始まって幸宏・幸太朗さんが出てきてちょっと安心した…Jr.出ないわけないのに、やっぱり目で確かめるまで不安なトラウマ
・髪型がすごく気になっていたのに、そういえばワンデイは帽子なのでどうなっているのかわからない
・双眼鏡で久々のJr.の顔をみてみたら、なんか見慣れない人がいる
・あれ…しばらく見ないうちに江田ちゃん雰囲気変わったかな…なんか野田に似て…
・…って野田だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
・心の中で落ち着け落ち着け本当に野田なのか見間違えじゃないのかって声がする
・でもよくみてもそれはやっぱり野田くんでした
・ナチュラルにとけ込んでいる野田くん
・GO ONは松崎のところが江田ちゃんに変わっていました
・江田ちゃんがいるっていうことが予想以上にとても嬉しかった
・それはきっと江田ちゃんも嬉しそうだったから
・陵くんが茶髪になっていた
・幸宏も茶髪になっていた散髪もしていた
・幸宏って髪型しょっちゅう変わるよね
・松崎の髪型もツアー中に近い感じに戻ってたー!かなり嬉しい!
・福さんはもみあげがくるんってなってるのが気になった
・こっしー髪がのびかけ、あとのみんなはあまり変わらず
・最初のMCで翼くんがわざわざ江田ちゃん復帰と野田くん追加を紹介してくれる
・野田くんの名にざわめく会場
・当たり前だ、辞めた(と思われてた)人が急にしかもバンド班だったのにダンスに返り咲いたらざわめかずにはいられない
・あとは淡々とツアーどおりにすすむセットリスト
・ジュニア紹介MCはなくなりました
・ないのか…
・そっか…
・まぁしょうがないよね、ツアー中にしゃべるだけしゃべりきった感はあるしね
・ちょっと江田ちゃん野田くんの声も聴いてみたい気はするけど
・新曲Venusの振り指導キター!もう踊れるけどしっかり教わりました
・振りを流してできたー!ってときに客が拍手をすると一緒に拍手をするMADが愛おしい客が拍手をするととりあえず一緒に拍手をするMAD
・「愛の〜」の振りのときに激しく!って客からリクエストがあってちょっとノリでそうやろうとか翼くんが言い出した
・そういうのにすぐのるのは雄大くんだけど
・最後までやり続けるのは陵くん
・陵くん絶対自分だけしかやってないってわかってない
・でもそれが陵くん
・楽しそうだからまぁいいか
・Venusはいい曲です、踊ると楽しい
・そしてセットリストは次々すすんで一気にアンコールのことを書くけど
・オーラスのエンドロールが再び!と思ったらMADの最初が江田剛(笑)
・なんかすごくおーーーっ!って思った!すごいなって思った!
・野田くんもちゃんとネバーエバー踊ってる姿で紹介されていました
・名古屋の頃には想像もつかなかった現実
・そしてアンコール
・Do me crazy終わって次の曲に入る瞬間にJr.がヨッシャ!ってかんじでみんなで床を叩いたのがよかった
・やりとげたぞっってかんじ
・最後はもう笑顔笑顔笑顔
・みんなご機嫌で陵くんも投げチューする始末しかも濃いやつ
・松崎も客とハイタッチ
・そして野田くんに構う松崎がやっぱりいいなぁ
・松崎が全然年下なのに全然野田くんよりお兄さんにみえる
・翼くんお疲れ様…最後足ちょっと引きずってたのが気になりました…大丈夫かな
・明日が楽しみすぎる明日で終わりなんて悲しすぎる

アンコール公演ってなんかすごくいいなぁと思いながら見ました。ツアーが終わってDVDとかみながら振り返るっていうのを、生でできるかんじ。だから、すごくいろいろなことを思い出しながらツアー中とはまた違った感覚で。
合流したばっかりのボロボロの松崎を思い出したり、長野の駅前の風景を思い出したり、生まれて初めて行った長崎を思い出したり、フォーラムで客席にいたときの松崎を思い出したり、いろんなことが頭に浮かんで、そしてまたこうやって公演を見られることが嬉しくて、ずっと微笑みながら見ている自分がちょっと気持ち悪いなぁと思いました(笑)。

