2006年08月

2006年08月31日

1日1回しかみないけど

2日目は初日の倍ぐらい余裕だったから今日はその倍ぐらい楽しめる気がする!

8/30 3部メモ
・志村けんさんが来ているのにいつかのSummerはアイーンじゃなくて
・おかしいなぁ…
・って思っていたら
・変なおじさんがいた(笑)
・なんの曲だっけ花道にいたきがするんだけど変なおじさんが
・あとはじめのほうの曲で翔くんチームのほうがわーい!わーい!ってMADもノリノリでお客さんも右半分はそのノリで面白くて
・ああ嵐コンだなあああああ!って嵐コンを全力で感じて
・まあいまだに長髪のTJには慣れないんだけれど
・オーラビュラビュとか自然に体が動くし
・イエスノーは去年踊っていない部分も踊っていてかっこいいし
・翔くんはまたいつもの人たちみたいに紹介してくれるし
・ああそういえば水色のシャツ…っていざなうの松潤ソロを思い出して
・あのとき5年後に踊ってるなんて可能性0%…って思っていたけど
・2年後にこうやって踊っているから可能性1%ぐらいに上がったかなあと思ったり
・千年メドレーの曲にうわーんこの曲!ってちょっとせつなくなって青春だなぁ〜って思って
・まあ最初は遠慮していてもだんだん調子にのります
・だって嵐コンなんだもの
・楽しまなきゃ損だろぅーーーーーーーーー!!!!!
・体が嵐コンを覚えているから
・この事実にちょっとびっくり
・自分が思う以上に嵐コン体質だった!!
・あらしっくツアーファイナル
・楽しく迎えよう!!!!!


arashigumi at 07:18|PermalinkComments(0) 嵐 SUMMER TOUR 2006 “ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul” 

2006年08月30日

気にしぃなので

合流複雑…っていう人たちいるみたいだから申し訳ないって気持ちでテンション低めに地味に書くけど

翔くんと陵くんが両手を広げて迎えてくれた気がするからとても幸せな気分で帰ってきました

8/29 3部のメモ
・MCの嵐着替えタイムで全員出てきた
・松崎は相葉さん汗ふき係
・真剣なんだかネタなんだかかいがいしく汗をふく松崎
・翔くんがMADの話をしてくれていて「いままで8人でまわってたんですけど、ここ横浜で6人追加されて、言うなればいつもの面子が揃って大集合で」って
・"いつもの面子"って言われたー!ってすごく嬉しい
・じゃMAD誰か挨拶を
・って言われたら出てこないのが福さん意外と気をつかう人
・誰もでてこないからTJが手をあげた
・お世話になっています、MADです!よろしくお願いしまーす!で終わろうとしたら
・福さんが横でもうひと声ガツンと言ってやれ!みたいにパンチするジェスチャーをしていて
・頑張るぞー!
・ってTJがガツンと言っていました
・TJが嵐にごま団子を差し入れした話をしていて、Jr.が先輩に差し入れなんて俺らの頃は考えられなかったよねって話になって
・「川村陵なんてTシャツくれたもんねぇ」って大野くんが
・新潟でとった写真も早速嵐に焼き増して渡したらしい陵くん
・「川村くんはこのツアーの学級委員長的なね、」って相葉さんが
・「私服も学級委員長みたいだしね」って大野くんそれどういうこと!
・2年前、福岡でさようならーした五里霧中を踊っている姿がまた見られるなんて…とか
・カーニバルも踊っていて素敵…とか
・色々楽しくて
・陵くんは踊りながら雄大くんをちらちら見て超笑顔で二人でアイコンタクトしていて
・ああ陵くんが全力で歓迎してくれている!って勝手に思って嬉しくて
・カーニバル…ナイト!でジャンプするときに後ろから嵐に持ち上げられて超ゴキゲンな加藤くんとか
・色々あってやっぱり嵐コン最高!で
・時間ないのでこのへんで

仕事は待ってくれない


arashigumi at 07:37|PermalinkComments(0) 嵐 SUMMER TOUR 2006 “ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul” 

2006年08月26日

光子さんの前でM.A.D.が歌う日

・キャー!嵐コンでみたMADの人たちが見にきてるー!
・って期待を裏切らずにちゃんと見に来る嵐組MADが素敵で
・まあ紹介されるわけでもないんだけど
・MCで光子さんが見にきてるよーってコーナーがあって
・MADの人たちとは別で車椅子の方とかがいつもいらっしゃるところでみていました
・マイクを持って喋る光子さんを眺めながら
・ああこの光景デジャブ…今年何回目だろう光子さん見るの…って思って
・元旦にドームでみたのは別にしても、SHOCKでみたような気もするし、プレゾンでは2回…そして今日…
・こんなに私と遭遇するなんて
・も、もしかしてMAD担!?
・もしかしてPUSH MY WAY聴きにきた!?
・って思ったらちょっと面白かったです
・だってほらタッキーが好きなら幸太朗さんがいるし
・ヒガシが好きなら松崎がいるし(ただダミーをやっただけ)
・ああ光子さんの耳にPUSH MY WAYが入ったというだけで面白い
・次はホッサマーの話
・1回目が終わって2回目はもう当然のようにあるんだけど
・作戦会議で作戦C!って
・作戦Cほんとにキター!って思ってそれだけでもう面白くて
・でもなにやるんだろ、あとどんなパターンが考えられるんだろ…って謎で
・曲も終わり近くになって
・ちゃらっちゃーちゃらっちゃーちゃーちゃー
・ちゃん!
・全員でポケットから青いハンドタオルを出して汗をふきだしたー!
・ちゃんと綺麗に折り畳んである!
・ハンカチ王子がまさかフォーラムにいたなんて!
・ネタをしこんでいた翼くんとMADを思うとさらに面白くて
・翼くんいつからそれをポケットに入れてたの…とか
・このネタを誰が思いついたか知らないけれどいいねぇ!って盛り上がったんだろうなとか
・捌けるときは野球少年風味で
・3回目は作戦B
・おなじみの例のやつです
・本当に渋くてかっこよくて面白い
・アンコールで歌詞がでっかくでていてナイス!
・って思ったら出るタイミングが歌と同時で
・もうちょっと早くしてくれないと歌えない
・と思っていたら最後の曲ではばっちりでした
・そうそうその調子でお願いします思いきり歌いますから
・今日の公演で一番かっこいいなと思ったのはアンダルシア
・1回公演も悪くないって去年の大阪は思ったけれど
・あれは3日間だったからだ1日じゃやっぱり寂しい
・あっという間に終わりました
・いや時間的には2時間45分の長帳場
・楽しい時間はあっという間に過ぎるってことかな


arashigumi at 23:11|PermalinkComments(2) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

