2010年04月

2010年04月26日

短いなら短いなりに

面白くすればいいよねぇ!

メモの前に
いつも拍手をくださる方々、ありがとうございます、本当に嬉しいです
拍手コメントも結構頻繁に読んでいます
拍手の返事は書かないほうなので(拍手じゃなく直接コメントいただければ返事します)読んでひとりでにやにやしています
返事を書かないのは、質問が公開されないのに答えだけ公開するのが変だと思うからただそれだけ

というわけで、拍手コメントで、雪を舞台袖から撒き散らす役を自担と深澤くんがやっていたというのを教えてもらっておお!そうなのか!と嬉しくなったので書いてみました
今度から雪が舞っているときは舞台袖の自担を感じながら見てみよう

休演日があけたらちょっと変わっていたメモ
・掃除のときに
・福さんと雄大くんの動きがこれまでと違って
・途中で止まることなくさっさと舞台にあがって
・さっさと掃除をすることを説明して
・あっという間に掃除シーンが終わったので
・ええええって思ったら
・その後の観光客のシーンも変わっていて
・やってきたらさっさとこっしーが記念撮影タイム!と言ってさっさとタッキーに話しかけて
・さっさと自担のことを誰?と言って自担もさっさと名乗って
・あっという間に下手に捌けていった
・何をそんなに急いでいるの!!!と思うぐらい時間に追われているかんじで
・福さんと雄大くんのまったりとした掃除とか
・掃除道具を片付けるジャンケンとか
・お客さんにカメラを渡してみんなでわいわい撮る記念撮影とか
・タッキーの日本語講座とか
・面白くて好きだったし、多少なりとも会場のお客さんも楽しんでいたと思うのになんでカットしちゃうのおおおおって思わなくもないけれど
・今までがボーナストラックだったのかなと思うことにした
・でもその後の浜松屋に入る前の女形のキャワなアドリブもなくてそれは本当に残念
・その数秒だけでも復活しないかなぁ
・浜松屋もあまり時間をとるアドリブはだめっぽくて
・さらさらと進んでいくかんじで
・お七の人形浄瑠璃の自担と福さんの登場も早くて早っ!と思わずつっこみたくなって
・そんなに慌ただしくやる必要あるのかな日本の文化は間とか大切じゃないのかな
・SHOCKでも時間を短縮して洗練させていくという話題はあったけれど
・そういうのとはちょっと違うな逆効果だなと思ったのだけれど
・まぁそれは自分の感じ方なので
・きっとなにかの意図はあって必要だからやっているのだろう
・土曜日の1部は2幕の山亮の映像もなくていきなり本編が始まって
・えええええええそれはない
・と思ったのだけれどそれは土曜の1部だけだった
・そんなこんなで
・ちょっと自担たち的には残念なかんじで
・土曜の1部をみた後はテンション落ちていたのだけれど
・その後観ているうちに
・その短い時間のなかでお客さんを笑わせたり心を惹きつけたりできればそれでいいんじゃないかなと思えてきた
・要するにハードルがまたあがって
・新たな滝沢歌舞伎のはじまりなんだなと思うことにして
・そう思えたのも
・今日の公演が楽しかったから
・観光客のシーンで向こうで翼歌舞伎がやってるよとこっしーに教えて面白そうだから見に行こうとツアー客が去った後
・うそですよ!座長が一番!ともちあげながら
・なぜかタッキーにキスを迫る自担
・タッキーがびっくりして身震いするジェスチャーをして福さんのほうにどうしたのこいつってかんじで目線をやると
・福さんがすみませんって頭を下げていたのが面白かった
・その後の浜松屋で男だとわかって「それでもいい!」と自担が叫んだあとに
・山亮に追いすがろうとして
・こっしーに必死に止められていたけどそれでも抵抗してなんとか追いすがろうとする自担に笑った
・夜の部ではそれがさらにエスカレートして
・こっしー福さん雄大くん3人掛かりで止めないと止められないほど
・山亮に全力で追いすがろうとする自担
・そのすったもんだが見ていて面白くてそんななか幕が締められていくかんじも面白くて
・まだまだ面白くなっていくんだなこんな展開があったなんてと思った
・二幕の安倍晴明の福さんがどんどんうまくなっている気がする
・農民は相変わらずキャワ
・雄大くんはもうすごいとしか言えないかんじで
・こっしーの台詞も聞き取り易くて好き
・将門の死ぬ場面では
・タッキーの固まり芸がすごいなと思う
・雪が降って動かなくなった将門が
・モノになってしまったんじゃないかというぐらい動かない
・そしてWith LOVEは立ち位置との戦いで
・入る度にああ!見えない!とか半分だけ見える!とか今日はよく見える!
・とか運試しに近いような感覚で
・よく見えると嬉しい気分になる
・そんなこんなでちょっと変わった歌舞伎も楽しんでいこう
・そうそう自担の両親が来ていたらしく
・おとんおかん産んでくれてありがとう!って口上を言う自担は
・親孝行だなこんな息子がいたら幸せだろうなと思った
・後は陵くんが自担の口上をいつも笑ってくれて
・他が笑ってなくても笑ってくれて
・陵くんが幸せならそれでもう幸せなので幸せだなと思った
・もう後半戦なんだなぁ

