日々思うこと

2018年09月13日

滝翼のこと

今朝起きて事の次第を知ってえええええええっ!!と驚いて
なんだかしんみりしながら仕事へ向かった
私ですらいまだに心の整理がつかないからファンの方の気持ちを思うと何とも言えない気分

それでも何か書き残したい気持ちがあるから
つらつらと思い出を書いてみようかなと思う

思えば滝翼がジャニーズJr.の頃が記憶の始まりで
少クラやGWの横アリのコンサートとかバックで自担が踊っていて楽しかったなとか
そして滝翼のデビューが決まってデビューイベントとかも行って渋谷に飛行船を見に行って
2002年デビューの時のドームコンのDVDの花道を歩いてくるタッキーを笑顔にさせる瞬間はお気に入りシーンのひとつ
MステでTobeをやったときに当時のMADとMADEが一緒に出た映像は自担たちの出番が少なくてもかなり満足したお気に入りの映像のひとつ

そしてその後は自担たちと一度疎遠になって
もう世界の違う人と思っていたのに

2005年の翼コンはそれはもう衝撃で
2006年のスタイルもその後のわーるずうぃんぐも
踊りまくる舞台は楽しくて楽しくてまた戻りたい瞬間
その後わーるずうぃんぐみたいな舞台またやらないかなと密かにずっと思っていた

そして翼くん専属みたいなふぉ〜ゆ〜(当時はMADという名だったけれど)
考えてみたらMADと命名されたのも翼コンだったなあ
それまではただの名無しの人たちで
勝手に嵐組と巷で呼ばれていたひとたちだった
そんなふぉ〜ゆ〜が嵐以外の世界に生きることが許された最初が翼コンだし

翼くんとは縁があったけれどタッキーとは何となく仕事することはないだろうなとか勝手に思い込んでいた壁を崩すように滝沢演舞城に呼ばれた2008年
その時のパンフレットでふぉ〜ゆ〜を褒めてくれていたのがとても嬉しくて心の支えで
毎年回数を重ねる度にふぉ〜ゆ〜の扱いがよくなっていって重要な出番を任されるようになって
DVDの稽古密着が好きすぎて何度も見て
自担が台詞を嘘みたいにつっかえまくるシーンはスラスラ言えるようになった今の舞台をみていても時々思い出してしまう名シーンで(笑)
歌舞伎になってからも大好きで出なくなったときは残念で仕方がなかった
そういえばふぉ〜ゆ〜と命名されて最初の仕事が演舞城だったな

プレゾンも忘れられない
翼くんを中心にジュニアでの群舞を堪能できたのはやっぱりプレゾンで
光もマーチも情熱の一夜ももちろんガイズも好きしか詰まっていない

そんな個々のお二人との仕事を経ての2011年あわふゅーちゃーツアー
何より衝撃だったのがふぉ〜ゆ〜だけで歌うコーナーがあったことで
(その前に翼コンで大人数MADで歌ったという体験もあったけれど)
そういうのが許されないのがふぉ〜ゆ〜だと勝手に思い込んでいたから
歌って欲しいとかも思わなくなって勝手に壁を作っていたのに
そんな壁は必要ないと壁を崩して向こう側の世界を見せてくれたのが滝翼だった

2012年の10周年ツアーにもついて
このときの光一コンなの滝翼コンなのどっちなのの右往左往もいまとなれば懐かしい思い出で
この時期のふぉ〜ゆ〜は色々もがいている印象で
その胸の内を後年滝ちゃんねるの手紙で知るのだけれど
佐賀公演で爆笑したりオーラスでなんだか感動したり
そして握手会の待ち時間にふぉ〜ゆ〜だけでしゃべって間をつなぐのをやっていて
まだラジオも何もやっていない頃だから初めてちゃんとふぉ〜ゆ〜が4人で普通にしゃべっているのを聞いた気がして
そのベラベラ淀みなくしゃべるかんじにふぉ〜ゆ〜話せるんだ!コンサートのMCもできる!と新たな発見をした記憶

滝ちゃんねるも4WATとかコーナーを作ってもらって
他にも書き切れないことがたくさんあるけれど

こうやって振り返ってみると
やっぱりふぉ〜ゆ〜は滝翼抜きには語れないなということで
数々のターニングポイントを滝翼とともに過ごしてきたし
ガンガンと前にでろ!自信を持て!歌え!話せ!というかんじで
ふぉ〜ゆ〜にたくさんのチャンスをくれた滝翼

名曲もたくさんで今朝からずっと滝翼曲を聞いているけれど
いつまでも聞いていられる

ふぉ〜ゆ〜がこれから頑張っていくことが
2人への恩返しになるのだろうと思いながら
滝翼と滝翼ファンの関係性がいいなと言っていたふぉ〜ゆ〜の言葉を思い出して
ふぉ〜ゆ〜ファンとしても何か受け継げるものがあるのかもしれないと思ったりして

きっとそれぞれの場でまだまだ道は続いてくのだろうから
おつかれさまという言葉は似合わなくて
またどこかで
そんな気分

最大級の感謝の気持ちを伝えたい




arashigumi at 22:48|PermalinkComments(0)

2018年07月16日

7月の雑談

信じられないような暑さの毎日
暑すぎてちょっとという感じではあるけれど
この夏の日差しにプレゾンを思い出して懐かしい気持ちになったりもする

先日、光一くんがボクらの時代に出ていたのを見た
「こんなに素晴らしいミュージカル俳優がたくさんいるのになんでみんな知らないの!」という、もったいない!みたいな気分になるみたいなかんじの話をしていて
それはそのまま私がふぉ〜ゆ〜に長年抱いている感覚と同じで
なんでみんなふぉ〜ゆ〜を知らないの!もったいない!という気分で
光一くんの感覚にまた共感した

年中無休!のチケットが届いたり
雄大くんの舞台に追加出演者が発表になったり
日々はあっという間に過ぎていくけれど

あちこちで地震が続いていたり
豪雨の被害があったり
そんな中舞台を観に行けるという幸せを改めて感じたりして
また自分の生活を見つめ直す今日この頃


arashigumi at 12:08|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

5月が終わっていた

日々が怒濤のように過ぎていて気付いたら6月

今はDAY ZEROを観に行くのを楽しみにしているけれどそれはもうちょっと先の話で
のんびりと雑誌やTV出演、ラジオ、あゆふぉゆをチェックしたりする日々

色々みたけど書きそびれてしまったなーと思っていて
なんていうか書く行為にテンションが下がっているというか気が向かなくて
本気ではないけれど一瞬ブログももういいかなって頭を掠めたけど
「継続は力なり」という言葉を信じているから細々とでも続けようと思っている

