PLAYZONE ‘13 SONG & DANC‘N。PART掘

2013年08月11日

PLAYZONE13'千秋楽おつかれさまでした!

書くこともうまくまとまっていないのだけれど、書いてみよう

千秋楽メモ
・開演前に舞台裏から「オー!」というかけ声は普段の公演でも聞こえていたのだけれど
・それが一段と大きく「オー!」と聞こえるから会場がそれに対して拍手をして
・それでいよいよ千秋楽が始まるんだなと思っていたら
・「オー!」とまたかけ声があがるからお客さんも拍手をして「オー!」拍手「オー!」拍手
・と何度もそれが繰り返されるからなんだこれと思ってちょっと笑って
・最後に「せーの!『ぷれいぞーん!』」とはっきり聞こえてきて面白かった
・みんなプレゾン好きだねぇ!と見えない裏の盛り上がりや笑顔が目に見えるようで思わずこちらも笑顔になってラストステージが始まった
・オープニングでユニットごとにスポットライトがあたるところで肩を組んでいるふぉーゆー
・そこでちょっとにやっとしていたらライトが消えて次についたときはいつも通りになっていてちょっと面白かった
・スクリーンにもFINALの文字!それはとてもなんだかテンションが上がる!
・とにかく出演者のみんなが楽しそうでPLAYZONEの舞台を楽しんでいて
・プレゾンはプレゾンの空気があるなと思って
・その自分たちの舞台というか、ひとりひとりが主役、みたいなところが素敵だなと思ったりする
・それはきっと翼くんが座長だからこそのスタンスなんだろうなと感心したりもする
・MCの場面で武道が着ぐるみ勢揃いでおお!と思ってこういうのこそがDVDに残るといいのになと思ったり
・パラ銀の最後のかけ声は「みんな、夢の島をみつけられたかーい?」「俺たちはいつもしゃかりきさ!」みたいなのがデフォルトだったけれど
・千秋楽は「みんな、夢の島をみつけられたんだね!!」「俺たちのことを忘れないでね〜!!」と手を振りながら自担が捌けていて
・うん、忘れないよ!という気分になった
・そして夢の島をみつけてしまって、ああ千秋楽なんだな、終わりなんだな、もうこの愉快な人たちとお別れなんだなと思ってちょっと寂しくなった(笑)
・よく遊びよく学べではふぉーゆーが上手袖に捌けてもう一度出てくるときに1人増えていて
・誰かいる!と思ったら屋良くんで
・振り付けた本人が一緒に踊っていてふぉーゆーも楽しそうで
・こういうのこそDVDに残して欲しいなと思ったり
・ARASHI前のコントで「オレがいなきゃ始まらないでしょ!」と2階の自担が言う度にSHOCKのリカの台詞を思い出していたものだけれど
・千秋楽でも言っていて、雄大くんの「始まるよ?」の声に始まる曲のイントロ
・それまではそれで慌てふためく自担で前奏で曲が止まって「ほらね」みたいなかんじで進んでいったのだけれど
・千秋楽は「始まるよ?」で始まって福さんが歌ったら舞台袖から誰か出てきた!
・と思ったら優馬くんでそのまま自担パートをダンス付でかっこよく歌って踊って
・そのままナチュラルにその4人でARASHIを歌い踊りはじめて
・最初のラップ部分で音楽は止まった
・それを見て「ちょ!聞いてないんだけど!」とか2階で言っていた自担だけれど
・「正直、よかった・・」みたいに褒めていて
・でもその気持ちがすごくよくわかるというか
・優馬くん入りのARASHIがすごくよくてそれはそれで私の中では結構衝撃で
・優馬くんがひとり入っただけでこんなにキラキラするなんて!と思って
・ふぉーゆーに優馬くんが入って欲しいとかそういうのとはまた全然別の話なのだけれど
・この優馬くん入り4人を越えるなにかを自担入りのふぉーゆーはつかまなきゃいけないんだなと思ったりした
・そしてこれこそDVDに残して欲しいなと思ったりいやいやこっちのほうがいいと思われてもまずいからこれはなかったことにしたほうがいいと思ったり(笑)
・そして「新生ふぉーゆーです!」とか雄大くんが言ったりして2階の自担が慌てるみたいなかんじだったのだけれど
・このときの2階の自担をみる福さんの目が優しくて
・いつもは無言の怒ったような演技みたいなのをしている場面だから余計に印象的で