帰宅途中の桜の木が緑の葉をつけていて
ああもうすぐ5月なんだなとSHOCKから怒濤のように舞台が続いているけれど
季節は移り変わっているんだなと思った今日この頃

arashigumi at 00:45|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月23日

端から見えるもの

前方の席で嬉しいなと思ったら端のほうで実は見にくい

というのはよくある話で、そんなときはそこからしか見えない風景を楽しむ

端から見えたものメモ
・端からだと舞台袖が見えるので
・邪道だとは思いつつ
・思わず目が向いてしまう
・とりあえず
・いにしえで待機している自担がノリノリで
・ずっと踊っていてちょっと踊りすぎなぐらいで
・体力温存とかしないんだなあ元気だなあと思って
・いつも出てきた瞬間にテンションMAXでノリノリな理由を見た気がした
・すのーまんの渡辺くんとグーパンチ
・ああ意外な組み合わせ!と思って
・歌舞伎を通して仲良くなったのかな前からなのかな
・すぐ後輩と仲良くなる自担は嫌いじゃないなと思った
・そして屋良くんにずっと話しかけて談笑する自担
・後輩だけじゃなく先輩にもがっついていく自担はやっぱり嫌いじゃないなと思った(笑)
・あとは他のジュニアも袖で踊りの振りを確認していたり
・みんな真剣に取り組んでいるんだなというのがよくわかるかんじで
・浜松屋になったら
・陵くんがあらわれて
・ずっとスタッフと談笑しながら浜松屋をみていて
・お客さんが沸くとどうした?と身を乗り出して舞台をよくみようとしていたり
・陵くんが浜松屋を気にかけてくれていたのがすごく嬉しかった

ちょっと目にした舞台袖だけでもとても興味深いものだったから
やっぱり舞台裏はDVDにして欲しいなと思った
カーテンコール
幕が閉まったその向こうでみんなどんな表情をしているのだろう