あらしっくあらしっくあらしっくくーるあんどそーる

で、あってるかな?翼コンは土日だし夏休が残りまくっていたのでチケットとっちゃったし18きっぷはあまってるし宿もおさえちゃってるし新潟行っちゃおうかなーって冗談で言ってたけど本当に行ってきました。今年初の嵐コン☆

・会場が朱鷺メッセのスタンドがないバージョンみたいな、ゼップの大きいバージョンみたいな
・その最後列の席だった日にはもう席についたとたん笑うしかなくて
・後ろのスクリーンよりも後ろの席だったから裏からスクリーンをみると左右逆だし
・まぁそんなことはどうでもよくて
・終わってみたらカーニバルナイト厨☆
・友達に聞いたらこの曲は大野くんがフリつけた曲らしくて
・超好み!
・右指さすのはプレゾンを思い出して、こういうフリがいまダンス界ではブームなのかとか思って
・C・A・…!って会場が叫んでいるときも、多分カーニバルって叫んでるんだろうなと思ったけどとっさに綴りでてこなくて雰囲気でごまかす自分がいて(笑)
・あーなんか今年の嵐コンはアウェイだ自分…って思って面白くて
・でもコンサートが終わってからずっとカーニバルナイトを聞いていました
・だってこの曲大好き
・このエントリーもただカーニバルナイトが好き☆って書きたいがためにアップしたし
・ということで終わり
・っていうのもなんなので、他にも書くけど
・いろいろ前評判は友達から聞いてて、出番少ないんだよーとか、衣装がねぇ…とか聞いていたけれど
・今年の嵐コンは出来がいいと思いました。嫌いじゃない。
・普通に嵐がかっこいい。
・しいていえばやっぱりもっとJr.が効果的に使われて萌え曲みたいのがあればいいと思ったけど
・くーるあんどそーるの曲とか、パレードがなんたらって曲とか(プレゾンみたいで素敵☆)、色とりどりで楽しい
・俺たちのソングききたかったんだけどもうやってないのが残念だったけど
・衣装はもう
・ヒアウィーゴーしてて
・あの原色シャツ!あの相葉ちゃんソロの青柄シャツ!とか回顧回顧
・しまいには台風ジェネレーションで
・イントロでなぜか玉アリにタイムスリップ(自分だけ)
・ニノと福さんのコールアンドレスポンスを思い出してました
・後はMCでの池田くんの嵐モノマネコーナーも面白かったし
・幸大くんが蝉を片づけたのも面白かったし
・陵くんが6人目の嵐みたいで面白かったし
・なんか陵くんだけ嵐との距離感が妙に近いっていうか嵐寄りなのが面白かったし
・MCで嵐が今回ついてくれているMADのみんなでーすって紹介してくれていて
・ああそういえば昔はこういうのに憧れていたなぁとか思って
・ここまで何年かかったかなぁって思ったりもしてでも単なる今回の構成の流れだってわかってはいるけど
・このメンバーだと陵くんがリーダーってもう暗黙の了解ができているみたいで
・本当に嬉しくて
・最後に「これからもがんばるのでよろしくお願いします!」みたいに陵くんが締めで挨拶をするんだけど
・その言い方がなんか声は張ってるんだけど控えめというかなんというか
・福さんそっくりで
・ああMADここでもがんばってるなーって嬉しくて
・新潟まで見に行ってよかったなぁって思いました
・2部はMADは早く帰るはずって友達が言っていて
・でもMCが長引いたのかこのペースじゃ新幹線の時間に間に合わないんじゃとか言ってて
・じゃあもっと早く帰るんじゃない?って思ってたら本当にそうで
・これは良席に入ってたら泣く
・まぁすべては写真がとりたいとか言って時間とったK村くんのせいってことで
・嵐のせいじゃないことにしておこうそれが大事
・さ、これですっきりした
・カーニバル厨はここまで
・待ちに待った土曜日ですよ!!!!!!!!!!!!!

arashigumi at 12:29|PermalinkComments(0) コンサートの感想 

2006年08月21日

push my wayの好きなところ

・さめない夢もあるところ
・遅すぎることはないところ
・push my "long" wayなところ
・憧れへと走り出すところ
・誰もMADを止められないところ

走り出した〜の走り出すフリが好きです。聴けば聴くほど好きになるpush my way。だって本当にMADの曲に聴こえてくるんだもの。


arashigumi at 16:07|PermalinkComments(1) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

その他のこと

つづき。

・その他気づいたことを記録しておこう
・最後のほうで左右スクリーンの前にMADがいて翼くんが左右のお立ち台みたいなところに行ったりするんだけれど
・翼くんが通るときにさりげなくさっと道をあけるMADが結構好き
・それはMADの誰かってわけじゃなくて割とみんなそうだから素敵
・最後はけるときには翼くんとハイタッチして捌けるんだけど
・そういえば大阪初日でどっちに捌けるかまだあやふやで左右に捌けて行っちゃって幸宏がおいおい俺のせいじゃないよ〜みたいにひとり小芝居であたふたしてたのを思い出したり
・話を東京に戻すけれど、ハイタッチしたあと痛ぇ!ってかんじの小芝居をする松崎とか
・ハイタッチそっちのけで客席にお手フリして愛想をふりまく小芝居の福さんとか
・そうそうまた思い出したからホッサマの話に戻しちゃうけど
・作戦会議は今日もあって
・特になにも言ってなかったけどああ作戦Bね!って大阪みた人は気づいたはず
・超渋い終わり方
・げっとだうんではみんながバック転をしなくなってくるって回るから
・わぁ福さんがいっぱい!って思って
・これはこれで素敵だなと思いました
・アンコールで翼くんはスクリーンに歌詞を出してくれってスタッフに言っていて、さすが翼くん〜って思ったけれど
・本当に出してほしいのはひと夏の…だってば!カタカナつけてね!
・でもきっと2階席後方はスクリーンの文字だって双眼鏡覗かないと無理
・あのアウェイ感はドームの天井や、たまアリの天井よりすごい
・だから左右の電飾に翼くんが映っていてよかったなぁと思いました
・アンダルシアのジャンプをしながらくるって回るところが好き
・ダイアモンドのフォーメーションが変わる瞬間が好き
・ラブタフからディープイントゥブルーに切り替わる瞬間が好き
・ゴーオンのシンメが新鮮いままでみたことないような組み合わせ
・福さん幸宏、雄大くん松崎、こっしー武内くん
・最後のほうの良い夢がみられる新曲のポーズで変顔をする松崎それをみて笑う翼くん


来週もフォーラムが待っている
幸せだなぁ
また思い出したらなにか書こう

arashigumi at 03:40|PermalinkComments(1) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

