DVD

2018年02月19日

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour ブルーレイの話

収録日にふぉ〜ゆ〜も出たと聞いてよし!と思っていたけれど
ちょっと油断していて予約しそびれていたらうっかりブルーレイの通常版が売り切れていて
でもブルーレイの通常版がよかったので入荷を待って手に入れた

ブルーレイ画質はやっぱり最高で
リリホワの振りも好きなかんじで衣装もよくて
1曲しかふぉ〜ゆ〜は出ていないけれどブルーレイを買う価値のある1曲だなと思ったりした

通常版の特典のドキュメントにもリリホワが入っていて
しかも収録の2日目のものではなく1日目のものっぽいものが入っていて
ふぉ〜ゆ〜が登場した瞬間の会場のざわめきにこちらまでワクワクとした気分になった

これはGACHI初日の数日前なんだよな
まだGACHI前なんだよなと思うとなんだかそれも不思議な気持ちで
このときのふぉ〜ゆ〜はどんな心境でGACHI前の気分を味わっていたんだろうなとか思ったりして

そしてコンサートドキュメントはやっぱりいいなと思うから
いつの日かふぉ〜ゆ〜もこういう密着舞台裏がこうやってまとまったものになるといいな
という夢がまたひとつ増えた感じで
名古屋の会場をみてまたGACHIを思い出したりもして

そして福さんの主演舞台にまんまとハズれて
ハズれて残念な反面、ハズれるってことは大人気!と嬉しくなったりして
一般発売に期待をつないでいる今日この頃

arashigumi at 00:03|PermalinkComments(0)

2016年01月13日

ファミリークラブとか優馬コンとか

ネットでメッセージが見られる時代だからと中々足を運んでいなかったのだけれど
そろそろ撤去されてしまいそうだからファミリークラブにクリスマス&正月メッセージを見に行ってきた

・メッセージはもうwebで見ていたから映像をみようと思っていたのだけれど
・いざ行ってみたらメッセージだけじゃなくファミリークラブに来た時の写真がたくさん貼ってあって
・こんなオマケがあったのかー!何年か前はなかったよなと思って
・あるならそう言ってよ!と思って
・でもジャニーズJr.はユニットごとになっていなくてあちこちに散りばめられていて
・映像でふぉ〜ゆ〜が出てくるまでずっと探し回っていた
・ジュニアのメッセージはデビュー組の半分の紙の大きさなんだなとか
・webだけじゃわからないことを知ったり(笑)
・そして1時間近く待ってやっとふぉ〜ゆ〜の映像がやってきて
・これはいつの映像だったかな自担の髪の毛が茶色いなとか
・髪型で時期を考えてみたり
・年末年始に聞いて欲しいジャニーズの曲ベスト3みたいな話題を話していて
・3位なんだったかなど忘れしちゃったな
・2位はキンキのハッピーハッピーグリーティングで
・1位はふぉ〜ゆ〜のどしゃぶりヒーローだった
・誰の曲?みたいなネタなのか本気なのかよくわからないけれどその場のお客さんたちの声をひろって
・初めてとオリジナル曲ですとか説明をしていてバックにどしゃぶりヒーローが流れていたのだけれど
・そのときがきっと尺の関係とかなのだろうけどやけにアップテンポで
・ああ!なんかこのテンポのほうが好きかも!と新鮮な気持ちで聞いた
・あと岸くんが新年の抱負で「1年1年がベストであるように」
・ってどこかで聞いたことのあるフレーズを言っていて
・岸くんは1公演じゃなく1年単位でベストであるようにするんださすがっすねーと思って笑った
・またふぉ〜ゆ〜と一緒の仕事があるといいなあ

そして家に帰ったら優馬コンのブルーレイが届いていた
・まずはブルーレイいいなあ!という感想で
・ありえないぐらい山ほどのカメラで撮っていたのは知っていたけれど
・ブルーレイだったとは!早く全部ブルーレイになればいいのに!プレゾンも!と思って
・そしてやっぱり気になるMCをまずはみた
・雄大くんと自担がMCに出させてもらった回がまるまるしっかり入っていて
・こんなすべってる様子とかブルーレイにこんなに高画質で収録されちゃっていいのかなあなんだか申し訳ないなあとか思ったりして
・そしてそんなふぉ〜ゆ〜の半分をみながら思ったことは
・もうこれも遙か彼方のことのように思えるなということで
・主演舞台前と後でみえる世界が変わっているということに気付く
・今までも時が経つのはあっという間という思いはあったのだけれど
・その感覚ともまたちょっと違う感覚で
・優馬コンに出ているふぉ〜ゆ〜の半分が知らない人みたいな今の2人とは別人みたいな
・なんだかうまく表現できないけれどそんな不思議な感覚になった
・でももちろんそれはあの日みたそのままの2人の姿で
・そしてMCのかんじも先輩コンに出ているときのものとはまた違っていつものふぉ〜ゆ〜というか
・後輩面してないかんじ(笑)が新鮮で
・ふぉ〜ゆ〜のライブがブルーレイになったらこんなかんじなのかな
・それは夢のひとつだなと思って
・本編もみながら何度も優馬コンを通してふぉ〜ゆ〜コンを想像した
・優馬コンはとても幸せに溢れた空間でなんだか雰囲気もふぉ〜ゆ〜コンに似ていて
・だからいつの日かこんな会場でこんな風にふぉ〜ゆ〜ファンも集えるといいなと思って
・幸せな気分にひたりながらみた
・ドキュメントのほうにもふぉ〜ゆ〜の半分は出させてもらっていて
・MCの時に関ジュが「いま、ずっと俺たち舞台袖でふぉ〜ゆ〜さんとMCやってたんですよ」
・といっていたMCが舞台裏として完璧に映像に収められていておお!と思って
・本当に優馬くんのスプレー勝手に使ってるところや、MCでふぉ〜ゆ〜と関ジュで話している舞台裏の様子が面白かった
・そしてやっぱりドキュメント自体が面白くて
・最終日の優馬くんや関ジュの涙もその前のリハ開始からのドキュメントをみてから見ると心を打たれるし
・ツアーができるまでの密着として普通に面白くて
・やっぱりこれをふぉ〜ゆ〜でもみたいなと思ったし
・とにかく幸せそうな優馬くんを見て
・こうやって汗を流してがんばって一生懸命やってその先に得る充実感は何物にも代えがたいものがあるなと思って
・ふぉ〜ゆ〜もステージに生きる人であって欲しいと思うし
・自分もステージには立たないけれど色々汗を流して頑張ろうと思ったりした


arashigumi at 23:38|PermalinkComments(0)

