September 15, 2021

アラトーリ(aratori)インデックス

●アラトーリ(aratori)インデックス

■プロフィール

アラトーリ(aratori)
本名:歳森彰(としもり あきら)Akira Toshimori
1957 生まれ
高松高校卒
1975-1985 京都大学理学部数学系卒
1977 プロジャズピアニスト
1986-1996 ログハウス建築
2003 ロボカップジュニア京都開設
2008 日本音楽即興学会設立メンバー
2009-2019 無音ストリート(SSM: silent street music)
2013 ホームヘルパー(高齢者)/となりの人間国宝さん
        #ズボンとスカート両方履く
2015 視覚障がいガイドヘルパー
2016 アロマセラピストAEAJ/介護福祉士

2019 無音ストリートSSM活動終了、TP(timing progression)研究に注力
2021 リアル音楽活動引退予定(レッスンとセッションは現件継続、新規中止)、隠遁音楽生活開始、TP研究に注力




◼️TP(timing progression)研究

SSM21世紀レベル(100年規模)の歴史的な音楽行為ですが、TPは近代全体レベル(500年規模)の歴史的理論です。

ダ・ビンチ以来の人間の認識モデルを変更させるものです。

TPの根幹理論は(まだ正確には計測していないのですが)

人間が持つtiming notationの2種類の生成法
fixed generation「
4分音符と(最初の)8分音符は一致している」
fluid generation「
4分音符と
(最初の)8分音符は数10ミリ秒ズレている」

をmediateすることで、2小節、4小節、8小節といった大きなスパンの構造を作る
というものです。
以前はズレに集中していたのですが、2021から2つの生成法のmediateという考えに至りました。




■SSM: Silent Street Music(無音ストリート,2009-2019)——

2009.06.12 初実行
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2009-06-13.html

2011.07.23(土)放映 KBS京都「谷口な夜」谷夜調査隊—無音ストリート
https://youtu.be/A-cevYPh0kk
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2011-07-29.html

 2012.04 エッセイ「ご迷惑かけない無音ストリートライブ音楽」初論: 3つのプラクティス(非騒音、非占拠、被容認)が音楽即興の流動場をつくる。(英日対訳、約7万字)
The first theory of silent street live music without bothering others:
Three practices - non-noisy, non-occupying, being acknowledged - make a flow field of musical improvisation.
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-08.html

上記エッセイアップの補足
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-09.html

ワイヤレスジャパン 2012 「ご迷惑かけない無音ストリート(ワイヤレス&モバイル)が作る未来の町」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2012-05-17.html

2012.10.08 日本リズム協会での研究発表「無音ストリートとリズム—無音の演奏にリズムを感じるか?」(約17,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

2013.07.08 無音ストリート「となりの人間国宝さん(関西テレビ)」「テレビ放映へのコメント」
https://www.youtube.com/watch?v=ZtsZr0UxxyM
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2013-07-08.html

2017.07 「三関王—ザサイレント」無音ストリート、ケーブルテレビ放映
https://youtu.be/HXGsiZD42Ug
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-06-09.html

 2017.09.10 無音ストリートの実践: 面白さ、情熱、存在、視覚、男女問題、音楽種別
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

2018.02.03 電子楽器のある行く末のある岐路でのぼくの決断「グループSSMに移行しないでソロSSMを継続すること」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-02-03.html


2019.06.20

「アラトーリの無音ストリートSSM(silent street music)活動終了」(320回の活動、873のツイートの記録)

「TP研究へ向かいます」

「SSMでの鍛錬によりズレコントロールであるTPを実現する演奏スキルを得た」

「SSMの今後展望」

「SSK(silent street karaoke)の勧め」(普通の)音楽で稼ぐにはこれしかない!