おかべろに斗真くんのオマケで出させてもらったのにはもう斗真くんすごいよな感謝しかないなと思って
一度そういう風に出させてもらうというのはあるかもしれないけれどなかなか二回ってないなと思ったりして
ABC-Zの番組で歌ってたのも面白く見て
なんだか普通にふぉ〜ゆ〜がTVに出ているなと未だに不思議な気分になるのだけれど

ラジオでは自担の失恋話が面白くて
昔、何かの嵐コンの裏話の時にその登場人物にマツだけ出てこなくて
その時自担は何をやっていたんだろうと思いを巡らせていたことを思い出した
大方彼女と長電話でもしているのだろうという当時の予想が
こうやって時を経て答え合わせできるこの感覚が面白い(ラジオの話はちょっと違うとはいえ)

雑誌は日経エンタテインメントに普通に載ってるのがすごいなと思って面白く読んで
いまだにふぉ〜ゆ〜が自分たちはまだまだ売れていないという感覚はよくわかるなと思って
いつまでたってもいくらTVや雑誌にふぉ〜ゆ〜が出ていても自分の感覚もそう簡単に変わるものではなくて
まあ実際まだまだだしもっといける世界が待っていると思っているのもあるけれど
25歳ぐらいのときにもうデビューはないと思って辞めることも考えたみたいな記事に
なんだかこの記述だと25歳までデビュー目指して一線でがんばっていた普通のJr.みたいだなとちょっと笑って
そうじゃないあの頃の感覚は簡単には文章で表現できないなと思ったり
いやもしかしたらふぉ〜ゆ〜は大真面目にデビューを目指していたのかもなと思ったり
そして今のこの状況はデビューの向こう側の世界だなと思ってここから先は形じゃなく内容で勝負の世界だから頑張って欲しいなと思ったりした

余談だけれどここ最近はドラマのおっさんずラブが面白くてはまって見ていて
脚本がGACHIの方だからGACHIを思い出して懐かしい気持ちになったり
このドラマの回を重ねるごとのムーブメントというか最初の世間の期待値と最後の視聴熱の差とか
そのありようにふぉ〜ゆ〜の未来を重ね合わせて
ほんの2ヶ月で世界が変わることがあるというのは夢があるなと
ふぉ〜ゆ〜にもそんな未来が待っていることを願ったり
それに見合う実力をつけてその瞬間が来るのを待っていて欲しいと思ったりした

そんなかんじでのんびり過ごす今日この頃



arashigumi at 13:13|PermalinkComments(0)

2018年01月18日

デビューの話

何気なくネットニュースをみていたら、ジャニーズの4年ぶりのCDデビュー!という記事をみて
ええっ!おお!と驚いた
なぜこのタイミング

そして岸くん良かったねぇー!となんだか自分のことのように嬉しくて
そしてまたふぉ〜ゆ〜に縁のあるデビュー組が増えていくことにしめしめという感情を持ったり(笑)
でもとにかく岸くんがメンバーに入って嬉しいなという感情が一番

今思えば岸くんのSHOCKをもっとみておけば良かったなとか
その昔、知念くんがデビューしたときに、ふぉ〜ゆ〜と過ごした日々を忘れないでねと思ったことと同じようなことを岸くんに思ったり

ふぉ〜ゆ〜に関してはもうそういうデビュー云々ではなくて
風間くんが昔どこかで「デビューって何なのかな」みたいなことを言っていたことを思い出したりして
CDは出していないけれど役者としとは普通にデビュー組と遜色なく仕事をしていた当時の風間くんから出た言葉

とはいえ、ちょうどキンプリゲストのTOKIOの番組をみながら
これから岸くんはふぉ〜ゆ〜の比じゃないお金持ちになっていくんだろうなと単純に羨ましく思ったり(笑)
いやきっと風間くんも斗真くんもお金持ちだからふぉ〜ゆ〜もお金持ちになれるから頑張って!と思ったり

とにかく明るいニュースでめでたいなという気分

ふぉ〜ゆ〜にも明るいニュースいつでもお待ちしております

arashigumi at 00:54|PermalinkComments(0)

2017年12月31日

ありがとう2017

なんだか今年は年末な気がしないうちに年末になってしまった
今日は大晦日なんだよなぁ
いつもは水道橋へ向かう頃なのに今年は大阪にいて紅白を見ていて
いつもと違う大晦日にワクワクする

今年の1年を振り返ってみて
漢字でいうと「鎹」かなと思って
要はGACHIを漢字にしたかったのだけれど
やっぱりGACHIが2017年最大のニュースだったなと思って
それは来年も再来年も続いていくイメージなのだけれど
その始まりの年、というかんじで

そういえばJr.がとれたのも大きなニュースだったな
あまり普段意識していないからすぐには思いつかなかったけれど

そういうあれこれがあって、なんだか今年は本当に大きな節目の1年だったなと
いま改めて振り返ってみると感じる

ずっと仕事をしていくのだなというのは勿論ここ数年思っていたけれど
それを本当に実感したというか、今までより頑張らなきゃいけない段階に来たなというか

うまくまとまっていないけれど
ここ数年で一番穏やかな気持ちでいるかもしれない2017年大晦日
東京ドームのカウコンではなく大阪でキンキカウコンが待ち受けているからなのか
理由はよくわからないけれど

今年も1年間、更新頻度も高くない気まぐれブログを見に来ていただいた方々
本当にありがとうございました
2018年もよろしくお願いします
よいお年を!

arashigumi at 21:07|PermalinkComments(0)

2016年12月24日

書き足したいこととか

昨日書いたことを今朝読み返して
書き足りなかったなと思ったことを書いておこう

決して演技の仕事が嫌なわけではなく
大歓迎で
そしてふぉ〜ゆ〜のこととして書いているけれど結局は自担を中心に見ているので
どちらかというとダンスが得意でというのは自担のことで
というか私がただ単に自担のダンスが好きだからもっと見たいということを再認識した一年だったなということで
今思うのは踊っている自担は本当に一番好きだけれど演技をしているのも二番目ぐらいに好きになったのが2016年だったなとも思って
去年より確実に演技している姿がいいなと思うようになった
それは本当にすごいことで
未来への可能性を感じる