・福さん時々自担をこういう目で見るよなと思ってそれをまた見られたから嬉しくて
・そしてこれからこの4人でがんばっていこうみたいなかんじだったのだけれど
・優馬くんが「いや、もう満足っす、それじゃ!」みたいなかんじでさっさと捌けて
・フラれたすりーゆーがえっ・・・あっ・・・みたいなかんじで「マツ、戻ってきてーーー」みたいな展開
・石像を経て自担がごめーん!と泣いたら福さんが舞台にかけのぼってマツ!と言ったあと
・おもむろにポケットから手紙を出して「おまえのその言葉がききたかったんだ、ドッキリなんてしてごめん、ふくだゆうた」
・みたいにお手紙を読む展開ですすんでいって、当然こっしーも手紙を読むのだけれど
・「おまえのその熱いハート・・・」の後の口パクは手紙でもやっぱり同じで
・そして読み終わって下がっていきながらこっしーが手紙をビリビリと笑顔で破いた!!
・ちょ!こっしー!!と思って面白くて
・その後すぐ自担も手紙を出して読み出したから破ったことはさらっと流されていたけれど
・自分の中では結構面白くてこっしーひどい!と思ってしばらく思い出し笑いをした
・自担の手紙は「いつも迷惑ばっかりかけてごめん・・・」みたいな内容で最後に「松崎母より」みたいなオチで
・雄大くんもえっ石像は?とかいいつつ手紙を出してきて「今年のプレゾンで一番大変だったのはザキさんのトリッキーなボケにつっこむことでした」とか言っていた
・その後の福越のサイレントコントはおいかけっこをして福さんが倒れてこっしーが抱きかかえての『ふぉーゆー』
・そしてARASHIの曲がはじまった
・ああ大好きだったふぉーゆーverのARASHIもこれが見納めかと思って
・ふとなんでこの人たちARASHI歌ってるんだろ・・と急に現実が信じられなくなる感覚が襲ってきて
・夢じゃないんだなとちょっとだけじーんとしたり
・そういえば
・フラワーの「心の真ん中に開いている穴でも直せないことなどないと信じることさ」の部分が好きすぎると前回書いたけれど
・その後KinkiDVDをみたりして気付いたことは
・私は福さんの歌ってるフラワーが好きなんだ、ということで
・この部分は福さんが歌うことで自分の中でなにかしらの意味をもつなあと思って
・人一倍、この部分の歌詞に心を込めて歌っているようにみえる福さんをみながら
・そうだよね、その通りだよね、と思いながら聞いていた
・多分私がふぉーゆーを好きな理由がここに詰まっている気がする
・話を戻して
・ARASHIが終わって星屑のスパンコール、ガイズ、Liarもあっという間に終わって
・幕が下りるかと思ったらスクリーンが降りてきて
・聞き慣れない音楽とともに出演者の直筆サインが映し出されて、看板シルエットに合わせて出演者が登場してきてカーテンコール
・このときの福松がなんだかリラックスしていていい笑顔で
・そして翼くんからこの後お見送りをしますとの言葉があって幕を閉じた
・お見送りよりひとことずつ挨拶のほうが嬉しいんだけどなと思いつつそれは自分の都合で
・きっとお見送りを楽しみにしている人もいるだろうからなんともいえないなと思ったり
・実際どっちがいいかはおいといて2列だと目移りしちゃうから1列でというその心遣いが嬉しいなと思ったり
・外に出てみたら去年以上に人が集まっていてもうこれ限界の人数じゃと勝手に心配したり
・もう外でのことは暑さと遠くて何やっているのかわからなかったのと諸々であまり覚えていないのだけれど
・「今年も最後は松崎で」と翼くんが言ってくれたからてっきり三本締めみたいなのをやるのかと思ったら
・「みんな、夢の島はみつけられたかーい?」みたいに言うからみんなで「パラダイス!」と答えたりして
・そのままひっこんじゃったからあれ?と思ったり
・あとはよくわからないけれどぐるぐる歩いて待っていた皆さんにお手振りタイムみたいなのをしていて
・自担がお手振りというより面白いことをしてまわって笑いをとっていたり
・福さんがガッツポーズを落とすジェスチャーで「ふぉーゆー」コールを巻き起こしていてさすがだなと思ったり
・カメラもまわしていたから今年もDVDになるかな、なって欲しいな
・そんなことをぼんやり思いながら今年の夏は終わった
・プレゾンとともに夏は終わるそれは今年も一緒