2015年07月05日

プレゾンDVDの話

プレゾンDVDの話を書こう

・実際に舞台を生でみるのには叶わないという思いとぜひブルーレイで!という思いは相変わらずなのだけれど
・プレゾンの思い出を残すこのDVDはとても貴重だし嬉しくて
・今年のことだなんて実感がなくてもう遙か昔のような気がしてしまうのだけれど
・初回版のブックレットがとてもよくて
・プレゾン写真集だなというかんじで
・ストレッチをしてる写真も嬉しくて
・ふぉ〜ゆ〜4人で写ってる写真もよくて
・というか写っている全てのプレゾンメンバーが良い表情をしていて
・プレゾンが充実していたんだろうなというのが見るだけで伝わってくる
・初日で始まり千秋楽の写真で終わるかんじがちょっとせつないような充実したような不思議な気分になった
・本編DVDで一番気に入ったのは、情熱の一夜で
・少年隊の今までのプレゾンの歴史の映像の後に登場してくるのがふぉ〜ゆ〜というのが
・実際にみているときはそんなに思っていなかったのだけれど
・いまこうやって映像でみると歴史をふぉ〜ゆ〜が背負っていくみたいにみえて
・おおおおお!!という気分になる
・Disk2はやっぱり初めて見るものだから嬉しくて
・毎度毎度同じ内容なのだけれど(笑)、だからこそ成長とかがみてとれるのかなとも思ったりして
・ふぉ〜ゆ〜のご覧の皆さん、DVDでーす(笑)
・雄大くんの髪型がくりくりでああそういえばこんなかんじだったと思い出して
・なんだかここ最近は毎週普通にいまのふぉ〜ゆ〜を見ているから
・半年前のふぉ〜ゆ〜を画面でみると不思議な気持ちになる
・青山劇場の思い出のコメント
・こっしーが「わんうぇいぼーい」と言っていてふぉ〜ゆ〜はそう略して呼ぶんだとか思ったり
・わんうぇいぼーい好きだよね、何度もみたなと思ったりして
・雄大くんの「少年隊の焼き魚のにおい」というのは前にもどこかで聞いたなと思って
・少年隊と一緒に出られたのは2年間だけだから、その時のことをいまでも思っているんだなと思ったりして
・福さんの少年隊好き具合は間違いなくて
・そして間違いなくプレゾンの少年隊はかっこよかったから
・そのかっこよさをちゃんと感じて目標にできるふぉ〜ゆ〜もかっこいいなと思った
・自担のガイズプレゾンというコメントも嬉しくて
・ちゃんといまのプレゾンのこともはずしてなくてバランス良いなと思って
・ガイズははずせないよねぇという気分になった
・自担の服が翼くんのものという話題
・そうだよねぇ、なんか違和感があったと思って翼くんときいてさらに納得して
・服でこんなに印象が違うなんて!と感心した
・おかげでトラジャのコメントのときに登場してくる翼くんが白シャツ一枚で
・洋服とられちゃった人みたいになっていて
・いいのかなこれとちょっと笑って
・光一くんがうぇ〜い!とふぉ〜ゆ〜に笑顔を見せていてじゃあねと手を振っているのはかわいいのだけれど
・あの扉の向こうの客席に入った途端きっと仏頂面だったんだろうなと想像すると面白すぎて
・スペシャルゲストのコメントを聞いているとなんだか青山劇場さようならという気持ちになってきて
・ちょっとしんみりして
・誕生日の様子や初日千秋楽の様子も収録してくれているのはありがたくて
・千秋楽にスタッフも含めて円陣を組んでいる様子はちょっと感動的で
・むしろスタッフのほうが劇場への思い入れはあるだろうなと思ったりした
・千秋楽の雄大くんの挨拶の「青山劇場に恩返しを」の話を聞きながら
・2006年のプレゾン初日のことをなんとなく思い出して
・青山劇場にふぉ〜ゆ〜が出られるなんて自分がここに来る日がくるなんてと思っていた感覚が蘇ってきた
・千秋楽外挨拶の様子も
・年々人数が増えていったんだよなと思い出したりしていつから始まったのかなと記憶をたぐってみたりして

去年の今頃も、一昨年の今頃も、ここ数年ずっとプレゾンだったなと思うと
なんだかちょっと寂しくて
じわじわと青山劇場のプレゾンが終わったことを実感しているのだけれど
プレゾンが終わったことは明言されてない気がするから
「プレゾンが帰ってきた!」とまた不定期でもよいからどこかでプレゾンが続いていけばよいなと思っている
光一くんにおけるSHOCKがそうであるように
プレゾン組におけるプレゾンは何か自分を見つめ直す場所というか必要な場所な気がする

arashigumi at 21:20|PermalinkComments(0)

2015年01月29日

JUMBOの話

TOKIOコンのブルーレイがやっと届いたのでとりあえずJUMBOからみてみた

・武道館いいな、このぐらいの会場好きだなと思って
・ふぉ〜ゆ〜コンを武道館でやるのを思い描く
・やっぱりブルーレイでちゃんとみると、ワイドショーでみた一瞬の映像とまた印象が全然違って
・楽しいライブの空気が伝わってくる
・映像でこれだけ楽しそうなのだから実際はもっともっと楽しいのだろうなと思って
・嵐だけ先に呼ばれてTOKIOと一緒に盛り上がっていたのだけれど
・間奏で全部呼んじゃうよーーー!!って次々と斗真くんやKAT-TUNやHey! Say! JUMPが呼ばれていって
・その並びで同じかんじで呼ばれるふぉ〜ゆ〜
・しかもふぉ〜ゆ〜と呼ばれたあとに一人ずつも紹介されて
・えええええええええええ!!!なにこれ!!
・と様子は聞いてはいたけれど、実際に映像でそれをみると驚くしかなくて
・恐縮しながら出てくるふぉ〜ゆ〜の気持ちは共感しかなくて
・ふぉ〜ゆ〜ハート強いな!と思ってみているこちらが恐縮しちゃうかんじで
・でもこれがまたブルーレイだから映像がよくて
・普通にふぉ〜ゆ〜もたくさん映っているから嬉しくて
・そしてラジオとかでも話があった嵐から捌けていく様子をみてどきどきして
・ここでモノマネを入れてくる斗真くん面白いなと思って
・ふぉ〜ゆ〜もモノマネとかよくやるけどこの場はとてもとてもそんなかんじじゃなくて
・恐縮しまくるふぉ〜ゆ〜がなかなか見れる姿じゃないから面白いなと思って
・みながら一緒に恐縮した

TOKIOコンはそういえば未知の世界だったのだけれど
ライブ映像をみて、なんかいいなと思って
理想の世界だなと思って
客を煽る長瀬くんがかっこいいなと思ってそして思い出したのはクリエのアンコールの自担の煽りで
長瀬くんみたいになれるんじゃないかな、お客さん盛り上げるの得意そうだなと思って
また早くふぉ〜ゆ〜の単独ライブに行きたいなと思ったりした

arashigumi at 22:49|PermalinkComments(0)

2014年09月16日

Jr.名鑑の話とか

書き逃していたけれど、Jr.名鑑でようやく自担がやってきたのできゃー!と思って何度も見ている

映像からして、明らかに録り溜めだから、これいつ頃の映像だろう、と思ってこっしーの映像をみたらSHOCK2012のDVDが出た頃なんだなと思って
自担のパントマイムは好きだから
キャー!パントマイム!というテンションでわくわくして見た
そして、相変わらずフレームの外で盛大に笑ってくれる雄大くんがありがたくて
そして福さんのツボがクワガタなところも面白くて
調子よくやってるなと思ったら言葉につまってNGを出すけれど
NGを福さんは許してくれなくて「そこつかいまーす」と言い放って
「ちょ、待てよ」って演技してるのをみてキムタクみたいだな、いい声だな、と笑って
ネタというかこういう演技は入り込んでいてうまいなと思って
だからきっと演技もまだまだうまくなる余地があるのだろうと思ったりもする

あと、余談だけれど
jr.名鑑は、写真を1枚しか保存できないからひとつ選ぶしかないのだけれど
他のふぉ〜ゆ〜3人は、どちらかというと面白い顔の写真を選んだのに
自担のはかっこいい写真を選んだ自分が面白いなと思って
やっぱり自担のファンなんだなと意外なところで再確認する
面白いからファンなんじゃなくかっこいいからファンなんだ、という再確認
もちろん面白いところも好きだけど

そしてSHOCKのBlu-rayも無事届き
その映像の美しさにうっとりしながら見ている
コンティニューが前のバージョンでもう違和感があったり
今年のSHOCKの映像もみたいと思ったり
メニュー映像もみとれて
SHOCKの歴史みたいなかんじの編集でそれだけでなんだか感動的で
リーフレットのSHOCKの変遷でふぉ〜ゆ〜が登場するのが2012年で
そこからなのかとちょっと気にしてみたり
動員数が書いてあるから、自分もその中の1人か、と思うとなんだか嬉しかったり
初回版も買ってはみたものの
ふぉ〜ゆ〜ファン的には通常版で充分だなと思って
ただSHOCKファンとしては持っていてもよいかなと思ったりした
光一くんのコメントの中で、「無理して頑張れ」の話が出ていて
がんばるヤツってわかっているからそういう言葉が出てくる
みたいなことが書いてあって
嬉しいなと思ったりした


arashigumi at 21:58|PermalinkComments(0)

