2011年05月

2011年05月22日

とうきょうしんふぉにえったとか夏とか来年とか

とうきょうしんふぉにえったはかなり嬉しくて何度も何度もリピートしていて
やっぱりダンスをする4人が一番好きだなと再確認して
4人になるとまたスイッチが入るというか覚悟が違うというか
他のときはだめとかではなく4人で踊ることの誇りみたいなものを感じて嬉しくなる
ダンスもまたみるたびに成長を感じるし
少年倶楽部に呼んでもらえて色々な人たちにふぉーゆーを見てもらえるのが嬉しい

プレゾンの振り込みにわーわー盛り上がっていたら来年のショックの話が飛び込んできて
また予想の斜め上をきたから笑えてきて
本当にすごいな色々な意味でと面白くなってきた
ふぉーゆーが出るかでないかは神のみぞ知るだから名前が出るのを待つのみだけれど
もし出たら福岡に1ヶ月滞在する自担はどんなかんじなのかな楽しいのかな大変なのかなとか考えたりした
福岡1ヶ月東京3ヵ月を乗り越えたらきっとその先が待っている気がするから
ぜひ出て欲しいしまたショックが早くみたいなと思った
でも2012年の話なんだよねぇと笑えてきて
それでも未来があることを示すことに意味があるんだろうなと思ったりして
2012年にみんながいまより幸せになっていてショックを見に行ければいいなと思ったりもした


arashigumi at 14:40|PermalinkComments(0) TV 

2011年05月10日

滝沢歌舞伎おつかれさまでした

滝沢歌舞伎千秋楽の話など

・オープニングで口上の最後にタッキーが赤いござの上を歩いてくるシーン
・ちなみに「赤いござ」はいつだったか福さんが使っていた表現で
・まあとにかくそのタッキーがJr.たちに見守られながら歩いてきたときに
・ああついに千秋楽の日までこぎつけたんだなと感動で見ていて泣きそうになった
・思えば大地震以来あまりの衝撃に抜け殻になったような日々で仕事だけこなして何も楽しめなくなった自分が
・滝翼イベントでちょっとだけ元気になって
・でもまだ余震が続く日々で歌舞伎も初日が延期じゃないかとか様々な憶測がとんだりしていて不安だらけで
・でも初日を無事迎えて
・開演直前の地震とか上演中の地震とか
・それでもなんとか公演を続けて迎えたこの千秋楽
・タッキーやスタッフの方々がどんなに大変だったかを思うと涙がこみ上げてきた
・もちろん出演者も大変だっただろうしお客さんも大変だっただろうし
・でもみんながそれぞれに滝沢歌舞伎を愛していてこうやって舞台ができる幸せを噛みしめているように感じて
・それがタッキーが歩いてきたときの割れんばかりの拍手にもあらわていて
・そんな思いをひっくるめて感慨深かった千秋楽だった


