2012年04月

2012年04月29日

ふぉーゆーじゃなく光一くんの話

ニコニコ笑顔の光一くんも好きだけれど
鬼のような形相の光一くんをみるのも結構好きで
だからSHOCKのラダー場面が結構好きだったりするのだけれど

そして時としてラダー場面がうまくいかない時があると一層恐ろしい表情になって
そこに光一くんのこだわりとか負けず嫌いなところとかを垣間見る思いがするのだけれど


今日のSHOCKで階段落ちがいつも以上に激しくて
うわああああああと見ていても思って
落ちきった後にもちょっと間があいて嫌な予感がして
でも勿論ショーは続いていって

ニ幕ではああ光一くんさっきので右足また痛めちゃったんだなというのがみてとれて
前に痛めたところがクセみたいになっちゃっていると光一くんファンの友人から聞いていたことを思い出して
あと少しなのになんでまたこのタイミングでと悔しいような残念なような気持ちになって
まあでもこんなのはなんでもないとばかりに光一くんはいつもどおりなのだけれど

そして夜の海
右足を痛めているときは蹴り上げがなくなってターンに変わると聞いていて
確かにそうなっていた公演も何回かみたことがあるから
当然今日もそうなんだろうなと思っていたら
光一くんは歯を食いしばるような恐い顔で足を全力で蹴り上げた
その表情と全身全霊で蹴り上げた足に光一くんの思いを感じて
何度も見ている夜の海なのに感動が止まらなかった
台詞とかストーリーとかではなく動きひとつでこんなにも思いは伝わるのかと思ったし
思いっきりやろう!というコウイチの台詞が今にも聞こえてきそうな気がした


こんな光一くんのそばで背中をみて4ヶ月ステージに立てたふぉーゆーはやっぱり幸せものだなと思って
光一くんってすごいなという思いが止まらなくて

カーテンコールでキャストたちが誇りだという光一くんの言葉を聞いて
いやいやいやいや光一くんこそがSHOCKにかかわるすべての人たちの誇りだ

そんなことを思った夜だった


arashigumi at 22:58|PermalinkComments(0) Endless SHOCK 2012 

2012年04月28日

俺は俺のやり方で

最近夜の海がやっぱり好きで
上手から4人がでてくるときのウチの台詞にあわせて
ふぉーゆーはふぉーゆーのやり方で前に進んできたな
と良い意味で思う

今年のプレゾンが発表されて
そこにふぉーゆーの名前をみつけてキャー!と嬉しくなって
トラビスジャパン略してTJにちょっと笑って
今年もトラビス振付のダンスが見られるのかとワクワクして
今年もオープニングがゆーあんどみーあんどふーだったらどうしようとニヤニヤしてサントラを聴いたりしている

SHOCKがもうすぐ千秋楽で
会場の熱がなんだかヒートアップしてきているのを感じて
土日の受付に並ぶキャリーバックの山は壮観で
でも光一くんはどの公演も全力でと言っていて
1月に博多座で一緒に入った方と4月にまた一緒に入ってお久しぶりですなんだか不思議な気分ですねと会話をして
SHOCKの公演の間に自分も何かを頑張りたかったけれど
今年も自分はただ観に行くだけの日々だったなと反省して
ひたすら感心するのはいつみても自担が元気一杯なことで
絶好調にみえてニコニコしていて全然大変そうじゃなくて
それがすごいなと改めて感じたりしている

今日も自担は元気に光一くんに蹴り飛ばされているかなと
帝劇に思いを馳せる日々


arashigumi at 17:39|PermalinkComments(0) Endless SHOCK 2012 

2012年04月21日

4月になっていた

書こうかなと思いつつ筆がすすまないそんな今日この頃
それでも普通にSHOCKを観にいったりアドリブレポを毎日みたりしているそんな今日この頃

・ステージフォトがまた出た話
この間出たばっかりだと思っていたらまた発売されていて嬉しかった。ステージフォトがまた発売されると聞いて、なんとなく今回はふぉーゆーの写真はないのかもと思ったりしたけれど、SHOCKではそんなことはなくて、ああ、これがSHOCKなんだなとなんとなくだけれど嬉しく思ったりした。

・屋上下のアドリブの話
前にも書いたけれど、毎日、毎公演、ふぉーゆーがどんなアドリブをしたかを誰かがレポートしてくれていて、毎日それをチェックするのが日課になっていて、面白いなーとか面白くないなーとか(笑)、ふぉーゆーのがんばりを楽しみにしている。
入らなかったけど見たかったなーというアドリブは、かうんとだうんてぃーびーをごらんのみなさん!というネタで、こういうのをゲラゲラ笑いながら楽しんでやっている姿が想像できてそんなふぉーゆーの温度がいいなと嬉しくなったりして、そういう売れてるごっこをするふぉーゆーは好きだなと思った。
最近のネタだと、宮里藍!福原愛!モアイ!ネタに懐かしいなああああああと2007年の夏を思い出して、あのとき自担のことをモアイの人って言ってた少年隊ファンの方は今頃どうしているのかなと思ったり、このネタがプレゾンの台詞だったことに気付く人ってどれくらい会場にいたんだろうなと思ったりした。

・SHOCKの話
最近みていて好きな場面は、告白シーンでマツザキが「おい!嘘だろ!!」とウチに詰め寄ったときに、コウイチが「マツ・・」と呟いてくれるところ。そして、公園のシーンでは、コウイチが強く蹴り飛ばしてくれればくれるほど安心するし、嬉しい気持ちになる。

・歌舞伎の話
毎年誘ってくれるタッキーファンの方が、ふぉーゆー出てないけれど、と今年も誘ってくれたので見てきた。内容はだいたい去年のままというかんじだったけれど、Jr.のメンバーが入れ替わっていることで、新たな人の新たな演技がみられたりして、楽しかった。
ふぉーゆーに出て欲しかったなと思う気持ちもありつつ、でも、新たに役をもらえて張り切っているJr.たちの姿はとても見ていて気持ちよかったし、出演者の浮き立つ気持ちのようなものが伝わってきて、とても楽しめた。
去年は去年、今年は今年と思うので、全然比べたりはしないのだけれど、ひとつだけ思ったのは、こっしーの秀郷様はもう本当にいなくなってしまったんだな・・・というしんみりとした気持ちになって、去年、「本望だ・・・」と将門に斬られた優しい秀郷様は、今年はあの世で見守っているんだなとこっしー秀郷の演技が完成したような気持ちになったりした。

・雑誌の話
不意打ちで出てくるふぉーゆーの話題ににやにやして、自担が後輩Jr.を誉めて盛り上げていく感じもいいなと思ったし、雄大くんがしてくれる面白い話が気になるような気になったりして、そうやって自分たちだけの世界ではなくて、周りと交流している姿が嬉しいなと思ったりした。

以上、最近の出来事の記録でした。

arashigumi at 19:34|PermalinkComments(2) Endless SHOCK 2012