今年の夏は、いつも夏と違うのをなんとなく感じていて
ふぉーゆーに新しいファンが増えている気がして
それも新しいタイプのファンというか、いままでにないところからやってくる新しいファン層が増えている気がして
これといった根拠はないといえばないのだけれど
嵐コンでの嵐のファン層がガラッと変わったときのような感覚に近いものを感じた

昔、自担たちに「いま」ファンが増えているってすごいこと!と書いた記憶があるのだけれど
それよりまた遙かにファンが増えているこの現実が本当にすごいなと思って
その反面
まだまだファンは増えるという確信があって
だってかっこいいし面白いし優しいしファンでいて楽しいし、まだみんなが知らないだけなんだから!と割と本気で思っていて

そして最近ずっと考えているのは
ふぉーゆーを新しい世界に連れて行けるのはその新しい力なんじゃないかなということで
新しい力で自信をつけたふぉーゆーの姿をみて自分も自信をつけて
一緒に新しい世界についていけたらなと思ったりしている

星屑のスパンコールの歌詞は割と笑えないよねと
まどたんの友達と笑い話にしていたけれど
ふぉーゆーはSHOCKが待っていて他のユニットもそれぞれ次の仕事が待っていて
それはなんて幸せなことなんだろう
でもSHOCKはSHOCKで過酷だからまずはふぉーゆーはちょっと身体を休めて
また元気に初日を迎えて欲しいなと思う今日この頃


arashigumi at 23:06|PermalinkComments(0)

2013年08月05日

心の真ん中に開いてる穴でも

・直せないものなどないと信じることさ〜の部分が好きすぎて
・割とふぉーゆーに重ね合わせて聴いている
・ふぉーゆーが歌うとなんだか説得力がある
・もうすぐ終わりなのにプレゾンは進化を重ねていて
・あれっ!なんかよくなった!と思う部分もあったりして
・どこかで気を引き締め直すというか長丁場だからこそそういうのがあるのだろうなと思ったりして感心して
・自担はカーテンコールで銃やら吹き矢やらその他諸々でトラジャや武道まどを散々仕留めているけれど
・じゃにーさんがいるとやらないっぽくて
・怒られたくないのかなってちょっとにやにや妄想する
・この間のラジオでパラ銀の衣装の緑がメロンみたいだと言っていたから
・なんとなく衣装をみるとメロンを思い出してにやっとする
・しぼんだままの風船じゃ(こっしー!)って心の中で一緒にかけ声をする
・スターライトでアンダルシアみたいな顔をして踊る自担
・パラ銀で超笑顔になって全く違うテンションで出てくるのをみると
・そんなにローラーから解放されたのがうれしいのかと思ってしまう
・前も書いたと思うけれどスターライトはこっしーが好きで
・あーどうしてーこんなにーくるしいのー
・で全然苦しんでいないこっしーがこっしーすぎて面白くて
・オレはモテモテだから悩みなんてないけどみんな大変だねってかんじでひとりノリノリなのが面白い
・こっしーの辞書には悩みってないんだなと尊敬したくなる(笑)
・ARASHI前のコントは相変わらず面白くて好き
・ふぉーゆーをみていろいろなファンのお客さんが笑顔になっているのを感じるのも好き
・ゲストが来ているとARASHIを楽しんでくれるかな?とちょっとわくわくちょっとどきどきしてみる
・DVD撮りをしていたみたいだからぜひDVD化して欲しいなと思う
・そしてトラヴィス振付は権利がどーたらこーたらだとクリエで学んだから
・この舞台のダンスは他では簡単にみられないんだと思って大事にみようと思ったりもする
・もうすぐ千秋楽という実感はないようなあるような

KinkiコンDVDも明後日発売で明日フラゲ日で
CMをみて全力疾走の自担が映っていて笑ってしまった
なんて綺麗なフォーム!(笑)
そしてそれをCMに採用してくれる編集スタッフがすごいなと思って
光一くんの笑顔を収めるためだとは思うけれど
でもふぉーゆーの面白さに世間が追いついてきている!とちょっと思ったりして
自担が愉快でコンサートで面白いことをやっているのは昔からなのだけれど
いままでは一部のふぉーゆーファンやふぉーゆー自身だけで楽しんでいたものが
こうやって少しずつ広まっていくんだなと思って
もっとたくさんの人たちとふぉーゆーの良さや面白さを共有できたらいいなと思ったりした

arashigumi at 22:45|PermalinkComments(4)

2013年07月16日

値下げの話

プレゾンメモ

・ARASHI前のコントで自担がみんな、ごめん!と言って和解した後の一言で
・俺、外のプリクラ1000円は高いと思う。
・と言い出すから
・お客さんの絶大なる支持を受けて拍手喝采で
・お客さんが共感し過ぎて拍手が止まらなくて
・千秋楽かと思うような拍手の長さでそのお客さんの思いの強さに笑った
・雄大くんはなんてこと言うんだ、お前後で怒られろ!みたいなツッコミをしていて
・それが昼公演の話で
・夜公演はさすがにもうこのネタはないだろうなと思ったらまた言っていて
・怒られなかったのかな、大丈夫なのかなと思っていたら
・続く福さんが
・パンパンパン、ふぉーゆー!
・とコールするところを
・パンパンパン、値下げ!
・とやり出した(笑)
・お客さん大喜びで値下げコールで青山劇場がひとつになった
・福ちゃん!もっと一体感だす言葉あったでしょ!と言って怒る雄大くん
・ちょっと考えて…ふぉーゆー。
・と言う福さんに、それ!と指摘する雄大くん
・その流れで会場の一体感をそのままに、これがふぉーゆーだ!と持っていくふぉーゆーが素敵
・会場全体がその時ばかりはふぉーゆーファンになったような
・ここはクリエかなと錯覚するような空気感
・ARASHIの終わり方も、最後にみんなでわっ!と言って自担を落として自担が驚いてふぉーゆー最高だぜ!みたいな終わり方になっていて
・おお!コントと繋がった!と感動した
・相変わらずカーテンコールでは狙撃手な自担なのだけれど
・トラジャ、MAD、ぜい、と散々撃っているけれど
・自分たちの後に紹介される人たちは決して撃たないんだなと思って
・よく先輩を先輩と思ってないと冗談混じりに言われるけど
・これがふぉーゆーの本質だなとなんとなく嬉しくなったりする