・印象に残っているのはやっぱり楽屋シーンで
・せっかく福辰が千秋楽スペシャルをふってくれたのに
・見事にすべって座長にすみません千秋楽なのにと謝る自担とか
・紙ずもうとかなんか千秋楽にしては適当なふりだなと思っていたら
・紙ずもうは倒れても倒れてもエンドレスに次の相手が出てくるエンドレス紙ずもうになっていてそれはそれで面白くて
・と思っていたら終わりの合図がスタッフから出ているのに
・最後に!タッキーが!ほらえーっとなんだっけ!
・と早口になって急いでタッキーに無茶ぶりをする福辰
・ああこれをやりたかったのかー福辰で相談したのかなとか思って嬉しくて
・タッキーが二階のお客さんまで聞こえるような声で愛してると言う
・というお題を出していた
・白塗りで忙しいタッキーも手を休めてお題にのってくれて
・立ち上がってお客さんに愛してると着物をめくりながらサービスして(笑)言ってくれていた
・タッキーファンの方が喜んでくれるといいなと思った
・そしてキスマイとマネージャーが捌けたらいつもの黒子コーナー
・座長!千秋楽ってなんだろう…
・と思わせぶりな口調で語りかける黒子
・もうスタッフもピンクの照明をあてるとかしてくれちゃって・怯える座長をよそに
・この後!座長の甘い唇を奪ったのかーはー!ふたりしか!しら!しら!しらなーいー!
・と見栄をきっていて
・会場のお客さんも盛り上がっていて
・雄大くんはうわあ!この後どうなるんだろう!とワクワクしていて
・そのまま福辰の演目紹介にうつるのだけれど
・自担がもう完全にやる気満々で
・カメラ目線でそれをアピールしていてお客さんはそれに釘付けで
・タッキーもその空気を察知して怯えていて
・黒子がお願いします!お願いします!と頼んだら
・無理!無理!と必死に拒否していて
・1回だけ!1回だけ!と懇願する黒子(笑)
・でも拒否し続ける座長
・断られるとそれ以上強く出られないのが自担だから(笑)
・それ以上頼めなくなったけど諦めきれなくて
・舌をだして狙ってる仕草をしてみたり
・タッキーがタオルを頭からかぶって防御したら
・拗ねる仕草をしてプンプンしてみたり
・お客さんの拍手を煽って会場を味方につけてみたり
・このタッキーとの攻防戦が本当に面白くて
・自担のこういうときの爆発的な面白さはすごいなと感心すらしてしまった
・最後にはタッキーが諦めたのかタオルをとってわざとスキを作ってくれて
・黒子がだんだん接近して
・タッキーはもうー!と言う感じの笑いと諦めが混ざった表情で
・それで甘い唇を奪ったかんじになって黒子がガッツポーズでちびっこウィズラブに間に合った
・まあなんとなく本当に奪ってはいないかんじだったけれど
・でもこれでまたなんとなく千秋楽は黒子が座長の唇を奪う流れができちゃったから
・恒例の儀式みたいに来年もすったもんだしたら面白いなと思ったりした
・前に雑誌で福さんが自担のことを「お客さんのパワーを力に変えることができる」と言っていたことを思い出して
・こういうことだろうな、お客さんの期待とかワクワク感を一身に背負って
・期待を裏切らないかんじがすごいなと思った
・ウィズラブの途中で黒子が捌けるときにいつも黒子が座長に何か断ってから捌けるのだけれど
・何を二人で会話しているのか気になるから唇を読み取ろうとするけれどいつもわからなくて
・でも千秋楽は「ありがとうございました」と黒子が言っていたのだけはわかって
・ああこの2ヶ月ありがとうございましたという意味かなと思ったりした
・浜松屋で雄大くんがわー!最後!みたいに言っていて
・そうだな浜松屋も見納めかなと思ってしっかり見た
・オジサンと言われて「まだ若いもん!」と言う自担は子ども公演の屋良レンジャーみたいで
・福辰が反物からぴょこっと顔を出すときにちゃんとスポットライトが当てられていて嬉しかった
・福辰巳が勝手にやっているだけだろうにそれを予測してネタにのってくれる照明さんがすごい
・二幕はもうひとりひとりが役に思いを込めているんだなというのがよくわかって
・それぞれがそれぞれの役柄を大切に思っているかんじが伝わってきて感動した
・将門と捨十のアドリブコーナーで将門様と捨十どちらが好きですか?という質問に
・他の役柄を言うお客さんというのが後半は定番化していて
・でもそれが実際の名前ではなくその人の役名なのがとても聞いていて楽しくて
・行平様とかくろうじとか行平様とか行平様とか
・見ている側も芝居の中に入りこんで役柄を愛しているかんじが微笑ましかった
・もし自分が聞かれたら、秀郷様と答えようか帝の使者と答えようかと考えてみたりするのも楽しくて
・まあそんな席には入らなかったけれど
・ふぉーゆーの4人も気持ちのこもった演技で自担も台詞を安心して聞けるかんじで
・幸せな滝沢歌舞伎2011も無事幕がおりた


