★さよなら!〜青山劇場★PLAYZONE 30YEARS★1232公演

2015年07月05日

プレゾンDVDの話

プレゾンDVDの話を書こう

・実際に舞台を生でみるのには叶わないという思いとぜひブルーレイで!という思いは相変わらずなのだけれど
・プレゾンの思い出を残すこのDVDはとても貴重だし嬉しくて
・今年のことだなんて実感がなくてもう遙か昔のような気がしてしまうのだけれど
・初回版のブックレットがとてもよくて
・プレゾン写真集だなというかんじで
・ストレッチをしてる写真も嬉しくて
・ふぉ〜ゆ〜4人で写ってる写真もよくて
・というか写っている全てのプレゾンメンバーが良い表情をしていて
・プレゾンが充実していたんだろうなというのが見るだけで伝わってくる
・初日で始まり千秋楽の写真で終わるかんじがちょっとせつないような充実したような不思議な気分になった
・本編DVDで一番気に入ったのは、情熱の一夜で
・少年隊の今までのプレゾンの歴史の映像の後に登場してくるのがふぉ〜ゆ〜というのが
・実際にみているときはそんなに思っていなかったのだけれど
・いまこうやって映像でみると歴史をふぉ〜ゆ〜が背負っていくみたいにみえて
・おおおおお!!という気分になる
・Disk2はやっぱり初めて見るものだから嬉しくて
・毎度毎度同じ内容なのだけれど(笑)、だからこそ成長とかがみてとれるのかなとも思ったりして
・ふぉ〜ゆ〜のご覧の皆さん、DVDでーす(笑)
・雄大くんの髪型がくりくりでああそういえばこんなかんじだったと思い出して
・なんだかここ最近は毎週普通にいまのふぉ〜ゆ〜を見ているから
・半年前のふぉ〜ゆ〜を画面でみると不思議な気持ちになる
・青山劇場の思い出のコメント
・こっしーが「わんうぇいぼーい」と言っていてふぉ〜ゆ〜はそう略して呼ぶんだとか思ったり
・わんうぇいぼーい好きだよね、何度もみたなと思ったりして
・雄大くんの「少年隊の焼き魚のにおい」というのは前にもどこかで聞いたなと思って
・少年隊と一緒に出られたのは2年間だけだから、その時のことをいまでも思っているんだなと思ったりして
・福さんの少年隊好き具合は間違いなくて
・そして間違いなくプレゾンの少年隊はかっこよかったから
・そのかっこよさをちゃんと感じて目標にできるふぉ〜ゆ〜もかっこいいなと思った
・自担のガイズプレゾンというコメントも嬉しくて
・ちゃんといまのプレゾンのこともはずしてなくてバランス良いなと思って
・ガイズははずせないよねぇという気分になった
・自担の服が翼くんのものという話題
・そうだよねぇ、なんか違和感があったと思って翼くんときいてさらに納得して
・服でこんなに印象が違うなんて!と感心した
・おかげでトラジャのコメントのときに登場してくる翼くんが白シャツ一枚で
・洋服とられちゃった人みたいになっていて
・いいのかなこれとちょっと笑って
・光一くんがうぇ〜い!とふぉ〜ゆ〜に笑顔を見せていてじゃあねと手を振っているのはかわいいのだけれど
・あの扉の向こうの客席に入った途端きっと仏頂面だったんだろうなと想像すると面白すぎて
・スペシャルゲストのコメントを聞いているとなんだか青山劇場さようならという気持ちになってきて
・ちょっとしんみりして
・誕生日の様子や初日千秋楽の様子も収録してくれているのはありがたくて
・千秋楽にスタッフも含めて円陣を組んでいる様子はちょっと感動的で
・むしろスタッフのほうが劇場への思い入れはあるだろうなと思ったりした
・千秋楽の雄大くんの挨拶の「青山劇場に恩返しを」の話を聞きながら
・2006年のプレゾン初日のことをなんとなく思い出して
・青山劇場にふぉ〜ゆ〜が出られるなんて自分がここに来る日がくるなんてと思っていた感覚が蘇ってきた
・千秋楽外挨拶の様子も
・年々人数が増えていったんだよなと思い出したりしていつから始まったのかなと記憶をたぐってみたりして