明日2公演、無事終わりますように。
楽しく終われますように。

arashigumi at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年12月28日

いよいよ。

待ちに待ったこの日が来たなぁと思ってハッと思い出した。

そういえば、松崎の髪…。

どうなんだろう、どうなってるんだろう、あのままかな、ちょっと変わったのかなと急に落ち着かない気持ち。忘れてたよ、髪型変わったこと。

まぁ髪型ひとつとっても名古屋とは違うステージになることは確かだなと(笑)。

あと今日の自分内テーマは開演時間に間に合う!ということ。定時に仕事を抜ける根回しと、ダッシュと、密かに開演が遅れることを願いつつ(まあこれは自己中な考えだけど)、ひと仕事頑張ってこよう。


arashigumi at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 

2005年12月26日

ありがとう2005さようなら

昨日は横浜アリーナに行ってました。

いろいろ面白かったり楽しかったことはあったのですが、その中でも面白かったのが一般人ちびっこ参加コーナー。
親子席のちびっこがメインステに連れてこられてタッキーにいじられるコーナーなわけですが、2部では9歳の男の子が気づいたらメインステにいました。
「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」と手拍子でタッキーや周りのジュニアが煽ると、子どもなりにその場の空気を読んで、この流れに乗らないとマズイ…ととりあえず無表情のまま手拍子。
面白がってタッキーがノリノリで手をクルクルしたりして、周りのジュニアも真似して、さらに煽ると、やっぱり空気を読んで手をクルクルしてその流れに乗る無表情の9歳の男の子(笑)。
「ノリいいねぇ…じゃあ、この後一緒に踊ってくれる?」
というタッキーの問いかけに「ヤダ。」
「なんで?」「ヤダから。」とあれだけさっき踊ったくせにキッパリハッキリと。
ホントは踊りたいんじゃないのー?とか言われつつ、仕方なく親子席へ帰される途中、外周をたいぴーに連れられて歩いていると。
再びタッキーが呼びかけて「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」って煽ると、条件反射のようにその場で手拍子でリズムにノリだす男の子。
「踊りたいんじゃーん。踊ろうよ?」とタッキーが言うと、
「(無理無理)」って手を振るジェスチャーでさっさと親子席に帰っていきました(笑)。

子どもって天才だね。
誰も教えてないのにこういう絶妙な間がとれるんだなぁ、狙ってないだけによけい面白いなぁと思いました。愛想のない子どもってかわいい(笑)。

だから、「ゲッダウン!」と言わされたときにお約束のように声が裏返ってしまった真田くんより、大人の色気で余裕のゲッダウンの五関先輩より、全然普通に「ゲッダウン。」と言ってしまって自分でいたたまれなくなっている小野寺くんが超かわいい…と思ってしまいました。

後は、キスマイすごいなぁーここまで成長したんだなぁーと思ったり、そしてキスマイ担の友達が喜んでいるのを見てよかったなぁーと思ったり、たいぴーの弁慶をみて、なぜかヒァウィゴーを思い出して、あのたいぴーがここまでタッキーとためせんはるまでになったんだー!って嬉しかったり、ABCの人たちは遠いようで実はすごく身近に感じていて、それはきっとABCの人たちはMADの特に19歳の人たちのことをよく知っているはずだからとかそういうことに違いなかったり、ビーナスの振りはもう覚えたから翼コンでやるなら踊る気満々なこととか、ファイブがまだ小力の物真似をやっていて懐かしいー!ってそこでぐっとテンションがあがったこととか、仮面を聴いて脳内でMADを踊らせてたこととか、懐かしいいくつかの曲とか、久しぶりの横浜アリーナとか、翼くんの髪型をみて妖怪人間ベムみたいだなーと思ったこととか(ご…ごめんなさい)、メインステのほうでひっそりとがんばっているジュニアをみてああこれぞジュニアボーイズ!と思ったこととか、

そうそう、名前を呼びたい〜♪とかそういうかんじの曲でスクリーンに次々とチケット申込者の名前が流れていく面白い試みがあったのですが、
見逃さなかったよ…
一部にあった…
「祐介」って名前…

っていうこととか。

十分に楽しめたコンサートでした。ちょっと真人間だったけどジャニヲタモードになってきました。
いよいよ明後日。実感がないけれど、そんなのきっと1曲目のイントロが流れたら全部ふきとぶ。

arashigumi at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コンサートの感想 

2005年12月25日

早く20歳になって

2日過ぎてしまいましたが、23日は藁谷さんの誕生日でした。

18歳!?

えーっこの間まで17歳だったの!?っていう部類だね、藁さんも(笑)。
松崎も、福さんも、みんな嘘っぽい年齢からやっと今19歳で落ち着いてきたけれど。

藁さんはまだ落ち着けない、早く20歳になって!
早く20歳になった藁さんが見たい!絶対かっこいい!