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2019-06-20.html


——ここまで、無音ストリート




アラトーリの音楽——

■モバイルピアノ
2012.06.09 Aratori Jazz Yatai with Jun Suzuki and more
https://www.youtube.com/watch?v=lU679ezK9IE


■森田利久すみぞめバンド(1978-)
2017.07.02 Autumn Leaves - Toshihisa Morita 森田利久
https://www.youtube.com/watch?v=vHoDQAFJvWs


■Jun & Aratoriジャズスタンダードデュオ(2013-)
Jun & Aratori play Xmas songs
https://www.youtube.com/watch?v=8KEtDT_z2DI
赤鼻のトナカイで踊るさくらパンダ
https://www.youtube.com/watch?v=oTBvpeErdwQ


■レニー・トリスターノ・ソロピアノスタイル
2010.03.30 I'll Remember April
https://www.youtube.com/watch?v=edTQKYEBGhA


■無調でスウィング
2009.08.08 Aratori: Solo 01
https://www.youtube.com/watch?v=hLHBVZxwvno


■呼吸法を使いピアノを弾く
日本音楽即興学会(JASMIM)2010大会 演奏発表「(私の)音楽即興を実演解説」
歳森彰「タイムプロセシング(時間処理)の1方法:呼吸単位の循環」
「呼+吸」単位と「吸+呼」単位
http://jasmim.net/2010annualmeeting_toshimori.htm


■春分秋分
2008.01.31 Aratori Spring Yang (春の陽気)
https://www.youtube.com/watch?v=2b9klMD2eJI
2007.09.27 Aratori Autumn Yin (秋の陰気)
https://www.youtube.com/watch?v=jUFZl0XKylA

——ここまで、アラトーリの音楽





■新月満月
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10046562.html

■陰陽
陰の方法
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10020835.html
陽の方法
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10020836.html


■健康法、偽タバコ呼吸法、飲尿療法(2015.03-)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10055777.html

アラトーリ考案の ふくらはぎバンテージ ファッション

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2019-08-30.html



2021-09-03 Aratori's remodeling Namba walking has completed (video) ; 改造なんば歩き完成動画
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2021-09-04.html



■介護、アロマ、タッチング——

「直腸&前立腺セルフタッチング排便法」の勧め(約12,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-08-18.html

『親指脱力法により優しくお撫でいたします—優しいタッチングとは』(約4万字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2016-08-26.html

「ハンドをリラックスするための根本概念」(約11,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2015-08-05.html

アラトーリの男性用外収尿方式パッドの実験
オムツメーカーが「外収尿方式パッド」の開発をしてくれればよいのになあ!
http://blog.livedoor.jp/aratori-urine/


——ここまで、介護、アロマ、タッチング




■ログハウス建築(1986-1996)
「The Hira Log House built by Akira Toshimori/ 比良ログハウス(歳森彰建築)」
http://blog.livedoor.jp/aratori-loghouse/







■ブログタイトルの変遷
http://blog.livedoor.jp/aratori/


2005
48歳で始めた「下積み」音楽活動日記

2011.01.20
48歳で始めた「下積み」音楽活動日記ー2期目
(音楽で完全無収入)

2013
Aratori(アラトーリ)音楽活動日記

2019
Aratori(アラトーリ)#TimingProgression 研究
(無音ストリートSSM活動終了)





以上です。
  
Posted by aratori at 10:44Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music | 介護、ホームヘルパー

ある寓話


It's a fable.
A long time ago, God told all 200 people of a village.  
 "From now there will be a disaster and 100 people die. But if you offer one sacrifice, others will survive. Decide it tonight!"
Then, one person said,
 "I will be it."
All shed tears and praised the sacrifice.

それは寓話です。
昔、神様は村の200人全員に言われました。
 「これからは災害が発生し、100人が亡くなります。しかし、1つの犠牲を捧げれば、他の人は生き残るでしょう。今夜それを決めてください!」
それから一人が言った、
 「私はそれになるでしょう。」
全員が涙を流し、犠牲をたたえました。

  
Posted by aratori at 10:43Comments(0) corona コロナ 

September 12, 2021

隠遁音楽生活に入り、TP理論完成と非コミュニケーション音楽の実験をトライします。

The title and description when I started my blog at the age of 48 (2005)

"My diary of music apprentice activities that started at the age of 48"
http://blog.livedoor.jp/aratori/

Aratori (real name: Akira Toshimori)

When I was young, I performed around Kyoto as an up-and-coming jazz pianist.

However, I didn't like my performance and I became to think not let people hear me, so I stopped my musical activities.

For 21 years, I practiced with trial and error without communicating anyone. Finally, I got to have my own style and concept.

