September 25, 2022

index of Aratori; アラトーリ インデックス


(I'm currently modifying this. 2022-09-25)

---index of Aratori

---Profile

Aratori (abliviation of a-ki-ra-to-shimo-ri)
Real name: Akira Toshimori
1957 Born 
1975 Graduated from Takamatsu High School
1975-1985 Graduated from Department of Mathematics, Faculty of Science, Kyoto University
1977 Professional jazz pianist
1986-1996 Log House Architecture (my own house)
2002 First analysis of Timing Progression
2003 Established RoboCup Junior Kyoto
2008 Founding staff of The Japanese Association for the Study of Musical IMprovisation
2009-2019 SSM (silent street music without bothering others)
2013 Care worker (home helper for elderly)
2015 Visually Impaired Guide Helper
2016 Aromatherapist AEAJ
2019 End of SMS activities, focus on TP (timing progression) research
2021 Retired from real music activities (without lessons and sessions are currently ongoing), started a hermit musician (need not usual communication)
(グーグル翻訳による日本語、一部修正)

---あらとりの目次

 - -プロフィール

アラトーリ(あ-き-ら-と-しも-りの略)
本名:歳森彰 としもりあきら
1957 生まれ
1975 高松高校卒業
1975-1985 京都大学理学部数学科卒業
1977 プロのジャズピアニスト
1986-1996 ログハウス建築(自邸)
2002 Timing Progression (TP)の最初の分析
2003 ロボカップジュニア京都設立
2008 日本即興音楽学会創立スタッフ
2009-2019 SSM(他人に迷惑をかけない Silent Street Music)
2013 介護ヘルパー(老人訪問ヘルパー、2016介護福祉士)
2015 視覚障害ガイドヘルパー
2016 AEAJ アロマセラピスト
2019 SMS活動終了、TP研究に注力
2021年 本格的な音楽活動を引退し(レッスンやセッションは現在も継続中)、隠者ミュージシャンを始める(普段のコミュニケーションは必要ない)


---self introduction
2022-09-05



◼️TP(timing progression)研究

SSM21世紀レベル(100年規模)の歴史的な音楽行為ですが、TPは近代全体レベル(500年規模)の歴史的理論です。

ダ・ビンチ以来の人間の認識モデルを変更させるものです。

TPの根幹理論は(まだ正確には計測していないのですが)

人間が持つtiming notationの2種類の生成法
fixed generation「
4分音符と(最初の)8分音符は一致している」
fluid generation「
4分音符と
(最初の)8分音符は数10ミリ秒ズレている」

をmediateすることで、2小節、4小節、8小節といった大きなスパンの構造を作る
というものです。
以前はズレに集中していたのですが、2021から2つの生成法のmediateという考えに至りました。




■SSM: Silent Street Music(無音ストリート,2009-2019)——

2009.06.12 初実行
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2009-06-13.html

2011.07.23(土)放映 KBS京都「谷口な夜」谷夜調査隊—無音ストリート
https://youtu.be/A-cevYPh0kk
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2011-07-29.html

 2012.04 エッセイ「ご迷惑かけない無音ストリートライブ音楽」初論: 3つのプラクティス(非騒音、非占拠、被容認)が音楽即興の流動場をつくる。(英日対訳、約7万字)
The first theory of silent street live music without bothering others:
Three practices - non-noisy, non-occupying, being acknowledged - make a flow field of musical improvisation.
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-08.html

上記エッセイアップの補足
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-09.html

ワイヤレスジャパン 2012 「ご迷惑かけない無音ストリート(ワイヤレス&モバイル)が作る未来の町」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2012-05-17.html

2012.10.08 日本リズム協会での研究発表「無音ストリートとリズム—無音の演奏にリズムを感じるか?」(約17,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

2013.07.08 無音ストリート「となりの人間国宝さん(関西テレビ)」「テレビ放映へのコメント」
https://www.youtube.com/watch?v=ZtsZr0UxxyM
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2013-07-08.html

2017.07 「三関王—ザサイレント」無音ストリート、ケーブルテレビ放映
https://youtu.be/HXGsiZD42Ug
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-06-09.html

 2017.09.10 無音ストリートの実践: 面白さ、情熱、存在、視覚、男女問題、音楽種別
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

2018.02.03 電子楽器のある行く末のある岐路でのぼくの決断「グループSSMに移行しないでソロSSMを継続すること」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-02-03.html


2019.06.20

「アラトーリの無音ストリートSSM(silent street music)活動終了」(320回の活動、873のツイートの記録)

「TP研究へ向かいます」

「SSMでの鍛錬によりズレコントロールであるTPを実現する演奏スキルを得た」

「SSMの今後展望」

「SSK(silent street karaoke)の勧め」(普通の)音楽で稼ぐにはこれしかない!

