2014年07月

2014年07月20日

プレゾンの話その2

書いていないからといってみていないわけでもなく
書きたいことはずっと頭の中をぐるぐるしていたからようやく時間ができたのでだらだら書いてみよう

・今回のプレゾンはとにかく毎回福さんすごいなと思いながらみていて
・心意気がひとりだけ飛び出ているというか
・もちろんふぉ〜ゆ〜もそうなのだけれどその中でも一番ひっぱっていっているというか
・プレゾンに対する思いが人一倍強いのだろうなと感じながらみていて
・いままでは出演しているだけだったんだな、今回は自ら表現しているな、ぐらいの違いを感じていて
・ぐいぐいくるその感じが見ていて心を動かされる
・今回一番高まる曲はなんだろうと考えたときに、前も書いたけれどガイズは色々な意味で集大成でとても見応えがあって
・SHOCKでいう夜の海みたいな、曲が始まるともう一度見る方も気合いを入れ直すというか、背筋を伸ばすかんじがあって
・新しい曲でいえば、1曲目のダイヤモンドアイズが好きで
・わー!と最初からテンションがあがる
・あとはやっぱりWhat's Your Name?が好きなのだけれど
・日生から青山劇場になって、ステージの広さとかそういう問題なのだろうけれど細かいフリの変更があって
・Theyがでてくるところとか、最後の終わり方とか、正直日生バージョンのほうが好きなのだけれど
・でもだんだんこなれてきて、今年も楽しみながら見ている
・この曲は、冬は自担のはじけ具合を見るのが好きで
・スイッチが入った自担が見られるからとても見応えがあって
・でも青山劇場では福さんのほうがスイッチが入っているように見えて
・自担ももっとはじけて!と思いながらみていたのだけれど
・最近は福さんと相乗効果というか影響し合ってよりはじけてきて楽しくなってきた
・上手からジャンプして出てくるときは今日のジャンプはみゅうとくん楽しんでくれたかな?と思ってみて
・最後の決めポーズは福さんと林くんは今日のポーズ楽しんでくれたかな?と思ってみる
・会場のお客さんを楽しませながらステージ上の出演者も楽しませていてなにげにすごいなと思ったりして
・ステージ上からこれ以上ない近距離で楽しんでいる福さんずるいなと一瞬思ったりする(笑)
・ヴィーナスは、元のフリをちょっとバージョンアップしたかんじで
・衣装はつっこみどころだけれどまあそれがプレゾンだよねというかんじで
・ファンキーフラッシンはふぉ〜ゆ〜がノリノリで楽しくて
・今回客席降りもまああるのだけれど、最後にちょっとステージ上でダンスする瞬間もあって
・もしかして前回もそうだったのかもしれないけれど
・そのダンスがなにげに好きだからそういうちょっとしたダンスがあるのがいいなと思ったりした
・福さんがM列センターがダンス位置だから毎回ゲストの方々に果敢にもダンスを申し込んでいて
・すごいな、いいなその位置、それでどんどんゲストの方々にふぉ〜ゆ〜ファン増やしちゃえばいいなと思ったりする
・そういえばゲネでは光一くんとダンスしたんだよねぇいいなずるいな
・自担はダンス係じゃなくてあおりがかりで
・ああなんだか適任だな、押しが弱いから相手を気遣い過ぎて誰ともダンスできなそうだから見ているほうも気楽でいいなと思ったりした
・この間みていたら山亮が2人お客さんを選んで、3人で君だけにの指パッチンをやっていてそういうのもありなんだと思ってちょっと面白かった
・田原メドレーはやっぱりこっしーが似合っていて
・翼くんが女性をしとめるストーリーだけど実はとっくにこっしーのたくさんいる彼女のうちのひとりだった、ぐらいのストーリーを勝手に思い浮かべる
・いまに始まったことではないけれど女性が赤マリさんだからシュールだなと思いながらみている
・気まぐれワンウェイボーイは、オープニングの映像はあれはふぉ〜ゆ〜本人なのかな、顔が映っていないから他の人なのかなとかぼんやり考える
・今回と前回を比べたらダントツに今回のほうが好き
・ズッコケ男道で優馬くんが「じゃがいもみたいなつらさげて〜」ってしずやくんを指さすのはちょっと反則(笑)
