ARASHI 10-11 TOUR "Scene" 〜君と僕の見ている風景〜

2010年08月23日

国立の話と回顧話

・二日目はさらに一日目よりテンションアップで調子があがっているのが目にみえるM.A.D.
・雄大くんのピエロソロが、ピエロのお面をつけるようになって
・顔が見えなくなってしまって残念だけれど
・演出としてはこれが正解だなと思ったし
・よりピエロにみえて動きもプロっぽくみえた
・何の曲だったか忘れたけれど翔くんが歌っているのを左右にしゃがんでキラキラさせる福さんこっしー
・翔くんもやーやーどーもどーもとニコニコしてネタにのってくれた
・翔くんが福さんに絡みたがってるのがわかりやすすぎて
・通る度にいちいち止まって遊んでくれるのが嬉しかった
・こっしーはニノにちょっかいを出されていて
・ああそういえばこっしーはニノだったなと懐かしい感覚を思い出した
・自担はもう相葉くんに馴れ馴れしくて
・その距離感は他にはないかんじで
・潤くんはなんとなく福さんに絡みにいっていて
・翔くんは雄大くんにもたくさん絡んでいて
・もちろんそれ以外もたくさん絡んでいたけれど何となく傾向があって面白かった
・一日目は気がつかなかったけれど
・れっとみーだうんは辰+めいどすのーまん、越+めいどすのーまんのくくりでそれぞれサイドステージで踊っていた
・ユニのくくりが関係なくなるかんじが嵐コンらしいなと思って
・嵐コンならではだなと思った
・翔くんソロだったかな、センター花道を二列で進んでいく場面があって
・そのときにスクリーンに映る正面からの映像
・最後尾につく福松が高くそびえているのが超絶にかっこいい
・国立はスクリーンもみたいし双眼鏡でもみたいし難しいなあ
・嵐が最後の挨拶でお客さんのいい表情をたくさんみたと言っていたけれど
・私はM.A.D.のいい表情をたくさんみたなと思って
・ずっといい笑顔で踊る4人をみてこっちまで楽しくなった
・最後のほうは最上壇で4人ではじけつつ楽しそうに踊っていて
・ああ嵐コンの思い出は4人共通のもので感じることも4人一緒で
・なんかいいなと思った
・挨拶でまた厳しい芸能界を生き抜く話になっていてまたM.A.D.へのエールに勝手に読み替えて
・嵐の新規ファンに昔の嵐コンをみせたかったというようなことも言っていて
・嵐って私が思っている以上にすごいグループなんだなと感心した
・嵐のコンサートじゃなくて、嵐コン、というひとつの単語みたいに
・嵐コン独特のなにかがあって
・それがなんなのかはよくわからないけれど嵐が売れて会場が大きくなって
・変わっていくことは当たり前のことで嵐コンが嵐のコンサートになっただけで何も悪くないのに
・みんなに見せたかった風景はこれだと
・昔の自分たちのやってきたことに自信と誇りをもっていることがすごくいいなと思った
・あと
・これは書くかどうかだいぶ迷ったのだけれど
・陵くんいまどこで何をしているんだろうなここで嵐コンやってるのにと思った
・ずっと前にも書いたけれどえふえむ厨なので
・今回はなんだか昔を感じるけれど新しい
・11年目に相応しいコンサートだったから
・そこに陵くんがいれば言うことないのにと思ったけれど
・M.A.D.4人があんなに楽しそうにしているのだから
・なんとなく悲しむことはない気がするなと思った
・うーんうまく想いを表現できていないかもしれないのでさらっと読み飛ばしてください
・最後のJr.紹介でM.A.D.に拍手がたくさんあって嬉しかったのは本当だけれど
・でも昔はユニットなんてなくて
・というかユニットじゃない人たちの集まりだったから
・Jr.はみんなでひとつで嵐組と呼ばれていたから
・みんなに大きな拍手が同じようにあるのが嵐コンらしいなと思ったりもした
・なんとなく久しぶりに最後の紹介で手をつないで上げる自担たちをみたなと思ったけれど
・嵐コンでの見慣れたその風景も嬉しくて
・最後に嵐が同じように手をつないであげるのをみて
・M.A.D.もすっかり嵐気分なんだろうなとニヤニヤして
・嵐の背中をみて育ってきたんだなというのを改めて感じた
・ということで
・なんとなく久しぶりにブログタイトルに合った話をして終了
・嵐コンは最高です


arashigumi at 23:23|PermalinkComments(0)