そう思う。

MADって若さを武器にしている人がいないから(笑)、Jr.だけど年を重ねることが全然怖くないし、むしろ大人になればなる程かっこよくなる。山亮だってTJだって若さを武器にしてないよ、ああいう人たちは20代になってもあの顔のまんまなんだろうなぁ。いるよね、童顔の大人・・・。

話がそれましたが、藁谷さんの誕生日。
すごく優しい人なんだろうなっていうのが私の勝手な藁谷観。

藁さんが元気で幸せそうだと嬉しいです。
誕生日おめでとう。

arashigumi at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 誕生日 

2005年12月17日

ソロコンブーム

翔くん大野くんのソロコンサート決定。

ああなんか時代の流れってこういう風に変わっていくんだなぁって思いました。
普通に嵐ファンなので両方ともみたいです。バックに関係なく。

最近更新が滞っているけれど、途中まで書いてはボツにしていることが多いです。まぁ書きかけでずっと下書き保存されている嵐Oneツアーっていうエントリーもあるんだけれど。

あと2週間切りました。

それまでは、真人間で。


arashigumi at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々思うこと 

2005年12月08日

去年と違う@ザ少年倶楽部公録

なんとなく友達のつきあいで行くことになっていた少年倶楽部。
MADでるかもって噂を面倒だから信じようと思ったけど、さすがに前半の収録をみたら、こりゃ出番ないなって思って諦めたくなって。
会場内にはいるかもしれないけれど、ちびっこにダンス教える係かなぁとか結構本気で思いかけました。

だけど。
草野ソロスタンバイでなにげなくでてきた人影が、なんか大きい…もしかして…って双眼鏡覗いたら福さん!さりげなくMADキター!って動揺して慌てて。
下段にいる幸太朗さん、幸宏、福さんが肩回したりして軽く準備運動していて、福さんが幸宏に手を差し出して幸宏がそれに答えて二人で握手していた様子をみて嬉しくなったり。
そしてやっと上段に陵くん雄大くん松崎(そして草野くん)がいることに気づいて、うわっまつざきその髪…って思ったのはちょっとおいといて。

ダンスはそれはもう、見終わったあとにうっとり…って骨抜きにされるかんじでした。別にすごいことをやっているわけでもないんだけれど、ああやっぱり自分はMAD担なんだなぁって思いました。

これで本日の任務終了って思ってぽわーんとしてたら、錦戸ソロにも。
うわーなんかNEWSコンが目に浮かぶよう!って思ってワクワクして。永遠色の恋もついていて。去年はついてなかった曲。静かな振りだったんだけれど、ひとつひとつ丁寧に踊っているかんじで。

以上3曲。3曲だけでこんなにぽわーんとしてしまうのだから、コンサートだったらどうなってしまうんだろうとか思いながら、同時に思ったのは、去年のNEWSコンの彼らとは全然違うなということ。翼コンでMADの本気の空気みたいなのができあがっていて、それがたとえば他のユニットのバックにつくときはどうなるんだろうって少し心配だったりしていたけれど、本気の空気はもうそのままだったよ。もう幸宏がイェーイって始まるコンサートはないみたいだよ。年数的には後輩の草野くんのバックでも、翼くんのバックと変わらないテンションで臨むMADがとてもかっこいいなと思いました。

MADって言ってるけど、6人しかいなかったし、特にこっしーがいないのがやっぱり不思議で残念だったこととか、陵くんの前髪とか、松崎のニューヘアーとか、少年倶楽部何年ぶり?の松崎とか、そういうことはとりあえずおいておきます。

MADがかっこいい。
かっこいいMADのファンで、こうやって応援できることがとても幸せだなぁとまた噛みしめた一日。

キミたちはサイコーな話や、ベランダで焼き肉食べてる人たちの話はまた今度。

arashigumi at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) TV 

2005年12月06日

面倒なので

噂をそのまま信じます。

タッキー&翼が1月に新曲をだすらしい。ネバーエバーが入ってるらしい。
デビュー組のCDって無条件に買うわけじゃなくて、結構財布の紐はかたいほうなんだけど、これは買いだなぁ。イントロ聞いただけでキャー!ってなるよ。

嵐のシークレットトークの会話にでてきたSTBってレコード会社のスタッフのことらしい。
STBってなんだろうってなんとなく気になってたから、すっきり。


いま一番心待ちにしてるのは、嵐コンDVDと翼コンDVD発売日確定の噂です。
この時期になってもなにも出て来ない嵐コンがちょっとだけ心配です。翼コンも出るとわかっていても手にするまで実はちょっと心配です。
でも心配しても仕方ないことは心配しても仕方ないことなのでやめておきます。


まぁ噂って書いたけどCD出るのはホントみたいです。噂の使い方間違ってるね(笑)。


arashigumi at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々思うこと