・なんだっけ、福さんがこのフレーズ真似していた記憶がうっすらあるのだけれどいつどこでだったろう
・アンダルシアは2幕の最初で
・1幕の最後よりこっちのほうがなんとなく合っているな、なんとなくだけれどフラメンコで始まる2幕の始まりがワールドウィングみたいで落ち着くなと思ったりした
・アンダルシアで片足を伸ばしてしゃがむポーズのときに、自担の足が誰よりも長くみえてかっこいいと思いながらみる
・$10も前回より洗練されたかんじで見ていて気持ちよくて
・愛されるよりも愛したいは、最後にMADふたりに挟まれてこっしーが前列で他のふぉ〜ゆ〜後列なのをみて
・おお!こっしーがその位置!と思って目が奪われて
・こっしーのダンスが素敵だなと思いながら見る
・愛・革命は、階段がなくて印象が全然違って
・階段に目を奪われすぎていたんだな、実はこの曲は踊る曲だったんだなと目から鱗で
・ロマンチックタイムは曲がロマンチックだからこの曲にふぉ〜ゆ〜出て欲しかったなと思って
・スシ食いねぇ!前にちょっとだけコントっぽいことをやっていてこっしーだけ出ているのだけれど
・こっしーぽくって面白くてよいし、こっしーだけだと長引かないからきっとそれは大事なことだなと思ったりした(笑)
・スシ食いねぇ!の後ろのスクリーンが実写の顔になっていてみんなかわいくて面白い写真の顔だったから
・これこそグッズで販売すればいいのにいつもそうではないんだよねぇ、なぜなんだろうとその意図を探る
・フラワーは2階にふぉ〜ゆ〜が出てくるのだけれど
・自担が個別だけでなく、2階全体を盛り上げているかんじがいいなと思って
・もしかして全体を盛り上げるのは自担の得意分野かなと少しずつ思い始めていて
・肩をたたかれ振り向いてみたらそこに近距離で福さんの顔がある恐怖
・立見で見ていたら最後去り際に福さんが「立見ありがとう」と立見のお客さんたちにお礼を言って去るから
・立見も悪くないなと思ったりした
・フラワーも、最後にちょっとステージ上で踊る感じが好きで
・やっぱり踊る姿が一番みたいから、ちょっとでも踊ってくれると嬉しいなと思ったりする
・ウィルビートゥギャザーは、青山劇場さようならという気持ちで聞く
・いろいろなことが頭を駆け巡ってじーんとする
・1月があるからといって、ふぉ〜ゆ〜が出演者(仮)に名前を連ねているからといって、そんなものは絶対なんて言えないと思っているから
・もうすでに青山劇場さようならという気持ちにはなっていて
・2006年からのプレゾンでのふぉ〜ゆ〜を振り返ってみたりして
・この間このブログの2006年のプレゾン記事を読み返してみたりしていたのだけれど
・「今年も夏がやってくるんだ」の記述に、そういえば夏は当たり前にやってくるものじゃなかったなと思いだしてちょっと笑った
・ロードトゥは、なんだかどんどんテンションが上がってきているようにみえて
・静止ポーズのときの福さんのゼーハーゼーハーしている腹をみながら思っている以上にハードなダンスなんだろうなと感じている
・ガイズはいわずもがなで
・優馬くんとか顔が赤くなっていて、みんな全力で踊っているそのかんじが清々しくて心を揺さぶられる
・階段曲は、さっきまでのかんじと一転して涼しい顔をして踊る感じが好きで
・今回はやたら福さんがにこにこしているのが目について
・プレゾンという舞台を心から楽しんでいるんだろうなと感じる
・カーテンコールで「ふぉーえばー!ふぉ〜ゆ〜!」というのがふぉ〜ゆ〜の決め言葉みたいになっているけれど
・なんだかふぉ〜ゆ〜がさよならみたいだなと思ってしまってふぉ〜ゆ〜は永遠に不滅ですみたいに聞こえてしまって
・どちらかといえばふぉーえばー!青山劇場!というかんじだなと思いながら聞いている
・階段曲からカーテンコールまでずっとみながら感じることは
・福さんが他の出演者や客席を優しい愛しい眼差しであたたかくみているなということで
・なんだかかつてのニッキさんと同じ眼をしているなと思ったりして
・自分が出演しているのはもちろんだけれど、それだけではなくて、プレゾンと青山劇場と、そこにいるすべての人々を大切に思っているのを感じられて
・座長じゃないけれど座長みたいだなと思ったりした