arashigumi at 07:29|PermalinkComments(0)

2013年07月14日

テンションが上がりすぎると忘れる話

ちょっとだけプレゾンメモ

・なんだか今日はお客さんのノリがいい!みたいな話をMCでしていて
・3連休だもんなぁ、みんなそりゃテンションあがるよねぇ!明日も明後日も休みだもんねぇ!と思って
・それを受けて出演者もテンションがみんなあがってきたみたいで
・自担がわかりやすくテンションがあがっていて
・フラワーでふぉー!とか声をあげるのは反則じゃないの(笑)と思うけれどお客さんが喜んでいたからよかったなと思ったり
・ARASHIのコントでは雄大くんにお客さんの反応がいいからってテンションがあってんじゃねぇよ!みたいなつっこみをされていたり
・自担が今すぐにを歌いながら捌けると「往年の名曲だけれども!」と雄大くんかこっしーのどちらかが言っていて
・往年って!ついこの間の曲なのに!と一瞬思っていやいやついこの間じゃなかった10年以上前だったと我に返ったり
・その一連の流れの間ずっと怖い顔をして立っている福さんがシュールで面白かったり
・そういえば
・どっきりしようぜ!の流れから福さんがわっ!としないで普通に語り始めたら
・お客さんがえーーーーーーーっ!!とみんなで一斉につっこんでいて
・なにこの友達みたいなノリ(笑)と思いつつこれがふぉーゆーとお客さんの関係性だなと思って面白かったり
・こっしーもそれに続くとまたえーーーーーーーーーっ!!と抗議をするかのようなお客さんのつっこみがあって
・もうお客さんはただえーーーーーーーーっ!!と言いたいだけなのだけれど(笑)
・いつだったか歌舞伎でも自担の口上にお客さんみんなでつっこんでいたなあと思い出したり
・そういえば
・全編を通して少しずつ生歌が増えてきたのだけれど
・ふぉーゆーもラップは生ラップで
・そのうち歌も生になるのかなとドキドキしたり、でもやっていかないと上達しないしなと思ったり
・それにしても
・すとーーーーっぷ!の後の、「これがふぉーゆーだ!」と雄大くんが言って、福さんが「イェー!」と合いの手を入れるときに
・こっしーが腕を組んでにこっとするのはなんだかずるい
・そんなこんなでカーテンコール
・ガイズの音楽に合わせて最近はいつも福松で顔を見合わせる遊びをやっていて
・でも今日は自担がそれをやるのを忘れていて福さんだけが自担を向いていて
・2回目のタイミングでやって、あ、オレ1回目やってねぇ!みたいに思い出したみたいで
・しまった!と素で笑っていた
・テンションが上がりすぎると何かを忘れちゃうんだなぁと
・去年だか一昨年だかの千秋楽で同じように優馬くんとのお約束をすっぽかした自担を思い出したりした
・カーテンコールはなんだか最近はスイッチが入ってずっとパントマイムというかロボットダンスというかなんというかとにかく狙撃手をしている自担
・もう隣の福さんはいつものことみたいなスルー状態なのだけれど(笑)
・トラジャの人とか林くんとかがちょっと面白がってくれているのがなんだかちょっと嬉しい
・そういえば
・よく遊びよく学べ で楽しそうにわーわー踊っていて急にロボットダンスになるシュールさがちょっと好き

arashigumi at 00:12|PermalinkComments(0)