千秋楽カーテンコールはキスマイと屋良くんが代表でしゃべって
まあ想定内だからやっぱりそうなるよねと思って
千秋楽でいつでもしゃべらせてもらえるようになるまでまだまだ頑張っていかなきゃなと思った
二回目にタッキーが出てきたときに
これから裏歌舞伎が待っているのでというタッキーの言葉に
本当にタッキーはすごいな二回公演の後に夜通しあのメンバーのテンションに付き合う元気があるなんてと思って
そしてその座長の心遣いに頭が下がる思い
裏歌舞伎が今年もあることを聞いて
歌舞伎は終わったけれどまだ今頃歌舞伎は続いているんだなと
その夜はなんだか幸せな気分で眠りについた


今年の歌舞伎は色々な意味で一生忘れないだろうなと思って
自担から元気やパワーをもらうとはよく言うけれど
それは本当だなと身をもって知って
そんな素敵な仕事をしているということを自担もわかっていて欲しいなと思ったりして
次はプレゾンかーと次の仕事が決まっている幸せに浸りながらしばらく頑張っていこう


arashigumi at 07:00|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2011 

2011年05月05日

歌舞伎こどもの日特別公演の話

今年も楽しい子どもの日特別公演

・流れは去年と一緒で将門とみせかけてショータイム
・時間旅行でのコスプレ大会がもう!
・目がいくつあっても足りなくてもっともっと見ていたくて
・みんなのコスプレが素晴らしいし全員が全員そのキャラで小芝居をしていて
・人数分のストーリーが一気に繰り広げられている
・覚えているだけ書いてみると
・こっしーはホテルのベルボーイでこれがまた似合っていて
・さすがコスプレさせたらJr.いちのこっしー!と思って
・雄大くんが女子高生でしかもギャルで金髪で
・キャピキャピしすぎで雄大くんがノリノリ過ぎて面白くて
・カップル設定で彼氏が岩本くんで
・携帯片手に岩本くんにベタベタキャピキャピの雄大くん
・かわいいかと聞かれたらノーコメント(笑)だってすね毛が(笑)
・一方キャワキャワでため息がでるぐらいな山亮
・山亮はギャルじゃなくて髪をうしろでひとつに結って清楚なかんじで
・でもキャピキャピしててキャワキャワ
・山亮の彼氏が稲葉くん(ホスト風)
・ちっちゃな彼女と背の高い彼氏で絵になるカップル
・一方林くんのOLと福士くんの新入社員のカップルもいて
・OLが常に新入社員をリードするかんじで
・こっしーのベルボーイに案内されて袖にはけるふたり
・ちょふたりでホテルに来たの!?もうそんな関係!?と面白くて
・そんなこんなで目移りしていると自転車で蕎麦を届けにやってくる福さん
・「へいお待ち!」
・蕎麦やのコスプレがまた似合いすぎる福さん
・あれ?こんなところにサッカーの内田選手が!と思ったら幸大くんで
・バスケの選手が幸宏くん
・野球選手は大河くんで
・赤ちゃんの佐久間くんをあやしている保父さんが冨岡くん
・みんな似合っていてすごい
・ピザを配達に来た深澤くんはずっと配達先を探していて
・拓海くんは魚屋でずっと魚をピチピチさせていて
・阿部くんは白衣を着ていたけれど医者というより科学者というかんじで
・渡辺くんは歯医者かな
・警官の宮館くんが捕まえる泥棒はJAEさん
・プロレスラーとかところどころでJAEさんが混ざっているからややこしくて