So, I restarted music activities at the age of 48. However, I'm in the state of Urashima Taro, if I opened the lid of the Tamatebako, I would get older in a blink of an eye. (written in 2005)


---2021-09-12
Now, 16 years later since then, in the fall of 2021, I am about to re-enter the hermit music life.
It's been about 50 years since I started playing jazz piano at the age of 15, and now 64 and I'm surprised at being able to play at last what I couldn't play before. (Of course I gave up a lot of another parts that I couldn't play)
I plan to complete the TP theory that I have been thinking about for many years within five years.
At the same time, I will start experimenting with "non-communication music in the digital world of 21 century".


--Google翻訳の日本語
---2021-09-12
それから16年後の2021年の秋、私は隠者の音楽生活に再び参入しようとしています。
15歳でジャズピアノを始めてから約50年、今では64歳になり、やっと今までできなかったものが弾けるようになりました。 (もちろん、私がプレイできなかった他の多くのパートをあきらめました)
長年考えていたTP理論を5年以内に完成させる予定です。
同時に「21世紀のデジタル世界における非コミュニケーション音楽」の実験も始めます。


  
Posted by aratori at 11:56Comments(0) timing progression 非記譜的記号 

September 11, 2021

秋分2週間前を過ぎた。最強の陰の方法、地獄

It is full of Yin now two weeks before the autumn equinox, and also it is Yin in the one week period after the new moon. Therefore, the tempo around 200,150,100 is very difficult.  If you play the piano with a bright feeling, you will fail.
During playing the piano at those tempos, I imagine I'm in  the hell and suffering and I can't do anything.

秋分の2週間前の今は陰でいっぱいで、新月から1週間後の陰でもあります。 したがって、200,150,100前後のテンポは非常に難しいです。 明るい感じでピアノを弾くと失敗します。
それらのテンポでピアノを弾いている間、私は地獄にいて苦しんでいて何もできないと想像します

  
Posted by aratori at 12:06Comments(0) 陰の方法 

第5波ピークアウト後の町の様子は不用心に

Now, in the town (Kyoto City), the number of the following people is increasing rapidly, that is, middle-aged and older who are talking loudly without masking at cafes, although it was in silence at all a month ago.

One reason is that Japan's Corona Fifth Wave Delta peaked out and is decreasing. Secondly, they are already vaccinated and are relieved.

But I think more deadly mutants will come to Japan six months or a year later and we can observe the effect of the vaccine huge experiment.

日本語へGoogle翻訳

現在、町(京都市)では、一ヶ月前は全く沈黙していたものの、カフェでマスクをせずに大声で話している中高年の人が急増しています。

その理由の1つは、日本のコロナ第5波デルタがピークに達し、減少していることです。 第二に、彼らはすでにワクチン接種を受けており、安心しています。

しかし、6か月後または1年後には、さらに致命的な変異体が日本にやってくると思います。ワクチンの巨大な実験の効果を観察することができます。

  
Posted by aratori at 11:48Comments(0) corona コロナ 

September 04, 2021

2021-09-03 Aratori's remodeling Namba walking has completed (video) ; 改造なんば歩き完成動画

2021-09-03 Aratori's remodeling Namba walking has completed (video) Aratori's remodeling Namba walking has completed (video)

(1) Initially to protect my hip joints pain
(2) "quasi army march" is not kind
(3) Like a baby, like a monkey, like an old times Japanese way of walking
(4) To walk using the tactile sensation of the soles of my feet
(5) Why do Japanese elderly people fall so often?
(6) To lower my consciousness; Calf than thigh
(7) To imagine my hands stroking (naderu) the ground; To play the piano using tactile sensation of fingers
------

(1) Initially to protect my hip joints pain

From around the age of 50 (15 years ago), my hip joint hurt and it became difficult to walk. Therefore, I lowered the center of gravity a little and with a small stride, that is, I tried to walk with as little hip joint movement as possible. Then, I could walk with less pain. That is the initial reason for this walking method.

By the way, the reason why my (64 years old) hip joint is bad is that my mother (87 years old) raised me in a wrong manner about hip joint while I was a baby. Many parents were wrong at the time, not just my mother.

--quotation
Developmental hip dysplasia is caused by the posture of stretching the legs during a baby. Babies naturally have legs with M-shaped and should have as it is.
In the 1970s, there was as much as 2% of developmental hip dysplasia. Now it has decreased to one tenth of that.
https://sengawa-ortho.jp/ddh/
--

When my mother was in elementary school, it was in the Japanese militarism era. The idea of to force entered my mother. So my mother tried to force the baby's crotch straight. She tightened my diaper so that my legs could stretch.