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2019-06-20.html


——ここまで、無音ストリート




アラトーリの音楽——

■モバイルピアノ
2012.06.09 Aratori Jazz Yatai with Jun Suzuki and more
https://www.youtube.com/watch?v=lU679ezK9IE


■森田利久すみぞめバンド(1978-)
2017.07.02 Autumn Leaves - Toshihisa Morita 森田利久
https://www.youtube.com/watch?v=vHoDQAFJvWs


■Jun & Aratoriジャズスタンダードデュオ(2013-)
Jun & Aratori play Xmas songs
https://www.youtube.com/watch?v=8KEtDT_z2DI
赤鼻のトナカイで踊るさくらパンダ
https://www.youtube.com/watch?v=oTBvpeErdwQ


■レニー・トリスターノ・ソロピアノスタイル
2010.03.30 I'll Remember April
https://www.youtube.com/watch?v=edTQKYEBGhA


■無調でスウィング
2009.08.08 Aratori: Solo 01
https://www.youtube.com/watch?v=hLHBVZxwvno


■呼吸法を使いピアノを弾く
日本音楽即興学会(JASMIM)2010大会 演奏発表「(私の)音楽即興を実演解説」
歳森彰「タイムプロセシング(時間処理)の1方法:呼吸単位の循環」
「呼+吸」単位と「吸+呼」単位
http://jasmim.net/2010annualmeeting_toshimori.htm


■春分秋分
2008.01.31 Aratori Spring Yang (春の陽気)
https://www.youtube.com/watch?v=2b9klMD2eJI
2007.09.27 Aratori Autumn Yin (秋の陰気)
https://www.youtube.com/watch?v=jUFZl0XKylA

——ここまで、アラトーリの音楽





■新月満月
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10046562.html

■陰陽
陰の方法
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10020835.html
陽の方法
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10020836.html


■健康法、偽タバコ呼吸法、飲尿療法(2015.03-)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10055777.html

アラトーリ考案の ふくらはぎバンテージ ファッション

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2019-08-30.html



2021-09-03 Aratori's remodeling Namba walking has completed (video) ; 改造なんば歩き完成動画
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2021-09-04.html



■介護、アロマ、タッチング——

「直腸&前立腺セルフタッチング排便法」の勧め(約12,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-08-18.html

『親指脱力法により優しくお撫でいたします—優しいタッチングとは』(約4万字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2016-08-26.html

「ハンドをリラックスするための根本概念」(約11,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2015-08-05.html

アラトーリの男性用外収尿方式パッドの実験
オムツメーカーが「外収尿方式パッド」の開発をしてくれればよいのになあ!
http://blog.livedoor.jp/aratori-urine/


——ここまで、介護、アロマ、タッチング




■ログハウス建築(1986-1996)
「The Hira Log House built by Akira Toshimori/ 比良ログハウス(歳森彰建築)」
http://blog.livedoor.jp/aratori-loghouse/







■ブログタイトルの変遷
http://blog.livedoor.jp/aratori/


2005
48歳で始めた「下積み」音楽活動日記

2011.01.20
48歳で始めた「下積み」音楽活動日記ー2期目
(音楽で完全無収入)

2013
Aratori(アラトーリ)音楽活動日記

2019
Aratori(アラトーリ)#TimingProgression 研究
(無音ストリートSSM活動終了)





以上です。
  

61歳2018.09.22から4年の勉強生活は終了


61歳2018.09.22から4年の勉強生活は終了
・スタンダードジャズ400曲
・英検準1級
が主な勉強でした
対象データのMIDIレコーディング完了、MIDI analysisをスタート
徐々に入ってきた隠遁ミュージシャン生活をさらに深めます
ピアノ練習は睡眠合間に深夜明け方に数回。良い子のみんなはマネしないでね
IMG_4351


  

September 21, 2022

2022-09-21 moon cycle 24.8, yang breathing by index finger

2022-09-21 moon cycle 24.8, yang breathing by index finger


I practice in the yang method in one week before the new moon, and the yin method one week after the new moon.
Today the lunar age is 24.8, that is, 5 days before the new moon, so I do in the yang method.
If I have trouble falling asleep, I practice the method like YouTube.
I breathe in while I am sticking my index finger in the air and strengthening my tense, and then, I breathe out and relax. This is one cycle of yang breathing.
Index finger is yang finger and inhales yang chi.