とんがりコーンデー

つづき。今度は2部の話。

・ホッサマーに登場したよい子のMADたちが
・とんがりコーンを持参!
・ひとりだけ3つ持ってきたひともいたけれど
・まぁそれは間違いなく松崎なわけだけれど
・わかりやすいとんがりコーンデー。どうしよう、お偉いさんが「一緒に踊ってる子たちなかなかいいねぇ、次のCMにはあの子達をぜひ」って言い出したら!(笑)
・翼くんを取り囲む人々をMADでやればいいのに
・…嘘です調子にのりました
・じゃ、歌おうかって段階になってとんがりコーンをもったままだとさすがに無理で
・ステージ前方にちゃんときちんと並べておくよい子たち
・そしてなぜかとんがりコーンを拝んでからスタンバイする翼くんとよい子たち
・そして置く位置の指示を出すよい子たちのリーダー福さん
・おい、もうちょっと綺麗に並べろよ!みたいに
・もう完全に小芝居モード
・綺麗に並べられたらホッサマー===開始===
・===終了===
・よい子たちが解散するときにとんがりコーンを持って帰るんだけど
・とんがりコーン争奪戦
・俺のとるなよ!!ってかんじでまたここで小芝居
・福さんがたくさんとって1個加藤くんにわけてあげていました
・きっとそれは優しさじゃないたくさん持ってるのが面倒だっただけ
・あれこの辺の記憶が曖昧で2回目と3回目の記憶がごちゃごちゃだ
・とりあえず
・再度集合したよい子たちがやっぱりとんがりコーンを持って入場してくるんだけど
・しっかりとんがりコーンが客席によくみえるような持ち方で
・アピールして入ってくるのが面白くて
・よくできたセールスマンみたいなMADが面白くて
・やっぱりステージ前方に並べるんだけれど、さっきよりもさらに綺麗に並べようとして
・福さんがやっぱり指示だして
・それじゃだめだ!もっとこっち!みたいにアクションしてるんだけど上手く伝わらなくて
・途中でまぁいっかみたいなかんじで時間切れになると流す福さんが面白くて
・ああこういう福さん前にも見たことあるなぁって思って
・とんがりコーンホッサマー終了
・翼くんが小さい子供に1つあげていました

・話は変わってタッキーからの手紙の話。
・突然MC中に雄大くんが出てきて、「こんなものが落ちてました」みたいなかんじで手紙を翼くんに渡して
・今回見に来れなくてごめんねっていうタッキーからの手紙でした
・タッキーが書いていた翼くんの特徴が
・本当にそのとおりで面白くて
・そんなのやってない!って否定する翼くんの回答まで予測していて
・ああ本当にタッキーって翼くんファンなんだ…って思いました
・そして手紙を回収しにくる松崎
・ああマイクを向けられたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー!!!!
・今さら自担の声で驚きはしないけれど
・ヤー!とかハッ!とかはたくさん聞いたけれど
・ちゃんと言葉をしゃべっているのを聞いたのはもしかして今年入って初
・もう嬉しくてあまり内容を覚えていないんだけど
・「どうも。松崎祐介です。みんな盛り上がっていきましょうーーーーーー!!!!!!」みたいなかんじだったかな
・2006年の自担の声をしっかりと覚えておこう
・でも去年と変わってない
・あたりまえ

まだまだつづくよ☆

arashigumi at 03:00|PermalinkComments(0) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

記憶は消えていくものだから

記録は残って記憶は消えていくものだけど翼くんが記録より記憶って言っていたから忘れないうちに記憶を記録すればいい!!

というわけでメモ。

・くいーのおぶあーるの踊りましょうコーナーで翼くんが「あの辺の人たちいいねぇ!」って。
・松崎もいいねぇ!ってかんじでオッケーってかんじでノリノリだから思わず振り返ってみたら
・明らかに回りのお客さんよりノリノリの人たちがいた!あれだけノッてればそりゃ翼くんも褒めるよなぁ〜って思ってたら
・あれ?
・あれMAじゃない?
・MA4人でノリノリくいーんおぶあーる
・その隣にヒガシさんがいたのはMCで知りました
・話の流れはちょっと忘れちゃったけどホッサマーコーナーでMAがステージにあがることになって通路をMAがステージに向かって歩いていったけど柵があって行き止まりで
・ヒガシさんは行かなかったんだけれど、お客さんのヒガシコールで腰をあげステージへ
・柵をなんとか乗り越えてステージへ
・フリ指導とかいろいろあって歌う段階になって
・よいこのみんなが登場したらまずはヒガシさんにご挨拶!
・その節はお世話になりました、今後ともよろしくお願いしますってかんじでぺこぺこみんなで頭さげてて
・MAも一緒にみんなでホッサマー
・ヒガシさんは俺はいいよってかんじで頑なに踊らないんだけど
・踊ってるMADをわざと近くでガン見
・武内くんとか松崎とか
・うわーヒガシさんがMADをみてる!と思うと面白くて
・MAはなぜか踊れてたからきっとプレミアムで踊ったからだと思うけれど
・翼コンオリジナルの体育座りとかがわからなくて
・それでも参加しようとするMAが素敵で
・でもその後まではさすがにとっさに参加はむずかしくて
・ああなんかMADもどうしようか迷っちゃってごちゃごちゃ!
・ってかんじのホッサマー1回目
・その後さっさとよいこのみんなは捌けてそれから質問コーナーとかがあってヒガシさんMAも席に戻って
・でもホッサマー2回目がないなんてお客さんが許さなくて
・このお客さんが強いかんじで翼くんが優しくてそれに答えちゃうかんじが翼コンだなぁって思って(笑)
・ホッサマー2回目
・よいこのみんなー!で集まるMAD5人
・足りない足りないこっしーがいない!
・早く早くぅ〜って笑顔で袖においでおいでをする武内くん他MADの人たち
・靴を履きながら笑顔で慌ててでてくるこっしー
・もう次の曲の準備してたんだね!こっしーが舞台裏でえっ!やるの!とか焦っている様子を想像すると面白い
・そして再ホッサマー
・2回がデフォだもんなぁなんかすごいなぁ
・そして客席もあきらかに2回目のほうのアピールタイムがテンション高くて壊れ気味(笑)
・そうそうヒガシさんが「MAD」ってちゃんとユニット名を覚えていて嬉しかった
・ああプレゾン出てたんだなって実感した(笑)

つづく。なんか今日はテンションが高くてたくさん記憶を記録したい気分。

arashigumi at 02:27|PermalinkComments(0) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

2006年08月19日

フォーラム久しぶり!