Also, in the old days, the structure of the piggyback strap was bad, and baby's legs stretched. After decades, the piggyback strap was improved so that the baby's legs were M-shaped as it is.

It is said that many elder Japanese women have significantly worse hip joints than foreign women. In the old days, it may be because they stretched their legs when they were babies.

(2) "quasi army march" is not kind

--Wikipedia
Military step or march is a regular, ordered and synchronized walking of military formations.
--
When Japanese become elementary school students, they are taught to walk in the "quasi army march" for an athletic meet. It doesn't raise their legs like an army march, but schools forces them to walk in the manner described on wikipedia above.
"quasi army march" is not kind, does not care for others.

Currently, most of the Japanese, especially young people, are walking in the "quasi army march" way. The tendency became stronger from around 2000.
This is because NHK's toddler program "Okasan to Issho" recommends that way of walking. And they are imprinted with their preconceptions about how to walk before entering elementary schools.

(3) Like a baby, like a monkey, like an old times Japanese way of walking

The baby's growth process is similar to the human evolution process. Children initially walk like monkeys, not in the "quasi army march" way.

To understand the essence of the human body and moving, I want to relive the evolution and the history.

It seems that Japanese people were walking in the "nanba walking" way in the Edo period. There is no evidence because there was no video. However, there is a description of how Japanese people walked, written by foreigners in 1880. The Edo period ended and the Meiji period began in 1868.

--wikipedia Japanese
Isabella Bird, a British female, an author of travel journal
"Unbeaten Tracks in Japan" 1880

"Men walks in staggering, and women walks in toddling"
(translated from Japanese to English by me. I haven't examined the discription of original English version.)
--

In other words, it was a completely different way of walking from "quasi army march". This is because there were no shoes in Japan at that time, and they put on footwear like slippers.

The road was rough soil, but it gradually became flat and hard, and Japanese began to wear shoes and walk with knocking the road by their heels.

(4) To walk using the tactile sensation of the soles of my feet

I have been training to play the piano with the tactile sensation of my fingers for this 10 years. I want to use sensations of the parts far from my brain. Therefore when walking, I want to feel the shape of the ground using the tactile sensation of the soles of my feet.

By the way, this underpass is from Karasuma to Kawaramachi on Shijo-dori, Kyoto City. It has been about 60 years since it was made in 1963.

Bricks of chocolate color (Hankyu train color) are laid. The platform of Karasuma station and Kawaramachi station are the same chocolate color, while Umeda station is black. The floor of the platform of the station is cleaned and beautiful, but the floor of this underpass is dirty in some places without maintenance.

However, the feel on the soles of the feet is the same. People walk for 60 years, and the floor wear and round. The hardness is stiff, but it feels round and soft. 

In addition, the method of laying bricks was the prewar method, and it has a little randomness. The horizontal accuracy of the current tile laying method would be about 2 mm at 5 m, but the pre-war method has waves of 1 cm at 5 m. The waves are felt on the soles of the feet, and I feel it very nice.

When walking in the "quasi army march", those sensitivity and feelings are lost.

(5) Why do Japanese elderly people fall so often?

It is generally said that the older people are the more they falls. Really?

I suspect that some current elderly have too accustomed to walking in the "quasi army march" way.

The walking path in the house is complicated. You have to walk in a way that suits that complexity. If you walk in a uniform way, you will not be able to adapt to the complexity and will fall.

If this theory is correct, there will be more falls in the future when young people become old. I would like to recommend my remodeling Namba walking.

(6) To lower my consciousness; Calf than thigh

I want to bring my consciousness to the end points of my body, like skin rather than muscle, lower body than upper body.
The bandage I have on my calf is to improve lymphatic circulation.

The explanation
2019-08-30
https://twitter.com/aratori/status/1167298791067635712?s=20
No English translation yet

When I walked rolled with this calf bandage, I became not to have tired legs at night like before. I found I have not weak legs, but a lack of lymphatic circulation.

(7) To imagine my hands stroking (naderu) the ground; To play the piano using tactile sensation of fingers

In normal walking, the hands and feet are moving alternately. When walking in Namba, the hands and feet are synchronized.

I doubt waving when walking. In a soccer shoot, when kicking the ball, the other side hand should move to behind direction. 

However, you don't have to shoot the ball every step when you walk. You don't have to kick in the town. So you don't have to wave your hand.