2013年07月13日

プレゾンの話

プレゾンの話

・プレゾンに限った話ではないのだけれど
・見に行く度にだんだん電飾とか映像とかが本気を出してくる感じはなんなのだろう
・どんどんよくなるのはよいことなので別によいのだけれど
・最初のほうに見に来た人にもこの迫力を見せてあげたかったなといつも思う
・だんだん好きになってきたのは情熱の一夜で
・やっぱりこの曲いい!こんなにかっこよかったっけ!?と思う
・特に最初に屋良くんとふぉーゆーで出てきた瞬間の気迫というか迫力というか
・衣装についてはまああれなのだけれども(笑)
・今年のプレゾンの衣装で一番素晴らしいのははっとしてぐーのセーラー衣装で間違いなくて
・福さんだけでなくこっしーもなかなか似合っていてプリンスだなと思ってみる
・翼くんがMCでお客様から汗を拭くタオルを借りるというのをやっていて
・これデジャブだないつだったかなと記憶をたどったりするのだけれど
・そしてこの瞬間だけコンサートだなと思ってしまうのだけれど
・汗を拭いてもらった人が翼くんファンで感激しているのをみたりするとよかったなとも思ったりする
・そして昨日はARASHIで2階に出てきた自担が
・「すごい汗でしょ!どなたかタオルを・・・」と言い出していて笑った
・そしていくつもタオルが差し出されていておおすごい!と思って
・そして拭いてもらった人も自担ファンで感激していてこちらまで嬉しくなって
・もうひとり拭いてもらった人は大事にビニールに入れて持ち帰っていたようなので
・それを自担が知ったら嬉しいだろうな照れるだろうなとか思いながらこちらまでにやにやした
・そういえば座席おりで
・前から福さんが最前列全員と、通路側全員と手をふれる勢いでまわっていて
・他の人のファンで全然福さんをみていないと顔を覗き込んでまでちょっかいを出しているのをみると
・ほっといてあげなよと笑ってしまうのだけれど(笑)
・雄大くんも結構な勢いで全員と手をふれていて
・すごいなと思ったしそれがいいなと思って
・なんとなく選挙の立候補者が街中で色々な人に握手を求めていくのと一緒で
・タッチをしてファンをひとりひとり地道に増やしていけばいいなと思ったりした
・ふぉーゆーに清き一票を!みたいな
・今年のガイズの自担が去年より熱くて
・がむしゃらに踊っているかんじがなんかいいなと思う
・熱いぜプレゾン!

ステージフォトも出たけれど、ショップ写真も出たらしく
しかもクリエのオフショットとか!
早く手に入れたいと思う今日この頃

arashigumi at 08:21|PermalinkComments(0)

2013年07月10日

変わるプレゾン

相変わらずプレゾンは楽しくて気持ちの良い舞台

・ARASHIの最後がふぉーどりーむからふぉーゆーに変わって
・あ、変わった、と思って
・きっとこれが本来の案だったのだろうなというのはサントラのフェードアウトでわかるのだけれど
・初日からこの数日の逡巡はなんだったのだろうと思って
・でもまあ何でもいいやと思ったり
・ARASHIっていい曲だなと今更再確認したり
・美波里さんが見に来てくれたことが嬉しくて
・さすがだなと思ったり
・もらったバナナを持って二階に出てくる自担に笑ったり
・暴走を止める人が近くにいないからはじけっぱなしだけど大丈夫かなと思ったり
・はじけすぎて2階から落ちないか心配になったり
・今回のプレゾンはどの席で見るのが一番嬉しいかなと考えたときに
・2階もいいな1階前もいいなと思うけれど
・フラワーで自担が1階後ろを盛り上げているのをみると後ろも楽しそうだなと思ったり
・つまりなにがいいたいのかというと
・全方位を楽しませる唯一の男な自担がかっこいいという話で
・まあほかのみんなももちろんステージで全方位楽しませてはいるだろうけれど
・カーテンコールの足上げがやっぱり好きで
・今まで見てきた中で一番高くきれいに上がっている!とワクワクする
・日に日にふぉーゆーが盛り上げようと出演者の先頭になってはじけていく感じがいいなと思って
・それにしっかりついていくトラジャもかわいくて
・後の出演者はまあみんな百戦錬磨みたいな人たちだから
・そんな中のトラジャの存在は大きいなと感じる
・ミスするとドーンと落ち込むし動揺しているしでも次の場面では意識的に笑顔を作って頑張っていたり
・そんな若い力をみるとふぉーゆーにもこんな時代があったのかな、全然気づかなかったけどとあたたかな気持ちになったりして
・今日は休演日!
・嬉しいだろうなとなぜか自分のことのように嬉しい


arashigumi at 07:19|PermalinkComments(0)