新月の1週間前は陽法、新月の1週間後は陰法を実践しています。
今日は月齢24.8、つまり新月の5日前なので陽法で行います。
寝つきが悪いときは、YouTubeのような方法で練習しています。
人差し指を空中に突き出して緊張を強めながら息を吸い、息を吐いてリラックスします。 これが陽の呼吸の一周期です。
人差し指は陽指で陽気を吸います。


  
Posted by aratori at 09:29Comments(0) │ │陽の方法 

September 05, 2022

2022-09-05 self introduction

2022-09-05 self introduction

I'm a hermit musician, researching the principle of music rhythm of human or general intelligent creature. The principle would be a basis in the coming digital world 100 to 1000 years later. Human or general intelligent creature have a impossible desire to know in self-refarence. The principle is about knowing our own inevitable delay for an action (from 60ms to 90ms), which is one example in self-refarence and unknowing.

To be a hermit musician is also one experiment, which need not to usual communication but need suffering and enjoying of ego. 

Don't imitate this if you are under 65 years old, who should experience usual communication as much as possible.

(グーグル翻訳による日本語)
 - -自己紹介 2022-09-05
私は隠者音楽家で、人間または一般的な知的生物の音楽リズムの原理を研究しています。 この原理は、100年から1000年後に来るデジタル世界の基礎となるでしょう。 人間または一般的な知的生物は、自己言及において知りたいという不可能な欲求を持っています。 原則は、アクションの必然的な遅延 (60 ミリ秒から 90 ミリ秒) を知ることです。これは、自己言及と無知の一例です。

隠者の音楽家になることも一つの実験であり、通常のコミュニケーションではなく、自我の苦しみと楽しみが必要です。

65 歳未満の方は真似しないでください。通常のコミュニケーションをできる限り経験する必要があります。

  
Posted by aratori at 19:06Comments(0) │ │Aratori(アラトーリ) Music 

September 03, 2022

2022-09-03 to show mathematically the inevitable delay

2022-09-03 to show mathematically the inevitable delay

I've been doing MIDI analysis for 40 tempos performances recorded in February of this year. While analyzing, I'm doing trial and error on what to analyze, so I'm redoing it many times. 

It's been 6 months and I'm not even half done. It will probably take three years.I'm doing it in Excel, so it's fun to do it while making macros.

I hit upon a big problem today. I have long supposed that the principle of rhythm is self-referential recognition of the inevitable delay of human action. The big problem is that a goal of MIDI analysis is to show mathematically the unavoidable delay (probably around 60ms to 90ms).

I already have one solution, but it is a tautology because I have to assume some premises that I have to prove. But it's important to make something anyway. 

I analyze MIDI only with my performance, but other reseachers will start analyzing with other data in 30 years later. 

You can also analyze the performances of Miles and others in the 1950s, acoustic performances, according to the principles I'm going to present. The performance data is already there. But It's difficult because it's not MIDI data, it's acoustic data.

Since music science is a new field, I'm going to enjoy a lot of trial and error. My hermit musician life is busy.


(グーグル翻訳による日本語)

2022-09-03 避けられない遅延を数学的に示す

今年の2月に録音した40テンポの演奏をMIDI解析してきました。分析しながら何を分析するか試行錯誤しているので、何度もやり直しています。

6ヶ月経ちましたが、まだ半分もできていません。たぶん3年はかかると思います。エクセルでやってるので、マクロを作りながらやっていて楽しいです。

今日は大きな問題にぶつかりました。私は長い間、リズムの原理とは、人間の行動の必然的な遅れを自己言及的に認識することだと考えてきました。大きな問題は、MIDI 分析の目的が、避けられない遅延 (おそらく 60 ミリ秒から 90 ミリ秒程度) を数学的に示すことであるということです。

私はすでに1つの解を持っていますが、証明しなければならないいくつかの前提を仮定しなければならないので、それはトートロジーです.しかし、とにかく何かを作ることが重要です。

私は自分の演奏だけでMIDIを分析していますが、30年後には他の研究者が他のデータで分析を始めるでしょう。

これから紹介する原則に従って、1950 年代のアコースティック パフォーマンスであるマイルスなどのパフォーマンスを分析することもできます。パフォーマンスデータはすでにそこにあります。でもMIDIデータじゃなくてアコースティックデータだから難しい。

音楽科学は新しい分野なので、試行錯誤しながら楽しみます。私の仙人ミュージシャン生活は忙しい。

  

August 29, 2022

a miracle about my piano; a further hermit musician

a miracle about my piano;  a further hermit musician

It's been 60 years since I started playing piano, and 50 years since I started playing jazz piano, but a miracle about my piano happened a month ago.