去年の今頃も、一昨年の今頃も、ここ数年ずっとプレゾンだったなと思うと
なんだかちょっと寂しくて
じわじわと青山劇場のプレゾンが終わったことを実感しているのだけれど
プレゾンが終わったことは明言されてない気がするから
「プレゾンが帰ってきた!」とまた不定期でもよいからどこかでプレゾンが続いていけばよいなと思っている
光一くんにおけるSHOCKがそうであるように
プレゾン組におけるプレゾンは何か自分を見つめ直す場所というか必要な場所な気がする

arashigumi at 21:20|PermalinkComments(0)

2015年01月25日

プレゾンの話その5

プレゾンの話をあまり書かずに終わってしまったな
でも千秋楽を中心に書けるだけ書いてみよう

・千秋楽は入口でなにやら箱入りのものを渡されて
・どうやらそれはペンライトらしく
・ああなんかこれデジャブ・・と思って
・そんなサプライズをやるなんてなんだか不思議な気分だなと思って
・そして千秋楽の幕が開いた
・客席の盛り上がりがすごくて
・よく「どの公演も同じ公演」とは言うけれどお客さんもやっぱりテンション変えてくるよねぇと思って
・でも盛り上がらないより盛り上がったほうがよいに決まっているから
・そのテンションにのっかって自分も盛り上がって楽しんだ
・これだけお客さんが拍手喝采だとやっているほうも気持ちがよいのだろうなと思ったりして
・ひとつひとつの曲は、千秋楽だから、みたいなことは特にない気がして
・いつもみたいな全力のパフォーマンスというかんじで
・千秋楽の実感があるようなないようなかんじでみていたのだけれど
・2幕になってWe'll Be Togetherになって客席のペンライトが一斉に青く光り出して
・正直なところこれでサプライズ成功するのかな、喜んでくれるのかなと思わなくもなかったのだけれど
・翼くんが最初に登場して、歌につまってぐっと何かを感じているのをみて
・ああ喜んでくれたんだな、よかったなと思って
・屋良くんも優馬くんもなんともいえないじーんとした表情をしていて
・ステージからはこの風景はどういう風に見えているのかなと思ったりして
・そのかんじで一気に千秋楽なんだなという実感がわいてきた
・ふぉ〜ゆ〜はというとにこにこちょっと他の人たちよりは余裕があるかんじで
・この曲で千秋楽気分が一気に盛り上がったのだけれど
・その次のマーチ!がすごかった
・客席の手拍子の迫力がすごくてそれにのせて踊るマーチ!は鳥肌モノだった
・先日DVD撮りをしていたけれど、今日この公演のマーチ!を映像に残してもらいたいと思うぐらいで
・会場がひとつになるってこういうことなんだろうなと思ったりした
・ガイズは言うまでもなく最高に熱くて
・ああ、これが私の好きなプレゾンだと思って幸せな気持ちになった
・そういえばガイズの最後にユニットごと紹介されて捌けるときに
・トラジャのところでさりげなく舞台袖からあらんくんが出て来て9人で最後のポーズを決めたのは
・よい演出だな、さりげなくでてくるかんじがまたいいなと思って
・最後全員揃ってよかったなと思ったりした
・色々な過去出演者のさようなら青山劇場の出演者バージョンも流れて
・予想の範囲内だったけれど嬉しくて
・ふぉ〜ゆ〜の言い方はなんとなくTOKIOっぽくて
・千秋楽は、ヒガシさんと植草さんとTOKIOの山口くんが来ていてステージで挨拶もしていったのだけれど
・また少年隊で何かを、みたいな話題になったときに
・福さんがものすごい速さで拍手をしていて
・本当に心からそれを待ち望んでいるんだなというのがみてとれて
・私も少年隊がみたいからぜひ実現を期待したいなと思ったりした
・最後に各ユニットごとに挨拶もあって
・ふぉ〜ゆ〜は雄大くんが代表で挨拶をしていて
・よく覚えていなけれどやっぱり真面目な感じで雄大くんらしい挨拶だったような気がする
・印象的だったのは
・客席に手を振るときに自担がぐるっと青山劇場を見回していて
・お客さんを見渡すというよりは建物に視線を注いでいるかんじで
・ああ、青山劇場に愛着があるんだなと思って
・嬉しそうに満足気に見渡しているその表情をみて
・よい青山劇場の締めくくりだなと思って自分自身もなんだか満足した気分になった
・お見送りはまあいいよね
・ふぉ〜ゆ〜でかいな!という印象と
・並んでいるときに周りにいた人が「ヒガシとカッチャンもいる!」と言っていて
・またまた〜と思っていたら本当にいてびっくりしたこととか
・最後だから会場外の挨拶も聞きたいなと思って参加したけれど
・足が痛い記憶だけが残ったこととか
・そんなこんながやがて思い出になるんだろうなと思ったりして
・外挨拶をみながらなぜか夏の白いタキシード姿のふぉ〜ゆ〜を思い出していて
・あれは900回記念のときだったなその時はこんなに人が溢れていなかった気がするなとかなぜかやけに思い出されて
・本当にこれで青山劇場が終わっちゃうのかなというまだ実感が伴わない不思議な気持ちもありつつ
・プレゾンもどうなるのだろうという思いもありつつ
・不思議な気分で千秋楽公演が終わった
・少年隊の話を聞いているときのふぉ〜ゆ〜の手を前で組んで立つ姿勢が
・2:2で分かれて立っているのに4人綺麗に揃っていてふぉ〜ゆ〜だなぁとにやにやして
・他の出演者はだいたい後ろに手を組んでいて
・きっとそれがそれぞれの正しい礼儀正しい姿勢なんだろうなと思って世代かなとか思っていたけれど
・優馬くんも手を前に組んでいてふぉ〜ゆ〜と同じポーズだからふぉ〜ゆ〜ま!と思って
・優馬くんこっち側なのとちょっと面白かった
・なんとなくふぉ〜ゆ〜のプレゾンに対する思い入れのスタンスは他のユニットとは違うんだなと思っていて
・そりゃそれぞれのユニットでかかわっている年も違うし当たり前といえば当たり前なのだけれど
・うまく言えないけれど翼くん優馬くん屋良くんふぉ〜ゆ〜がひとくくりだなと
・外挨拶の写真が載った新聞をみながら思ったりした
・もっと色々書いておけばよかったけれど日々が過ぎるのはあっという間で
・マッチさんが福松にグータッチを自ら差し出して来てくれてリップサービスじゃなくふぉ〜ゆ〜のことを買ってくれているのだなと思って嬉しかったこととか
・町田さんがサイドでそっと見ていたのを見つけたこっしーが町田くん!町田くんじゃないですか!みたいに話しかけて立ちましょうよ!みたいにせがんでいてなんだか嬉しかったこととか
・ケジメの自担に客席がゲラゲラ笑っていたのをみて嬉しかったこととか
・気まぐれ〜でバイクをちゃんと金具で止める福松と止めない辰越が面白いなと思ったこととか
・ずっとひそかに気になっていたこっしーのヴィーナスの振りが千秋楽で直っていていまこのタイミングで直るのか!と驚いたこととか
・日に日にガイズでの福松の距離感が近くなっていてみていて別れを惜しむ気持ちになったこととか
・翼くんのソロは、色々大変なことを乗り越えた今聞くとまた深みを感じるなと思ったこととか
・優馬くん歌やっぱり上手いなとか
・屋良くんの安心感はすごいなとか
・ゼイもMADもがんばってるなとか
・トラジャの成長っぷりはおそろしいなとか
・色々な感情が交ざりながらプレゾンの幕が閉じた