2013年07月07日

プレゾンの話とか

色々書きたいことはあるのに書き逃しているから書いてみよう

プレゾンの話
・アンダルシアの赤黒の衣装は好き
・夢の島からの落差が好き
・パラダイス銀河の開脚ジャンプが素敵
・光GENJIの2曲はこっしーが似合っていて素敵
・今回のプレゾンで嬉しいのは2番の歌詞も歌っていて、割とフルコーラスでひとうひとつじっくりと見られること
・2番の歌詞が意外によい歌詞だったりするし聞いていても新鮮で楽しい
・「どうしようもない」も途中から出てきてさりげないけれどかっこいいダンスで
・難しいことをやっているけれどさりげないからかっこいいなと思う
・今回のプレゾンで一番の楽しみはどこかなと考えたときに
・ひとつひとつ好きでなかなか甲乙つけがたいというのが今年の印象で飛び抜けてこれ!というのがなかなか決めかねるのだけれど
・やっぱりARASHIから星屑のスパンコールの流れが一番好きだなと思う
・先日も書いたけれどふぉーゆーのコントに対する会場のあたたかさがとても印象に残っていて
・正直なところコントを売りにしてくるふぉーゆーはどうなんだろうと思う部分もなきにしもあらずで
・確かにふぉーゆーは面白いし面白いふぉーゆーが好きな面もあるのだけれど
・私的にはやっぱりダンスが好きで好きになった人がいるグループだから複雑な気持ちで
・それは面白いことは副産物的な、おまけ的な気持ちで感じていたからだと思うけれど
・でも今回のプレゾンをみて
・ふぉーゆーのコントが本当にお客さんに期待されているんだな
・ふぉーゆーファンのためのコントの時間ではなくお客さんすべてのためのふぉーゆーのコントなんだなと気付いて
・こんなに色々な人を楽しい幸せな気持ちにさせられるのなら
・やっぱりコント推しで面白さを全面に出していくのは素晴らしいことだなと思ったりした
・初日にみていたときに後ろにいたお客さんが割と自由な観劇スタイルで(笑)
・一応書いておくけれどふぉーゆーファンじゃない人で(笑)
・見ながら感想を友人たちとしゃべりたおしていたのだけれど
・ふぉーゆーのコントが始まった瞬間に「来たー!」みたいなかんじでプレゾンの風物詩的なとらえ方をしていて
・とても喜んでいてそれが印象に残っている
・コントから自然にARASHIの歌に繋がっていくかんじがとても好きでテンションがあがる
・この流れを考えた人すごいなと思う
・手拍子をせずにはいられない
・会場をふぉーゆーのARASHIに巻き込む的な(笑)
・それとともに「なんだこれ」とふふっと笑いたくなるような感覚になる
・そういえばARASHIの歌割りを教えて欲しいとWeb拍手でリクエストがあったので書いておくと
・福:はじけりゃyeah!〜松:That's All right!〜越:We are cool!〜辰:やるだけやるけど〜かな?
・いまですら越辰の合間が自信がないぐらい一緒に聞こえる
・フラゲで買ったときにさらっと聞いた第一印象だと
・辰:はじけりゃ〜松:That's All right!〜越:We are cool!からずっと
・に聞こえてあれ福さん?!と思ったりしてでも全然違っていて
・散々ふぉーゆーの声を聞いてきたつもりなのに自分もまだまだだなぁと思ったしいかに福辰越の声が近いかを実感してそれはそれですごいことだなと思ったりそんなふぉーゆーがラジオをやっていることはすごいことだなと思ったり
・まあラジオはしゃべり方というかそういうのもあるからまだそこまで混乱はしないけれど
・そんな中でひとりだけきっぱりはっきりわかる自担の声
・でもそれは自担だからとかではなく明らかにひとりだけ声質が違うから
・そしてふぉーゆーのラップが思った以上に全員はまっていてラップいいねぇ!と思った
・KOSSY表記
・こっすぃ的な(笑)
・でもそんな表記がスクリーンに映るのもとても嬉しくて
・そしてやっぱりARASHIは歌詞の内容がいまのふぉーゆーにぴったりで
・選曲した人にありがとうと言いたくなる
・サントラでは最後がフェードアウトしていて
・プレゾンでは歌っているのだけれど
・最後の「ふぉーどりーむ」のところを会場のお客さんほとんどが「ふぉーゆー」に変えてくるんじゃないかと思っているだろうに
・そのまま普通に「ふぉーどりーむ」と歌っていて
・ここは元々普通に嵐の曲を聞いている人もふぉーゆーに勘違いしている人も多い部分で
・ふぉーゆーと歌いたくなってしまうところではあるけれど
・でもふぉーどりーむのほうがなんかいいな
・原曲に敬意を払っているかんじで素敵だなと思ったりした
・そんなことを考えながら星屑のスパンコールを聞いていると
・しんぐふぉーゆーと歌っていてちょっとにやっとする
・サントラはこのARASHI〜星屑のスパンコールの流ればかり聞いている
・カーテンコールで階段から下りてくるときに自担が足を上げていてその上がり具合が素敵
・プレゾンは出演者全員がリハを本当によくやってきたんだなという鍛え抜かれた身体というか
・どこか痛めているとかそういうのは置いておいて、各自がいま一番最高のパフォーマンスができる状態なんだろうなというのが見ていてよくわかって
・自担もいつもより絶対に身体もやわらかくなっていて足も楽々と頭を越えていくかんじで
・その鍛え抜かれた感じを見るのも清々しくてとても好きで
・これはコンサートでは絶対に味わえない感覚で
・プレゾンを見ていると自分も身体を鍛えたくなる(笑)
・素敵さを文字にするのは難しいのだけれど情熱の一夜も結構好き
・もともとのフリも好きだし新しいフリも好きで
・少年隊の後ろで踊っていた情熱の一夜を思い出して懐かしく思ったりする