あとこれも書いておきたいとずっと思っていて書き忘れていたのは
23階の笑いでルーカスが晴れて正式に作家に採用されました!ぼく専用のマグカップです!
と言ったあとの表情で
そのドヤ顔というか嬉しさが滲み出ている感じとか
なんて可愛らしい笑顔なんだ
と逆に笑えてくるぐらいで
毎回そのシーンを楽しみにしていた

もう一つ書き忘れたのは
キンキコンで
剛くんがソロコーナーで昔キンキコンでやったけれど音源化はされていない自分も覚えていないような曲をやります
と言っていてへえええと思って聞いていたら
…あれ?なんかこれ知ってるかも…なんで私はそんなキンキの昔の曲を知っているんだろう?…気のせいかな?でも口ずさめるしなんなのだろう…?
と不思議な気持ちになっていたのだけれど
色々調べてみたら
山ピーがジュニア時代に歌っていたKISSXXXという曲だったと知り
あー!だから知っていたのかと納得した
見学していたふぉ〜ゆ〜はこの曲に引っかかったかな初めて聞く曲と思ったかなとか想像して
久々に素顔3でも見てみようかなと思ったりした


arashigumi at 06:57|PermalinkComments(0)

2016年12月23日

2016年を締めくくる

23階の笑いでクリスマス気分を満喫して
キンキコンに行ったらもうなんだか大晦日な気分になってしまって
クリスマスさえ来ていないのに2016年を締めくくってみようという気分になってしまった

その前に、クリスマス動画の話
・ジャニーズwebのショートバージョンを先に見て
・ジングルベルでもないこの曲はなんだろうとついつい耳を奪われて
・全然すりーゆーの会話が頭に入ってこない(笑)と思って
・ジャニーズnetの情報局ロングバージョンを見たら
・さらにすりーゆーの会話が頭に入ってこなくて笑った
・こちらはちゃんとジングルベルから始まって
・歌い終わってよくわからない即興オリジナルソングになって
・愛のかたまりになったところで面白すぎて吹き出して
・なんで突然愛のかたまりになるのと思って
・光一くんからの剛くんからのただの連想ゲームだなと思って
・君の瞳に恋してるを経てのジングルベルでやっと終わる動画(笑)
・見終わって曲のことしか頭に入らない動画
・プロフィールもこの時の写真に代わっていて最近のふぉ〜ゆ〜だ!という感じで
・やっぱりいまのふぉ〜ゆ〜が一番だなという気分になった
・クリスマス&あけおめメッセージもみて
・相変わらずこっしーのメッセージが好きで
・でもこれもう元ネタの最初のメッセージを知らない人もいるんだろうなと思って
・誰かが解説してあげればいいなと思ったりして
・自担のメッセージはおめで「とり」で来年の干支を出している工夫感が好き(笑)

その前に、千秋楽が終わって何も書けていなかった23階の笑いの話
・終わってみると23階の笑い好きだったなーという思いが残って
・なによりマックスが好きだったなと思って
・あて書きじゃないのに自担にぴったりの役であて書きみたいに重なる部分が多くて
・ハチャメチャで面白くて出てくるだけで面白くてちょっとしゃべるだけで噛んでしまってみんなが笑ってみんなマックスのことが大好きで作家を大切にする優しい心を持っていてでも本番前は緊張で吐いてしまうぐらい繊細で
・パンフレットで実際の松崎くんのエピソードが作品中に取り入れられたものがあると知って
・最初の「ちょっとしゃべるだけで噛んでしまう」みたいな部分かなと思ったらそれはもともと原作にあるセリフで
・「ブレイントゥモロー」と壁の落書きを読んでしまうところが取り入れられた部分だったみたいだけれど
・それぐらいマックスがシンクロしていて
・だから余計にマックスに感情移入しやすいというか共感できたというか
・作家たちがマックスを好きなように一緒に敬愛の気持ちで見ていた
・千秋楽が終わってからやっと23階の笑いの戯曲を読んで
・思った以上に忠実にやっていたんだなと思って
・読むだけで舞台を振り返ることができるから原作物もなかなかいいなと思ったりした
・千秋楽の挨拶で話しきれない裏話がたくさんあると言っていて
・裏話こそ聞きたいところだから話しきれないじゃなくて話しきってほしいなと思ったりするのだけれど
・自担がオープニングのマックスエピソードで嘘の笑い声が会場に流れるのを楽屋で聞いて
・シソンヌさんに「ほら、ウケてる!」「今日もウケてる!」「今日は男性が多くウケてる!」と全部の回、1回ももらさずに煽りにいくエピソードが聞けて面白かった
・それをふぉ~ゆ~楽屋側でみていた福さんの視点では
・「絶対つっこんでくれるから!みてて!」みたいな感じだったらしく
・それも面白くて
・そして印象的だったのはそのエピソードをシソンヌさんが話しだしたときに
・それ話すか!みたいな素の笑顔で恥ずかしがって崩れた自担の姿で
・やっぱり自担はマックスじゃないけれど舞台上の顔と素の顔が違うよなと思って
・そのたまーに素がみえる感じがまた面白いなと思ったりした
・なだぎさんたちが23階の笑いは公演期間が長くて、という話をしているのを聞いて
・そうか、長いのか、と思って
・それはきっとふぉ~ゆ~ファンみんなが感じたことだと思うけれど
・SHOCKの100回公演とか3か月公演とかが普通じゃないんだな、そりゃそうかと思って
・短いなあっという間だなと思っているのが人によって感じ方が違うというのがまた面白いなと思ったりした
・23階の笑いが懐かしくなったらまた戯曲を読もう
・そうしたらそこでまたマックスたちに会える