I imagine and move hands as stroking (naderu) the ground with my hands.

"naderu" is a Japanese verb, which means gently and slowly stroke. A kanji character "Naderu" was from Chinese "bu", which means gently dancing like a cloth waving in the air. So "naderu" strokes with less pressure.

I started practicing Namba walking in 2017.
After I got used to it a little, I recorded a video.

2019-04-19
https://twitter.com/aratori/status/1117952255645216768?s=20

After all, it took four years to complete this way of walking. And for the first time in my life,  I have walked an average of 10,000 steps a day in 2021. Until a few years ago, it has been a half of that.

At the same time, I became able to use the tactile sensation of the fingers when playing the piano.

--------by google translater into Japanese

アラトリの改造難波ウォーキングが完了しました(動画)

(1)最初は股関節の痛みを防ぐため
(2)「準軍行進」は親切ではない
(3)赤ちゃんのように、猿のように、昔の日本の歩き方のように
(4)足の裏の触覚を利用して歩く
(5)なぜ日本の高齢者はそんなに頻繁に転倒するのですか?
(6)意識を下げる。太ももよりふくらはぎ
(7)私の手が地面をなでる(なでる)ことを想像する。指の触覚を使ってピアノを弾く
------

(1)最初は股関節の痛みを防ぐため

50歳前後(15年前)から股関節が痛くなり、歩きにくくなりました。そのため、重心を少し下げて歩幅を小さくする、つまり股関節の動きをできるだけ少なくして歩くようにしました。そうすれば、痛みを抑えて歩くことができました。それがこの歩行方法の最初の理由です。

ちなみに、私の(64歳)股関節が悪いのは、赤ちゃんの頃、母(87歳)が股関節について間違って育ててくれたからです。当時、私の母だけでなく、多くの親が間違っていました。

 - 引用
発達性股関節形成不全は、赤ちゃんの間に脚を伸ばす姿勢によって引き起こされます。赤ちゃんは自然にM字型の脚を持っているので、そのままにしておく必要があります。
1970年代には、2%もの発達性股関節形成不全がありました。今ではその10分の1に減少しています。
https://sengawa-ortho.jp/ddh/
-

母が小学生の時、日本軍国主義の時代でした。強制するという考えが私の母に入った。それで、私の母は赤ちゃんの股間をまっすぐに押し込もうとしました。彼女は私の足が伸びるように私のおむつを締めました。

また、昔はピギーバックストラップの構造が悪く、赤ちゃんの足が伸びていました。数十年後、ピギーバックストラップが改良され、赤ちゃんの足はそのままM字型になりました。

日本の年配の女性の多くは、外国人女性よりも股関節が著しく悪いと言われています。昔は、赤ちゃんの頃に足を伸ばしていたせいかもしれません。

(2)「準軍行進」は親切ではない

-ウィキペディア
軍事ステップまたは行進は、定期的で秩序だった同期した軍事フォーメーションの歩行です。
-
日本人が小学生になると、「準陸軍行進」で運動会をするように教えられます。軍隊の行進のように足を上げることはありませんが、学校は上記のウィキペディアに記載されている方法で歩くように強制します。
「準軍行進」は親切ではなく、他人を気にしません。

現在、日本人のほとんど、特に若者は「準軍隊行進」の道を歩いています。その傾向は2000年頃から強くなった。
これは、NHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」がその歩き方を推奨しているためです。そして、小学校に入学する前の歩き方についての先入観が刻印されています。

(3)赤ちゃんのように、猿のように、昔の日本の歩き方のように

赤ちゃんの成長過程は人類の進化過程に似ています。子供たちは最初、「準軍隊の行進」の方法ではなく、サルのように歩きます。

人体と動きの本質を理解するために、進化と歴史を追体験したいと思います。

江戸時代、日本人は「難波歩行」の道を歩いていたようです。ビデオがなかったので証拠はありません。しかし、1880年に外国人が書いた日本人の歩き方についての記述があります。江戸時代は終わり、明治時代は1868年に始まりました。