2014年03月21日

滝ちゃんねるの前に滝翼ドームDVDの話

ビバビバモーレのタキツバSHOP版に、滝翼10周年ドームのDVDが30分だけだけど付くというので買ったメモ

・まあふぉーゆーはあまり映らないだろうなというのは予想していて
・ぜひとも地方ツアー版を出して欲しいと切に願うのだけれど
・それでもちゃんと小悪魔ジュリエットが収録されていたから
・ふぉーゆーはその曲はたっぷり映っていて
・やけに殺気だってダンスがキレてるように見えて(笑)
・ドームであの日双眼鏡から見ただけだからこうやって表情までみえるのはありがたいなと思ったりしたし
・あの日の思い出がまたこうやって映像に残せるなんて本当に嬉しいなと思った
・でも曲の途中までなんてええええええええええええ
・と思って
・これはあれかな完全版出してくださいってリクエスト出すべきかなとか思ったりした
・それにしてもバックの山ぴーが楽しそうでなんか生き生きしてるなと思った
・絆も奇跡もここにあるは、なんとなく10周年ツアーを思い出してじーんとして
・リアデラはふぉーゆーどこにいたっけなあああああと記憶をたぐって一時停止してみたりして
・やっぱりふぉーゆー的には小悪魔ジュリエットがすべてかなと思って
・最後の夢物語でちょっとでも映り込んでいたらまあ御の字かなと思って
・端っこにいた雄大くんが結構映っていて嬉しいなと思っていたら
・自担が映りすぎていて笑った
・しかもアンコールだからふざけ放題のノリノリバージョンで
・これまさかDVDになるとは思っていなかっただろうなと笑って
・そんな自担をみて周りがにやにやしてるのが面白くて
・美しく咲かせましょう恋の花〜の部分で自担がまさかのセンターでばっちり映っていて
・タッキー&翼&マツザキみたいになっていて笑った
・高速十字も映っていて
・高速十字初めてDVDに残ったんじゃないかなあずっと前からやってるけれどとそれにも笑って
・でもだんだんこんなにばっちり映っちゃって怒られないのかなあと心配になって(笑)
・最後のほうは山田くんとのシンメっぽくなっていてそれもじわじわ面白くて
・とりあえずよくやった!とこれだけのデビュー組とJr.たちを差し置いて生き生きとセンターで映り込む自担を褒めてあげたい気分になった(笑)

滝ちゃんねる後半もみたのだけれど、それについてはまた後で書こう
それより、今日ナガオカ聞く気満々だったのに金曜日だとさっき気付いて愕然とした

arashigumi at 18:42|PermalinkComments(0)

2013年07月30日

隙間産業の話

タッキーサマーコンサートDVDにふぉーゆーが映り込んでいるというので買ってきた

・去年、八王子公演を見に行ったふぉーゆーの話をきいて面白くて
・実際にその様子をみたかったなと思っていたから嬉しくて
・でもDVDにどれぐらい映っているのかなと思ったら
・思った以上に映っていて
・これは買って良かったなと思った
・ちなみに通常版のドキュメントの中なのでふぉーゆーファンは通常版を買いましょう
・ドキュメントは八王子公演の前のタッキーの意気込みからの
・突然のふぉーゆー4人ショット
・雄大くんが「座長の地元ってことで〜今日気合い入ってます!」とかっこつけて言っていて
・その後「これ、練習してるんです」とふはは!!!と笑い出して
・こっしーが「練習見られると恥ずかしいよね」と笑っていて
・総長コントに飛び入りしたときの練習をしていたみたいで
・こうやってちゃんと練習するんだ(笑)と思って興味深くて
・そして出演者が開演前の円陣を組むとタッキーが目配せをして
・「・・・いいんすか?」「失礼します!」と参加させてもらうふぉーゆー
・「ちょーなちぃ!」って懐かしがる福さんに滝つツアーを思い出して一緒に懐かしい気持ちになって
・そして総長コント
・八王子だから総長の友達来てないんですか?とすのーまん記者に問い詰められて「でてこいや!」とタッキーが言うと
・ガラ悪く登場するふぉーゆー4人
・私服にサングラスでガラ悪くてかっこいい
・自己紹介もさせてもらっていて
・そのキャラのまま「ふぉーゆーの越岡だよ4649!」「ふぉーゆーの福ちゃんだよ4649!」と自己紹介していて
・雄大くんの小芝居がもう楽しそうで仕方なくて「ふぉーゆーの辰巳だよ!」
・そしてなんかどうしてもちょっと笑いが起こる自担「ふぉーゆーの松崎だよ!」
・みんなガタイがいいからガラ悪いキャラが似合う
・ヘルメット首にかけた自担も本当によく似合うから農民かヤンキーかというぐらいはまりキャラだなあと思って
・そしてそのまま総長モードの愛・革命
・ちょ、プレゾンでみている翼くんの愛・革命と全然違うーーー!!!
・とタイムリーで面白くて
・そのままコントにずっとふぉーゆーも出させてもらっていてそれはそれは楽しそうで
・場面は変わって客席を1人ステージにあげるコーナー
・タッキーが座席番号のくじをひくのだけれど
・「1階席」
・と言ったあとに「ん?あれ?」みたいな表情をするタッキーとざわめく会場
・「10列目・・・16番」
・といった時に全然違うのに立つ自担
・他の3人がすみませんすみません、おまえなにやってんだ!みたいなかんじで座らせていて
・これはレポをみたときも笑ったのだけれど映像でみてもやっぱり面白くて
・すぐ後ろにいる音響スタッフのなにやってるんだこいつらっていうぽかーんとした顔も面白くて
・ファイナルのラブスパイラル
・タッキーが舞台上から「ふぉーゆーおいでー!」と声をかけてくれていて
・こんなあたたかいことがあったんだ!と思って嬉しくて
・客席からハイタッチをしながらステージへ向かうふぉーゆーも嬉しそうで
・ピンクのポンポンを片方わけてくれるスノーマンも素敵で
・会場を埋め尽くすピンクのポンポンに懐かしい気持ちになってまた滝翼コン行きたいなぁと思ったりした

ふぉーゆーは出演者でもなんでもなく
ましてやゲストできたデビュー組でもなく
それなのにこんなにたくさん映してもらっていて
この間の光一コンDVDもそうなのだけれど
色々な隙間にすっと入り込んでいって居場所をみつけて
こうやって少しずつ気がつけばあちこちにふぉーゆーのかけらがちりばめられていって
ふぉーゆーが無視できない存在になっていくかんじがいいなと思ったりして
ジャニウェブでコーナーをもっていないけれど色々な人の色々なコーナーに名前が出てくるふぉーゆー
優馬くんしかり屋良くんしかり
そうそう先日プレゾンを見に来た東山さんにも名前を出してもらえていて嬉しくて
タッキーコン八王子のふぉーゆーは本当に声援がすごくてキャーキャー言われていて
すごいな!人気者!と思ったし、その様子がDVDに収められていることも嬉しくて
ふぉーゆーの映像を入れよう
そう言ってくれた人がいるのは間違いないから
これがまた何かに繋がっていくといいなと思ったりして
またそれとは別次元でただひたすら八王子のふぉーゆーは楽しそうでその様子が見られたのも嬉しくて
思いもかけず季節外れのボーナスをもらったような得をした気分

arashigumi at 23:07|PermalinkComments(0)