そして2016年締めくくりの話
・締めくくりといいつつまだ今年もだいぶ残っているからまた何か書くかもしれないけれど
・いま思うこととかを書いておこう
・今年の漢字は何にしようかなと考えたときに
・今年は「劇」の1年にしようかなと思って
・2016年はふぉ〜ゆ〜がライブを知らない1年だったなとなんとなく最近振り返っていて
・舞台には立ったけれどコンサート、ライブには一度も立たなかったということが結構衝撃で
・厳密にいえばカウコンが1月1日だったからそれを別にしたらだけれど
・それは自担を応援してきて初めてのことだったなと思って
・仕事がないといわれた時期でさえ年1回コンサートツアーには必ず出ていたから
・それが2016年としては一番大きな出来事だったように感じてしまう
・裏返すと、演劇の1年だったなということで、だから「劇」なのだけれど
・その意味をここしばらくずっと考えていて
・ふぉ〜ゆ〜ファンとのあいさつ代わりにライブやってほしいですね、みたいになりつつあるのだけれど
・ファンもきっと本人たちも待ち望んでいるであろうライブがない意味というか
・なんで得意なダンスを封印してどちらかというと得意ではない演劇や歌をグループとして推し進めるのかと考えてみて
・最近ようやく思い至ったのはそれは今やるべきことだからかなということで
・ギリギリ若手で通じるうちに芝居の力や歌の力をちゃんと伸ばしておかないとこの先困るのはふぉ〜ゆ〜自身かなと思って
・目先のことだけではなく長い目でみてずっとふぉ〜ゆ〜が仕事をし続けることを思うと
・大事な1年だったのかもしれないと思うようになった
・とはいえ演劇をやりながら本職のお笑い舞台を忙しくこなすシソンヌさんやなだぎさんたちが羨ましくみえたりするのも事実ではあるのだけれど
・そんなことを考えながら雄大くんの連載を読んだら
・自分たちらしいライブをいつかやりたいと書いていて嬉しい気持ちになって
・さすが雄大くんだなこちらが嬉しくなる言葉をちゃんとかけてくれるなと思ったりして
・キンキコンのタイトルの「YOU」の前に小さく「ふぉ〜」をつける発想はなかったからそれはなんだか素敵な響きだなとそのアイディアだけで楽しい気分になったり
・自分も目先のことだけでなく今やるべきことはなんだろうと長い目でちゃんと考えていかなければいけないなと反省したり
・なんだかんだと結局ふぉ〜ゆ〜を今年も追い続けた1年だったなと振り返ってみる

そんななかぴたラジ!を聞いてまたひどい回だなと思って(笑)
クリスマスプレゼントになってないなと思ったけれど
そういえば23階の笑いで歌のプレゼントもらったな
あれがふぉ〜ゆ〜からのクリスマスプレゼントだったなと
カレンダー感覚がちょっとおかしい今日この頃

今年も皆様ありがとうございました
よいお年を!


arashigumi at 23:58|PermalinkComments(0)

2016年04月29日

特に何もない話

更新しなさすぎで、今はただ手元にあるTHE CIRCUS!のチケットの当日が早く来ないかなと思っていて
せっかく休みなのにあゆふぉゆを楽しみにして見たら結構どうでもよい内容で(笑)
そうだよねぇ、そんなに書くこと毎回毎回ないよねぇ、と自分と重ね合わせて共感したりしていた

今日からクリエが始まるらしく、ああ去年の今頃はクリエだったなと懐かしく思い返したりしていて
ふと思い立ってその前の年の今日は何だったろう、その前の年は、その前の年は・・・と
4/29のこのブログの内容を追っていって、それぞれ色々な仕事をしていてバラエティに富んでいて
10年日記みたいだな面白いなと思って
そして2005年に4月が存在していなくてちょっと笑った

熊本の地震は、現地の方々は今なお大変だろうなと思って
熊本に住んでいるふぉ〜ゆ〜ファンの方とかいるのかな、いるかもしれないなと思ったりして
近年日本の災害が増えているように感じてしまって明日は我が身と思いながら
ライブや舞台にいける幸せを改めて感じたりしている

久々にコンサートのブルーレイでもみようかな
なににしようかな〜とまったり考える今日この頃

arashigumi at 18:41|PermalinkComments(0)

2016年01月31日

最近のこと

1月が終わるな早いなと思いながら最近のことを書いてみよう

それいゆの突然のメールには驚いて
おお!と思ってそして最初に思ったのは
こうやってふぉ〜ゆ〜1人1人がバラで舞台を次々とやったら全部観たい自分は大忙しだなということで
大忙しの未来を想定してにやにやしたり
優馬くんとの舞台はもう楽しみしかないし
SHOCKは再演だからそれを当たり前に感じていたけれど
新作舞台が見られるというのも楽しみだなとワクワクして
申込みをした

ショップ写真が出たのもおお!と思って
買いに行こうと思いつつちょっとまだ行けてなくて
そのうち行こうと思っていて

雑誌も色々でたので色々と買って
何かの雑誌で福さんがSHOCK3月組を人気ない組みたいに冗談で言っていたのをみて
福さん実は気にしいなのかなと笑って

ゴゴスマは辰越、福松の組み合わせもなんだかいいなと
ほのぼのしながら見て

SHOCKもカード枠とかまだ申込みがあったからそれもがんばって

ぴたラジ!も聞いて
昨日の放送でラブスパの後のコメントを聞きながら
右行ったり左行ったりするのはクレイジーレインボーだろうとつっこんでみたり

あゆふぉゆのこっしーの連載はまた面白くて
こっしーのこのかんじ好きだなあと
最後の顔文字に笑って

JAM TOWNも観に行って
こういう舞台にふぉ〜ゆ〜も出て欲しいなと思って
ダンスも歌もすごくて
YOSIEさんかっこいいなとか歌がうまいってやっぱりいいなとか
新しいものを生み出すパワーって素敵だなとかいろいろと感じて
どこかから聞こえてくる笑い声に羅針盤のときのニシキさんを思いだして
「じゃにーずじゅにあ」の台詞に笑ってそしてその台詞に全然笑わない客層なのに繰り返されるその言葉に笑って
ミュージカルっていいな
ふぉ〜ゆ〜もミュージカルに出て欲しいなと思って

そしてああ!もうすぐミュージカルに出る!
とSHOCKが近いことを思い出してわくわくして
ああでも3月か・・・と思って
でも2月も楽しみだなと思い直して
グッズで個人のクリアファイルが初めて出るのは嬉しいようなグループのでもよかったような
だってまた売り上げ問題が!と切実な気持ちに一瞬なったけれど
いや売り切れを心配するほうが切実か、と思い直したりした

去年10月の博多座SHOCKが終わってからまだたった3ヶ月なのに
感覚としては1年ぐらい過ぎたような感覚で
それはRepairがあったからだろうなと思って
もうずっとふぉ〜ゆ〜に関しては年月の過ぎゆく感覚がおかしなことになっているけれど
自分の普段の生活は一瞬で年月が過ぎていって
この違いは何なのだろう不思議だなと思う今日この頃

arashigumi at 00:33|PermalinkComments(0)

2015年09月07日

9月だ!

