2010年02月

2010年02月27日

とはいえSHOCKの話

花粉を感じる今日この頃のいろいろメモ

・M.A.Dがそれぞれのキャラクターをなんとなく去年から変えていて
・福さんと雄大くんが「静」でこっしーと自担が「動」というかんじで
・4人の中でちゃんと分担ができているのがなんかすごいなと思った
・自担はお調子者キャラ度があがっていて
・公園のシーンで「しゃるうぃーだんす!?」って言ったあと、光一くんにかぶったパーカーの紐をギューっと絞られて顔がみえなくなるまで絞られて
・前がみえないいいいってフラフラ倒れてみたり
・「俺だって行きたいよ!行こうぜー!」だった台詞の部分が
・「おおおいおいおいおい!俺だって行きたいよおお!行こうぜえええ!」みたいに身振り手振りも大げさになっていてお客さんの笑いを誘っていて
・ひどいときはテンション高すぎてコケながら言っていて
・他のM.A.D3人の口元がにやついて笑いをこらえていたのが面白かった
・そしてその後のコウイチの反応が
・嫌なものを見るような睨み付けるかんじで
・お調子者でコウイチにウザイと思われているキャラ設定なのかなと思った(笑)
・でもこの部分の印象は強いみたいで
・光一くんファンの方とかからも、このシーンの自担は活躍してるねとか面白いねとか言われる
・その後のナオキさんとの絡みのシーンでも
・コウイチが口ずさんだ素敵なメロディにノリノリのマツザキがヨネハナにいい歌だね!ノリノリになるね!みたいに笑顔で寄っていくのに
・ヨネハナの反応は何こいつ・・・みたいなヒいた目線で
・ヨネハナはコウイチ派なんだなと笑った
・ケンカをする楽屋のシーンでは
・コウイチの化粧台のあたりにパンちゃんの写真が飾ってあるのは和むのだけれど
・もうひとつは集合写真みたいなんだけれど遠くてよくわからなくて
・そしてもうひとつがこの間までは今回のSHOCKポスターの写真だったはずなんだけれど
・いつの間にか誰かの写真になっていて
・Tシャツでぼーっと立っている写真なんだけれどそれも誰かまではよくわからなくて気になった
・殺陣で雄大くん「本当の戦を教えてやるよ!」こっしー「姫はもらったあああ!」の叫びが好き
・大階段のシーンは自担が「このバケモノがあああ!」と言っていて
・それこっしーの台詞じゃないのとちょっとにやける
・それにしても戦ってるときの4人はガラが悪くて
・「立てよ!!」「オラどうした!!」とか色々煽っていて
・福さんが一番こういうのは恐いなぁとなんとなく思った
・ステッキダンスのシーンは、踊り終わった後、タツミがおつかれーと笑顔で差し出した手を乱暴に振り払うヤラがいて
・そもそもヤラは自己中で気性が激しくてどうみてもコウイチのほうがいい人そうなんだけれど
・あの4人はなんでとことんヤラについていくんだろうと考えながらみる
・きっと見えないところで圧倒的によくしてもらったことがあるんだろうなとか
・ダンスを始めるきっかけを作ってくれた人なのかなとか
・それまでのヤラとM.A.Dのストーリーに思いを馳せる
・全体を通しては、やっぱり福さんの演技が好きで
・去年より気が弱そうなキャラになっていて
・言っても無駄だよ、という台詞も去年と言い方が違う
・台詞のあたりは自担のお調子者キャラがなくなっていて怒りっぽい人になっていて
・でも登場してきたときにフクダに「良かったよ」と声をかけるあたりがちょっと面白い
・コンティニューの表情もやっぱり福さんの演技が好きで
・本当に色々考えて明日へ向かっていくかんじがする
・それはきっと普段の福さんにそういうものを感じているからなんだろうな

まだまだ進化していくSHOCKが楽しみ

arashigumi at 22:09|PermalinkComments(0) Endless SHOCK 2010 

次のステージのことなんだけどさ〜

えー!もう次の話ー!?

って細かい台詞はうろ覚えだから適当だけれど、そのシーンを思い出した
SHOCKが始まったばかりの中の、滝沢歌舞伎出演者発表
今回のSHOCK100回公演の発表があったときも、そういえば去年は演目は途中で変わったけれど自担たちは休みなく100回公演ぐらいやったのかなとかぼんやり考えたりしていたけれど、今回は間違いなくその上をいく1年なんだなと思って不思議な気分になったりした

楽しみなのは、普段接点のないJr.たちと一緒に仕事をすること
どうも最近はすっかり4人だったり、まみっくすの6人だったりのくくりが多くなってきていたから、こういう機会は嬉しくて、新たな世界がまた広がりそうな気がする
それにしてもオールJr.的なこの集まりのなかに自担たちがそこに一緒にいるという図をみるとああ時代はやっぱり変わったなここまできたんだなと思って感慨深くなる
まあその一方でほんとに全員でるのかな人数多いけどどうなるのかなと出てない人のクレジットがずっと流れていたPZの電飾を思い出したりもして