2013年02月06日

Document of Endless SHOCK2012の話

遅く帰ってきたのに我慢できずに全部見て
すぐ寝なきゃと思うけれど眠れないから書いてみよう

・どんな内容かいまいち把握していなかったのだけれど
・前にNHKでやったドキュメンタリー番組の2012年版みたいなかんじだから
・これはTVとかで放送して多くのSHOCKを見たことがなかったり光一くんについてあまりよく知らない人に見てもらいたいなと思ったりした
・同じようなかんじではあるけれど、時間も長いしその分今回のDVDのほうがしっかりと様々なSHOCKの裏側をみせてくれていて
・何よりふぉ〜ゆ〜もたくさん出ていたことが嬉しい
・ロスでのトラヴィス、スティシーのダンスレッスンもたっぷり入っていて
・スティシーが今日やったことは全部覚えておいてね!明日もっとぐちゃぐちゃにしてやるから覚悟しときな!みたいなことを言っていて
・明日どうなるかあなたたちはわかってるわよね、とふぉ〜ゆ〜が指さされていて
・それがなんだか嬉しかったし、ふぉ〜ゆ〜は本当に貴重な経験をさせてもらってるなと思ったりした
・いつもSHOCKでトラヴィスに1曲振り付けてもらったとか2曲振り付けてもらったと聞く度に
・なんてプレゾンは贅沢な環境だったのだろうと思う
・レッスンも無事終わり、最後の夜に一緒にお食事会をしたときの映像も入っていて
・トラヴィスとスティシーとの別れなのになぜかトラヴィス側にいて一緒に送り出される自担とか
・スティシーもノリがよくて一緒に恋人みたいに手をつないで歩いてくれるとか面白い
・博多でのすき焼きお食事会の映像は
・これが雑誌で自担が言っていた博多でのスキヤキかなと思って映像で見られるなんて思っていなかったからすごいなと思って
・こっしーの光一くんのピンポンの仕方の真似も面白くて
・わー!こっしーと福さんがワイン飲んでるー!と思ったり
・光一くんが昔のSHOCKの話をし出すとそれが気になってなにげに耳を傾けてくるこっしーとか
・開演前の気合い入れは相変わらず映してもらっていて
・声を聞かせてくれ!しょーますとごーおん!と聞くたびに
・間違ってしょーますとごーおんと言いそうになっちゃったBPM誕生日公演を思い出す
・千秋楽は光一くんがかけ声を!と言われても光一くんは断って「いつもどおりで」と言って
・そうだよなぁ光一くんは千秋楽だからって特別とかそういうのはしないかんじだよなと思わせておいて
・自担が「わかりました!責任をもってやらせていただきます!」みたいにやる気満々で「声を聞かせて・・・」
・と言いかけたところで光一くんが「せーの」とかけ声を言ってみんながしょーますとごーおん!と言う
・そのかんじが好きだなと思ったり
・それで崩れおちてでも「ありがとうございます!!」と喜んでいる自担がテンションの行き場をなくして変な叫び声を上げたら
・隣にいたこっしーと雄大くんが顔を見合わせて爆笑していて
・そのかんじがまた面白かったり
・そうかと思えば4ヶ月公演の過酷さみたいな一場面で
・「いつもの明るい声も聞こえない」というナレーションとともに楽屋を暗くして眠っているふぉ〜ゆ〜の姿が映っていたり
・千秋楽で光一くんがいつもどおりといいつつ自然に笑みがこぼれるというナレーションも興味深くて
・4ヶ月公演を終えてキャストもひとりずつコメントを言っていて
・米花くんは引退公演でもあったわけだからその思いも重ねて見てしまう
・でもその最後の日の姿がこうやって映像に残って声も聞けて、満足感があったとコメントを残しているというのは素晴らしいことだなと思ったりもする
・こっしーは「無理して頑張れ」の光一くんの言葉をまた言っていて
・これがこっしーの心の支えなのかな座右の銘みたいなものだなと思ったりした
・自担と福さんは2人で答えていて
・さびしさも嬉しさもひっくるめてSHOCK、みたいなコメントをしていた
・雄大くんは来年のライバル役狙おうかなと言っていたから
・雄大くんがライバル役に立候補していて、自担がオーナー役に立候補しているから
・福さんがコウイチ役やってこっしーがリカ役やればふぉ〜ゆ〜でSHOCKできるんじゃない?とくだらないことを考えたりした
・このDVDの何が素晴らしいってハイヤーがフルで入っていること
・舞台バージョンも入っているし、フルではないけれどロスでのリハバージョンも入っていて
・千秋楽にはキャストみんなにも笑顔があふれているみたいなナレーションで
・Gロケさんたちかな?女性ダンサーさんかな?楽屋に「千秋楽おめでとうございまーす!」みたいに声をかけているから
・てっきり光一くんがそこにいるのかと思ったらそこにいたのは福さんで
・光一くんに挨拶するだけじゃなくお互いにこうやって声かけあってるんだと思って興味深かった
・まだまだ他にも書き逃したことがたくさんありそうだけれど
・とりあえず購入を迷っているふぉ〜ゆ〜ファンの人がいたら買って欲しいから書いてみました
・一番印象に残ったのは楽屋でぐったり寝ている場面かな
・普段そんな疲れた姿とか一切みたことがなく元気いっぱいなふぉ〜ゆ〜しか割と知らないから
・余計にその姿がまぶたに焼き付いた
・SHOCKにどれだけ多くのスタッフがかかわっているのか、そしてその思いがあるのかもよくわかったから
・このDVDをみるとまたすぐにSHOCKがみたくなる
・ひとつひとつのシーンをもっと大切に見られるような気がする
・オマケのSHOCKダイジェストの5分間は何を目的とした映像なのかよくわからないのだけれど
・これはどうみてもプロモーション動画にしか見えなくて
・5分でわかるEndlessSHOCK実写版だなと思ったりした

arashigumi at 02:07|PermalinkComments(0)

2012年12月20日

SHOCK DVD発売の知らせ

お知らせメールが来てキャー!となった
ドキュメントなんてどんなかんじになるのか楽しみで
本編がダイジェストなのはもったいないような気もするのだけれど
きっとみたいシーンは入れてくれると期待して
そして2013年の帝劇の幕が開いた直後に発売ということが
何だかとても2006年を思い出す感じで
2006年に初めてEndless SHOCKをみて衝撃を受けてDVDが欲しくてたまらなくなってCDショップに買いにいったら発売前だったというあの日のまぬけな自分を思い出した懐かしいなあ
きっと発売前になったらCMも流れるよねぇそれも楽しみで
いまのふぉ〜ゆ〜のほうがきっとかっこいいけれど
それでも2012年のSHOCKが映像に残るのはとても嬉しい
明日にでも発売して欲しい気分


arashigumi at 19:11|PermalinkComments(2)

2012年10月02日

Gravity!BPM!

待ちに待ったGravity発売。
とりあえず初回版BのでんじゃーぞーんMVを見て、次に初回版AのBPMアジアツアーを見て、なんどかそれを繰り返した後やっぱりBPMが見たくなって今日発売のBPMブルーレイ版を見ながら今に至る

・でんじゃーぞーんMVはやっぱり素敵で
・TVで見たショートverにない部分もやっぱり素敵でずっと見ていたいかんじで
・終わりのポーズがかっこよくて好き
・でんじゃーぞーんメイキングは、やっぱり舞台の裏側みたいなかんじはみていて面白いし
・途中から踊り始めるときに徐々に音楽にのっていくかんじのふぉーゆーを見れるのも幸せで
・フリを間違っておどける光一くんとそれにのっかって盛り上げるふぉーゆーと
・「これCMで使われる」という雄大くんは面白くて
・なにやら光一くんを囲んで話しているときに手前に映ってる髪型にあれ・・この人・・・
・と思ったらやっぱり自担で
・自担越しの光一くんというカメラのかんじが興味深くて
・あっいま光一くん自担をみてくれた!とかテンションがあがる(笑)
・BPMアジアツアーは予想以上にドキュメンタリータッチで
・これTVで放送すればいいんじゃないのとNHKのSHOCKのドキュメンタリー番組を思い出したりした
・普通に光一くんのドキュメンタリー番組だから
・それにのめりこんでみているとふと不意をつかれて自担の気合い入れ場面が飛び込んできたりするから
・一気に現実に戻されて笑ってしまう
・アジアツアーが去年、そう、ちょうど1年前ぐらいだったなんて思えなくて
・もうずっと前のことのように感じているのだけれど
・その舞台の裏側がいまこうやって見られるのはなんだか不思議な気分で
・そして2010年のBPMドキュメントの続きみたいなかんじもしてそれも不思議な気分で
・リハ風景とかデジャブのようなでも新しい映像でふぉーゆーも1年成長していてでも今より1年若くていまとはやっぱり違うかんじで
・いまのふぉーゆーにとって1年ってすごく長くてそれはすごく成長しているからなんだなと思ったりして
・いくつになっても成長期なふぉーゆーが素敵だなと思ったりした
・海外だろうが相変わらずの気合い入れや終わったあとになぐられる自担が映っていたのも嬉しかったし
・光一くんがダンサーたちにも尊敬されているというくだりもなんだかいいなと思ったし
・食事風景とかビールで乾杯の姿とか
・韓国のファンのあたたかさに触れた光一くんの何とも言えない表情とかアンコールのなんともいえない空気感とか
・普通に光一くんがソロで海外公演をやることの密着ドキュメントとして見ていて面白いのだけれど
・その一連の流れにふぉーゆーがかかわっていて一緒に海外公演にいけたのは幸せなことだったなと今さら思ったりした
・韓国公演の様子が長く入っていて、同じぐらい台湾が入っていたらすごいなと思ったら台湾はなんだかすぐ終わってしまったけれど
・ブックレットも素敵で
・ブックレットがふぉーゆー的に素敵ってなかなかないものだけれど
・普通バックはあまり写るものでもないし
・でも今回のブックレットは結構写っていて、しかもいいかんじにアジアコンの思い出に浸れるようなブックレット
・最後の全員集合の写真も素敵だしなんか面白い顔して踊ってる写真も素敵だし(笑)
・光一くんのワールドツアーが保留になってしまっているけれど
・またぜひやって欲しいなと思ったしどうにかしてうまいことそこにふぉーゆーが紛れ込めないかなぁと思ったりした(笑)
・そしてBPMドキュメントをみていたらBPM本編がみたくなって
・そこで同日発売のブルーレイの出番でうまくできているなぁと思ったりして
・ブルーレイはやっぱり綺麗でデンジャーゾーンもブルーレイで出して欲しいなと思ったりして
・いろいろ見たけれど結論としては
・やっぱり今のふぉーゆーが一番いいからデンジャーゾーンを一番リピートするのだろうと思う
・もう大人のジャニーズJr.だから(笑)、身長が伸びたりとかしないし、大きく見た目が変わるわけでもないのだけれど
・経験値が違うというか、いまならみりおんばっとまいなすらーぶももっと違う表現で歌えそうな気がするし
・いろいろ経験したことがのっかった今のふぉーゆーがやっぱり一番いいなと思ったりする