羅針盤が終わってから何も書いていなかったけれど気が抜けたかというとその逆で
ふぉ〜ゆ〜熱があがりすぎて何も書けないというかんじで
他の方の書いたついったーやブログを読み漁る毎日だった
そして一度MコンBDや羅針盤関係者の方のブログやぴたラジやゴゴスマ2時間拡大のことや
結構色々と長く書いたのにそのまま寝落ちて全部消えて心が折れたりしていた(笑)

今はとにかくSHOCKが待ち遠しくて
羅針盤を経てのSHOCKはどんな感じに自分の目に映るのだろうとそれも楽しみで
自担の役が変わるのもわくわくするし
踊るふぉ〜ゆ〜も楽しみだし
大阪に行くこと自体も楽しみだったりする

そしてふと思ったのはこのままふぉ〜ゆ〜の半分SHOCKだと
いつの日かまたSHOCKが映像化になるとしたら帝劇分だけなのかなと思い当たって
そうはさせない、AバージョンBバージョンみたいに両方映像化されるようになるといいな
そのためには地方SHOCKが帝劇SHOCKを越える勢いが必要だなと思って
初めてふぉ〜ゆ〜同士のライバル意識みたいなものを自分の中で感じた

帝劇に辰松が突撃レポートしたのがまだ今年のことなんだなと思うとやっぱり不思議で
遙か昔のことのように思えるのだけれど
そういえば福越はいつ見に行くのかな梅田も博多もいくのかな
梅田もだけれど博多まで見るために行くって楽しいだろうなと思ったりして
また突撃レポートがあるといいなと期待したりする

そんなこんなで
最近のぴたラジが面白くて
こっしーのダイビングスポットの回と一昨日のまつざかさんの回を何度も聞いている
今日この頃



arashigumi at 00:26|PermalinkComments(0)

2015年07月20日

特に何もないけれど暇だから雑談

女性セブンに載ることの効果というか
すごいなと思うのが
突然意外なところから「ふぉ〜ゆ〜載ってたね」と連絡をもらうことで
これが一般紙に載るってことなんだなと感動したりする
その友人は今のふぉ〜ゆ〜の状況とかをあまり知らないから
ふぉ〜ゆ〜がグラビアやる時代って面白いよねと二人で笑った

何度も言っていると思うけれど
このブログは自分の楽しみのために書いていて
時々読み返して楽しんだりしているのだけれど
また読み返していたら、2011年のキンキコンで剛くんに「お前ら喜劇とかやればいいんじゃない」と言われていたのを思い出した
こんなことを言われていたのはすっかり忘れていて
でも2015年に本当にコメディやることになったねぇ!とびっくりして

事務所の人がやっていいって言ってくれるハードル高いな(笑)とか当時は書いていたけれど
4年かかってそういう状況に寄せてきたのはふぉ〜ゆ〜自身なんだろうなと思ったりして
やっぱり当時は無理だろうなと内心思っていたから
無理じゃないことを証明してくるふぉ〜ゆ〜に密かに感動する

プレゾンのない夏は恐ろしく暇で夏の暑さをもてあますのだけれど
自分も無理じゃないことをなにか証明したいなと
ふぉ〜ゆ〜をみながら思う今日この頃

arashigumi at 11:02|PermalinkComments(0)

2014年12月31日

2014年を振り返る

いままでになくのんびりした大晦日

何を書こうかなと思ったけれど、ヒストリービューをみながら今年を振り返ってみよう
嵐おつかれさまでした!

最近はもう記憶力が曖昧で、今年の出来事だったのか去年だったのか
怒濤のように日々が過ぎていくというかんじで
記録をみないと今年を振り返ることができないみたいなかんじなのだけれど

プレゾンin日生が今年のことかと思ってちょっとびっくりして
もう遙か昔のことのような気がして
滝ちゃんねるで泣きながら手紙を読んだのも
webで連載が始まったのも
クリエに色々な先輩が来てくれて嬉しかったことも
今年のことなんて嘘みたいで

夏のプレゾンあたりからはようやく今年のことの実感があって
なんだろうこの夏が一年の始まりみたいな感覚と思ってちょっと笑って
そういえばゴゴスマのこと何も書いてないなと思って
時差がでちゃうからなんとなく書きそびれているだけなのだけれど

CMもでたなと思い出したりして
このブログは元々自分の思い出作りでやっているようなものだから
時々自分でも読み返したりして楽しんでいるのだけれど
数年前に福さんがクリエにひとりで出たときにCMの話題を書いていて
いつかCMに出る日も来るかもね!って半分本気半分冗談で書いていたけれど
2014年、実現したねぇ!と不思議な気持ちになる

今日カウコンが放送されないことと
キンキコンが大晦日にないことと
年明けのSHOCKがふぉ〜ゆ〜2人だけなことと
変革の時期だなと思うことが多々あって

色々考えたりもするのだけれど
結局はいまこの時間を大事にするだけだなという結論にいつも辿り着く
いつだってかけがえのない時間だし、もう二度と戻らない時間だし
いまが一番良い季節と思いながらふぉ〜ゆ〜を応援しているのはずっと変わらない

2015年のふぉ〜ゆ〜も楽しみで
楽しい一年、良い一年になるだろうという期待と楽しんでいこうと思う気持ちと
疲れていても元気を出さなきゃなーという気持ちと(笑)
自分自身もなにかがんばろうと毎度ながら思う大晦日

相変わらずこんな適当なブログを読みに来て下さった方々
返信をしないのにいつもweb拍手でコメントを寄せてくれる方々(ちゃんと読んでます!)
表のコメントをして下さった方々
今年1年、本当にありがとうございました