arashigumi at 07:39|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月20日

書き逃していたいくつかのこととか

ふと思い出したこととか

メモ
・無限の羽根の音楽に合わせて金色のモノをさらーっと流す場面で
・自担のモノを下で受け取っているのは福さんで
・大抵綺麗に流れていくのだけれど
・最初に流し始めた瞬間に中身が全部下に落ちていったときがあって
・ちょ!と見ていて笑いそうになったんだけれど
・そしてそんな空気を下にいる福さんからも感じたのだけれど
・自担はなんにもなかったようにそれが何か?みたいな顔をしているのが面白かった
・何があっても動じない顔に出ない
・それは自担のすごいところのひとつだと思う
・カーテンコールの最後にわーっとみんなで舞台奥に走っていくときに
・自担は大抵ノリノリで楽しげに走っていくのだけれど
・最近は隣にいる福さんにちょっかいを出したりして
・しまいには振り返ったときに肩を組んでいたりもする
・その一瞬を見るのが好きだから
・見えない位置の席に入ってしまうとうわあああああって思う
・昨日は加藤くんの誕生日で
・口上を楽しみにしていた加藤くんのファンの人たちに
・その日から加藤くんたちの口上がなくなるという仕打ちでええええそれはないと思ったのだけれど
・雄大くんが「幸宏!誕生日おめでとう!」と口上で言ったので
・ああよかったなと思った
・今までも自分たちの誕生日を無理矢理祝ってきた人たちだから
・誕生日ってことを忘れてなくてわかっていたらなにかしらやるんだろうな
・というのはなんとなく思ったけれど
・その期待を裏切らない雄大くんは素敵だなと思った
・別に口上で言わなくても祝う気持ちがあればそれでいいと思うけれど
・やっぱり何か形として見えてくるのは嬉しい
・こっしーは料理の味付けはシンプルに〜で
・自担はちのくんがちのくんスマイル120円!って言ったのにかけて
・まっちゃんスマイル100万円!
・だった
・「100万円」の言い方を面白く変えてて
・ミスターサタン的な
・勢いだけだなと思うけれど舞台上のジュニアがそれで一斉に笑っているのをみると楽しい
・福さんは福田の福は幸福の福〜皆様に幸福が訪れますように
・で締めていた
・観光客のシーンでは
・自己紹介の後に座長の白塗りを手伝っているうちに自分も白塗りをやってみたいと思うようになってきた今日この頃
・と言っていた
・自担は化粧が好きみたいだから白塗りをやったらはまっちゃうだろうから気をつけないとと思った
・観光客に日本語を教えてあげてくださいの場面で今日は直絞りネタでお願いしますとふって
・「今夜はオレの直絞りでメロメロにさせてやるぜ!」みたいにタッキーがかっこよく言ったら
・自担が「オレも言われてみてぇ〜」
・とさりげなくつぶやいていてそれを聞いたタッキーが吹き出して転げて笑っていた
・だってそのつぶやきおかしいよねぇ!(笑)
・お客さんはタッキーがあまりに笑うのでそのタッキーをみて笑っていた
・でもその自担の言い方がまた憧れをもった少年みたいな言い方で純朴で素直なつぶやきで
・すごくよい演技だった(笑)
・最近は観光客の記念写真をカメラをお客さんに渡してとってもらう形で
・黒子もツアコンも福さんも雄大くんもみんな写真写真!って感じで記念写真に写りこもうとするのがみていて楽しい
・この観光客のシーンが盛り上がるとその流れで浜松屋も大抵盛り上がる感じで
・自担が「申しぃぃぃぃぃ!」といつも言うところを
・なぜか「待たれぇぇぇぇぇい!」と言ったりするから
・それだけでもうなんかテンポがおかしなかんじで
・でも自担はしらっとその後は普通に演技を続けるし
・京本くんはもうすぐ笑っちゃうタイプみたいでツボに入ったみたいで笑ってるし
・その笑いはみんなに伝染して藤間くんまで笑っちゃうかんじで
・でも女形のみんなが笑ってるのはキャワで女の子みたいだから悪い雰囲気じゃなくてむしろ歓迎で
・盛り上がってくると福さんはもうフリーダム
・京本くんももう慣れっこだから
・福さんが変なポーズをとっていたらそれを二度見する仕草をしたり
・自担がこの布はなんだ!と布を袖口からとるのだけれど
・その布を渡すまいと抵抗してみたり
・一緒になって楽しく演技しているかんじがみているほうも楽しい気分になる
・あまりに福さんがフリーダムだから
・京本くんも「あーあ、ばれちゃしょうがねーな!」と言うところを
・「あーあ、はいりづれーな!」とアドリブを入れていて面白かった
・こんなにフリーダムな回があるかと思えば
・基本に忠実な回もあったりして
・出ている人は同じでやっている演目も同じなのに
・その日の空気とか色々なタイミングとかで違うんだなぁと不思議な気持ちになる
・娘道成寺の場面では
・袴を着ていろいろモノを渡したりしているのだけれど
・ふみきゅんとっつーにモノを渡すときとか
・変顔をしているわけじゃないけれど
・わざと目をじっとみて渡していてみていて笑える
・変顔じゃないけれどあれは変顔の一種だなぁずるい
・いきなり最後に話はとぶけれど
・WITH LOVEの自担たちが出てくるところの踊りで
・4人がちょっとずつズレて手をあげるところの振りが好き

そんなこんなでとりとめもなく思い出したことを羅列しただけのメモ
タッキーの誠実さが伝わる舞台、という感想を結構目にするのだけれど
そのとおりだと思う
誠実で一生懸命で
カーテンコールに心からの拍手を送りたくなる舞台