正直なところ、まだ実感があまりわいていなくて
またこの夏も青山劇場でプレゾンがあるような気がしてしまっている
きっとじわじわと終わった実感がやってくるのかもしれない


arashigumi at 01:09|PermalinkComments(0)

2015年01月13日

プレゾンの話その4

・「光」は相当好きな曲なので今回セットリストに入っていて嬉しいのだけれど
・光の何が好きかって自担の踊り方で
・この曲似合うなーと思って良さが発揮される曲だなと思って
・光のダンスは何時間でも永遠に見続けられるなと思ったりする
・だから前半で捌けていくとああああ!!もったいない!!と思うのだけれど
・今回は、今までの曲だけど人は変えるかんじが多くて
・変更上等のそんな世界の中
・それでも同じメンバーが出ている曲が逆に興味深いなと思って
・真夏の夜の花とか
・屋良くんがダンスパートにも出ているという変化はあるけれど
・やっぱりこの曲はまどの人生、、、と思いながらみて
・これはこのメンバーで踊るからいいんだなと思って
・こういう憂いのあるダンスというか
・若さでもなくうまさでもなく表現の奥行きみたいなものがあるのは
・挫折や屈折やよくわからないけどそういうネガティブな感情と無縁ではなく
・みる側が勝手に想いを重ねているだけかもしれないけれど
・この曲を踊るふぉ〜ゆ〜は好きだなと思って
・いつも明るくて屈託のないふぉ〜ゆ〜が好きといままで書いてきた気がするけれど
・もしかしたら自分はそうじゃないネガティブな部分も好きなのかも知れないと発見したりした
・その人間の奥行きに惹かれているのかもしれない
・ガイズでの自担の動線を目で追うと
・これでもかというぐらい福さんとコンタクトをとっていて
・やぐらの上で、下で、フードをかぶって、客席で
・なんだかその姿が頼もしくて
・どんどんお互いにテンションを高めあっている感じがみていて心地よくて
・あがりきったテンションでのガイズの踊りが好き


arashigumi at 23:16|PermalinkComments(0)