また来年もよろしくお願いします
よいお年を!

arashigumi at 15:05|PermalinkComments(0)

2014年12月20日

キンキコンの朝に

待ちに待ったキンキコンの日がやってきた

今回はいつも以上に待ち遠しくて楽しみで
それはなぜだと考えたら
SHOCKでふぉ〜ゆ〜が二手に分かれたことで
4人での活動を大事に思う気持ちがよりいっそう高まったからかもしれないからで
離れた分密度が濃くなったというか
4人でいるふぉ〜ゆ〜が見たいという感情が
思った以上に自分の中で強いんだなと
改めて自覚した

それだけでも離れた意味はあるかもなと思って
先のことなんてわからないという光一くんのインタビューを昨日読んだ影響もあるのだけれど
いまこの瞬間を大切にするに尽きるなと
ずっとずっと感じていたことを再確認した

加えて言えば
自担と光一くんの絡みももうしばらくみられないんだなと思って
光一くんと、もちろん剛くんともだけれど
良いステージができるといいなと思って
本当に楽しみ

話は変わってぴたラジ!の話
最近開始時間微妙に早まってるよねぇ
博多での松岡くんとの食事は雄大くんだけではなく越松も一緒だったと聞き、びっくりして
絶対みんな雄大くんだけだと思ってたよねぇと思って
言葉の伝達って事実と異なる形で広まることもあるんだなと興味深くて
ひとりか3人かじゃその食事会のイメージがだいぶ変わるなと思った
今回の放送みたいな裏話は好きだから
毎回とはいわないけれど時々聞きたい

1/2の放送が0時から30分拡大でと永岡さんが言っていて
わー!と嬉しくて
はっぴーふぉーゆーいやー懐かしいなと
あのときのワクワク感を思い出した

テレビナビも中部版だけでなく全国版にも載っているから
そうか、届くのを待たなくても本屋にあるんだと気付いてみにいって
ニシキさん神様説を福さんと光一くんが主張していて面白いなと思って
福さんの部屋にふぉ〜ゆ〜(と、ニシキさん)の写真が貼ってあるのは何かいいなと思って
小さな子が自担にひっかかるのはなんかわかる気がするなと笑って

そしてまたキンキコン楽しみだなと思考がループして
ワクワクしている朝


arashigumi at 07:17|PermalinkComments(0)

2014年12月08日

びっくりした話

来年のSHOCKの出演者の一報を聞いて
まじか!とびっくりして
まずは笑った

その発想はなかったなーとただひたすらびっくりして
前回雄大くんがやけに泣いていたらしいから
ふぉ〜ゆ〜最後なのかもと思ったりしたときもあったけれど
2手にわかれるという発想はなかった
人間びっくりするととりあえず笑うよねぇ

そして、まず思ったのは
「面白いことになってきた!」という感想で
私としてはどちらかというと歓迎ムードで
ふぉ〜ゆ〜の未来にわくわくした

いままでのふぉ〜ゆ〜がだめだからおろしたとか
そんな事はあるわけないのは見ていればわかるから
なにかそれなりの理由とか
別にいまはなかったとしても
後々ああ、あれはここにつながるのか!と思う日が来るような気がしている

多分
福辰だけが出て松越が出ないとかだったら気分はもっと違ったのかもしれない
雄大くんも出ないならというなぜか心強い気持ちもあったりして(笑)

そういえば話は変わるけれど
ふぁみりーくらぶのクリスマスメッセージに自担だけないらしく
そっちのほうがよっぽど心配で
でもそれを言うと友人皆が皆、去年の江田くんの話を出して心配するなと言ってくるから
そうなんだ、そんなことが去年あったのかといまさら知ったりする

SHOCKの期間中、辰松はどんなかんじで過ごすのかな
なんだか落ち着かないだろうな
観に行ったりするのかな
とか色々考えたりしてわくわくして

そういえば昔、SHOCKの舞台を客席からみせてあげたい
と書いたことがある気がするけれど
それが叶うのかな、それはちょっと興味深いなと思って

そんなかんじで落ち込むどころかわくわくしているのだけれど

でも

一報を聞いてから時間が経ってきたら
SHOCKに出ないのかーと
やっぱりなんだかちょっと寂しくなってきて
しんみりしちゃったから

今日はSHOCKのDVDでも見ようかな
そんな気分の今日この頃

arashigumi at 21:52|PermalinkComments(0)

2014年09月04日

10年だって!

今日は結構前から気にしていて
何の日かと言ったら
このブログを始めてちょうど10周年で
10年だって!と笑えてくる

10年前の何時頃かなと思って確認したら
その日が終わりそうな夜中で
そんな時間にブログをたちあげた10年前の自分を思ってまた笑えた

気にしていた割には、何を書くか決めていなかったから特に書くこともないのだけれど

それでも、当初は半年ぐらい思い出を綴って自然消滅するはずだったこのブログが
こうやって2014年も続いているなんて
人生わからないものだなとしみじみして

そしてこんなに飽きもせず相変わらずふぉ〜ゆ〜を応援している自分に不思議な気持ちになる

ブログをつくる前からファンではあったから
もっと前から記録していたらもっと面白かっただろうなとは思うけれど
この10年でも充分面白いな
記録していてよかったなと思う

ふぉ〜ゆ〜は良い意味でこの10年で変わらずに

そして良い意味でこの10年でとても変わった

そんなことを思う今日この頃


arashigumi at 23:59|PermalinkComments(0)

2013年11月22日

Endless SHOCKそしてHISTORY VIEW

来年のSHOCKの記者会見があったようで
そこにまたふぉーゆーの名前をみつけて嬉しく思った
記者会見に呼ばれるのは夢のひとつだからいつの日か実現して欲しいなとは思うのだけれど
いつの間にか大阪と福岡が定着して
SHOCKの季節が冬だけではなくなり
ついでにいえばプレゾンの季節が夏だけではなくなったことにもびっくりしているのだけれど
なんだか不思議な気持ちになる
SHOCKについてはまた始まったら色々考えたりするのだろうけれど
いま思うことは
光一くんから何か学ぶのはもちろんだけれど
ふぉーゆー自身が例年以上に何かを発することができるSHOCKになるといいなということで
光一くんの舞台ではあるけれど
ふぉーゆーの舞台だ!ぐらいの気持ちで挑んで欲しいし自分もそう見てみたいなと思ったりする

話は変わって
livedoorのブログ機能で「HISTORY VIEW」というものがあることを知り
面白そうだからやってみた
10年間のこのブログの歴史を簡単に振り返ることのできる機能

嵐おつかれさまでした! 