arashigumi at 01:29|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月18日

日毎に募る

農民ラブな気持ち…

メモ
・初日に観たときはそんなに思わなかったのに、だんだんと二幕の自担の農民姿が愛しくなってきた
・日も照らないのだ、作物が育つはずもない!
・と訴える様子に
・超いい人だなあ真面目に慎ましく生きてきたんだなあ
・とその農民にときめく
・自担ではあまり思わないけれど
・その農民に嫁いで貧しいけれど幸せな家庭を築きたい
・とさえ思う(笑)
・話は戻って
・昨日の口上の話
・こっしーが
・「滝沢歌舞伎はウキウキこっしーあちこしそちこしいいともー」
・と歌った次に雄大くんが
・「一旦CMでーす」
・「た〜つた〜つたつみ〜〜たつみとにゃんにゃんにゃんにゃにゃん」
・とフィッツCMパロディで続けて
・おお!キレイに繋がってる!うまい!と感動して
・次の自担は
・「まつとまつとが力をあわせてみんなの幸せを〜招きまつダック」
・とさらにCMで重ねて
・福さんが
・「どうもーM.A.D.でしたー」
・で締めるかんじで面白かった
・なにげに次の屋良くんもトゥーザヘブンでCMシリーズでかぶせてくれて面白かった
・わりと自担は毎回口上を変えようと努力はしてくれている気がして
・面白い面白くないじゃなくて
・その心意気がいいなと思った
・リピーターに対してもだけれど
・同時に舞台上のジュニアやスタッフが今日は何を言うのかなと
・新鮮な気持ちになれそうな気がするから
・昨日の夜は中山優馬くんとセブンウエストが見に来ていて掃除場面に出てきた
・はじめましてと言っていたけれど
・あれこの間翼コンの大阪に見に来てくれた子がいるなと思った
・浜松屋のシーンでは
・毎回安井くんのアドリブが冴えていて安心して聞けて楽しみなんだけれど
・夜の部はゲストにあわせて山亮が関西弁で台詞を言ったりして
・安井くんが「あら関西弁もいいわね」と締めていた
・昼の部できっかけは忘れたけれど
・浜松屋の導入で女形が笑っちゃったりして
・笑いをこらえて台詞を言おうとしてまた笑っちゃったりして
・安井くんの締めのひとことが「今日はグダグダだわ」
・そして浜松屋になって福さんが
・「これはこれはグダグダなお嬢様方〜」
・って福さんさすが(笑)
・真面目な顔してさらっと面白いことをする福さんが素敵

そんなこんなで色々楽しい滝沢歌舞伎


arashigumi at 12:43|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月12日

モノクロがカラーになる瞬間

いままでだって充分素晴らしかったのに
ちょっと手が入っただけでモノクロがカラーになったみたいに印象が全然違って
とても良くなった
滝沢歌舞伎も進化していくんだなあ

・昨日の一部は観ていないけれど
・陵くんたちやスノーマンが口上を言っていたと聞いてワクワク
・陵くんの筋肉ホームラン聞きたかったなあ
・夜の部は多分昼に言っていない人が言っていたみたいで
・交互なのかーでも口上増えて良かったなと思った
・なにが変わって手が入ったのかはあまり自信はなくて
・その時の座席からみえる風景が違うだけかもしれないけれど
・それでも昨日の夜は
・すごいすごい!とスタオベを率先してやりたい気分だった
・太鼓の叩き方とか
・スクリーンの映像とか
・個々のバージョンアップも良かったのだけれど
・全体の気合いというか
・気迫が伝わって来るような舞台だった
・口上は
・あたま、かた、こし、こし、こし、こしおかゆうき
・雄大くんはフィッツバージョンかな
・松からはじまるリズムに合わせて〜まつ、まつ、まつ、まつざきゆうすけ
・福田の福は幸福の福、会場の皆様に幸福が訪れますように
・で福さんが拍手をもらっていた
・黒子場面で
・観光ガイドのこっしーがずっと言う言葉が「あいらいくスシ」になっていた
・自担の自己紹介は、最後に本日も頑張って参りますので皆様応援のほどをよろしくお願いします〜
・で拍手をもらっていた
・いつもはここで座長!なにかひとつ観光客に日本語を教えてあげてください
・なのだけれど
・今日は記念撮影のときにタッキー自らアイーンをやったりしていたから
・座長!何かひとつギャグを教えてあげてください!
・と自担がふったら、タッキーは一瞬間を置いてギャ、ギャグ!?と聞き直して
・むちゃぶりすんなという感じで笑って自担に怒るフリをしていた
・そしてアイーンボイーンとノリノリでギャグをやるタッキー(笑)
・それを真似するこっしー
・言いたくて仕方ない福辰もギャグを真似していた
・福辰の掃除シーンも面白くて
・この時間にたくさん笑ったから
・浜松屋もこのノリでいつも以上に楽しくて
・それぞれの場面が次に繋がっていくのだなと思った