-ウィキペディア日本語版
イザベラバード、イギリス人女性、旅行ジャーナルの著者
「日本の無敗の道」1880年

「男性はよろめきながら歩き、女性はよちよち歩きながら歩きます」
(私が日本語から英語に翻訳しました。元の英語版の説明は調べていません。)
-

つまり、「準軍行進」とは全く違う歩き方でした。当時、日本には靴がなく、スリッパのような靴を履いていたからです。

道は荒れた土でしたが、だんだん平らになって硬くなり、日本人は靴を履き、かかとで道をたたきながら歩き始めました。

(4)足の裏の触覚を利用して歩く

私はこの10年間、指の触覚でピアノを弾く訓練をしてきました。脳から遠い部分の感覚を使いたい。ですから、歩くときは足の裏の触感で地面の形を感じたいです。

ちなみに、この地下道は、烏丸から京都市四条通の河原町までです。 1963年に作られてから約60年になります。

チョコレート色(阪急電車色)のレンガが敷かれています。烏丸駅と河原町駅のホームは同じチョコレート色で、梅田駅は黒です。駅のホームの床は綺麗で綺麗ですが、この地下道の床はメンテナンスなしで汚れているところがあります。

ただし、足の裏の感触は同じです。人々は60年間歩き、床はすり減ります。硬さは硬いですが、丸くてやわらかい感じです。

また、レンガの敷設方法は戦前の方法であり、少しランダム性があります。現在のタイル敷設方法の水平精度は5mで約2mmですが、戦前の方法では5mで1cmの波があります。足の裏に波が感じられ、とても気持ちいいです。

「準軍行進」を歩くと、その感性や気持ちが失われます。

(5)なぜ日本の高齢者はそんなに頻繁に転倒するのですか?

一般的に、高齢者ほど転倒すると言われています。本当に?

現在の高齢者の中には、「準軍隊行進」の方法で歩くことに慣れすぎている人もいると思います。

家の中の散歩道は複雑です。あなたはその複雑さに合った方法で歩かなければなりません。均一に歩くと、複雑さに適応できなくなり、転んでしまいます。

この理論が正しければ、将来、若者が年をとるにつれて、さらに多くの転倒が起こるでしょう。改造した難波ウォーキングをお勧めします。

(6)意識を下げる。太ももよりふくらはぎ

筋肉ではなく肌、上半身より下半身など、体の終点に意識を持ち込みたい。
ふくらはぎに巻く包帯は、リンパの循環を良くするためのものです。

説明
2019-08-30
https://twitter.com/aratori/status/1167298791067635712?s=20
英語の翻訳はまだありません

このふくらはぎの包帯を巻いて歩くと、今までのように夜は足が疲れなくなりました。足が弱いわけではありませんが、リンパの循環が不足していることがわかりました。

(7)私の手が地面をなでる(なでる)ことを想像する。指の触覚を使ってピアノを弾く

通常の歩行では、手と足が交互に動いています。難波を歩くと、手足が同期します。

歩いているときに手を振るのは疑わしい。サッカーのシュートでは、ボールを蹴るとき、反対側の手が後ろの方向に移動する必要があります。

ただし、歩くときにすべてのステップでボールを撃つ必要はありません。あなたは町で蹴る必要はありません。だから、手を振る必要はありません。

手で地面をなでる(なでる)ように手を想像して動かします。

「なでる」は日本語の動詞で、ゆっくりとゆっくりとストロークすることを意味します。漢字「なでる」は、布が宙を舞うように優しく踊る中国語の「ぶ」に由来します。つまり、「なでる」はより少ない圧力でストロークします。

2017年から難波ウォーキングの練習を始めました。
少し慣れてから動画を撮りました。

2019-04-19
https://twitter.com/aratori/status/1117952255645216768?s=20

結局のところ、この歩き方を完了するのに4年かかりました。そして、人生で初めて、2021年に1日平均10,000歩歩きました。数年前まではその半分でした。

同時に、ピアノを弾くときに指の触感が使えるようになりました。
  
Posted by aratori at 15:25Comments(0) タッチングセラピー、アロマセラピー、触覚、手 | ピアノの練習

September 02, 2021

予想通り日本のデルタコロナ感染者数はピークアウト、これまでのセルフメディケーションまとめ

2021-09-02
Summary of my corona self-medication to Delta

As I forecasted a week ago, the number of people infected with corona in Japan peaked on August 25 (average of 23,083 for 7 days) and decreasing since then.