フォーラムってこんなに広かったっけ…

メモ
・2nd faceは去年雄大くんが1人でやっていた部分が辰越の2人になってるんだ…ようやく気付いて感動。2倍だよ!新しい展開!
・push my way で歌詞がスクリーンに。ああこういう歌詞なのか!ってじっくりみてしまいました。
・そしてスクリーンは当然だけどMADが映っていて、そして歌詞が出ているから、MADがテレビで歌っているみたい!と妄想がはじまる
・Ho!サマー2回目で帽子の穴を調節する福さんをみるといつも頭が大きいんだな福さん→いやいや雄大くんが小さいだけ→でもやっぱり頭大きそう福さん→そんな福さんに共感(自分も頭が大きいから)の思考回路をたどる
・ねぇ巨大な黒い人影が怖い…夢にでてきそう
・ビシッとみんなで指さすのを間違っちゃいけないと思うの
・Ho!サマーで加藤くんが間違えたところを正しく踊れた優越感


DVDを見たから、ああ会場はあんな風に見えているんだなと思いながら見ました。気持ちいいだろうなぁ。


arashigumi at 22:26|PermalinkComments(0) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

大阪の感想

全部書き終わってから、なんだこの文章…って消去したくなったけれどせっかく書いたからアップしてしまおう。暑くて頭がヒートしながら書いたのでネジが一本抜けてるみたいな文章でごめんなさい。

★Never Ever
キャー!1曲目これなのー!っていきなりテンションがあがって。腕上げのタイミングが微妙に逆になっていてもう去年のに慣れちゃったから変なかんじ。衣装がもう翼コン!ってかんじで、近未来的でなんて白の似合う人たち!と必要以上に衣装でテンションあがったり。

★AXEL
なんかこの辺りはもうきゃー!ヤバいヤバいカッコイイカッコイイきゃー!って興奮し過ぎで記憶がない(笑)

★Queen of R
会場のみんなも一緒に踊りましょうのコーナー。振り指導の後に、曲が始まって、翼くんとMADが一斉にビシッと左のほう!右のほう!2階席!みたいに指さしするのがカッコイイ。指さされたら誰だってキャアってなるよね。右のほうみんなで移動〜左のほうみんなで移動〜って流れも好き。俺たちカッコイイだろってかんじのイケメン集団みたいなノリが楽しい。

★濡れてRainy day
ああこの曲去年好きだった!と思い出して、両手で煽りながらジャンプするフリがお気に入りの曲。

☆take your hands
いい曲だなぁ〜とうっとり聴く時間。

★アンダルシアに憧れて
なになにこのSHOCKみたいなイントロー!と思っていたらアンダルシア!プレミアムの加藤くんリベンジかと思ったらまたプレミアムとは別のアンダルシアでした。途中、次々とポーズを決めてライトがフラッシュみたいに次々変化するところがカッコイイ。

☆Pride the END
わーんこの曲踊っている自担みたいよーと思う時間。
でも女性ダンサーも素敵。

☆かすみ曇
去年のツアーを思いながら聴いていました。

★Slave of Love
ハッ!このイントロは…!とわくわく。衣装が軍服みたいなのではなく、黒衣装。フリはほとんど同じだったかな…去年と同じ曲でも松崎的には新しい場所だったり新しい役目だったりして新鮮。

★GO ON
また新しいフリで。こうやって色々なパターンのフリができあがっていくのが素敵。最後はやっぱり翼くんひとりがステージに残って踊るかんじなのがGO ONらしい。

☆Rainy Memories
女性ダンサーさんをつい見てしまう時間。松崎を相手役に2人でセクシーダンスを踊らせてみたい…って思ったけどダンサーさんの相手は翼くんの設定だろうからダメだね(笑)。

★loving tonight
ゆらゆら〜のところとかサビとか曲自体好きなかんじ。

☆MC
でてこないかなぁ〜でてこないよなぁ〜ってヤキモキする時間。翼くんがするタッキーのモノマネが大好き。

★Ho!サマー
よいこのみんながかわいすぎてどうしよう。
ナンデナンデに匹敵するキャワキャワ曲!
こういう胡散臭いことやらせると福さんは絶品だと思います。去年の大宮の時の顔みたいだった(笑)。
この曲は「もう1回!」コール必須で皆さんよろしくお願いします。
大阪ラストの作戦Bには笑ったー。東京では作戦Cでお願いしてみたい(笑)。

☆優しいだけのハーモニー
甘い真実に気づいてしまって〜っていう歌詞がなんかいいなぁって思いながら聴いていた曲。

★Push my way
MAD曲キターーーーー!
初日に翼くんが、もう1曲作ったんですよ云々と言っている間、まさかまさかでもこの話の流れは…もしかしてオリジナル曲来る?来る?ってハラハラして、マイク持った自担にキャー!ってなった時間。
もう、彼らが俺たちのオリジナル曲!ってかんじで胸張って堂々と歌っているだけでこの上なく幸せな時間。
そして前奏のダンスが本当にかっこよくて誇らしい!

★2nd face
少しアレンジ変わってたかな?踊り倒す!っていうかんじでガシガシ踊っていました。

☆流れ星
ついつい山亮や林くんやTJを思い出す時間。流れ星になにを願おう。

★Diamond
おおー!この曲をやるのか!って選曲にわくわくした時間。

★Love & Tough
拳を振り上げる時間。MADがハイタッチしていたのはこの曲だったかな。

★DEEP into BLUE
ああDVDをみてからこの曲が愛しすぎる。無条件にテンションがあがって楽しくて笑顔になる曲。ああ幸せ!って叫びたくなるような曲。

★新曲(タイトル不明)
この曲も好き。ちょっと大人チックで、みんなでノレて、よい夢が見られそうな曲。間奏で一瞬翼くんとMADがポーズ決めるところが大好き。

★Get Down
イントロがなんかすごく懐かしいかんじ。デビュー時のフリでキター!色々思い出してちょっとせつないよ!でもいまここでこのメンバーでこのフリで踊っているなんて素敵すぎる!!

〜アンコール〜
★DO ME CRAZY
去年と同じ展開!ってわりとみんな思ったかもしれないけれど、自担は今年はいるので大違いなのです。

★そうだね
大好きな曲キター!この曲を聴くと陵くんを思い出す。この曲を聴くとなんだか優しい気持ちになる。

☆見果てぬ夢
この曲を聴くと幸せな気分になる。

〜ダブルアンコール〜
☆ひと夏の…
ほらまた翼くんは一番難しいところを客席に歌わせる!
1年経ってもなんだか歌えない客席がああなんだか去年みたいで面白かったです。みんなファンなのに覚えようとしなくて、マイペースで自由で面白い。

〜トリプルアンコール〜
☆生きてる証
だめだ…いまだに仙台を思い出してしまう…(笑)




arashigumi at 02:11|PermalinkComments(2) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

2006年08月17日

ねぇ風間くんのweb連載が面白い

「やっぱ、俺達が…」のくだりが面白いよ!