まだまだ書き足りないけれど少しずつまた書いて行こう


arashigumi at 07:42|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月11日

歌舞伎の話

もう何も書かなくてもいいかという気分になるぐらい楽しい滝沢歌舞伎
でも後で読み返すときのために書いておこう

・口上でABC-Zのはっしーが
・ねっしーよっしーM.A.D.はこっしーぼくはっしー
・と言うとちゃんと
・ねっしーよっしーABC-Zははっしーぼくこっしー
・と返すこっしーが素敵
・雄大くんはFit'sのコマーシャルの雄大くんバージョンをやったり
・マイクをかかえてかっこよくどんたっつみーをやったり
・自担は人生初のツーブロック!と髪型のことを言っていて
・福さんは幸福の福は福田の福とか
・まあいろいろ記憶がごっちゃだけれど
・休演日明けだからか結構みんな髪を切っていて
・あっちもこっちもさっぱりしていてちょっと笑った
・一番はっきり髪型が変わっていたのが自担で
・ツーブロックツーブロックと本人が連呼していたけれどツーブロックがどんなものかを知らないからよくわからなくて
・でも後でわかったけれど伸ばした下が刈り上げみたいな髪型で
・ああこっしーとか雄大くんががやったような髪型かと思った
・全然見た感じツーブロックなかんじがわからなくて
・ただずいぶん短くしたなぁというかんじだったから
・今度またそのツーブロック加減を見てこよう
・黒子の場面の自担の自己紹介で
・ツーブロックにしたけれどみんなに似合わない似合わないと言われ心もズタズタ
・みたいなことを言っていて
・みんなに言われてる様子を想像して笑った
・みんな結構言いやすいから散々言っただろうけれど
・実際普通に凹むんだろうなと思って笑った
・でも人一倍すぐ伸びる自担の髪だからきっと大丈夫
・その場面で大して笑いもとれず
・お客さんもきっとツーブロックの意味もわからないと思われ
・タッキーの観光客への日本語講座は
・「まつざき、きょうも、すべった」
・こっしーが笑顔で復唱していたのが面白かった
・雄大くんと福さんがそれを眺めていて
・あああの辺掃除が足らなかったなぁと言っていて
・自担がしゃべったあたりを指さしてだからすべったんだみたいな小芝居をしていて笑った
・福さんと雄大くんの掛け合いは楽しみででもちょっとドキドキして
・お客さんが笑っているとほっとする
・掃除用具をしぼると雄大くんのときは水がたくさんでおおーっと会場がなるのに福さんがしぼるとちょろっとしか水がでなくて
・あれ?あんまりオレ掃除してないや!と笑ってごまかす福さん
・滝汁とふみ汁がとんでますという話しをしていて
・いつか福汁と辰汁も浴びたいなと言われるようにがんばりたいと言ってお客さんに拍手をもらっていた
・雄大くんがなんか河合くんのことを落とすような事を言ったあとに
・嘘だよ、ふみと(はぁと)
・と舞台裏に呼びかけるのがちょっとかわいかった
・初日にも思ったのだけれど
・福さんは暴走僻があるんだなと気づいた
・スイッチがはいるとどんどん自分の世界に入っていて福田ワールドになっていってみんなその笑いについていけなくて
・福さんがひとりで暴走していく
・というのがそういえば光一コンでもあったなと思った
・でもそれがすごく面白くて好きだからどんどんこれからも自分の世界を自由に走っていって欲しい
・自担の黒子場面は結構好きで
・福さんたちがかけあいをやっている間もずっとタッキーのことをうちわで仰いでいて
・うぃずらぶの時も後ろでずっとお世話をしていて
・そういう誰かのお世話をしている姿はすごく似合っていてかっこいい
・今までコンサートやSHOCKでもちらちらと垣間見えるその姿を喜んでみていたのだけれど
・今回はじっくりみれるなんてすごいなぁと思った
・そういえば昨日の昼の部は京本くんがいなくて
・今野くんが代わりに入っていたのだけれど
・それをみて自担のアドリブは「かわいい!」
・たしかにかわいかった
・前にみたときは男だと分かった後に「それでもいい!」
・ってなにその台詞(笑)
・マスクの場面のダンスも好きで
・ダンスが始まる前にダンサーさんたちと一緒にポーズをとって
・そのポーズもこっしーに足をかけていて面白いし
・カウントをとっている姿もかっこいい
・群舞の曲も好きで
・これは絶対DVDに残して欲しいなと思う
・和太鼓は1階からだと吊られる前はほとんど見えないのだけれど
・吊られてからじっくり見る
・こっしーと雄大くんの太鼓がこっしー側に傾いていると
・こっしーのSHOCKの千秋楽挨拶を思い出す
・結構見た目より空中太鼓は大変そうだなと
・汗をかきながら必死に叩く姿に思う
・人形を操る福さんがかっこよくて
・今野くんの台詞まわしもうまくて
・普通に人形に見入ってしまう
・櫓のところでタッキーと入れ替わったときに近くのお客さんだちがおおー!と感心していたのが嬉しかった
・殺陣も狭いところでやるから大変だろうなと思って
・歌舞伎っぽい足裁きをみたりするのが楽しい
・二幕は最初の怖い映像がちゃんと物語の導入になっていて
・こういう演出好きだなと思った
・自担の農民役も好きで
・本当に配役が絶妙だなと思って
・気の優しそうな農民だないい人そうだなと思って自担を眺める
・農民の格好でもかっこいい自担
・福さんの安倍晴明がやっぱり面白くて
・似合うなあと思うと同時にいい衣装着させてもらってるなあと思う
・最後のうぃずらぶは
・やっぱり1階からでは場所によって見えなかったりするので
・気持ちだけで見る
・最後うぉー!と走り去った後最後にこちらに向きを変えるのが見えたから
・なんかいい終わり方だなと思った余韻が残った