My primary piano practice in my many years is listening to my recorded performances as good sound. Usually we tend to hear own recording as especially bad sound. So to listen it as good sound is most suffering for me. I like such a mind penance.

Ever since I bought a Sony cassette tape Walkman, I've been listening for a few hours almost every day for over 40 years.

The miracle happened because the penance paid off, or because I became to be a little dimentia. Human tends to be dimentia in order to avoid strong suffering.

That miracle is that of all the music I've heard so far, my recordings are the most useful and wonderful, and I never get tired of listening to them.

I wrote my hope of hermit musician last year

--
2021-10-24 I quit live performances and I'm going to become a hermit musician.
--

and now I'm going to be a further hermit, and I have to practice more in not so long time of my life.



(グーグル翻訳による日本語)

私のピアノの奇跡。さらなる隠者ミュージシャン

ピアノを始めて60年、ジャズピアノを始めて50年経ちましたが、1ヶ月前に私のピアノに奇跡が起こりました。

私の長年の主なピアノの練習は、録音した演奏を良い音として聞くことです。通常、私たちは自分の録音を特に悪い音として聞く傾向があります。だから、いい音で聴くのが一番の苦痛です。私はそのような心の苦行が好きです。

ソニーのカセットテープのウォークマンを買って以来、40年以上ほぼ毎日数時間聴いています。

奇跡が起きたのは、苦行が報われたからか、少し認知症になったからです。人間は強い苦しみを避けるために認知症になりがちです。

その奇跡とは、今まで聞いた音楽の中で、私の録音が最も有用で素晴らしいものであり、聴き飽きることがないということです。

隠者音楽家への希望を去年書きました

--
2021-10-24 ライブをやめて仙人ミュージシャンになります。
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2021-10-24.html
--

そして今、私はさらに隠遁者になるつもりであり、人生のそれほど長くない時間でもっと練習しなければなりません。


  
Posted by aratori at 19:43 │ │timing progression 非記譜的記号 

August 13, 2022

喉を死守できました コロナ第7波

5日前に書いた「喉を死守」使い捨てカイロをタオルにつけて首に巻く、ビタミンB,Cを3時間毎に飲む、それを月から金の5日続けて、喉の違和感はなくなりました。
違和感と言うのは、喉のイガイガまでいかない、もちろん喉痛までいかない段階で、少し喉のリンパ節に違和感を感じる程度のものです。

コロナは喉痛がクリティカルポイントで、そこまで行かないように、だからイガイガまでもいかなければよいのです。
私はコロナの前段階である7年前から、このように喉の違和感を未然に防ぐことを、もう10回は経験したと思います。これはセルフメディケーションの知恵がついたと言えます。

月1錠のイベルメクチンを増やすこともありえますが、それとて薬です。できるだけ少なく飲んで、セルフメディケーションの知恵と自己治癒力をつけるのがよいと思います。

  
Posted by aratori at 18:12Comments(0) │ │corona コロナ 

August 09, 2022

コロナ感染爆発なう第7波


コロナ感染爆発なう第7波

感染者数では第1,2波が小さすぎて見えないが、死者数なら見える
FullSizeRender

今回7波は冬まで続く可能性ありで、となれば死者数も最悪になる

ツイッターでも感染報告すごい勢い
町中にはコロナウイルスがいっぱい

---
私は月1錠のイベルメクチンで予防だが、喉をカイロで死守、始めた
IMG_3600

---
自主抗体検査3回目、陰性

コロナ抗体検査キット
(前回までと同じもので10キットも買ったので無用かと思っていれば、まだまだ必要なのだ)

Pierregarden(SCC0001)
検査日2022-08-09

針で刺しても血があまり出ないのでスポイドで吸えない、なら薄め液(水みたいなの)を指につけて血を薄めて増量すればスポイドで吸えました
FullSizeRender
  
Posted by aratori at 08:53Comments(0) │ │corona コロナ 

August 05, 2022

#01 sample of MIDI analysis (the last note is coincident or overhangs)

Here is a sample of the spreadsheet of MIDI analysis of 4 bars, which is cut out of my recordings (2022-02). You can hear MP3 (9 seconds).


