僕の友達

2018年02月03日

僕の友達その2

二回目の観劇

友人に会いがてら僕の友達を再度観劇した
もう月日は流れて2月で前回の観劇から1ヶ月近く経っていて
前回が遠い昔のことのように感じていた
多少は変わっているのだろうなと思いながら青山に向かったのだけれど
多少どころか全然印象が違っておお!と思った
もう千穐楽近いからというのもあるのだろうけれど場がこなれていて
なんというかより自然体になっていて役者3人が3人ともその役で普通に楽しんでいて
前回は小説を読んでいるような気分だったけれど今回はコメディをみている気分だった
前回の雰囲気もそれはそれで好きなのだけれど声を出して笑えた今回はまた別の意味で楽しかった
そして1時間45分があっという間に過ぎて
物語は最後にトニーに対する温かい眼差しで終わるのだけれど
それがそのまま雄大くんへの温かい眼差しとなって
それは田中健さんやたーたんさんは勿論、客席の皆さんとか周りの全てのあたたかさで
なんだかそれに感動して泣いてしまいそうな気分になった

きっとそれは間にスピリッツの発売があったりして
ふぉ〜ゆ〜に対する周りの愛みたいなものを感じたのも少なからず影響していて
そしてカーテンコールをする雄大くんを見ながら思い出したのは
スピリッツでの福さんの「発信する側の優しさや考え方、生き方にお金を払う」みたいなコメントで
それは目から鱗というか深く納得したというか
ただ目先の面白い面白くないとかそういうものも勿論あるけれど
それだけではない人の生き方にお金を払うというのはまさに自分のふぉ〜ゆ〜に対するスタンスはこれなんだなと思って
それだけの価値のあるものだし
ふぉ〜ゆ〜だけではなく「この人の芝居みてみたいな」と思うのはそういうことなのかもしれないと思ったりして
ぼんやりとエンターテイメントについて考えたりした

DDDシアターで福さん舞台のチラシを手にしながら
そういえばまた福さん舞台でここに来るんだよなと思ってワクワクして
こういう個人舞台をふぉ〜ゆ〜がやってくれるのはとても嬉しいな
絶対成長するし個人の成長がグループの成長につながるのは目に見ているし
そういう刺激がないと多分また新しい段階には行けないだろうからどんどんやって欲しい
もちろん4人での仕事ありきの話だけれど

そして明日からSHOCKが始まる!
3人のふぉ〜ゆ〜仕事という新しい展開もちょっと楽しみで
優馬がいるからある意味ふぉ〜ゆ〜だけれども(笑)
どんなSHOCK2018になるのだろうと期待している今日この頃

arashigumi at 10:53|PermalinkComments(0)

2018年01月28日

僕の友達

書いていなかったけど結構前に観に行ったのでちょっとだけ感想を書いてみよう

・DDD青山クロスシアター!初めての会場!ワクワク!
・青山劇場の隣だから色々な思い出がフラッシュバックする
・あんなに通った道なのにあれ以来行くこともなかった通りの風景が懐かしい
・会場は小さくて見やすくて椅子がよくて嬉しい
・前知識とかあまりなくてストーリーも知らないまま観に行ったから、物語の結末はどうなるんだろうと小説を読んでいるかのような気分だった
・たーたんさんが可愛らしいお嬢さんでGACHIの姉御的な印象と真逆で
・ひらひらのスカートを可憐に舞わせながら動き回る姿にため息が出た
・田中健さんは最初はテレビで見ていた人だーと思ったけれど物語が進むとすっかりその役の人にしか見えなくて、すごいなこれが演技力なんだろうなと感心したりして
・雄大くんはとにかくのびのびと演じていて
・これだけ思い切り演技ができたら楽しいだろうな演技をしている雄大くんは好きだからもっとこれからも色々な舞台に出られるとよいなと思ったりして
・物語は映画をつくる話がでてくるのだけれど、みながらその物語自体に演劇への愛情というかそういう作り手の愛みたいなものを感じて
・そして楽しみながら演技をしている雄大くんもその演劇への愛情を持つひとりであって
・見ていてなんだか幸せな気分になった

そういえばもうすぐ発売されるたーたんさんのCDにレイズミーアップが入ると知って
これは絶対聴きたいと思って発売を楽しみにしている
きっと聴きながら脳内でふぉ〜ゆ〜が白い衣装で踊り出す

先日のぴたラジ!のV6コンの思い出話も面白かった
このブログを始める前の話の2003年の話
バックステージツアーの話とか懐かしいな、たしか抽選で当選者が見られるもので応募したけどはずれた気がするなとか微かな記憶をたどったりして
そして面白いなと思うのは当時裏でそんな出来事があったなんて知るわけもなく
客席からだけの視点でそのときの自担を知っているのだけれど
それを数年後というかもう15年前の話になるけれど
いま新たな角度から実はこうだった!みたいな感じで真実を知るみたいな感じが面白い
普通は雑誌でそういう裏話が同時進行で語られるのだろうけれど
当時は雑誌に載ることもなく勿論ラジオもweb連載もなく世に出なかった面白エピソードがたくさん眠っているだろうから
その時を取り戻すかのようなメモリーズふぉ〜ゆ〜のコーナーはただの思い出話以上の価値があると思っている
そしてV6に怒られた話が何より興味深くて
すごいな、貴重な体験だなと思うし
そうやって剛くんや井ノ原くんがちゃんと後輩に指導しているというか
スタッフに怒られるのではなくV6に怒られるという構図が素敵だなと思ったりした
ふぉ〜ゆ〜もちゃんと後輩に指導しているのかな
そもそも使うべきBOXに勝手にひとりで入っちゃう後輩なんていないのかなとか
想像するだけで面白い
余談だけれどそのツアーの曲ではMY DAYSが好きでいまだに時々聴く
ふぉ〜ゆ〜はバックについていなかった曲だけれど当時ふぉ〜ゆ〜のことを思いながら毎回聴いていた
久々にその時のDVDが見てみたくなった

もうすぐSHOCKが始まるなとカレンダーを眺めて
優馬ライバルが楽しみだしふぉ〜ゆ〜3人が出るというのも今までにない形だから楽しみで
まずは明日のスピリッツを楽しみにしている今日この頃

arashigumi at 16:09|PermalinkComments(0)