そしてこの光一コンへの熱い思いがわきあがってきたところで今週末の横浜アリーナなんてタイミングがよすぎてますます楽しみで
そこにふぉーゆーがいないことでうわーん寂しいとなるかもしれないけれど
それでもBPMから(本当はきっともっと前から)つながっているなにかがあると思うから
ふぉーゆーもそこにいるような気持ちでコンサートを見ればいい

もうひとつ思ったのは
滝翼ファンでちょっとふぉーゆーのことが気になっている方がいればぜひ光一コンのDVDを見て欲しいなということと
光一くんファンでちょっとふぉーゆーのことが気になっている方がいればぜひ滝翼コンのDVDを見て欲しいなということで
それぞれ全然違うふぉーゆーの一面が見られるから面白いなと思ったりする
ふぉーゆーがそのどちらのテイストにも合わせて七変化するのは
それぞれの先輩たちを純粋に尊敬しているからなのだろうと思ったり

台風で延期になったMJも無事土曜日に放送が決まったようで
まだまだ楽しみなことがたくさんある今日この頃



arashigumi at 22:48|PermalinkComments(0)

2012年09月10日

りあるでらっくすの話

アルバムが届いていてやったああああ!!!と早速みている
ちなみに後から後から特典をつけるものだからやがて同じアルバムがいくつも手元に残ることになるのだけれどこれいかに

・もちろんCDも聴きたいけれどリアデラDVDを見ないと始まらない
・CSで流れたときに本編はみていたけれど
・改めてしっかりきれいな映像でみれて嬉しかった
・そしてあまり意識していなかったけれどそういえばメイキングもついていて
・リアデラのメイキングもあって得をした気分
・しょっぱなに「リアルデラックス行きます!」とカメラに向かってガッツポーズをつくる自担はさすがで
・いつもいいところもっていくなぁと感心する
・一瞬映る私服姿のリハ風景も
・コマ送りでよくみると福さんが中心にいて福さんを中心に撮っているかんじがして嬉しくて
・撮影の裏側はこんなかんじなんだなというのもそれだけで興味深いし
・ふぉーゆーのコメントも入れさせてもらっていて嬉しかった
・そこはまじめにちゃんとコメントする雄大くん
・大事な10周年の記念だという気持ちがふぉーゆーからもよく伝わってくる
・タッキーと談笑する雄大くんとか
・映像チェックしながらなにやら爆笑している雄大くんこっしーすのーまんとか
・立ち話してるこっしーとすのーまんとか
・ああああもう終わっちゃうのもっとずっとこのメイキングをみていたいのに
・と思ったら
・10周年のお祝いメッセージもその後についていて
・また雄大くんが代表でしゃべっていた
・またなんかカットされてたけれど(笑)
・“ふぉーゆーにとって”とコメントしていることが嬉しくて
・ユニットとしての成長を常に考えているんだなと改めて感じる
・「何かがあればいつでも力添えしたいと思っています!」とも言っていて
・早速ツアーで力添えできるチャンスが巡ってきたので張り切ってがんばるのだろうなと思ったりして
・そして最後はなぜか自担の「リアルデラックス」で締め
・とにかくリアルデラックスって言いたくて仕方ないんだろうなと思って
・リアルデラックスが好きなんだなと思うとなんだかこちらまで嬉しい気持ちになった

さあこれからアルバムを聴きまくろう
ツアーが楽しみ!

arashigumi at 23:22|PermalinkComments(0)

2012年03月04日

DVDとかSHOCKとか

もう3月なんだなあ
とはいえSHOCKもまだやっと半分という事実に改めて驚かされる

滝翼DVDは素晴らしくて、ふぉーゆーが目立つように扱われていて
メインバックってこういうことなんだなあと感慨深く思ったりした
Hey Now!でひとりひとりがアップで抜かれていておおおーーー!!と感動したりして
ふぉーゆーコーナーが収録されるなんて思ってもみなかったからそれも嬉しくて
毎日のようにふぉーゆーコーナーは見てニヤニヤしている
このDVDはふぉーゆーの良いところが詰まったDVDだなと思って
かっこいいダンスもくどいぐらいの小芝居も楽しそうなところもおきまりのあれやこれやも
ふぉーゆーの魅力を充分に楽しめるDVDだなと思って
たくさんの人に見て欲しいなと思った

通常版の滝翼トークが思いの外良くて
まったりとゆるーいかんじのトークでその中に裏話や思い出話がちりばめられていて
そしてふぉーゆーのこともたくさん話して褒めてくれていて嬉しかった
ふぉーゆーを見て思わず鼻で笑ってしまうかんじな滝翼がまた面白くて
滝翼が笑ってくれるのならふぉーゆーもがんばって小芝居した甲斐があったなと思ったりした

収録は代々木の初日の分らしく、ギミラで自担がピストルがなかった回だったのが見て取れて
よくよく見るとピストルを持っていなくて指でピストル型を作って対応していたけれど
それがあまりにも自然でしばらくそれに気付かず普通にみていて
このぐらいではハプニングのうちに入らないんだなと思って感心した
そして曲の終わりで持っていないピストルをちゃんと腰の袋にしまう作業もしていたのに気付いて
そこまでするんだと思って笑った

DVDでふぉーゆーの紹介で「来年もSHOCKがんばります、ふぉーゆー!」と紹介されていたり
通常版のトークでSHOCKは博多座で1ヶ月、帝劇で3ヶ月とかの話題を聞いて
こうやって滝翼のDVDでSHOCKの話題になって
いまその話題のSHOCKの真っ最中なんだなと思うと不思議な感じがした
帝劇2ヶ月?と自信なさげに言うタッキーにいや3ヶ月と確信をもって訂正を入れる翼くんもちょっと面白くて
翼くんは本当にふぉーゆーを買ってくれているんだな
その期待にふぉーゆーがこれからも応えていけるといいなと思った

SHOCKも書いてはいないけれど見に行っていて
公園のシーンでコウイチが歌いながら自担に跳び蹴りをしていて
その歌いながら跳び蹴りをするパワーがすごいなと笑ったり
コウイチにそのパワーを出させる自担がすごいなと感心したりした

3月末の自分の仕事のスケジュールを考えていて
ああSHOCKの千秋楽の頃かなと思いかけて
いや待てよ、違う違う今年はそこからまだ1ヶ月あると思って
ぞっとしたようなでも楽しみのような不思議な感覚に陥った
いつものペースだったらもう初日から2ヶ月で千秋楽の頃だなと思って
いよいよこれから未知の領域に踏み込んでいくのだなと
それはとても楽しみ

arashigumi at 15:52|PermalinkComments(0)

2012年01月21日

DVDとか雑誌とか

滝翼2011ツアーのライブDVDが出ることを知り、キャー!とテンションが上がった
ダイヤモンドのマルチアングルがどんな仕上がりか楽しみ
副音声はどんなかんじなのだろう
こうやって毎年何枚ものDVDを楽しみにできるふぉーゆー担は幸せだなと思ったりした