雑誌に練習からDVDのカメラを入れていると書いてあったから
ぜひぜひそれを発売して欲しくて
舞台も映像に残して欲しいけれどそれができるまでの過程もドキュメンタリーとして普通に面白そうで色々な思いが詰まっていそうで
最後の叫び声になんとなくそれを感じて
この舞台への取り組み自体がまたひとつの物語だなと思う

今日も日生劇場で舞台の幕が開く
自担ががんばってると思うとそれだけで元気になれる毎日

arashigumi at 11:40|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月09日

いろいろ

まだ書き逃してることとか、自担の人文字はVの間違いだったとか
色々あるんだけれど

気持ちがもういっぱいでなにも書けない

タッキーすごいな天才だなと思って
なにがすごいって演出もなのだけれど最後の写真で
あの写真が好きすぎて
あんな表情の写真を撮れてそれをカーテンコールで使おうと思ったり
ファン心理がわかってるというかこうするとファンは喜ぶだろうなとか
そういう視点があることがすごい

雑誌を読んでまあM.A.D.は載ってないしタッキーの記事にも名前は出てこないのだけれど
それなのにあんなに活躍させてもらって
会場のお客さんたちもM.A.D.をあの人たち誰みたいな感じではなく知っているみたいであたたかくて
ああなんか雑誌に載らなくてもそういう風になれるってすごいなと嬉しい気持ちになった