2021-08-24 (a week ago)
I forecast Japan's Delta Corona will peak out in 2-3 days
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2021-08-24.html

The main reason for my forecast is my senses. I'm very delicate, and it's been a year and a half since Corona, and this time Delta is the 5th wave, so I'm getting used to it. In other words, when the coronavirus enters me, I find it with a slight symptom of my throat. And I self-medicate before I have pain of my throat . This time Delta was very persistent and tried to penetrate deep into my throat for 1.5 months.

This time around July 10th, I felt the delta virus. Especially on weekends, there were a lot of virus in town. I felt a slight symptom every Monday. And I did various self-medication. And I didn't feel much delta virus on the weekend of August 21st. This is my feeling, so I suppose my immunity overcame the delta virus. 

To summarize my self-medication since Corona

Before Delta (Japan's 1st wave 2020.03 to 4th wave 2021.03)

--Go to cafes, inhale a little virus and work on self-medication
--Hot food and drink
--Ginger
--Vitamin B, C, zinc
--Push a stretch ball on my neck and ease the stiffness for 5 hours every day
--Wrap a towel around your neck
--Walk often

Especially in this Delta virus 1.5 months
Delta (Japan's 5st wave 2020.07-2021.08)

--Protect my throat for 1.5 months. In fact, after 1.5 months, the delta virus went out. Delta is sticky
--Kakkonto even though it's summer
--Even though it's summer, wrap a towel with a disposable warmer around my neck. Especially under air conditioning cooler
--The stretch ball was only the neck (before Delta, it was both the back and neck, but this time Delta is only the neck)
--Massage very lightly around the throat




---by google translater into Japanese

2021-09-02
デルタへの私のコロナセルフメディケーションの要約

一週間前に予測したように、日本のコロナ感染者数は8月25日にピークに達し(7日間で平均23,083人)、それ以降減少しています。

2021-08-24(1週間前)
日本のデルタコロナは2〜3日でピークに達すると予測しています
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2021-08-24.html

私の予測の主な理由は私の感覚です。私はとてもデリケートで、コロナから1年半が経ちましたが、今回はデルタが5波目なので慣れてきました。言い換えれば、コロナウイルスが私に侵入したとき、私はそれを私の喉のわずかな症状で見つけます。そして、喉が痛くなる前に自己治療をします。今回、デルタは非常に粘り強く、1.5ヶ月間私の喉の奥深くまで浸透しようとしました。

今回は7月10日頃、デルタウイルスを感じました。特に週末には、町にたくさんのウイルスがありました。毎週月曜日にちょっとした症状を感じました。そして、いろいろなセルフメディケーションをしました。そして、8月21日の週末にはデルタウイルスをあまり感じませんでした。これが私の気持ちなので、免疫力がデルタウイルスを克服したと思います。

コロナ以来の私のセルフメディケーションを要約すると

デルタ前(日本の第1波2020.03から第4波2021.03)

-カフェに行き、ウイルスを少し吸い込んで、セルフメディケーションに取り組みます
-温かい食べ物と飲み物
 - ショウガ
-ビタミンB、C、亜鉛
-ストレッチボールを首に押し付けて、毎日5時間こわばりを和らげます
-首にタオルを巻く
-よく歩く


特にこのデルタウイルスでは1.5ヶ月
デルタ(日本の第5波2020.07-2021.08)

-喉を1.5ヶ月間保護します。実際、1.5か月後、デルタウイルスは消滅しました。デルタは粘着性があります
-夏なのに葛根湯
-夏なのに、使い捨てのウォーマーでタオルを首に巻いてください。特にエアコンクーラーの下で
-ストレッチボールは首だけでした(デルタ以前は背中と首の両方でしたが、今回はデルタが首だけです)
-喉の周りを非常に軽くマッサージします

  
Posted by aratori at 13:03Comments(0) corona コロナ 

August 28, 2021

他方vs一方

他方vs一方

文章の中で、最初に何かあることを話す、そして次に他のことに移る時、英語では「on the other hand」を使う。その直訳は他方なのに最近の日本語では、ほとんど一方を使う。正しくは

最初のあること → 次の他のこと(他方)

である。私も数年前までは一方を使っていたが、その後は一方は間違っていると気づき他方に変えた。現在マスコミ、wikipediaでほぼ全て「一方」を使っている。最近wikipediaで一か所「他方」が使われているのを発見した。Twitterでは少しの人が他方を使っている。