書いていなかったけれど各誌のキンキコンレポも嬉しく読んで
ふぉーゆーがふぉーゆーとして今まで以上に大きく扱われていて
「ふぉーゆーいじり」とか大きな文字で載っていて嬉しかった
ニヤニヤ色々な雑誌をみていてオリスタを読んで手が止まった
ちょ!こんな写真を全国誌に載せるなんて!
いつだったか同窓会のベルトコンベアーで四つん這いで光一くんをくぐろうとした自担が
跨がれたまま座られてお仕置きされているみたいな瞬間
跪いて這いつくばって上に光一くんに乗っかられて尻を叩かれる姿が全国誌に載るアイドル
一方、直角座りの剛くんがちょうどこっしーの股をくぐる瞬間の写真もなかなかの瞬間で
光一くんのウサ耳とか宝じゃ〜の写真もそうだけれど
毎度ながらオリスタの写真はすごいなファンのツボをついてくるなと感心した
演劇雑誌でのSHOCK裏話での自担とオーナーのやりとりにも笑ったし
あんなにオーナーに礼儀正しくはいっ!と言っている場面なのに(笑)

SHOCKのステージフォトが出たらしいから買いたいなとか
ショップにプリクラが出たらしいから撮りにいきたいな自分が映らないようにできるかなとか
まだまだやりたいことがたくさんあるから頑張ろう

博多座の中日が過ぎたと聞いて
ほらやっぱりあっという間に時は過ぎて行く!時間はわずかしかない!と思って
ひとつひとつの瞬間を大事にしようと思ったりする今日この頃


arashigumi at 07:48|PermalinkComments(0)

2011年11月22日

Heartful Voice 初回B版

OUR FUTUREのバックステージ映像が付くバージョンを買ってきた

・バックステージというか長崎〜福岡のキャンペーンの記録とコンリハの記録
・はじめ長々とスチームアイロンの話をしていてちょっと面白い
・ところどころ映る長崎の街並みに長崎楽しかったなあと懐かしく思い出す
・リハーサルは必要なところだけをやるんだなあと思ったり
・ところどころリッキーが面白かったり
・雄大くんがマイクスタンドの高さを調節していてああふぉーゆーがあれで歌ったんだなあと嬉しく思い出したり
・ダイヤモンドのリハも映っていて嬉しくて
・雄大くんだけ衣装を羽織っているのがへぇと思ったりして
・円陣の衣装はあまり見覚えがないなと思ったけれどきっとジャケットを脱いでたからなんだろうなと思ったり
・翌日の福岡開演前に昨日のことをインタビューされて
・タッキーが「メンバーが誕生日だったので誕生日会的な」と答えていてこっしーのことを思い出して嬉しくて
・夢物語を淡々と踊るこっしー
・山手線も淡々と踊るこっしー
・実際のコンサートではみんなノリノリな山手線だけれど、リハモードでゆるいかんじで踊ってるのがちょっと面白くて
・イマジン前の待機の様子
・暗い中での翼くんとふぉーゆーのまったりとしたノリ
・ガイズプレゾンの音楽にのってステージに出て行くのを追体験できるのはちょっと楽しい
・ファイブの愛はタカラモノ
・みんな楽しそうに見ていて「やばいやばい、時間もやばい」
・ってちょっと!17:00って開演時間なんじゃ(笑)
・そしてやがて自分も踊ることになるとは知らずに笑ってみているキーボードの今井くんがちょっと面白い
・舞台裏のお疲れ様ハイタッチはもう見慣れた風景で
・最後にはHeartful Voiceの音楽に乗せてコンサートのダイジェストで
・あんなおふぉーゆーやこんなふぉーゆーも見られて嬉しくて
・ってほらまた短パン履いていないギミラが!
・福さんとタッキーが競い合うようにジャンプしているアンコールの映像も楽しくて
・コンサートのDVDはなかなかホールクラスではならないからホールの空気感が残ったのが嬉しい

Heartful Voiceの音楽を聴いていると楽しかったツアーを思い出して幸せな気分になる


arashigumi at 21:11|PermalinkComments(0)

2011年11月02日

代々木の話とかDVDとかの話

滝翼が代々木初だと聞いて意外だなと思った

・広い会場は広い会場のよさがあって
・これだけの人数にふぉーゆーをみてもらえる嬉しさを感じる
・しかも代々木は武道、MAD、MADE勢ぞろいで嬉しくて
・ふぉーゆーも一層気合いが入っているように見えた
・自担の客煽りが絶好調で
・外周沿いやトロッコまわりのお客さんたちがだんだん自担のペースに巻き込まれて爆笑したりノリノリになっていくのを
・嬉しい気持ちで眺めた
・ギミラはハーフ丈から短パンに変わっていて
・まあ履いていることにかわりはないのだけれど
・あれ?なんかいま落ちた?と思ったら
・拳銃を取り出すときに自担があれ?ない?!と腰の袋をまさぐっていて
・でもすぐに拳銃がないまま指で銃口を作って続行していた
・ふぉーゆーコーナーはあの大きなスクリーンに顔が大きく映し出されるとワクワクする
・今日は坂本くんが来ていたから
・坂本くんも見てるのかなと思うとちょっとドキドキした
・ひと夏の…で、わなびふりー!の前になると引き寄せられるように階段にのぼる4人がきれいで
・ノリノリで階段にあがったらあれ?わなびふりーじゃなかった…って戻っていく福さんとか(笑)
・最後にふぉーゆーを紹介するときに
・3人終わったところでちょっと間があくとすかさず手を繋ぎだす福辰越
・ありがとうございましたー!!としめようとすると
・待って待ってボクまだですお願いだから紹介して〜とひざまずいて指を咥えて滝翼にお願いする自担
・久々にこの構図をみて面白かった

自担が本当にひとつひとつが楽しそうで
他をみるのがもったいないぐらい楽しそうだったから
昨日はずっと自担をみていた

家に帰ってプレゾンDVDが届いていてわーい!とざっと見て
朝も見ていたけれどワイドショーのことを思い出してテレビをみたらちょうど滝翼コンの見所をファンにインタビューしていて
山手線や生着替えなどをあげていて
トラヴィスのダイヤモンドをあげていたファンの方が
「バックダンサーの方々も良かったです」とコメントしていたのでニヤっとした

プレゾンDVD特典のクリアファイルがなにげに嬉しいなあ
もうひとつ欲しいなあ


arashigumi at 07:44|PermalinkComments(0)

2011年06月11日

DVD!BD!CD!

FamilyコンのDVDとBDの発売決定とプレゾンサントラCDの発売決定を聞いて
わーわーわーと久々に浮き立つ気持ちになって
楽しみができたことは嬉しいなと思った
Familyコンがもう遙か昔のことのように感じるけれどまだ今年の話だったんだなと思ったりして
そしてDVDとともにようやくBD版も発売されるみたいなのでそれも嬉しくて
発売日が待ちきれないなと思った
プレゾンサントラはそういうものがあるという発想をすっかり忘れていて
自担の歌声が入るかどうかは別にしても今年のプレゾンの音源が手に入るということがとても嬉しい
まあ早く手に入れないと安心できない!というのはいつものお約束で
今年はどんなプレゾンになるんだろうと翼くんの連載を読みながら益々楽しみになった

arashigumi at 14:43|PermalinkComments(0)