最後の自担のかっこいい写真が頭から離れない
まあ近くの人はみて吹き出していたけれど(笑)
でもその吹き出し方に愛を感じたので嬉しかった

休演日の今日はゆっくり休んで欲しいなあ
目立つ台詞を言ったり黒子をやったり神経を使う場面が多いから
身体というより気持ちを休めてまた頑張って欲しい


arashigumi at 08:12|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010 

2010年04月05日

滝沢歌舞伎初日

書くことがありすぎてきっと全ては書ききれない

ニヤニヤと思い出しながら順不同メモ
・しょっぱな出てきたのがSHOCKの黒人ダンサーさんで
・ちょジェレマイヤたちも出るんだ(笑)とちょっと面白かった
・その二人の導入があって幕が開き
・最初のほうは去年のダイジェストみたいなかんじで次々と見所が
・大好きな口上もあって
・口上初めて組と慣れてる組がみていて全然違っていて
・これからみんな毎日やって慣れていくんだろうなと思った
・出演者が多いから全員は言えなくて
・でも陵くんたちは名前をひとりずつ前に出てスタンドマイクに向かって言っていた
・自担たちもこの流れかなと思っていたら
・流れは一緒だけれど口上は言わせてもらっていて
・ネッシーヨッシーぼくこっしー
・はよくわかったのだけれど
・日の下に生まれるなんちゃらかんちゃら
・の前置きがよく聞き取れなくて
・スター松崎!だけはちゃんと聞き取れた
・雄大くんの初めて立ったこの日生の舞台〜もよくわからなくて
・福さんの洋服なんちゃらかんちゃらもわからななかった
・なんか口上は時間ないし人数多いから速くしなきゃ!というかんじだった
・そして去年白装束で最後のほうだった場面が最初のほうに来て
・タッキーがあんなことこんなことたくさんやっていて
・新しい技もやっていて
・そのときにふと思ったのが
・自担たちは割とその中でも大事な部分を任されていて
・大事というかタッキーの命にかかわる部分を任されていて
・ああSHOCKではその役割をMAやダンサーさんたちがやっていたけれど
・歌舞伎では自担たちがそういう存在にならなければいけないんだなと思って
・あらためてMAやダンサーさんたちの偉大さについて考えた
・仮面もやっていて
・その仮面受け取りサポートを自担たちがやっていて
・雄大くんと自担は高いところから流れるように落とすのもやっていて(うまく説明できないなあ)
・おおおすごい!見せ場が!と思ったりした
・Jr.全員総出の和太鼓もあって
・去年はその中にM.A.D.はいなかったのだけれど今年は自担も含めてみんないて
・おおいるんだ!と思って喜んでいたら
・途中から自担たち4人が太鼓とともに空中に吊られていって吊り太鼓
・うわ!と思ってびっくりしてでも嬉しかった
・SHOCKの新曲を思わせるような群舞曲もあって
・Jr.が次々と出てきて踊る曲は見応えがあった
・そうこうしているうちに雄大くんと福さんが下手から出てきてコントみたいなかけあいを始めて
・座長に言われて掃除しにきたんですけどねー
・掃除道具がないんですねーハプニングです!
・と普通にお客さんに語りかけていてでも本当にハプニングみたいで困っていたのだけれど
・ちゃんとそれでも芝居テンションで流れを止めることなく掛け合いを続ける二人
・福さんは掃除道具がないなら自分の髪の毛はモップみたいだからこれで掃除しようとか言っていて
・お客さまの中でパーマをかけていらっしゃる方〜!と挙手を促したりしてお客さんを笑わせていて
・全然ハプニングがマイナスになってなくてすごいなと思った
・しばらく掃除道具が来なくてほんとにどうしようというかんじだったけれどやがて持ってきてくれて
・濡れた床を掃除しながらコントのつづき
・実は掃除しとけと言ったのは郁人なんだよって雄大くんが言うと
・じゃ掃除やんない!と福さんがむくれてだって俺のほうが歳上だし!とか言っていて(笑)
・ウソウソ座長だよと言われるとじゃ掃除する!みたいなコントを繰り広げていた
・それから
・さっきの太鼓みたー?かっこ良かったよねー
・吊られて叩いてるのとかいて!
・なんだっけ?えむ…えー…でぃー?そうそうM.A.D.!
・とちゃっかり宣伝をしていて笑った
・あれもすごかったよねーえむ…えー…あ、あれぜいぶどうだ
・ってネタも面白くて好き
・この二人の掛け合いはタッキーの白塗りの間をもたせるものなんだけれど
・だいたい白塗りができてきたら添乗員のこっしーが黒人ダンサーさん扮する観光客の案内をしていて
・こちらがタッキーの白塗りです
・みたいな(笑)
・こっしーの添乗員の格好がまた似合っていてぴったりで
・またもやこっしーのはまり役みつけてきたなと思ったけれど
・もともとこっしーはコスプレが似合う人なのかもしれない
・そして気づいたらタッキーの白塗りのお世話をしていたのが黒子姿の自担で
・ちょっと観光するのやめてください〜みたいな小芝居をしていて
・でもこっしーがタッキーにせっかくだから何か日本語を教えてあげてくださいと振って
・タッキーは「まつざきだまれ」
・って日本語を教えていた(笑)
・さりげなく端でみていた雄大くんが実際つかえる単語ですからね!と付け加えてたのが笑った
・そして観光客が去ってタッキーの白塗りは続いて女形の舞〜浜松屋の流れ
・浜松屋はもうおなじみのというかんじで安心して見ていられたのだけれど
・自担たちだけじゃなく白波五人衆の演技も去年よりバージョンアップしていてすごかった
・さりげなく林くんも入っていて見慣れない女形の姿にちょっとにやけてしまったけれどきっとこれも見慣れていくんだろうなと思った
・その後は歌舞伎の世界
・陵くんたちが三味線をやったり長唄の楽器を色々やっていて
・雄大くんとこっしーはその中の唄チームに入っていた気がする
・自担と福さんは別枠で
・去年福さんがJAEさんと黒子をやっていた部分が相方が自担になっていて
・きゃー!これは去年夢にみていた福松の黒子だー!と思って嬉しくて
・まあ実際は黒子姿じゃなく袴姿だった気がするけれど
・タッキーを支えたり、操ったり、しっかりとやっていた
・ああこれも福さんが去年がんばったから今年があるんだなと思って去年チャレンジした福さんに感謝した
・順序が逆になったけれど
・黒子の前に
・福松が人形をもって現れて
・文楽みたいにふたりで操ってその流れで途中からその人形がタッキーに入れ替わって福松に操られていて・・・という展開で
・おおおお!これも面白い展開だな、よくなった!と感動した
・その後はタッキーと屋良くんの見せ場で
・スクリーンの効果を駆使した新しい見せ方の戦いで面白かった
・そして1幕が終わって
・あまりに自担たちの出番が予想の遙か斜め上をいっていたので
・まあ2幕はその分出番はないんだろうと思ったけれど
・それなのに1回ずつは見せ場があってびっくりした
・雄大くんは役付でなんとかという名前があって
・こっしーがその手下っぽくてふたりでやりとりしていて
・自担は農民Aみたいな役で
・でも台詞がたくさんあってうわわわわそんな長い台詞・・・とドキドキした
・最後に福さんが安倍晴明で(笑)
・いや笑うところじゃないけれどそのキャスティングが面白くて
・芝居はもちろん真剣でしっかりやっていて
・でも福さんが陰陽師を演じる日が来るなんて想像もしたことがなかったからええええええええって思ってその意外性ににやにやしてしまった
・案外はまり役なのかもしれない
・さっきまであんなふざけた掃除人やってたのに陰陽師になりきっていてすごいなと思ったりもした
・後は殺陣とかをやっていたりして二幕も終わり
・最後はWITH LOVE
・曲はおなじみのWITH LOVEで手の振りもおなじみのものなのだけれど
・後ろのスクリーンにタッキーが撮ったであろう個人写真やユニット写真の画像が
・それがみんなピースをしたりしてニコニコ記念撮影風でかわいくて
・ユニット写真はみんな仲がよさそうで楽しそうで
・みているこっちも幸せな気分になるような写真
・それがエンドロールの代わりみたいにユニット紹介にもなっていて
・写真の出るタイミングと本人たちが出てくるタイミングが一緒だから
・どっちみたらいいの状態で迷うのだけれど
・雄大くんの個人写真はやっぱりキャワで
・自担の個人写真はかっこつけバージョンで
・後の二人は見逃しちゃったけれど
・ユニット写真はやっぱり楽しそうで
・その時の自担のポーズに遠い日に見たJr.コンエンディングのショップ写真のエンドロールを思い出した
・最後のほうで周りと腕くんで丸くなっているからなんだろうと思ったら
・LOVEの人文字で
・多分Oの部分をやっていた
・曲が終わり全員で舞台後方に駆けていって
・いい終わり方だったはずなのにちょっとカーテントラブルで残念
・幕がおりずにみんな仕方なく笑顔で手を振ってて笑った
・でも最後は後ろ姿じゃなくて前向いた姿がいいなとちょっと思ったりもした