今度は大切に使って欲しいよね!!!!!

arashigumi at 20:30|PermalinkComments(0) web 

2006年08月16日

ブログリストを整理しました

リンクとっくに切れてるのに放置して早数年…ってかんじだったので、リンクが切れているものは少し削除してみました。

うっかりリンク切れてないのに消された!というのは100%ミスですので、もしいたらごめんなさい。

今頃仙台では嵐コンだなぁーと思いながら、ああもしかして今年ってここ数年で一番嵐コンに行かない夏だなぁと感じています。
みんな元気かなぁ。

arashigumi at 20:26|PermalinkComments(0) 日々思うこと 

2006年08月14日

ほらまた

書くことがありすぎてなんかなにも書けない

昨日のMCで翼くんからもらった情報をもとに(笑)、早速今日翼コンDVDを買いに行き、午後はずっとそれを見ています。

すっかり忘れてたけど、フォーラムでDVD撮影が入った日に自担がいなかったこととか

ブックレットにM.A.D.もちゃんと1人1人名前が載っていて、前作翼魂であぶりだしでしか出てこなかった現M.A.D.メンバーだった人たちのリベンジの話を書こうとおもっていたのに、今回は雄大くんが間違って黒い文字で書かれちゃった話とか、ローマ字読みしたらヨウ・イケダくんの話とか

もうそんなのはどうでもいいぐらいDEEP into BLUEが素敵でとりあえずその曲だけリピートで何回もみてしまったり

23to24はもう、ツアー萌えなんだなぁと思いました
ツアーのはじめ、それはもう嵐コンで「翼くんのコンサートにつくんだって?」って突然福岡でなんの前ぶれもなく発表されて?????な日からが始まりで
フォーラムの初日の出来にびっくりして自担がいなくて
自担が戻ってきたら全然踊れてなくてこれまたびっくりで
M.A.D.がマイク持って歌っちゃったり
MCでしゃべっちゃったり
雑誌にのっちゃったり
ありえないことがたくさん起きて
M.A.D.っていうユニットになって
全国各地をまわるのが本当に楽しくて
ネバーエバーの腕あげとか
あんな曲こんな曲
いろいろあって名古屋のオーラスでみんなで手をつないでるシーンで回顧終了!って
編集がとても好きです
いやそんなシーンは入ってないよっていうものもたくさんあるけど、そういうことを見ながら思い出すのでこの曲をみているとツアー楽しかったなぁぁぁってすごく思い出します

何度でも何度でもみたいDVDで、見れば見るほどきっといろんなところが見えてきて面白いんだろうなと思うので多分また感想はじっくり書くかも

DVDをみてまた翼コンが楽しみになりました
こうして今年も翼コンがあることが本当に嬉しい

arashigumi at 20:02|PermalinkComments(0) DVD 

2006年08月13日

"STYLE"

「今年はMAD歌うとしたらなに歌うんだろうねー」
「なにいってるの、MADオリジナル曲に決まってるでしょ!」
「そっかー(笑)」

ってネタにしていたのに本当にオリジナル曲だった件

…まぁ厳密にいうとオリジナル曲じゃないけれど、翼くんの自作新曲をMADが先に披露ってことで。

翼コン2006 STYLEは、やっぱり幸せな空間でした

簡単メモ
・うわー女性ダンサーさんつくんだーキャー!SHOCKのダンサーさんが2人いるー!
・SHOCK厨なのでダンサーさんはすぐみわける
・翼コンは衣装がカッコイイから好き
・ヤバいヤバいかっこいいかっこいいって思っているうちに3曲ぐらい終わった
・指さしいいねぇ!
・松崎また髪きったけど短いのはやっぱり似合う
・去年の曲をたくさんやって
・去年のツアーがあるから今日があるってかんじで
・Ho!サマーはもう!
・19歳と18歳の人たちがキャワキャワで
・ああ去年は見せなかったMADのもう一面が翼コンでも!と思って嬉しくて
・MADが捌けたあとの会場のざわめきが面白くて
・なにいまのかわいかった人たち!
・って会場が揺れていて
・MAD曲はもうそれは胸を張るかんじで
・マイクを持った瞬間そこに漂う素人くささが愛しくて
・ツアー初日っていうことが幸せで
・まだまだこの公演が何度も見られる!
・まだまだ感想あるけれどまた後で
・MADがかっこよすぎて辛い


arashigumi at 08:16|PermalinkComments(2) Tsubasa Imai "STYLE" 06 

2006年08月09日

雑誌

DuetではなくWUをひとまず先に。

MADは記事としては載ってないんだけど、ABCのページに名前が。

松崎の小芝居キター!

福さんの笑いのセンスキター!

それだけでもうなんか楽しい。
POTATOのイラストコーナーにも辰越や福松が載っているから、わージャニーズJr.みたい!と照れておきました。


arashigumi at 12:28|PermalinkComments(0) 雑誌 

2006年08月08日

PLAYZONE2006 Change 2幕

2幕。

☆『謎の少年 アカペラ』
改めてパート1のパンフレットをみてみてもアカペラって書いてあった!初日はアカペラじゃなかったけど。伴奏が入ったバージョンも結構好きでした。アカペラはスゴイと思います。

★凍ってる人たちのシーン
凍っていて一番絵になるのは幸太朗さんだなと思いながらみていたシーン。

☆不思議な出来事 Part2
客席のうわーっていうあたたかい楽しそうな雰囲気が嬉しかった曲。設定だけでもうみんな面白がっていて、そして実際入れ替わったカッチャンとヒガシの踊りも面白くて。元に戻るときにカッチャンが光線を浴び損なった回が面白くて、それがDVD収録にどういう風に収録されるのかが楽しみだったり。

★『最後の仕事』
扉がいっぱいでてくる曲。ハセジュンをみんなで担いで右から左へ〜でも楽日近くからハセジュンが消えてみんなでうわぁ〜と右から左へすすんでいった曲。パンフレットをみると帽子をかぶっていて、ああそうだったのか…と記憶にないけれど。雄大くんのアクロが気持ちよく決まると嬉しくていつも楽しみにしていた曲。途中、ABCとMADみんなで中央で踊る部分が大好きで、みんなでジャンプするところとかかっこよくて嬉しくて。

★『マスターキー』
操られているみたいなダンスが面白くて、ハセジュンのやめてぇぇぇーーーーーーがサントラよりも生のほうが全然よくて、その後にくるくるくるってターンして歩く用意をする松崎が好きだった曲。

☆『僕が僕であること』
アツ兄には生のオーケストラで歌わせてあげたい曲。サントラにも入っている、歌い終わった後の瀕死の〜って台詞が入ってくるときの音楽がなにげに好き。

☆ラストシーン
カッチャンって演技うまいなーと、終わってみればほとんどカッチャンに泣かされたような気がした。「少なくとも俺たちはあいつらに出会った」っていう台詞が好きで、「未来は変わっていくのか…あいつらのおかげで」っていう台詞が好きだったシーン。未来を変えてきた自担たちをいつも思ってみていました。