このブログは2004年から始めたからまだ10年は経っていないのだけれど
ざっと眺めるとSHOCKの季節、歌舞伎の季節、プレゾンの季節、とふぉーゆーが越えてきた時間が
そのときの演目とともに見えてきて
すっかりぴたラジ!だらけになっている2013年に嬉しい気持ちになり
そして2005年4月〜6月がすっぽり抜けていることにちょっと笑いそうになる

同じ月できっと同じ仕事量なのに記事の数が全然違うなあとか
記事のタイトルも適当だなあとか
色々思ったりもするのだけれど
2013年のいま、こうやってまだブログが続いているなんて思いもしなかったなとしみじみして
ふぉーゆーもきっと2013年のいま、こんなに仕事に恵まれて忙しい毎日を送れているなんて思いもしなかっただろうなと思ったりする

明日はぴたラジ!の公録の日!行かれる方はぜひザキさんレポを!
このHISTORY VIEWで振り返ったときにもうひとつ思ったことは
この十数年、こんなに自分が必死に会場に足を運んでいたことの理由のひとつに
「自分が行かないとそこで自担が何をしていたか知る術がないから」
ということがあったからなんだろうなということで
最近はなんとなくなのだけれど自担ファンも増えてきていて
レポしてくださる方も増えてきているから
明日のように行けない日があってもじっと待っていられるんだろうなと思ったりする

また土曜日がやってくることの幸せ
そんな今日この頃

arashigumi at 23:44|PermalinkComments(0)

2013年05月11日

個人的に決定したことの雑談

クリエの余韻が抜けなくて
レポを探して色々ネタを拾って楽しんだりしていて
もうあらかたレポ読んだかなと思ったらまたふいに初めて聞くネタをみつけたりして

ふぉーゆーファンが感じたふぉーゆーが愛しくてたまらない気持ちとか
なんだろうこのいままで味わったことのない感情!みたいな不思議な感覚とか
ふぉーゆーすごいわ・・・と唖然とするような呆然とするようなうまく表現できない思いとか
手に取るようにわかって
きっとそれがふぉーゆーの本質なんだろうなと思った

メンバーが俺たち皆以上に福ちゃんのこと大好きだから!みたいなことを言っていたと聞いて
いやいやいやいや私のほうが福さんのこと大好きだから!と張り合いたくなって(笑)
なんかその感覚が楽しくてみんなで福さんを奪い合えばいいと思って

なにげにファンの間で高評価だったザキさんDJのコーナーも
自担の良さが発揮されたコーナーだったなと思い出して
流れた歌なんだったっけと終わった後に友人と書き出しながら
キンキ、滝翼、嵐・・・バランスとれてるよね、見事だよねって笑って
ニューホライズンのときに雄大くんは女性バージョンを踊っていたらしいけれど
自担はDJブースで一緒に踊りながらも途中から手を広げて歌にまわるから
それは光一くんパートじゃないのと笑ったことを思い出したりした

光一くんは博多でお金くれたら行くみたいに発言したと聞いたときに
あー光一くん来てくれそうだなと思ったことを思い出して
だって光一くんお金ならたくさんもってるからお金目当てなわけないもの(笑)
斗真くんはふぉーゆーを応援してくれている先輩のひとりではあったけれど
まさかクリエに足を運んでくれるとは思っていなかったから嬉しくて
そしてその繋がりでやまぴーが来てくれたのも嬉しくて
米さんとか屋良くんとか町田くんとか
MAはここ数年本当にふぉーゆーとずっと一緒に仕事をしていたから一番身近な先輩で
当たり前のように観に来てくれるのが嬉しいし
MADやすのーまんが来てくれたのも嬉しくて
まさか美波里さんや直さんや吉田建さんまで来てくれるとはと驚いて
後誰か書くの忘れていないかな?というぐらいたくさんの関係者が来てくれたのはやっぱり嬉しかった
ふみきゅんを見かけたときには、申し込んでないふぉーゆーファンはだめって言ったのに!当日券に並んでください!と思ったけど(笑)、あえてこう書くけれどABCが来てくれたことも本当に嬉しかった

クリエのセットリストは絶妙でよくできているなと思って
ベタすぎずでもマニアックすぎもせず
クリエでふぉーゆーが選んで歌った、それだけで私の中では特別な曲となったから
クリエが終わってからずっとセットリストにあった曲を聞いて余韻にひたっている
特別な曲、ということもあるけれど、ひとつひとつの曲が良曲で
この曲を選んだふぉーゆーのセンスにも感心する
まあすべてはファンの欲目というか
ふぉーゆーが考えたものだったらなんでもよく思えるのかもしれないけれど

あと些細なことだけど感心したのは
さんざんおちゃらけて爆笑した後にすっとかっこいい曲になったら真顔でかっこよく踊ることで
よく吹き出さないな、1秒前まであんなにバカやってたのにと思ったりして
舞台での経験がこういうところに生きているなと思ったりした
ふざければふざけるほどその後の本気のダンスがかっこよくみえて
スイカに塩をかけるとより甘くなるみたいなかんじだなと思ったりした

オーラスの盛り上がりようはうらやましくて
やっぱり入りたかったーーーーーー!!!という思いと折り合いをつけるのにいまだに必死だけれど
きっとこの先もっと楽しい公演が待っているだろう、絶対次がある、と自分に言い聞かせて
初回は絶対入りたいなと思っていたから入れて嬉しくて
でもむしろオーラスが盛り上がったレポをみて
そうだった、そういえばこの人たちはオーラスに燃える人たちだった
ということを思い出して
それはなんだかとても嬉しくて
やっぱりオーラスは盛り上がらなきゃねえええええ!!!!と懐かしい感覚を思い出した

クリエでは泣かないで欲しいなとちょっと前に書いたけれど
オーラスで泣いたという雄大くんと自担の話をきいて
矛盾しているけれどそれでこそと思ったし
泣かないと誓って臨んでもあふれ出てきて止められない思いは素敵だし
それが最後の最後、もう幕がしまってしまうというときだったのがまた素敵だなと思った
そして雄大くんの「ずっと僕たちについてきてください」みたいな挨拶を聞き
ずっと前にこのブログで「ついてきてくださいも何も言われてないのに勝手についていくファンたち」みたいに書いたのを思い出して
言うチャンスがなかっただけだったんだなとちょっと笑って
「4人じゃないとだめなんだ」という挨拶の数時間後に、夜の部クリエを観に行って他の若いジュニアをふぉーゆーにスカウトしようとしているその適当なかんじにまた笑って
でも
4人じゃないとだめなんだ
それはもう
その通りで

まだまだぐだぐだといくらでも語れそうだから
しばらくは余韻にひたっていくのだろうと思うけれど
今日は土曜日!ぴたラジの日!土曜日がやってくることの幸せ!