多分書き逃したこともたくさんあって
体感的には去年の倍ぐらい出番がある気分で
あのSHOCKをやりながらいつの間にこんなに色々準備してたのと感心とも唖然ともなんともいえない不思議な気分になって
SHOCKを100公演やることで自信がつくだろうなと思っていたけれど
それに加えて滝沢歌舞伎でこれだけのことを間に挟んでやったというのはさらに自信になるだろうなと思って嬉しくなった

自担たちがこんなに出番があっていいのかな
という思いもちょっとあって
それはきっといつだったか自担が言っていた
自分なんかがSHOCKに出ていいのかな
という感想と同じ気分で
でもそのひとつひとつが自信につながっていくのは確かだなと思った
家に帰って思わず滝沢演舞場08のパンフレットを眺めた
タッキーがひとことM.A.D.はまじめで期待以上のものを返してくれそうな気がするとコメントしてくれて嬉しかったあの春
あれから2年が過ぎ
滝沢歌舞伎にちゃんと居場所をつくって自信を持って仕事をしている姿に嬉しい気持ちになった

それから
お客さんが自担たちの小芝居やコントにもあたたかい拍手をくれたのが嬉しくて
その会場のあたたかい雰囲気に幸せな気分になった

また何か思い出したら書いていこう


arashigumi at 01:59|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2010