2015年01月11日

プレゾンの話その3

3連休は少しずつプレゾンDVDをみようと思って
まずは2010 ROAD TO PLAYZONEをみた

・この年に幻炎もやっていたのか!と思って
・FUN DANCEは曲が好きすぎるから記憶に残っていたのだけれど
・ダイヤモンド・アイズもこの年にやっていたのか!と思って
・まさに今回のプレゾンがいまのプレゾンチームになってからの総決算だなと思って
・優馬くんやトラジャが若くてうわぁ!と思って
・やっぱりFUN DANCEは曲とダンスが好きすぎる
・当時のオレンジシャツはABC-Zなのだけれど
・今年のふぉ〜ゆ〜はオレンジはオレンジでもキラキラ生地のシャツを着させてもらっているから
・なんだか嬉しいなと思ったりした
・そしてTell Me Howを優馬くんが歌っているというのが今改めてみると興味深くて
・当時は優馬くんにそんなに思い入れがないから他の人が歌っているなぐらいに思っていたのだけれど
・いまみると優馬くんが歌っている、そして今年はふぉ〜ゆ〜まで運命のひとを歌っている、という不思議な縁を感じる
・想SOHの映像は当時は過去映像に少年隊が出るべきところにふぉ〜ゆ〜がでるからちょっと面白いなと思っていたのだけれど
・いまみると、もうなんだかさよなら青山劇場というかんじでしみじみしちゃって
・唯一かどうかは定かではないけれどDVDになっていない2007年のプレゾンだけど
・あの夏もふぉ〜ゆ〜は青山劇場でがんばっていたんだよなと思って
・その欠片だけでもこのDVDに入っているのは嬉しいなと思ったりした
・DVD発売当初は雄大くんいないやと思っていたけれど
・いまみたらこっしーの後ろにふぉ〜ゆ〜3人がちゃんと映っていておお!といまさら思ったりした
・DISC2のオーデション場面もみて
・そういえばMADだったなと思い出したりして
・若いけど今のほうがかっこいいと自信を持って言えるなと思って
・そしてタッキーをはじめ諸先輩方がオーデションを受けたけど
・ふぉ〜ゆ〜がオーデションに受かって翌年からプレゾンに出られたんだなとか思って笑った
・なにかでこのときが優馬くんとふぉ〜ゆ〜の初対面、みたいなことを言っていたような気がするから
・いまとの距離感の違いが新鮮で面白いなと思ったりした

arashigumi at 23:18|PermalinkComments(0)

プレゾンの話その2

思いついたままのメモ

・ファンダンスでこっしーだけスニーカーなのは、アクロバットをするからなんだなと思ったり
・ケジメで福松がダブルサングラスをしてくるから、そのサングラスどこからもってきたのだろうと思ったけど
・そういえば気まぐれ〜でふぉ〜ゆ〜がサングラスかけてたなとか
・ケジメで自担が役に入りきって渋い顔で客席を回る姿は好きで
・そしてそれをみてにやにや笑いをこらえている優馬くんを見るのも好き
・ファンダンスの優馬くんのフライングがかっこいいから
・いつかふぉ〜ゆ〜もああいう一点吊りのフライングをやっている姿がみてみたいなと思った
・今回は終わりっぽい曲がきてもまだ続く、みたいなかんじがあって
・アンダルシア、マーチ!、光、うぃるびーとぅぎゃざーその他諸々いままで1幕や2幕のシメに用いられていた曲がセットリストにたくさん入れられていて
・それだけ「決め曲」を集めてきたんだなと思ってやっぱり総まとめみたいなかんじだなと思った
・かっこいい運命のひとが終わって余韻にひたっていたら
・次の曲のイントロとともにステージにひとつだけ上手のマイクスタンドが残っていて
・えええええええええ!!と思って
・捌けるときに持っていき忘れたのだろうけれど
・そうそう忘れるものじゃないだろうと思って不思議で
・そでに行ってからああああっ!って気付いたのかなとか想像したら面白くて
・この後どうするのだろうと思ったら
・まるでそこにマイクスタンドなんてないように普通に次の曲がすすんでいって
・雄大くんが楽しそうすぎて笑いをこらえているのだけれど
・自担は本当になにもなかったかのように平然と歌っていて
・他の出演者はみんなちらちらマイクスタンドを気にしているのに一切気にしていない自担に笑った
・途中で江田くんがうまいタイミングでそっと横によけてくれて
・そして捌けるときに福さんがよけてあったマイクスタンドをそでに持って帰って
・スタッフにすみませんって頭をさげているところもみえて
・なんだか後始末をしてくれるのがその2人なところも面白くて