そうそう、個人的に決定したのは
ふぉーゆー表記で行こうということで
今回いろいろ検索をかけたり、ふぉーゆーを知らない人にふぉーゆーのことを説明したりするなかで
ぴたラジがふぉーゆー表記ならそっちについていこうということで
検索したらふぉーゆーの公式ページがトップに出るほうが正解だな
なんとなくそう思ったから
まあそのうちまた気が変わるかもしれないのであまり気にしないでください



arashigumi at 22:10|PermalinkComments(2)

2013年05月10日

眠れないので雑談

山ぴーがweb日記で短いひとことだけれど、ふぉーゆーのライブに行ったという事実を書いてくれていて
それだけでもう充分だし嬉しいなと思った

クリエでアイズウィズデライトをDJが選択したと聞き
きゃーーーー!!その回に入りたかったーーーー!!!と思ったけれど
思い出に浸るだけならDVD見れば良いなと思って
いざなうDVDを数年ぶりに観始めたら止まらなくなって久しぶりにがっつり全部みちゃっているけれど
良い意味でこの頃の嵐コンの雰囲気を受け継いだふぉ〜ゆ〜クリエだったなと思って
大概嵐も自由だったけれどそれどころじゃない自由さで
ファンが友達感覚なのもなんだか似てるなと思ったりして

そして思ったのは映像に残るっていいなということで
今回のクリエが残ればそれは一番ベストなのだけれど
撮ってないものは出るわけもないと思うから(そう思っていて出た山ぴーコンもあるけれど)
次回!次はぜひ!と本当に思う

拍手コメントでありえない長さでふぉーゆーの今日のレポを送ってくださった方がいて(ありがとうございます!)
ちょ!!と思って一瞬その長さにびっくりして笑って
そしてその優しさに感動した
なんというか、その気持ちが嬉しいというか

クリエのアンコールのPGFでお立ち台に上がっているふぉ〜ゆ〜を振り返ってみながら目に入った風景を思い出した
楽しそうに気持ちよさそうに歌うふぉ〜ゆ〜と
幸せそうなファンと
そして
高い位置にいるスタッフがそれぞれの仕事をしつつあたたかい笑顔でみんなを見ていて
ステージスタッフがそんな表情でステージをみていたのをいままで見たことがなかったから
なんだかそれが嬉しくて
ふぉ〜ゆ〜のその周りを笑顔にさせる力がすごいなと思って
そのあたたかい力が何かを動かすかもしれないと思った

そんなこんなでいざなうDVDもちょうど終盤で
出待ちマニアまでみたら
腹文字もがっつり映っていてあれこんなしっかり映ってたんだとちょっと驚いて
当時は本編ばかり見ていたから忘れていたのかなと思ったりして
自担の腹が綺麗ですっかり文字を消した後なのもつっこみどころだけれど

嵐おつかれさまでした!とその腹に書かれた文字
このブログを始めた頃の気持ちをまた思い出して
ふぉ〜ゆ〜っていいなぁ!と改めて思う今日この頃





arashigumi at 02:06|PermalinkComments(0)

2012年12月31日

2012年振り返り

去年の大晦日に何を書いていたかなあと見てみたら特に何も振り返っていなくて
適当だなと自分につっこんだ

・今年を振り返っての漢字一文字は『時』だなあとここ数日考えていて
・今年ほど時の流れを感じた時もなかったし過ぎていく時間が惜しくて時を止めたいと思った年もなかった
・一番のきっかけはやっぱり米花くんがいなくなったことで
・天地がひっくり返るぐらいの衝撃をうけた
・ここ数年、ふぉ〜ゆ〜の仕事は安定していて有り難いぐらい忙しくて
・いつか会えなくなる日が来るという気持ちと背中合わせだった日々を忘れかけていて
・そんな忘れかけた気持ちを一気に思い出した今年後半
・後半は色々なことを考えた
・滝翼ツアーなの光一コンなのどっちなのという右往左往も今になってはあったねぇ〜!と笑える思い出で
・米花くんがいなくなったことでふぉ〜ゆ〜が焦っているなと感じたりしたときもあったり
・いなくなってどうしよう!という焦りではなくてふぉ〜ゆ〜の未来についてそこで真剣に考えての焦りで
・ふぉ〜ゆ〜頑張れ!と応援せずにはいられなかった
・2012年はなんだかふぉ〜ゆ〜にとって大事な一年だった気がする

そして2013年へ!
ラジオが待っている2013年へ!


arashigumi at 20:50|PermalinkComments(0)

2012年09月29日

のんびりと過ごす

滝翼コンがないのでのんびりと過ごす週末

光一くんの宣伝トラックが走ってるらしいから偶然見れないかなーと思いつつ渋谷をぶらぶらしていたら、スクリーンでの宣伝は見れて、TVのCMよりも長い時間のMVが流れてきゃー!!と思って嬉しくそれを眺めたりした
トラックに偶然会うのは難しいなぁせくしーぞーんのトラックには会ったけれど

後は神戸の光一コンでちらちらふぉーゆーの話題が出てるみたいでそのレポを読んだりして
話題に出してもらえるの嬉しいなと思ったり、インティライミにしばらく笑いが止まらなかったり(笑)

明日はMJにふぉーゆーも出るみたいだからそれを楽しみにしていて
あとは早く10月にならないかな!と思う今日この頃

arashigumi at 21:49|PermalinkComments(2)