2011年03月09日

BPM DVD初回版ドキュメント

昨日みた記憶をたぐっての感想羅列

・光一くんのDVDだからM.A.D.があまり映っていないことも想定していたから
・予想以上の映りように嬉しくなって
・自担誕生日の空気も少しでも映っているといいなと思っていたら
・ちゃんと燃え盛るケーキと泣き顔の自担と
・泣いちゃってロウソクの炎がなかなか消せない自担と
・それをみて爆笑する光一くんと
・もうこれ以上ないというぐらいに誕生日MCを取り上げてくれていて感謝したくなった
・当時も書いたけれど
・スポットライトを俺に当てるな!あっち!とライトに向かって指示を出す光一くんもちらっと映っていて
・そうそうこの光一くんがかっこよかったなと思い出したりした
・終演後のケーキ一気食いは
・あーあみたいなこっしーと同じ気持ちだったけれど
・あのケーキはロウがたくさん垂れていそうだけどちゃんと取り除いたのかなとふと思ったりした
・もうひとつ欠かせない素晴らしい映像は
・(当時)31歳ジェットコースターロマンスフルバージョン
・会場でみたものより長くそして映像も鮮明で声まで聞こえてきて
・しかもこれから光一くんを誘いに行きます!とカメラに語っている自担まで映っていて
・その後の水中メガネ付の姿で楽屋に行くくだりとかよくぞ入れてくれたという感じで
・海ではしゃぐ様子は楽しそうでこちらまで楽しくなるし
・コンサートの時はカットされていた(笑)自担がうちわを取るかっこいい場面も入っていて嬉しくて
・何度もうつ伏せに浮かぶ自担に笑って
・MAとM.A.D.がはしゃいでいるのも嬉しいけれど
・その輪の中に光一くんがいて一緒にはしゃいでいるというのがとても嬉しい
・あとおお!と思ったのが
・大分での噂の福さんとこっしーが1分で光一くんの部屋温泉に入った話で
・まさかその映像が入っているとは!(笑)
・リアルな入浴シーンが映像に残るなんて普通ないから
・キャーキャーいいながらも貴重だから嬉しい
・そしてコンサートのときからその時自担は何をしていたのだろうと不思議だったのだけれど
・自担は光一くんと一緒にそれを眺める側にいて
・ああなんかとても自担らしいなと思って嬉しかった
・そういうところは妙に常識人で
・遠慮したのかなとか勝手に思ってみたりした
・終演後集で散々殴る蹴るされたあとに最後の最後で抱きつく光一くんもかわいくて
・その意外なアクションにおおっと!と一瞬焦る表情の自担も面白くて
・オーラスあとのお疲れ様でしたーとカメラに向かって挨拶する自担もかっこいいバージョンで
・これ自担のファン増えちゃうかなとにやにやしっぱなしのドキュメントだった
・あと嬉しかったのが各会場の外観が映っていたことで
・それだけでああそうそうこういう外観だったとツアーを思い出して幸せな気分になる
・会場ごとにチャプターが打ってあるのも嬉しくて
・気合い入れは改めて自担だけじゃなく合いの手をいれてくれるMA、M.A.D.がいてこそなんだなと思ったり
・アンコールの舞台裏で福さんのカメラに話しかけるこっしー雄大くん
・マツあっちいったから俺あっちいったほうがいいかも
・とバランスを考えて言う雄大くんがさすが
・そして福さんもちゃんとそのほうがいいかもとアドバイスをしていて
・ふざけつつもちゃんと考えているところは考えているかんじがかっこいいなと思った
・そしてその後の雄大くんや米花くんのふざけよう(笑)
・まさかDVDに採用されちゃうとは思ってなかったんだろうなと思うと面白い

もっと細かいことも書きたいけれどとりあえずここまで


arashigumi at 22:35|PermalinkComments(0)

2010年11月10日

プレゾンDVDの話

最後の過去映像が収められていたらいいなと思って予約していたら
特典映像にもいてびっくりした

オーディションのシーンでハイハイハイハーイ!!と客席後方から元気よく手を上げてオーディションを受けに来るM.A.D.4人

キャー!私服!と思って嬉しくて
自担のシンプルな私服はかっこよくて好きで
雄大くんの私服が雄大くんらしくて面白くて
福さんもこっしーもらしい私服で

ひとりひとり自己紹介をしているところまで収録されていてスペシャルゲストとテロップも出て
他のスペシャルゲストがタッキーやら植草さんやらマッチさんヒガシさんなのに
M.A.D.までゲスト扱いで映像が残るなんて驚いた

2010年のプレゾンは、過去のプレゾン曲を新しく表現する試みだったから
その原曲を歌っていたM.A.D.もゲスト扱いなんだろうなと思ったけれど
そね曲をオーディションで歌ってもらいましょうとなったら
真面目にふざける4人(笑)
後ろで翼くんが笑って歌詞カード見すぎだろ!とつっこんでくれた

特典映像も嬉しかったけれど本編の最後の過去映像もお気に入りで
2007年の映像にあああの夏も楽しかったなあ!!と懐かしく思い出して
改めてあの夏にM.A.D.4人があんなに大事な役をもらえたことはすごいことだったんだなと実感する

またいつの日かプレゾンに出られる日が来るといいな
そしてプレゾンもずっと受け継がれていって欲しいなと改めて思った


arashigumi at 07:19|PermalinkComments(0)

2010年09月23日

歌舞伎DVDの話

フラゲ日に張り切って買ってきて、ドキュメントを見てこどもの日特別公演を見て一幕をみて
いい加減に深夜で半分眠りながら二幕を見ようとしたら冒頭の映像でキャー!怖い!と飛び起きて早送りをした

歌舞伎DVDが素晴らしすぎて、リピートしすぎで、書くことがありすぎて
DVDを見ることに夢中できっと書かないまま日が経ってしまいそうだから記憶だけでとりあえず感想のを羅列書いておこう

・ドキュメントの話
・公演が行われている時からドキュメントのDVD化は楽しみで楽しみで
・今のところ一番リピートをしているのはこのDVDで
・タッキーの舞台裏ドキュメントは間違いなく面白くて
・舞台をつくりあげていく過程も面白いしジュニアもちゃんとクローズアップしてくれるしそれぞれが一生懸命な様子が伝わってきてすごくいい
・自担たちはSHOCK公演と歌舞伎リハ時期が重なっていたから、あまり映らない可能性もあるかなと思いきや
・充分すぎるぐらい映っていて
・屋良くんとM.A.D.がこれに加わるともっとやかましくなるだろうなーという前フリも入れてくれた上で
・SHOCK出演中の屋良、M.A.D.がリハーサルに加わった
・というクローズアップもしてくれていて嬉しかった
・リハの途中で「SHOCK行ってきま〜す!」というかんじで退室していく自担たちが
・ちょっとそこまで買い物に行ってきます、みたいなノリで面白かった
・大変だーって顔をしていなくてさりげなくいなくなって
・それであの舞台をこなしてまたさりげなく戻ってくるなんて
・すごくかっこいいなと思った
・福松の人形浄瑠璃の場面も映っていて
・相変わらずタッキーに構ってもらっている自担とか
・練習用の人形みたいなものの不思議さに素で笑うかんじの福さんとか自担とかも見られて嬉しかったり
・全体リハみたいなかんじで他のJr.もいる中での人形浄瑠璃の動きをやるときに
・福松がおじぎをしたら拍手が湧いてよっ!日本一!とか声がかかって二人がニヤニヤ照れて笑っているのがなんかいいなと思った
・リハの合間にふらふらしている自担たちも映っていて
・タッキーに「(カメラあっても)自然に自然に」って言われるそばから
・全然自然じゃない自担たち(笑)
・自担はカメラに指をさして指さすな!って言われていて福さんはタッキーの言い方を変に真似していて雄大くんはカメラなんて全然興味ないんですけどーってすましていてこっしーがそれに向かってめちゃめちゃ意識してんじゃん!ってつっこみを入れていて
・そういえば最初のほうでも福さんの変顔カメラどあっぷがあって
・ちょ福さん!
・と笑ってこれDVDに残す意味あるの(笑)と思った
・千秋楽の楽屋への挨拶の様子もあって
・ああこの見慣れた風景は何回目?!と思って
・でも今回は4人ではなくてM.A.D.みんなで大勢で
・さりげなく武道も混ざっていてああM.A.D.!と思って
・先頭で入ってきた自担がなにげにのれんを手で高くあげて後ろのみんなまで見えるようにしているのがなんかいいなと思って
・福さんと雄大くんだけ残って
・とタッキーに言われたら「自分はいいっすか?」とお伺いを立てていらないと言われて後ろのM.A.D.が笑っている様子とか
・そういうときにそうやって自分をネタにして笑いをとるところも嫌いじゃないなと思ったりした
・自担たち以外にも見所はたくさんあって
・舞台裏やリハのJr.たちが一生懸命で楽しそうでみんなキラキラしているなと思った
・開演前の声出しとか
・みんなで江田剛連呼してるところとか面白すぎる
・それが終わったころ何も知らない江田ちゃんが来るのも面白くて
・雄大くんが横切りながらちのくんの顔をさりげなくぎゅっとして通り過ぎるのもなんかいいし
・千秋楽の開演直前の行ってきます映像は
・自担はかっこつけバージョンで
・ロビーで俺今日めっちゃ走る!みたいにテンションがあがっている雄大くんも良いなと思った
・こども公演の映像は
・リハ風景もちょっと入っていて
・はっしーと自担が壊れて踊り狂う映像とか
・なんで脱ぎだしたの(笑)と思ったりアドリブだろうにはっしーの動きについていく自担面白いなと思ったり
・タッキーに2人が指名されるときに2人に挟まれているこっしーがちょっと面白かったり
・2幕前にタッキーと山亮とスタッフの3人で円陣を組んで
・さんにん・・・って苦笑いしてたら
・次々と察知して遠くから駆け寄ってくるJr.たちがなんかいいなと思った
・こども公演自体、とてつもなく楽しかったから
・その様子がこうやってDVDに残ったのは本当に嬉しいなと思った
・公演のすばらしさ自体は見たときに書いているからあえてまた書かないけれど
・ちびっこを並ばせているときに福さんが「きれいにならべ!」とか言っていたこととか
・その時は気付かなかったことがみえてきたりしてそれも面白かった
・一幕二幕の本編のすばらしさも言うまでもなく
・滝汁絞りのときにDVD用に効果が加えられていてそれも嬉しかった
・WITH LOVEの自担のかっこいい写真があまり映っていなかったのはちょっと残念
・それでも全編通して素晴らしいのひとことに尽きる
・楽しみにしていただけのものはある滝沢歌舞伎DVD