ファンダンスで肩を組むふぉ〜ゆ〜を見ながら
そういえば4人揃ってのこんな姿はしばらく見られなくなるんだなとしんみりして
でもラジオがあるから大丈夫!と思い直して
あれ、でもラジオいつ録るんだろうと
ひくぐらい録り溜めしていた光一くんを思い出したりして
まああれは光一くんだからということにしておこうと思ったりした

arashigumi at 00:45|PermalinkComments(0)

2015年01月09日

プレゾンの話ありがとう青山劇場

プレゾンの話は少しずつ書いていこうかな

・今回はここ数年のプレゾンのベスト版だなと思って
・やってほしかった曲満載で
・選曲素晴らしいなと思った
・光とか、どうなってもいい〜イッツバッドメドレーとか、マーチ!とか
・ガイズ、ロードトゥは言うまでもなく
・ふぉ〜ゆ〜曲もあらしもきまぐれ〜も両方あって
・個人的に高まったのはファンダンスで
・数年前にファンダンスやると見せかけてやらなかった年があった記憶で
・えーファンダンスやらないのか、と思ったことがあって
・今回ふぉ〜ゆ〜のファンダンスがみたいという夢がまたひとつ叶った
・でも一番印象に残っているのはふぉ〜ゆ〜まの運命のひとかもしれない
・踊っているふぉ〜ゆ〜を押さえて歌っているふぉ〜ゆ〜が印象に残るなんて新しい
・大人な雰囲気を醸し出していて
・そりゃまあ大人だし、とつっこみつつも
・ふぉ〜ゆ〜だからつくれる空気がそこにあるなと思ったりして
・どうしても下手を見ちゃうから自担とこっしーが目に入るのだけれど
・ソロ以外の歌パートで
・あくまでもマイクで歌うかんじで歌いながら踊る自担と
・マイクで歌う気ないでしょうというこっしーのマイク気にしない加減が面白くて
・個性がでるなと思ったりした
・ありがとう青山劇場、と最後ひとことずつ過去の出演者たちが言う映像は
・しんみり言う人も朗らかに言う人も両方じーんとするなと思って
・本当に青山劇場ありがとうという気持ちになってきて
・こんなに場所に対してありがとう、と思ったこといままであまりなかったなと思って
・ふぉ〜ゆ〜が過ごした青山劇場での時間も考えるけれど
・それはそのまま自分が青山劇場で過ごした思い出で
・青春をありがとう、本当にそんな気持ち
・今回のセットリストは優馬くんや翼くんの完全ソロ曲は別として
・ほとんどふぉ〜ゆ〜が今まで関わった曲だなと思って
・割と脳内ではふぉ〜ゆ〜が踊っている
・ほとんどというより全部じゃないかと思ったのだけれど
・幻炎はないかな、どうだろうなその辺の自担の記憶はもう曖昧だなと思って
・頭の中でFコンの剛くんの幻炎を思い出しちゃうからダメダメ!と頭から追い払う
・あなたと会えてよかった〜優しい人でよかった〜のファンダンスのフレーズが好きすぎて頭をぐるぐるするプレゾン2015
・2週間ちょっとの公演だけれど
・ありがとう青山劇場という気持ちでふぉ〜ゆ〜がステージを楽しんでくれればと思って
・トラヴィスが肋骨ミュージックをやってたのはお茶目だなと思って
・トラヴィスとステーシーはいつでも全力元気溌剌ですごいなと思って
・元気出していかなきゃなと刺激をもらう

そうこうしているうちに、今日は金曜日!
三連休はプレゾンのDVD三昧しようかなと思ったりする今日この頃


arashigumi at 07:40|PermalinkComments(0)