★『Change』
右奥の集団のなんと素敵なこと!そこにその面子で立っているというだけで素晴らしくて、「俺たちは今〜今を生きてゆく〜」っていう歌詞がぴったりな人たちで、たいてい松崎はかぶってみえなくて口を大きくあけて歌っている幸太朗さんがみえていた曲。サントラでは一瞬音楽に間がある部分があって、そのバージョンが好き。

★『変化』
Changeといったらこのダンス、といってもいいぐらいに、今回の目玉だったんじゃないかな。大地から芽がでて、いやなものから目を背けて…っていう解説を読んで、ああなるほどって思って、9.11のテロ事件を主題にしたナンバーってことだけれど、苦悩を乗り越えて希望へ…っていう流れが、苦悩の規模は違うかもしれないけれどやっぱり自担たちにぴったりな曲で。最初の混沌とした、みんながふらふらと彷徨っているような、何が起きたんだ、これはなんなんだ…っていう部分がああもうダメかもしれない、もう終わりだ…って泣きそうだった頃の自分に重なって、少しずつステップをみつけて呼応してそれに加わっていく様子が、ひとつひとつ仕事を大切にこなしていく自担たちを思い出して、だんだんバックの映像も曇りから晴れに変わって虹が出てくるように、だんだんびっくりするぐらい仕事がどんどんきて、MADが褒めてもらえて、そしてとうとうプレゾンに出るまでにーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
って思いながらみていました(笑)。

★『想』
幕が再び開いて、後ろ向きの少年隊がステージが回転してぐるっとこっちに向かってくるのがなんかいいなーと毎回思って。少年隊ファンじゃなくても、あの瞬間はなんか感動する。MADがでてきたらMADの晴れ舞台を嬉しく眺める時間。拍手!!

感想になっているかな。自分の想い出の記録だね。
暑い中坂を何度ものぼるんだよって友だちに教えてもらっていたけれど、今年の夏はそんなに暑くなくて。

グッズの写真にMADがないのは気のせいだよ、MADのだけ隣のこどもの城で売ってるんだよーーー子供に大人気なんだよーーー!!ってネタを書こうと思ったのに書かずに終わってしまったなぁ。

千秋楽の挨拶で、ヒガシが出逢いの話をしていて、あまりよく覚えてないけれど勝手に自分の中ではMADとの出逢いの話になっていて、また一緒にできたらっていうのもMADを含めバックの人たちっていう意味になっていて、ああ似た話を以前聞いたことあるな…と翼くんを思い出したりして、MADを少年隊にも知ってもらえて嬉しいなと思いました。

MAD代表で挨拶をした福さんの「みんなと話していたんですけど、プレゾンに俺たちが出れるなんて信じられないねって…」っていう言葉が翌日になってもぐるぐる頭の中を巡っていて、よかったね!本当によかったね!って福さんの背中をバシバシ叩いて握手を求めたい気分でした(笑)。なんかMADとMADファンは似たもの同士なのかなって思って、表に出さないけど色々心の奥では感じながらここまできたのかなって。

違うよ!って反論がきそうなのでこの辺で(笑)。

ああ早くDVDがみたい!!

arashigumi at 20:31|PermalinkComments(0) PLAYZONE'06 Change 

PLAYZONE2006 Change 1幕

千秋楽が終わったとたん、ハイハイ、次!って気分になるかと思ったらそうじゃなくて。次の日はひたすらサントラを聴きまくって、終わってみてから余計ににPLAYZONE2006 Changeという作品が愛しく思えて。

だから、感想をたまにはきちんと残しておこうと思う。パンフレットをみながら。

★『You&Me&Who?』
初日にこの曲をみて、緊張感のあるダンスをみて「あ、大丈夫だ」と思った。大丈夫だろうとは思いつつ、やっぱりMADが浮いていたり足ひっぱっていたり、作品自体がまだ仕上がっていなくてボロボロだったらどうしようとか、いろいろなことを考えていて。そんな心配は杞憂だったなと、ああやっぱり自担たちすごい!って1曲目で今年のPLAYZONEは成功だなって思った。チケットとってよかったなと思った(笑)。
各自の服装だけでもいくらでもつっこみどころがあって面白いんだけれど、とりあえず松崎は黄色いバンダナを頭に巻いていて、日によってハチマキみたいにしていたりして、それがずり落ちてきてダンサーさんに笑われてたり、BMXでホッピングみたいに跳ねるんだけど、BMXから降りて両足で跳ねてアレッ!?っていうボケをひとりでかましてみたり、MADはだいたい公園では女性ダンサーさんとペアでストップするんだけれど、福さんと幸太朗さんだけは男性カップルで不自然で(笑)、福さんの胸板が厚くなった気がして気になって。
読売新聞の劇評でこのシーンが褒められていたのが本当に嬉しかった。この曲で「おやっ」と思ってもらえて、「出演者の力量をみせつけられ」とか言われちゃって、あああなたも気づきましたか、お目が高いですねぇ!って記者の人と握手したい気分だった(笑)。

★「Change」のタイトルが出るシーン
意外と好きだったこのシーン。全出演者が次々でてきて、舞台上方の電飾に「Change」の文字がドーンと出てくるのも好きだった。MADはヒガシに殴られて退散するんだけど、松崎はちゃんと肩をやられた設定とか自分で作っていて肩押さえながら捌けていくのが面白かった。最後に、暗闇にみんながでてきて足を開いて少年隊をそれぞれ囲んでポーズとるんだけれど、そのシルエットがすごく格好良くて好きでした。

★あの日あのとき!のシーン
10年前を振り返るシーン。自分がちゃんとそれに気づいて見られたのが1回だけだったんだけれど、ヒガシのダミーを松崎がやっていて、「なにやってるんだ!戻ってこい!」とか後ろ向いたまま言ってるような演技をしていて。キャー!って思ったんだけど次みたときはカットになってた(笑)。まぁどうみても髪型も違うから仕方ない。カッチャンのダミーの加藤くんは最後までちゃんとダミーがんばりました。青山劇場のお客さんみんなが加藤くんの背中をみてると思うと面白くて仕方なくてごめんなさい(笑)。ケースを持って逃げるアツヒロを追う4人が素速く駆け抜けていくところも好きだった。

★『別れていく3人』
通称アンタッチャボーの曲。足に捕まって海老反りしているのをみて少年隊ファンの方から「Jr.の子たち大変だねぇ」って言われた曲(笑)。振り付けも今までみたことないような振りで、体が柔らかくないと無理そうでかっこよくて、少年隊を持ち上げる部分はだんだん上手くなって、ストップこのまま〜で6人がポーズ決めてるところがすごくかっこよくて、絵になっていた曲。幸太朗さんがいつでも1人だけ正面をみていておかしくて面白かった曲。