そしてもうひとつ楽しみなのが、カウントダウンじゃないのにM.A.D全員集合なことで
しかも舞台だから毎日顔を合わせるわけで
もうなんだかそれだけで楽しそうな様子が思い浮かぶ
でも久しぶりだからちょっとだけ照れくさいかんじで
そして全員いる中で福さんがどうリーダーシップとるのかも楽しみで

内容も新しくなるみたいだから楽しみで
SHOCKでこれだけ舞台をこなしてきたという自信と安心感はあるから
その成果が発揮できるような内容だといいなと思った
そして今年もまたタッキーの舞台に呼んでもらえるということは去年があったからこそだと思うから
やっぱり嬉しい

ああミュージカルアカデミーダンシングだなと思ったけれど
歌舞伎ってミュージカルじゃなかった
まとまりない文章だけどこのへんで

arashigumi at 21:28|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年02月17日

色々追加で思うこと

光一くんが、すごい。

本当に今さらという感じではあるけれど、改めてそれを感じて心を揺さぶられるかんじで
ラダーの部分なんてもうずっと当たり前のようにやって来ているけれど、実は大変なことで、ちょっとしたタイミングやワイヤーの調子でその当たり前の世界がくずれるような難しいことをやっているんだなと思った
だからこそ思うのは、バックの太鼓チームは責任重大で
太鼓が乱れれば呼吸も乱れるだろうし単なるバックの賑やかしじゃない意味合いがあるなと思った
もっとシンプルな太鼓でいいのにと思わなくもないけれど
見込まれて難しいものを与えてもらっているのだろうからクリアしてまた成長してくれればいいなと思った
光一くんが最後の挨拶でいう素晴らしい後輩という言葉に値するようにこれからも頑張って欲しいなと思った

ふぁいどんちゅーでは、今年はタツミがあまりヤラに構いにいかなくて
あえて距離を置いて最後の最後に説得に行くのが印象的だった

新曲のスーツ姿を見ながら、スーツがJr.の中では誰よりも似合う4人だなと思ってかっこいいなと思った

ヤラとリカの舞いのところでちょっとだけ辰越も踊るのだけれど、その部分が好き
その前にこっしーがリカの羽織を脱がせて捌けるところも黒子みたいで好き

一幕最後の殺陣で、コウイチに追い詰められながら大階段を6段ぐらい飛ばして飛び乗る自担がかっこいい

夜の海の上手から4人が出てくる部分をみると、2006年のSHOCKを思い出して
19歳の自担たちが初めてSHOCKに出たときのことをなぜか思い出す
いま思えば未熟な4人だったなあの時はそんなこと思わなかったけれど
そんな4人がSHOCKに出させてもらえて、毎年出演することで確実に成長してきて
2010年にはこうやって5年前とは比べものにならない表現ができるようになるんだなと思って
ますますSHOCKが好きになった

それはふぁいどんちゅーにも言えることで
毎年今年のダンスは最高!と思うのだけれど
その過去を超えるダンスを今年もしていて
成長に天井はないんだなとまた思ったし
この曲は屋良くんの影響もきっとたくさん受けているんだろうなと思った