ああ滝沢歌舞伎楽しかったなあああああああああああああ
ってDVDをみて改めて思い出して
これがつい5ヶ月前のことだなんて不思議な気分で
何度でもリピートしよう
また何か書くかもしれないけれど
週末はもうすぐそこでまた別の世界が待っていて
幸せだなぁ

arashigumi at 13:11|PermalinkComments(0)

2010年09月01日

なんとなく面白いBPMDVDの話

去年のコンサートのDVDが付くというので楽しみに楽しみにしていて
9/1が来るのが待ち遠しくて夏が終わるのが怖くなくて
そしてなんとなくDVDの編集が地味に面白いBPMの話

見ながらダラダラとメモ
・FINALの横浜公演の映像だからまだ1年も経っていないのだけれど
・とても昔のような気がして
・いかにその後に色々な仕事をやらせてもらって色々な思い出があるかを実感した
・この間出たやまぴーコンの映像はこれより後の自担なんだなと思うとちょっとだけ不思議な気分になった
・光一くんのDVDだから
・当然コンサートで見た視点とはまた違う視点で見られて
・ああこうなっていたのか!と思うことはたくさんあって興味深い
・妖のこっしーの止まっているときのポーズが好き
・映像だと、どセンターからの視点で見られるから嬉しい
・そしてやっぱり思うのは光一くんのコンサートの衣装は好きだなということで
・初日のリハで「よろしくお願いしまーす」とスタッフさんが言っている言い方が福さんに似てるなと思ったり
・スタート前のステージ裏も見られて嬉しい
・あうぇいくんの見所は福さんのバク転で
・バク転前に移動しながら腕まくりして気合いを入れる福さんが映っていて
・ちゃんと綺麗にバク転をするところも映っていて嬉しいなと思った
・そういえば福さんが実践でバク転初めてやったのも去年のBPMツアーだったなと思い出したりして
・歌に選ばれたMAが選ばれた後ええっふたり?!という表情をしているのも面白くて
・M.A.D.は後ろで肩を組んでノリノリだしその後は4人でバックをつとめてそれもかっこいいし
・歌に選ばれて残るよりもこっちのほうでよかったなと思ったり
・ふぉーりんぐはコンサートで見るのも面白かったけれど、こうやって映像で見ても魅力が増す曲だなと思って
・実際に会場で見ていたときよりもライティングの変化がよくわかる
・ぴーすふるは演技をしているところもちゃんと映っていてびっくりで
・ああここはきっと今頃光一くんファンの方々がええこんなのやってたの!と初めてDVDをみて気付くパターンなのかなと思って
・コーラス部分をひとりひとり抜かれて映るのも
・まさかDVDにも残ると思っていなかったから嬉しかった
・でも微妙に福松がまとめられてるのが実際のときと違って
・実際にスクリーンでみた表情とまた違うものが見られてちょっと得をした気分だった
・マリンメッセのアクシデント映像は
・あああああそういえばそんなことあったなあああああ
・と懐かしい気分になって
・のーもあは暗転をお楽しみくださいのところからDVDに入っていて
・ひたすら客席のペンライトの海だけが長々と映る様子がシュールで面白くて
・もちろん光一くんの声のみは流れているけれど
・その映像のシュールさ加減が面白くて
・地味にニヤニヤしてしまった
・そんな中、雄大くんを話題にしてくれる光一くんにも嬉しくて
・のーもあの映像は何を思ったかというと
・無駄にかっこいい!ということで
・カメラアングルもそうだしもちろん踊っている様子も
・見た目を覗けば超かっこいい超本気のダンスなのがまた面白くて
・1列からV字に移動して上からのアングルで映すところとか超かっこいい!!
・歌の後はFAINALのときだから光一くんがみんなに捕らえられて魚をかぶらされる回なんだけれど
・かぶらせられて「・・・・。」という光一くんの表情のところで終了なあたりの編集も地味に面白くて
・パンちゃんはもう可愛くてずるくて
・この楽屋映像は光一くんファンは嬉しいだろうなと思って
・月夜ノ物語は福さん雄大くんの松明を持って移動する場面がかっこよくて
・自担のターンと福さんの片手側転が映っているのが嬉しくて
・そしてこの曲から下弦の月に続いてく流れが好きすぎる
・これは前にも書いたけれど
・光一くんの後ろで福松シンメで踊っている場面が好きすぎる
・雄大くんのバレエダンスも入っていて嬉しい
・最後の光一くんの挨拶での「来年も」がもうすぐ始まるんだなと不思議な気分で
・スピカのアップテンポになった瞬間のハッピーエンド感が好き
・松がくるっと回って福になる編集が好き
・今書いていてふと思ったけれど松とか福とかおめでたい名前だなあ
・メインステに集まってきてズレておどっていく振りが好き
・メンバー紹介もやっぱり嬉しくて
・最近は当たり前のようにいつも紹介されているけれど
・紹介されることってすごいことなんだよなと
・いまだにしつこいけれどスルーされ続けたFコンを思い出して
・その後のアンコールをするお客さんの映像も
・色々と角度を変えて「TOUR FINAL」の文字を写しているのが地味に面白くて
・「TOUR FINAL」!「TOUR FINAL」!!「TOUR FINAL」!!!
・みたいに思えてきてニヤニヤしてしまった
・最後のジャンプでみんなで楽しそうに締めるところも好き
・そして終演後の舞台裏でのハイタッチ集が素敵すぎる
・初日では拍手で送っていたM.A.D.がだんだんハイタッチになってだんだん自担がいじってもらえてきて最後には殴られるまでの軌跡
・みたいな(笑)
・そしてDVDの締めはパンちゃんかわいいで終了
・ってどんなDVD(笑)

というかんじでコンサート自体も素敵だったし
DVDの編集の仕方もなんとなく面白くて好きなかんじのDVDでした
終了!

と思いきやオマケ映像の話

・パンちゃんがステージに登場したときの映像
・散々じらした後に登場する自担
・ブーイングされる自担が映像に残った(笑)
・光一くんの後をちょこちょこついて歩くパンちゃんは本当にかわいくてずるい
・そして空気を読まずにまた出てくる自担
・そんなかんじのオマケ映像

余談だけれど、SHOCKで光一くんファンの方と知り合いになって、誰ファンですか?という話になって自担の話をすると
「ああ、あの髪の毛の多い!!」
と一時期判を押したように同じことを言われまくってなんでみんなそういう認識なんだろうと不思議だったのだけれど
φコンのオマケ映像がその話題だったことに気づいてDVDの力ってすごいなと思ったことがあったから
今回またオマケ映像で残ったから今度は「ああ、あのブーイングされてた!!」という認識になるのかなとぼんやり考えたりした

そりたりーのほうのDVD付も買って
やっぱり映像だとライティングがまた違った感じで見えるんだなと思って
あまりに印象が違うからDVD用に収録した映像なのかなとすら一瞬思ったのだけれど
お客さんが入っていたからああ実際のSHOCKの中の映像なんだなと思って
4人で登場してくるかっこいい場面もちゃんと入っていて嬉しくて
この曲が映像に残るのは本当に嬉しいなと思った

arashigumi at 22:04|PermalinkComments(0)