・野田くんのおじいちゃんはもうなんというかそのままで
・真田っちは侍?野澤くんはよくわからないけれどアフロの人で
・江田ちゃんはお坊さんで
・竜くんが鳶職人で大工は池田くん
・村治くんはそのまま三味線奏者みたいな格好で
・今野くんたちは学ランで学生の集団で
・そんなかんじかな書き忘れないかな後藤くんはなんだったかな思い出せないや
・ああ宇宙人もいた気がするけど気のせい気のせい
・この最初の時間旅行〜山手線の歌の流れが楽し過ぎて映像に残して欲しいと思った
・曲が終わってJr.が捌けたあとに会場がざわめくぐらいの楽しさ
・滝沢連合のコーナーも去年のかんじで
・相変わらず族の格好がよく似合う自担
・踊りながらちょっかいを出し合うこっしーと幸宏くんとか
・踊りながら手をつないでいる雄大くんと山亮とか
・その後の屋良くんのジェラストレインは懐かしいから自担のジェラストレインを久々に見たくなった
・次にタッキーがバラードを歌って
・夢物語のイントロが流れてちびっこたちも出てきてさあみんなで踊りましょう!みたいな流れで
・福さんこっしーの悪の手下たちがタッキーの前に出てきて夢物語を踊りだして
・後ろでタッキーの衣装がえを手伝うとみせかけてその衣装を着た自担が歌い出す夢物語(笑)
・すぐつっこまれて中断して
・でもマイクをバトンタッチした雄大くんが翼くん仕様で続きを歌い出す
・またすぐにつっこまれて終わってしまうけれど
・でも一瞬だけど自担たちがマイクで歌うのが嬉しくてコンサートを妄想して
・お客さんたちが爆笑で拍手してくれるのも嬉しくて
・そこから滝レンジャーコーナーのはじまり
・ふぉーゆーは楽しそうに演じていてノリノリで
・キスマイ対悪の軍団の対決
・悪の軍団がわかりやすくずるくて
・走ってもフラフープをしても玉入れをしても悪の軍団の圧勝で
・さすが悪の軍団というかんじででもなんか憎めないかんじの悪さで
・ヤラレンジャーが改造されちゃうストーリーはさすがで
・そして結局一番強いのはチビレンジャーというストーリーもさすが
・ちびっこが舞台に上がってダンスコーナー
・福さんの子どものあやし方のうまさは今年も変わらず
・自担のちびっ子に構いたくて仕方ない様子も変わらず
・最後にまた歌が何曲かあるのだけれど
・愛はタカラモノの手フリは好きだからできて嬉しくて
・客席おりのホッサマや夢物語は見えない席だとうわあああってなるけれど見えると楽しくて
・福さんがピンポイントで近くのお客さんに絡んでいく様子も面白くて自担は相変わらず自由で
・自由な曲たちが終わってのテイストミーの流れが好き
・かっこいい曲をさらっと踊るかんじがかっこいい
・そんなこんなでシャララ
・最初スノーマンとぶどうが踊ってまどめいどが入って
・サビになったら誰か乱入してきた!
・と思ったら自担で(笑)
・最後列の大河くんの横でノリノリで踊る自担
・大河くんがちょ!とびっくりしつつ笑っていて
・ひとりだけ紫が混ざっているのがおかしくて
・でも意外と大河くんの他は気付いてないみたいで
・そのぐらいさり気ない乱入(笑)
・捌けるタイミングになったらおおっと!捌けるのか!みたいにコミカルに捌けていく自担
・その後なにくわぬ顔をしてふぉーゆーと一緒に出てきた
・乱入しちゃうぐらいテンションが高くて楽しいのだろうなと思って嬉しくなった
・雪合戦もみんな楽しそうで
・うぃずらぶは「バイバイ」