まだまだ始まったばかりだけれど、きっとあっという間に終わりそうな気がする
みんなが無事に笑顔で千秋楽を迎えられますように


arashigumi at 08:14|PermalinkComments(2) Endless SHOCK 2010 

2010年02月15日

Endless SHOCK 2010

大好きなSHOCKの幕が今年もあがりました。
ああSHOCKの季節が来たんだなと思う。

いろいろ去年と違うところをメモ
・始まり方は一緒で、ああ一緒なんだなと思ったら
・階段に加えて神殿のセットみたいなのが加えられていて視界を遮るアイテムになってしまっていた
・でもそのおかげなのか立ち位置やフォーメーションが変わっていて、それはそれで変化があってよかったかなと思った
・M.A.D.の衣装がバージョンアップしていて
・よーくみないとわからないシリーズだけれど、襟元にキラキラがついていて嬉しかった
・一見おなじみの赤いスーツかと思ったらちゃんとキラキラが追加されていた
・赤いスーツの部分では、雄大くんが技をやってみせるところがなぜか自担になっていた
・千秋楽に乾杯のシーンではホーンセクションの方々も舞台裏ってことで演技に加わっていて
・そのぎこちない演技にホーンセクションの方々も大変だなあと思った(笑)
・合い言葉がいえす、ういーきゃん→いえす、まいどりーむになっていた
・ヤラが指輪を渡そうとするときのはけるタイミングが遅くなって、みんなでにやにや盗み見てるかんじがよかった
・屋上のシーンでサイレンの音が遠くで鳴るようになっていてああ小さなバージョンアップだなよくなっているなと思った
・公園のシーンをみていたら、あれ?いま変なの通った!と思って
・それは待ち合わせ場所に来る前のまみっくすなんだけれど
・ひとりだけ四つん這いの人がいて変な人!と思った(笑)
・公園のシーンは衣装が違うものになっていてでも福さんは一緒な気がして
・台詞自体は去年と変わらないのだけれど
・自担が何か言うと会場が笑ってくれるようになったのが去年との変化だなと思った
・光一コンを経ての今年のSHOCKなんだなと実感した
・一幕の一番の大きな変化はスペイン〜神殿がなくなって新曲が入ったことで
・神殿は好きなシーンだったから残念ではあったけれどそれ以上に新曲が素晴らしくて
・赤い手袋に黒スーツでダンサーさんたちも総出演というかんじで
・ステージを広く使ってフォーメーションもV字になったりX字になったりかっこよくて
・ダンスもかっこよくて4人が途中から出てきて颯爽と踊るかんじが素敵だった
・このダンスの流れでヤラがでとちり〜の流れになるからあのシーンは黒スーツで
・あれ?福松しかいないと思ったら、雄大くんがヤラくんを止めながら入ってきたり、こっしーがだいぶ後にリラックスした格好で現れたり
・自然なかんじにここも小さなバージョンアップしてるんだなと思った
・殺陣の衣装は去年と同じだけれど赤いワンポイントが加わっていて
・M.A.D.の目印!と思った
・二幕の始まりも同じ感じで
・コウイチが復活してMAやオーナーとステッキダンスをするところで
・ヤラもショーを続けている…という流れで、同じダンスをヤラチームもステージ奥で踊るようになった
・その後のウォッチミーは同じ流れだけれどステージの使い方とダンスが変わっていて
・ああなんかよくなった!と思った
・みんなステージの前のほうにまで出てきて、本当にヤラのステージの会場にいる気分に一瞬なった
・その後の台詞は一緒で
・コウイチが現れてふぁいどんちゅーの流れ
・そしてふぁいどんちゅーのフリも今年流に変わっていたのだけれど
・これが素晴らしかった!超かっこいいいいいいいいい!!!!!!ってテンションが上がった
・コウイチに売られたケンカを買うかんじで同じダンスをする部分もよかったし
・やっぱりステージにたち続けたプライドみたいなものを感じられるぐらい自信に満ちたバシバシと決まるダンスで
・ああここは二幕の一番楽しみなシーンかもしれないなと思った
・最後のステージは太鼓部分が変わっていたのだけれど
・その部分はM.A.D.はあまりかかわっていなくて
・その後の左右から出てきて太鼓に加わる部分は出てくるタイミングとかはちょっと違うけどだいたい同じ感じで
・変わらずに福さんが鉄パイプ担当なのが嬉しかった
・ラダー部分の太鼓も去年のような感じだけれど叩く内容が若干変わっていて
・まあ合ってるのか合ってないのかわからないかんじで
・その後のリカとヤラが舞う場面では雄大くんとこっしーがでてきて
・前はリカとヤラが電飾から抜いていた赤と青のロープを抜いて二人に渡す役目になっていた
・その後傘プレイもあってああそういえば去年こんなかんじだったなと思い出して
・去年は一瞬というかんじだったけれど今年はちょっと見せ方を変えていておおおおという感じだった
・そして夜の海、大桜、コンティニュー
・自担は夜の海も気合いが入っているかんじで踊っていてなんかいいなと思った
・カーテンコールは最初の白タキシード衣装
・去年のバック転シリーズになる前のパターンみたいなかんじで
・4人で踊ってから1人ずつポーズをとるパターンだった
・雄大くんがピースしていてかわいくてちょっとずるかった
・終わってから初日なので挨拶
・M.A.D.は特にしゃべるとかはないけれど、にこにこして立っていた
・光一くんがあと99回ですねみたいな話をしていて
・ああそうだなぁと感心した
・大体1時と6時にやってるんで、始まったな、と思って応援してくださいと言っていて
・それもうみんなずっと前からやってるだろうなと思った
・初日なのに千秋楽みたいだねとみんなで感想を言っていたらしく
・確かにキャストが一緒の独特の初日の幕開けだったなと思った

・グッズはパンフレットを買って終わってから読んだのだけれど
・自担がもっとマツザキというキャラクターをつくりたいみたいにコメントしていて
・たしかに変なやつっていうキャラクターは去年より感じたなあと公園のシーンを思い出した
・写真うつりもよくてかっこよいかんじで
・てっきりこの見開き2ページとリハ風景がすべてだと思っていたら
・キャストみんなで対談のコーナーに入れてもらえていて
・結構M.A.D.をネタに会話もすすんでいてすごいなと思った
・トースターの話とか
・シャワー浴びていたら水をかけられる話とか
・光一くんのコメントのところにも松崎ショーのことが書いてあって
・アイドル雑誌に載るのとパンフレットに載るのはまた訳が違うから
・なんだかとても嬉しいなと思った

そういえば明日ワイドショーやるのかな
パンフレットのコメントに、今年のM.A.D.の成長を期待して
100公演やりきった後に何を手にするのかなとワクワクする
そして松崎ショーも100回やるのかな、大丈夫かなと思いを馳せたりした

arashigumi at 01:41|PermalinkComments(0) Endless SHOCK 2010