2010年08月22日

仕事じゃないお仕事の話

気が付いたら国立にいた

・この間、SHOCKの特番で仕事についての姿勢を散々考えた後だったから
・最初に自担が出てきたのを見た瞬間に思ったのは
・最早これは仕事じゃないよね
・ってことで
・楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて仕方ないーーーーーーーーーという感じの自担を見て笑った
・出てきた瞬間から笑ってるんだもの
・ずるいずるい!お金もらうんじゃなくてお金払って嵐コン出てよね!って気分になった(笑)
・後は断片的に思い出したところだけ書くけれど
・ソロ曲に結構ついていて
・ニノソロ曲に最初4人でついて大階段を降りてくるのがおお!と思ってかわいいかんじで
・まさかソロ曲につかせてもらえるとは思っていなかったから嬉しくて
・そう思っていたら
・翔くんソロにもついていてかっこいいかんじで
・おおおおおおおおおお!!!とテンションが上がって
・潤くんソロにもついていて面白いかんじで
・面白いというか趣向を凝らしてあるというか暑そうというか(笑)
・ゲームから飛び出てきたという設定?みたいで宇宙服にヘルメット姿のM.A.D.
・暑いいいいい!と見ているだけでクラクラする衣装
・でも去年の光一コンの例の曲みたいでテンションがあがるかんじで
・ダンスも変わったかんじで見ていて面白かった
・ヘルメットをしていてもどんなに離れていてもすぐ自担とわかるもんだなと妙に感心した
・最後のほうにちびっこ以外のJr.全員と嵐とでダンスをするところがあってかっこよかった
・まさにSHOW TIME
・そういえば!
・SHOW TIMEの前のあたりで自担とタッチをして雄大くんだけが捌けていって
・その時の様子が「がんばれよ!」「よし!がんばってくる!」みたいな空気だったから
・ああもしかして雄大くんこの後なんかやるのおおお!!と思ったら
・SHOW TIMEの開始を告げるピエロみたいな役で
・一瞬国立の全視線が雄大くんに!な瞬間だった
・そのときにちゃんとダンスっぽく魅せる表現をしていてああ雄大くんすごいなと思った
・まあスクリーンに映る雄大くんに周りの嵐ファンの方々は誰?という感じでざわめいて
・ああまだまだやることたくさんあるな!と思って
・あの国立を埋め尽くす嵐ファンにM.A.D.をちゃんと知ってもらえたらすごいだろうなと思った
・そのコーナーでは傘を持ってダンスをしていたり、嵐が箱型の枠に吊されるのをお手伝いしたりくるくる回転させる役をやっていたりしていた
・バックにはつかないけれどヒーローのイントロが流れたときは
・ああ!この曲はだめーーー!なんか泣けて来ちゃうと思って
・でもこの曲がセットリストに入っていることが嬉しかった
・後は、ソロの曲以外にも結構ついていて
・ハダシの未来とかきっと大丈夫につかないのはちょっと残念だけれど
・Believeとかリフレインとかその他諸々ついていて嬉しかった
・Oh Yeahだったかな、バンド紹介・Jr.紹介もあって
・みんな一緒に踊っていたからユニットごとの名前を呼ばれてもあまり区別できないかんじだったけれど
・それでも張り切って踊ってる感じが素敵だった
・そういえば
・水を使った演出がたくさんあってスプラッシュがたくさんあがっていてステージが濡れいて
・何度もすべってコケる自担をみてハリキリ過ぎ!と思ってまた笑った
・アンコールの感謝カンゲキで
・当時のフリのままずっと踊り続ける様子をみて
・自担のその踊り方のクセとかハリキリ具合とかが中学生の頃と全然変わっていなくて
・その曲だけはとても自担が若く見えて不思議な気分だった
・最後にみすすのーまん!めいど!えむえーでぃー!
・とそれぞれ紹介されてユニごとにハイタッチしながら捌けていくのだけれど
・M.A.D.の時に少し会場の拍手が大きくなって
・おお!ユニット名は少しは嵐担に認知されているんだなと嬉しくなった
・でも多分去年のM.A.D.と今年のM.A.D.の出ているメンバーが違うことがわかってるのは一部の人だけなんだろうけれど
・それでも嬉しかった
・そういえば
・自担たちは嵐にまた構ってもらっていて
・通り過ぎるときにコンタクトとっていたりしたのだけれど
・自担が相葉くんに積極的に自分から絡みに行っていて
・そこまで積極的に前にでようとする姿は珍しいなと思って
・これも成長なのかなと思ったりただ単にテンションがあがりきっているだけなのかもしれないと思ったり
・それに相葉くんもちゃんと応えてくれてマイクを向けてくれて
・何の曲だか忘れてしまったけれどスクリーンに歌う自担の姿が!
・もうほんとちゃっかりしてるんだから!と思いながらも嬉しくて
・お手フリ曲ではほとんどが嵐担でみんな嵐に夢中な中、それでもがんばってお手フリをやっていてそんな姿をみるのも嬉しくて
・少しでもこれがきっかけでM.A.D.に興味をもってくれる人がいると嬉しいなと思った
・最後の挨拶でニノが“懐かしい感じがした、4,5年前はこういうスタイル(アルバムを出して、という意味だと思う)で嵐コンやってたんだよなー”というような話をしていて
・楽しかった嵐コン時代を思い出して幸せな気分になった
・相葉くんの「厳しい芸能界、みんなで一緒に戦っていこうぜ!」も笑って、それは嵐ファンに向けての言葉だったけれど、自担たちに向けての言葉にも聞こえて
・そうそう、M.A.D.も頑張って!と思った
・花火もきれいだったな
・実は花火を相当楽しみにしていたからあの花火にも満足で
・暮れていく副都心の夕暮れはやっぱり綺麗で
・前回自担たちがついたときもそう思ったけれど
・それよりさらに照明の演出とうまくマッチして空までがステージの一部みたいな美しさで
・やっぱり嵐コンは楽しいというのは間違いなくて
・なによりM.A.D.が一番楽しんでいるのも間違いなくて
・またこうやって嵐コンに呼んでもらえるのは本当にありがたいなと思った
・嵐コンがあったから自担たちの今がある
・改めてそんなことを思った一日

arashigumi at 02:44|PermalinkComments(0)