☆『悪魔の唄』
赤坂くんの歌声に聴き惚れる時間。この曲はサントラより絶対生で聴いたほうがいい!この時のABCが美しい。この曲が終わった後に拍手がされる日とされない日があって、その違いはなんなんだろうと不思議だった。曲が終わった後の音楽が途中から変わった。

★『自分で選んだ明日を行く』
ニッキの後ろで踊るMAD。松崎は完全にかっこつけモードに入っていてちょっとみているほうが照れちゃうぐらいなんだけど、それぐらいのほうがかっこいい。この曲は余裕綽々ってかんじで踊るニッキが本当にカッコイイ。過去散々仕事に味方されなかった人たちが踊る仕事が味方さの曲〜って思って面白かったりしたけれど、実は味方されてたのかなとも思ったり。金こそすべて〜で札束数える振りが好きです。

★『眠れぬ夜』
いまだからもう言っちゃってもいいかな、ヒガシがピンクのベンチみつめて台詞言ってるのが超カワイイ!と思ってみていました。床の「いざなう…」っていうのも発見して久しぶりに双眼鏡を駆使したなぁ最近してなかったなぁと思ったり。この曲も大好きで、ABCとかMADとか関係なしに、この10人がひとつのユニットみたいな感覚でああ素敵!って思って。椅子を横に一列に並べて後ろからダァーっと倒されていって、戻しながら前の人の頭を越えて足を前に出すところがかっこよくて、たまに上げ方が足りなくて前の人の頭を蹴ってる人がいてちょっと笑って、足を組んだあとに一斉にヒガシのほうをみんなで向くんだけれど、そのタイミングで松崎が指を鳴らすのがかっこよくて、上手サイド前のほうでみてたときに一斉にみんなの顔がそこでこっちに向くのが圧巻でキャーーーーーって気分になった曲。

★『あのときの誓い』
女性ダンサーとペアダンスの曲。松崎は本当に大人だなって思って、またかっこつけていて、ジェントルマンな曲。福さんと幸太朗さんのジャンプが大好きで、毎回そこはジャンプをみてしまった曲。松崎のジャンプと福さんの側転の回も見れたのでなんか得した気分だったり。加藤くんがダンサーさんと不自然に距離が空いてる!とか、幸太朗さんがやぱいことになってる!とか、友だちに色々ときいて、時々他もみて楽しんでいました。

☆『彷徨う心』
くるくる回る舞台装置すごいなーと思いながらみていました。

☆ヒガシとカッチャンがロープで降りるシーン
大好きなアドリブシーン。ヒガシがカッチャンのロープをぐるんぐるんするたびに怖い怖い!そんなに振り回さないで!と思ってみていました。ニッキの裏口解説も本当に面白くて大好きで、ハセジュンがアドリブ弱くて困っている様子が面白くて、正門は開いてたんじゃなくてハセジュンの右手がマスターキーだから開く話とか、カッチャンが特殊技術を準備しているうちに「開いてるよ」ってハセジュンが開けちゃうのもその手がマスターキーだからっていう話がすごくお気に入りなシーン。

★『不思議な出来事 Part1』
ハセジュンとニッキが入れ替わってしまう曲。ハセジュンの踊り方が好きで、もっと踊ってる姿がこれからもみたいなぁと思いました。この曲の後のニッキさんが好き勝手やっていて面白いんだけれど、大真面目な顔してやるからまたそれが面白くて。「こいつだ!」「つかまえろー!」っていう辰越の台詞が多分ここであったと思うんだけれど、「こいつだ!」「・・・・。」っていう時があって、うわ、こっしーやらかした!って思ってこっしーをみたらへへへってニヤニヤ笑っていたので、こっしーはくじけないなと思ったり。マイクなくてもオー!とかヤー!とか声を出すMADが素敵でした。

★ヒガシ対ABCとカッチャンを捕らえるMADのシーン
ABCのアドリブのセンスがタッキーのセンスみたいで、さすがタッキーの元で日々修行しているだけあるなと思ったりして(笑)、毎回アドリブ考えるの大変だろうなと思ったりしていました。途中からMADがカッチャンを捕らえてくる登場の仕方が、棒にカッチャンを吊して持ってくる形に変わって、いつの間にかその棒もちゃんと手首を掛けるロープみたいのが作られて細工されていて。最後はまたパンフレットみたいな足広げバージョンに戻ったんだけれど。

★『少年の想い出』
いまゆくーいまゆくーって口ずさむMADの口元を割とみていた曲。自担は口元さえ見えないぐらいフードを深くかぶっていた。こっしーが青劇の真ん中でバックダンサーズを率いている姿がなんかすごい!と思ってわくわくしてみた曲。せりが徐々にあがってきて少しずつ見えてくるかんじが、ハウズピカンチみたいでおおーっ!ってかんじで好きでした。