雑誌の話
・他にも書き逃したものがあったような気がするけれどとりあえずデュエット8月号
・クリエレポを除けば久々の雑誌!嬉しい!
・メンバーカラーの服を着ていてちょっとにやっとする
・自担があまりしゃべっていなくて雄大くんがどんどんしゃべっていくかんじがいつものかんじで
・クリエの思い出話をしていてなんだかもうずいぶん前のことのようだなと思ったりして懐かしいのだけれど
・今年初めには「なんとか今年中に単独ライブをやりたいと思っているんで」って福さんが言ってたんだよなあと思うと不思議な気持ちになる
・ダンサーさんがふぉーゆー4人だけがステージにいる姿をみて男泣きしてくれた話は嬉しくて
・そういう応援してくれている気持ちにふぉーゆーはこれから応えていかないとね!と思ったりして
・ふぉーゆーががんばればがんばるほど喜んでくれる人がファン以外にもいるというのはとても素敵なことだなと思ったりした
・話はそれるけれど昨日はプレゾンに永岡さんが来ていて
・いつかは来ると思ったけれどもう来たのか!早っ!と思ったりして
・でもちゃんと来てくれることが嬉しくて、絶対に楽しんでくれるだろうなという確信があって
・フォトシールに並んでいたという目撃情報を聞いて笑って
・永岡さんはもはやファン以外じゃなくファンのうちにはいるのかなと思ったりした
・雑誌の話に戻るけれど
・さりげなく「つぎはオリジナル曲で」と言っている福さんに密かな野望を感じて
・さすがリーダー!とついていきたくなる
・「今年のみどころを松崎くんに聞きたいな」と雄大くんが自担に話をふるあたりが、ラジオっぽいなと思って
・ラジオを経験することで得たことも大きいなと思ったりした
・そしてその後の福さんの「奇遇だな僕もそう思っていた」の後のこっしーの「オレはひとかけらも思っていない」の流れも好き
・ひとりひとりのコメント部分で
・雄大くんが髪型を変えようかなと言っているのは、それがいいなと思って
・他の3人はもう定番というかそれしかないというかんじでそれが似合っている最終形というかんじだから
・雄大くんが色々変えていくのはいいかもしれないと思った
・こっしーが前髪をあげる話は、私も似合うと思うからそれがいいなと思って美波里さんにアドバイスをもらえるなんてすごいこと!と思って
・自担がネコとネズミが仲良くけんかするアニメにはまっているという話には、え?えええええええ?!?!?!と思って
・いまこのタイミングでなぜそのアニメと思って
・私もこどもの頃はよくみてたなとか思ったけれど
・福さんがインターネット経由で海外のラジオを聞くのが好きと言っているので
・奇遇ですね、私は名古屋のラジオを聞くのが好きです!と伝えたくなった

GravityDVDの話
・通常版にふぉーゆーが出ていた
・通常版はMC入りだから、MCで光一くんが「今日はふぉーゆーも来ているんですけど」みたいに話をふってくれて
・そのときにちゃんとカメラが客席のふぉーゆーをとらえていて
・でもスポットライトが当たってなくて暗いままなのだけれど
・それでもとらえていて
・暗いなかで光一くんのいじりに反応してリアクションしている様子が映っていた
・まさかこれがDVDに入るとは思っていなかったから嬉しいし面白いなと思って
・誰が指示したのかはわからないけれど
・ふぉーゆーはライト当てなくていいから、でも映像はとっておいて、みたいなところに
・優しさを感じる
・こうやってDVDに映像が入ってみると、ああやって名前を出しておきながらライトを当てないというのはわざとで冗談だったんだよなあというのがはっきりわかるし
・そういえば出る出ないで右往左往したなという去年の秋の大事な思い出のひとつがこうやってDVDに残ったなと嬉しい気持ちになった

そんなこんなで先月までののんびりした気持ちから一気にいろいろ始まって
ふぉーゆーの渦に巻き込まれている今日この頃
ぴたラジの感想はまた次の機会に

arashigumi at 08:22|PermalinkComments(0)

2013年07月06日

プレゾンの夏がやってきた!