ちびっこたちのダンス参加コーナーで福さんが招待客のお子様を連れてきたみたいで
お母さんがすごく喜んでテンションが急に上がっているのをみて
ああやっぱり誰でも我が子が一番かわいいんだなと微笑ましく思って
ステージ上にいるJr.もみんなそれぞれの親から我が子が一番かわいいと思われているんだろうなと
ぼんやりそんなことを考えたりして
みんな大事なんだなと思ったりした


arashigumi at 01:02|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2011 

2011年05月02日

歌舞伎の話その7

あと1週間なんだなと思うとあっという間だけれど、初日が遙か昔のことのようにも感じる

・とにかくこれは書いておきたかったというのが
・2幕の殺陣で福松の刀の柄だけ赤くてなんだかかっこよかったということ
・それで今日はもう書くことかいたから満足というかんじなのだけれどまあ他にもだらだらと書いてみよう
・楽屋シーンが終わった後の黒子場面でまた自担がタッキーにちゅーしようとして
・タッキーに首だ首!と言われた福さんは
・わかりました!今日からすりーゆーになります!!と言っていて
・すりーゆーはいやああああああ!!って思って笑った
・タッキーがちゃんと福さんに向かって自担の去就について言うのがなんとなく面白くて
・ちゃんとタッキーはリーダーが誰なのかわかってそうだなと思ったりする
・まあ福さんと雄大くんに向けてなのかもしれないけれど
・口上でちびっこがふぉーゆーのというか雄大くんの真似をしてたつみっきーシリーズにのっかってくれていたのはキャワキャワで
・雄大くんはきっとちびっことも仲良いのだろうな舞台裏のそういうところがみたいなと思ったりもした
・そういえばふと思い出したけれど
・へいせいじゃんぷが見に来たときに
・山田くんのことは山田くんと呼ぶのに知念くんのことは「ゆうり」と呼ぶ雄大くん
・ゆうりとは仲いいんだもんねーってかんじで微笑ましかった
・話は戻って
・2幕の秀郷様がますます素敵で台詞の言い方もよいかんじで
・子ども公演は楽しみなのだけれど去年の流れどおりだったら秀郷様に会えなくて
・それだけが今年は心残り
・最後の行平、秀郷、捨十が上から降りてきてそれぞれ語る場面の
・行平が本当にざまーみろというかんじで嫌なかんじがでていてすごくて
・そしてだからこそ次の秀郷様の優しい口調の台詞が余計に素敵に感じられる

・もう書かないでおこうかなと思ったけれど
・もう大丈夫だと思うから書いておこう
・30日の昼公演で自担がやらかした
・去年の公演でもはっしーが同じ場面で止まってタッキーに怒られていたけれど
・捨十と将門のアドリブ場面の後の帝からなんちゃらかんちゃら!!!!と叫ぶ場面で
・「金!100枚!」と言ったあたりで力みすぎて声が裏返ってしまってうっ・・・という感じで思わず止まってしまった自担
・すぐさま「てめえええええ!!」とつっこむ将門様
・そのまま固まる自担
・いったん空気が緩んで芝居からアドリブの空気に戻って
・どうしてくれる!というかんじでさらに将門様につっこまれるととぼけて後ろを振り向く自担
・おめーだよ!!とさらにつっこまれてうかれてんなよ!!と怒られて
・小さな声で「すみません、もう一回やらせてください・・・」とこそっと頼む自担
・将門様は「芝居にもう一回はねーんだよ!!」と怒鳴って
・結局もう一度やることになったのだけれど
・一度出てきた三郎五郎も捌けてやり直しで
・三郎がぶつぶつと出てくるほうの身にもなってくれよまったく!!みたいに文句を言っていて笑った
・竜くんナイスアドリブ(笑)
・会場のお客さんたちは大爆笑で楽しんでいて
・タッキーも怒鳴りつつ笑っていたけれど
・うわああああああああああやっちゃったああああああああああああと思って
・演舞城に初めて出た年を思い出してこのままどつぼにはまらないといいなと心配になって
・やり直しの時はドキドキしたけれどうまくいってほっとして
・でもいまだにそのシーンはドキドキする
・でもすごく気をつけて言っているかんじがするし間違ったことを自分の中でよしとしていない感じがするから
・こうやって失敗しながらまた上達していけばいいなと思う

プレゾンの出演者表記が4U.ではなくふぉーゆーで
あれまた表記が揺らいでると思ったのだけれど
ぼーっとじゃにーずねっとの画面を眺めているとふぉーゆー表記が目立つから
やっぱりふぉーゆーのほうが好きかもしれないな
4U.のほうがなんとな字面はかっこいいけれど
本人たちが充分かっこいいからユニ名がかっこよくある必要はないなとぼんやり考える
それよりも唯一無二の他にはない表記方法のほうがなんだか嬉しい
そういえば話は変わるけれど
歌舞伎の最初の英語の導入部分の最後に「This is for You.」と言っていて
ああふぉーゆーのお披露目だなと勝手に毎回思ってにやにやしている

arashigumi at 00:57|PermalinkComments(0) 滝沢歌舞伎 2011