福さんのことばかり書いているけれど
ふぉ〜ゆ〜全員の心意気も感じていて
なんだろう、全然違うな、いろいろな意味で全然違うな、と思いながら見ている
もうこのぐらいまできたらこれ以上目に見えて成長ってないかなと思うところなのに
ここにきて目に見えて半年前のプレゾンより大きく成長しているふぉ〜ゆ〜をみて
すごいなと思うし自分もがんばろうと思うし
やっぱりこれからもふぉ〜ゆ〜を応援していきたいなと思う今日この頃




arashigumi at 12:01|PermalinkComments(0) PLAYZONE1986・・・2014★ありがとう!〜青山劇場★ 

2014年07月09日

プレゾンの話

プレゾンが始まった

なかなか書く時間がとれなかったけど、とりあえず書いてみよう
すべてはスマホ入力が苦手なのが書けない理由
誤字脱字はご愛嬌

・プレゾンは本当に楽しみに楽しみにしていて
・なにが楽しみかって、これでもかとリハで絞り込んできて最高潮に身体の状態が良い人たちの
・最高の状態のステージが見られることの清々しさ
・期待しすぎはだめだよなと思いつつ、今年も思い切り期待していた
・オープニングのダイヤモンドアイズでおお!と思って、その期待が今年も裏切られなかったことを嬉しく思って
・まず思ったのは
・福さん踊り方変わったな!あれ!こっしーも変わったな!
・あれ?福さんがちょっと見ない間にイケメンになっている、、、あれ?こっしーもイケメン、、、
・と、この2人に目を奪われて
・どうしてだろうと考えたら福さんがあんまり頭がクルクルしてなくて
・このほうがいいなあ、もうこの髪型から変えないでほしいなと思った
・雄大くんは前回のSHOCKで変わったなと思ったし、自担はもともとかっこいいから!と思って
・ふぉ〜ゆ〜が変わりつつあるのはまちがいないなと思ったりした
・今回のプレゾンは、終わってから過去のプレゾンDVDを色々みたくなる感じで
・懐かしい曲を懐かしいフリで懐かしい衣装でやっていて
・でもメンバーは違っていたりして
・面白い試みだった
・田原メドレーはこっしーがよく似合っていて
・こういうチャラいのは本当によく似合うなと感心した
・気まぐれわんうぇいぼーいのふぉ〜ゆ〜
・同じフリなんだけど同じじゃなくて歌い方も変わっていて
・多分これをみてから前回のこの曲をみたら物足りなく思うんだろうなという感じで
・ふぉ〜ゆ〜が殻を破ろうと4人でもがいている感じがして
・なんだか感慨深く思いながらみた
・優馬くんのソロでバックにふぉ〜ゆ〜がつく曲があって
・まあすぐにMADがでてくるけれど
・一瞬ふぉ〜ゆ〜まで
・意外とこの5人で踊ることってあまりないんだよなとか思いながら
・その景色がとても嬉しくて
・思った以上に自分はふぉ〜ゆ〜まが好きなんだなと発見した
・多分それはこの間のラジオが面白かったせい
・ARASHIをトラジャが踊っていて
・同じフリなのに印象が全然違って爽やかで面白かった
・若さはふぉ〜ゆ〜がどうがんばってもトラジャには負けるから
・ちゃんとその若々しさを生かしてパフォーマンスをしているトラジャは、あのチームの中での役割をちゃんと果たしているなと嬉しく思って
・ふぉ〜ゆ〜もふぉ〜ゆ〜の役割をちゃんと果たしているんだろうなと思いを馳せたりした
・最後の方の知らないバラードの曲は、とてもよい曲でなんだか聞いているだけで泣いてしまいそう
・そしてロードトゥとガイズと階段曲で終わるプレゾンが鉄板すぎて素敵
・ガイズをみながら、客席のその熱さも感じながら
・この数年のプレゾンはこの曲に集約されるなと思って
・クリエの時にふぉ〜ゆ〜のオリジナル曲を!と思ったけれど
・この曲は間違いなくプレゾン組の曲だなと思って
・俺たちの曲だ!と胸を張って言える、他のどのチームにもない誇りを持てる曲がここにあったなと思って
・それをこの数年で青山の地でみんなで作り上げてきたんだなと思ったら感慨深くてじーんとして
・この曲に尽きるな、すべてがここに集約されるなと思ったりした

スシ食いねえの写真が面白いとか、グッズのビニールバッグはどこにプレゾンの文字があるのだろうまさかの無地!?とか
書き逃していることはまだまだあるのだけれど

夏だねえ!プレゾン始まったねえ!という気分で
プレゾンの夏を楽しもうと思っている今日この頃


arashigumi at 07:46|PermalinkComments(0) PLAYZONE1986・・・2014★ありがとう!〜青山劇場★