初日から数日の率直な感想を少しだけ

・観客がプレゾンをどれだけ楽しみにしていたかが開演すぐの熱気で伝わって嬉しくて
・最初のほうのテンションの上がり具合がすごかった
・優馬のダンスが分かりやすくうまくなっていて10代の成長恐るべしとおもって
・ハットとしてぐーは福さん臭が強くて
・あまりにも似合いすぎで福さんに釘付け
・100%そーかもねはサントラを聞いて自担ソロかっこいい!って思って楽しみにしていたのに
・周りのお客さんがその部分で大うけしていて
・あれっ?って一瞬思った(笑)
・まいったね今夜の怪しいピアニストとベース奏者
・あらしは楽しみにしていて
・やっぱり楽しくて
・あれ?サントラの歌割りと違うかな?と思ったのだけれど
・終わってサントラ聞いてみたらステージ通りだった
・やっぱり声が似ているんだな自担以外の3人は
・よく遊び〜は優馬とトラジャと見せかけてふぉーゆーで
・かわいいかんじで楽しかった
・そのはじけ具合がエスカレートしていきそうで楽しみ
・ARASHIでコントが始まった時のお客さんたちの待ってました感
・ふぉーゆーファン以外にも需要があることを感じてなんだか不思議な気持ちになった
・星屑のスパンコールは大人なかんじで素敵
・翼くん、屋良くん、優馬が
それぞれバックを従えて歌いながら前に出てきて
・ふぉーゆーはその後に4人で前に出てきて
・バックじゃないんだ、ふぉーゆーなんだと静かな感動がある
・またいつか会えるよねの歌詞が好き
・客席おりもあって、自担が広く浅くお客さんに大人気で
・その広く浅く感は優馬にひけをとらなくて
・みんなに愛される自担かっこいいと思ったりした
・衣装すごかったな
・網シャツ率の高さ
・はだけたジャケットは誘惑だと歌っていたから
・すけすけのシャツをみて誘惑してる!と笑った
・毎度ながら2階のぞんざいな扱いはどうなのと思うけど
・今年は自担がいいところを全部持って行くから
・すべては自担の前フリだなと思う
・そして、カーテンコールで自担が2階をずっと気にしていて
・2階は俺の客!と思っているのかなと微笑ましくて
・何より2階のみんなも楽しんで欲しいという優しい気持ちが伝わってくる
・友達が次々と2階席を私に持ちかけてきてちょっと面白くて
・ひとりで青山劇場の空気をさらって行く自担は結構好き


時間切れなのでここまで


arashigumi at 08:02|PermalinkComments(0)

2013年07月03日

しまった!

うっかりプレゾンサントラをフラゲしたら
聞いているだけで楽しくて眠れない
明日初日なのに!

この曲をふぉーゆーが歌うのか!という驚きがあったり
この曲をふおーゆーが歌っているのがCDになって本当に嬉しい!と思う曲があったり
誰が歌っているのかわからない曲は明日答え合わせをするような気分で面白かったり
何も知らないまま初日を迎えたほうが楽しかったかなとちょっと思ったり
でも一日でも早くCDを手に入れることは本当に大事なこと!手に入れられなくなる前に!と思ったり(笑)

明日からプレゾンが始まる実感があるようなないような
不思議な気持ちで

クリエぶりのふぉーゆーはどんなふぉーゆーだろう
早く寝なきゃと思いつつ
もう一回だけサントラを聞いてから寝よう

arashigumi at 00:19|PermalinkComments(0)

2013年05月18日

プレゾンの話

山手線に乗りながらそういえば山手線に銀座駅はないよなあとぼんやり考えて
またクリエの思い出にひたってにやにやしていたらプレゾン2013のお知らせがやってきた

今年もそこにふぉーゆーの名前があって
そして堂々と翼くん優馬くんの次に名前があってそれはやっぱり嬉しくて
そんぐあんどだんしん靴覆海箸剖辰い
そんぐあんどだんしんは好きだからぜひまたやって欲しいと思っていたけれどないだろうなと思っていたから
またあの素敵な歌とダンスの世界が観られるのかと思うとわくわくして
今年も夏がやってくる!
とクリエで聞いたあの曲が頭の中にこだました

青山劇場でプレゾンができるのも来年まで
というかんじのお知らせも同時にあってそれは寂しくて
今年はいつも以上に青山劇場で過ごす時間を大切にしようと思った

そんぐあんどだんしんのメンバーがおなじみの顔ぶれで
これは去年以上のものを見せてこないとお客さんは納得しないだろうなと思って
どんな初日を迎えるのか今から楽しみで
そしてクリエ後のふぉーゆーを見るのも楽しみで
新しい世界を知ったふぉーゆーはもう去年のふぉーゆーじゃなくて
そんなふぉーゆーが表現にそれをどう生かしてくるのかが楽しみ

そして毎週これを書いている気がするけれど
ぴたラジの土曜日がやってくる!
こんなに週末が楽しみになるなんて思わなかったなと思って
それだけでなんだかもう幸せな金曜の夜

arashigumi at 00:16|PermalinkComments(0)