〜休憩〜
休憩短いよねぇ!10分違うだけでこんなに違うの!?って思っていたら、普通にベルの鳴る時間が早かっただけな気がします。

ということで2幕はまた後で。

arashigumi at 17:57|PermalinkComments(0) PLAYZONE'06 Change 

2006年08月05日

光子さんの前で福田悠太が挨拶をする日

プレゾン千秋楽が無事終りました。

いまは自分自身が抜け殻というか、実感があまりなくてうまくレポできないけれど。

メモ
・公園シーンで福さんが幸太朗さんに握手を求めていて
・出た!千秋楽の福さん握手攻撃!とSHOCK千秋楽でも握手しまくっていた福さんを思い出して
・なんかいつもよりあっという間に1幕が終わった気がして
・2幕もあっという間で
・最後カッチャンが泣きながら演技する勢いで
・ぐっときてまた泣かされて
・もっとみていたいのにPLAYZONEはあっという間に終わって
・『想』では幸太朗さんやこっしーや幸宏はうるうるしてるし
・ああ本当に終わっちゃうんだなと思って
・でも無事千秋楽までやりとげられてよかったなと思って
・千秋楽の特別カーテンコールでは、念願の少年隊のMCが聞けて
・今年のプレゾンはスタッフと出演者みんなで作りあげた…っていう「みんな」に自担は入ってるって思っていいのかなぁと嬉しくて
・「1階席なのにオペラグラスを使っていたみなさん、」っていうニッキさんのトークに笑って
・ニッキさんが残り出演者紹介
・赤坂くんはハセジュンと似てあまり喋りたがらなくて
・アツ兄は軽い調子で終わった終わった〜って楽しくて
・次の紹介でニッキさんが「次は…長谷川先生!」って
・そして挨拶で普通のことしか言えないハセジュンが微笑ましくて大好きで
・「じゃ、この先は長谷川先生の部下になるわけですね?」みたいに言われて
・そんな違う違う…って手で否定する長谷川先生が素敵で
・じゃあとは紹介してくださいと言われたら長谷川先生は「おーい!みんなー!」ってかわいく呼んで
・キャー!MADとABCみんなでてきたー!
・ちゃんと6:4で間を空けてならんでいて
・とっつーがJr.代表みたいに挨拶をして
・あーやっぱりこれで終わりかー時代はとっつーだから仕方ないかーと思っていたら
・ニッキさんが「じゃ、MADも代表で誰か…」って
・キャー!キターーーーーーーーーー!!!!!!
・その時マイクに一番近いのが幸宏で
・キャー!だめぇぇぇその人にマイク持たせたら止まらないから今日はだめぇーーーーーーーーーー!!!!!!
・とハラハラしたら隣の福さんがマイク受けとって(笑)
・譲った幸宏偉い!成長した!って思って(笑)
・福さんの挨拶はとっても安心して聞けるかんじで頼れるかんじで
・MADのリーダーはやっぱり福さんだーって思って
・福さん中身も大人になったなって思って嬉しくて誇らしくて
・肝心の話の中身はよく覚えていないんだけれど
・「みんなと話していたんですけど、プレゾンに俺たちが出れるなんて信じられないねって…」というかんじの話をしていて
・ヲタが感じていることと同じ感動をMADも感じていたんだなと思ってそのことに感動して
・想いが一緒なMADとMAD担は幸せだなと思ったりして
・そのあとニッキさんの「去年でていたMADはどこに?」とかいうボケがあって去年は出ていません!みたいなやりとりでひと笑いあって
・…っていうか去年はまだMADじゃありません!って思って
・そういえばMADが受け継がれたユニットだったことをすっかり忘れていた自分に気付いたりして
・すっかりMADといえば自担たちのことで
・「…ありがとうございました!」とあまりダラダラ喋らずにさっさと締めるかんじが福さんで
・MAD担的にはもっと喋っていて欲しいけれど、MADコンじゃないから無駄に喋り過ぎない福さんがかっこよくて
・真面目に言葉を噛み締めながら喋っている福さんがなんかいいなと思って
・心がこもっているなと思って
・ああこの挨拶を森光子さんも聞いているんだなと思って(笑)
・幸せだなぁ…と思いながら帰ってきました。

PLAYZONE2006 Change
良いほうに転がったね…
というか、みんなで転がしたんだろうな…
おつかれさまでした

追伸:
三本締めは得意なので
プレゾンでも三本締めで終わったのが面白かったです
むしろもう三本締めじゃない終わり方を知らない(笑)
舞台にはいないけれど、どこかでMADも三本締めに参加している気分でした


arashigumi at 20:41|PermalinkComments(2) PLAYZONE'06 Change 

2006年08月04日

少年隊さようなら

あと2公演となったわけですが。

少年隊ともう会えないのが寂しくて、少年隊さようなら、一ヶ月ありがとうございましたって気分。
もうM.A.D.と仕事することもないのかなぁ、来年プレゾンがあってもどうなるかわからないし、もしかしてもう自分は二度と少年隊を生で見ることもないのかなぁとかぼんやり考えて、もうちょっと見ていたいと思って。

本当にM.A.D.がプレゾンに出られてよかったなぁと思いました。

「なにも変わってねーじゃねーか」
「いや…少なくとも自担は少年隊に出会った…」

って気分(笑)。自分自身もこの1ヶ月少年隊を見られて楽しかった。M.A.D.がつかなければ足を運ぶこともなかっただろう青山の地で。

このさきずっとプレゾンが続いていくのならば、きっといつかまた自分はプレゾンを見るんだろうなと思います。「プレゾン」っていう言葉をこの夏使いすぎたから、プレゾンに思い入れが生まれたのかもしれない(笑)。

そしてメモ
・もう!テープが絡まるニッキさんは反則!
・ちょうど首に絡まった形になって、苦しむ演技を大真面目にするニッキさん
・もう!もっとこのシーン何度もみたいのに明日で終わってしまうなんて!
・ロープでカッチャンとヒガシが降りてくるシーンで
・ヒガシが「本当にこの方法しかないのか?他の方法はないのか?…あ、階段があるじゃないか!」
・みたいなノリで階段を駆け下りて本当に下まできちゃって
・それだけでもう面白いんだけど
・カッチャンが「あっ!!おまえ!!(ロープ降りるときに使う腰の金具)つけてねー!!始めっからそのつもりだったな!!」って
・そんなのアリなんだ(笑)
・『あのときの誓い』では、バク転するときにわーい!!ってやってる人が3人…
・でもさすがに新人はわーい!!のやり方が下手だね!実は難しいんじゃないのあれ
・まぁ新人は松崎なわけだけれど
・いま一番思うのは
・ハセジュンの身体を5日前とChangeしてあげたい

arashigumi at 18:00|PermalinkComments(0) PLAYZONE'06 Change 

2006年08月03日

あと4公演となったわけですが

たまには箇条書きで。

・あれっ!?ハセジュンがいない!アツ兄もびっくり!
・亥の丸焼きをかついでくるときの松崎とごっち先輩のアイコンタクトが好き
・考えてみたらこの二人の絡みは生まれて初めて見たかも
・ニヤニヤしてる松崎とよくやった!みたいに親指をたてるごっち
・それはそうと
・テープに絡まるニッキが…
・ニッキ先輩が…
・ちょっと福さんの気持ちがわかった瞬間
・真面目なシーンだから笑わずに見ようと思うのに
・む、無理…
・真面目な顔して面白いことをするニッキ先輩
・カッチャンは後ろを向いてJr.を笑わせてるのにニッキは前を向いて客を笑わせている件
・『不思議な出来事パート1』で入れ替わった後、ハセジュンが微妙に一瞬だけニッキのモノマネが入っていて懐かしい
・昔よくみた気がするハセジュンのニッキのモノマネ
・手の形が超懐かしいかんじ!(笑)
・少年隊が余裕でてきて本領発揮で本当にかっこよくて
・お金がすべての曲のニッキの遊んでるかんじの踊り方がかっこいい
・みんなニッキみたいに踊って欲しい!真面目に怖い顔して踊る曲じゃない!
・ああMADはまだまだ青二才だなぁと思って、じゃあまだまだ頑張らなきゃねってことで
・劇中で「言葉にならない想いが〜」って歌とかセリフで散々あるから
・今回はカーテンコールの挨拶もしないことにしたのかなとか思って
・少年隊の想いが言葉にしなくても客に伝わるといいなと、幕が閉まる前に手を振りだした少年隊をみて思いました
・あと3日、あっという間だったなぁ
・終わってMADはどう変化するのかな
・電飾をもう一度目に焼き付けておこう


arashigumi at 07:18|PermalinkComments(0) PLAYZONE'06 Change