なぜ日本では一方なのか。

(1)自分を度外視する。自分はゼロである。無責任日本

河合隼雄『中空構造日本の深層』(1982)は、日本の構造の中心は中空であると言う。だから権力も自分も、それらの構造は中空である。日本の権力も自分もカラッポだから無責任を目指すことになる。

最初「あること」に自分のポジションを置く。そのポジションはゼロである。次の「他のこと」に視点を向けると、ゼロの次は1になる。

最初の自分はカウントしていない。次に視点を向けた時、初めてカウントするから1となる。だから2番目なのに1番目となる。だから一方となる。

(2)純粋にカウントの問題。一筋目とは

道(筋)を指す時、昔は、一筋目は次の筋だった。

私が京都に来た45年前は、京都の人は、一筋目の道は次の筋のことを指していた。二筋目なら次の次の筋だ。つまり今いる筋はゼロ、次の筋を1、次の次の筋を2とカウントする。

今は京都でも普通にカウントして次の筋は二筋目と言うようになった。コンビニで新たにレジを開けた時「2番目のお客様どうぞ」と言うのは次の人のことである。

だから、日本は昔は2番目のことを1番目と言っていたように、一方は2番目なのである。

  
Posted by aratori at 09:46Comments(0) 社会 

August 27, 2021

その3「母が入院中。発声練習継続。寝たきりは脱したが認知症中期は固定」「きょうは歴然とよく会話、半分は虚実混同、会話録音」

その3「母が入院中。発声練習継続。寝たきりは脱したが認知症中期は固定」「きょうは歴然とよく会話、半分は虚実混同、会話録音」

母(87歳)が非コロナの肺炎で入院して5カ月弱。16日間絶食抗生剤点滴、そしてステロイドの治療。命は助かったものの認知症中期状態に。その後、寝たきりを脱し、食事も自立で食べられるようになり、今は、寝たり座ったり、リハビリで歩行器で少し歩行練習など。しかし認知症中期は変わらず。

きょうの朝は、1週間前から会話能力が向上しつつあったのが、歴然とよく会話。ただし半分は虚実混同しています。

必要ボタン以外固定した改造携帯電話は、まだ母は着信は自立ではできず、発信は1週間に1度ほど自立でしてきます。それだけでも改造の効果は大きいです。

私の「あいうえお発声練習」は2.5カ月継続中。母は自分では歌うことはできなく、また歌おうともしないものの、私の声はちゃんと楽しんで聞いています。きょう歴然とよく会話できたのは、その効果が表れたと思います。

録音mp3は各6分位。



-----------
その1「母が入院中、寝たきりに。面会禁止なので電話で発声練習、会話録音」
2021-06-14

その2「母が入院中。面会禁止なので電話で発声練習」「かんたん携帯」を「*本当に簡単な携帯電話」に改造
2021-06-25

その3「母が入院中。発声練習継続。寝たきりは脱したが認知症中期は固定」「きょうは歴然とよく会話、半分は虚実混同、会話録音」
2021-08-27


  
Posted by aratori at 15:35Comments(0) 介護、ホームヘルパー 

August 26, 2021

日光皮膚炎を治す方法は、濃塩水、飲尿

How to cure sunlight dermatitis. The picture (today Thursday) shows that my dermatitis begins to heal.
At this Sunday I was exposed to a little sunlight through thin shirt. At Tuesday my shoulder and arm skin was swollen with sunlight dermatitis. Previously, my symptoms lasted for more than a month, worsening, itching and suffering. But lately, my symptom has subsided in a few days.
The reasons for the improvement are long self term treatment --
-- concentrated salt water (washing my body) started 8 years ago
-- urine therapy (drinking every morning) started 6 years ago.


FullSizeR

---google translater

日光皮膚炎を治す方法。 写真(今日の木曜日)は、私の皮膚炎が治り始めていることを示しています。
この日曜日、私は薄いシャツを通して少し日光にさらされました。 火曜日に私の肩と腕の皮膚は日光の皮膚炎で腫れました。 以前、私の症状は1か月以上続き、悪化し、かゆみを伴い、苦しみました。 しかし、最近、私の症状は数日で治まりました。
改善の理由は長期の自己治療です-
-濃縮食塩水(体を洗う)は8年前に始まりました
-尿療法(毎朝飲む)は6年前に始まりました。

  
Posted by aratori at 11:29Comments(0) 健康法、飲尿療法、排便デトックス