108b0115








In these 4 bars, I played bounce eighth notes at tempo 108 BPM (beats per minute).
I played bass quarter notes (bass in the table) with my left hand, and did various notes (melody tone 1,2,3,4 in the table) with my right hand.

---
The unit of the number is ms (milliseconds) other than note#.

See the row of the first bar / the second beat.

The bass quarter note#324 (#: number) indicates the 324th note after the start of the performance.

214090 indicates the timing of 214.090 seconds after the start of the performance.

422 indicates the duration (ms) of this bass quarter note.

---
See the colum of melody 1 (melody tone 1).

The melody notes are colored and marked according to the value of the gap from the bass quarter note.

Marked yellow, if the gap is equal or more than 93 ms (1/6 of the duration of one beat, which means the length of a 24th note)(556/6=93ms in the current tempo 108 BPM), indecates a big time gap.

In general, the duration of a note is the time between timing-on and timing-off, but in this MIDI analysis, timing-off is omitted, so the duration of a bass qurter note is the time from the timing-on of the current bass note to the timing-on of the next bass note. 

Among MIDI data (timing-on, timing-off, pitch, velocity), I also omit velocity (loudness) and don't count on pitch much, so I focus only on the investigation of timing-on.

In this 4-bars, the gap of melody tone 1 is less than 1/6 for a few notes including the 1st beat of the 1st bar (the head of 4 bars), but most are between 1/6 and 1/3, which is a considerable gap.

The head of 4 bars is an articulation point, and you can see it has relatively little gap. This is a example of timing progression which makes use of time gap.

It's similar to chord progression, which solves at the articulation point. But timing progression is utterly different from chord progression on the point that it cannot be illustrated by notation and score. Timing progression needs ms.



---
See the melody 3 on that row.

Since the gap from the bass quarter note#327 is 422ms, marked yellow/coincident(**). That note is the last note of a triplet note, and it coincidences the next bass quarter note exactly in ms.

Similarly, note#336 and note#353 have the same characteristic, so marked yellow/coincident(**).

---
As for 16th notes, two notes (note#344 and note#363) overhang the next bass quarter note, marked yellow/overhang(*).

---
In general, as for the last note (melody tone 2,3,4):

(*) yellow/overhang

If the last note (the second of a pair of 8the notes, the third for a triplet, or the forth of 16th notes) deviates more than the duration of the bass quarter note, it overhangs, which means that the last note exceeds the next bass quarter note.

(**) yellow/coincident

If they are coincident, which means that the last note exactly conincidents the next bass quarter note.
---


I played six triplets in this four bars, and I was surprised that three of them are **yellow/coincident after I looked this table. Why I was surprised is the following (1)(2).

(1) I didn't intend to play in that way at all. The coincidence of milliseconds is not rare when I play the both notes by myself, but it's difficult to play in the coincidence with the back note, moreover it's the exactly same timing of 0.001 seconds.

(2) No matter how many times I listen to this mp3, I can't understand as **. I did in those precise timing without my listening ability, that's one of the skill.


Next, this 4 bars have two cases of *yellow/overhang for 16th notes.
The same as the above, no matter how many times I listen to this mp3, I can't understand as *.  

---
I'm going to say that we should doubt our own listening ability but need to investigate the skill of our action, which needs decades of practice.

I haven't analysed the whole tempo yet, but this phenomenon depends on the tempo. 
The nature of notes (eighth notes, triplets, sixteenth notes) depends on the tempo.

Finally, don't misunderstand that you play intentionally coincident or overhang. This characteristics are naturally realized when practicing to play the flow of beats and the flow of melody at the same time.














---グーグル翻訳による日本語



---
MIDI分析の#01サンプル(最後のノートがオーバーハングまたは一致)

これは私の録音(2022-02)から切り出された4小節のMIDI分析のスプレッドシートのサンプルです。 MP3が聞こえます(9秒)。

mp3(9秒)108b0115.mp3
http://blog.livedoor.jp/aratori/108b0115.mp3

jpg

この4小節では、テンポ108 BPM(1分あたりの拍数)で8分音符を弾きました。
左手でクォーターベース(表のベース)を弾き、右手で様々な音(表のメロディートーン1、2、3、4)を弾きました。

---
数値の単位は、note#以外はms(ミリ秒)です。

メロディーノートは、ベースクォーターノートとのギャップの値に応じて色分けされ、マークが付けられます。

メロディートーンは1:

ギャップが93ミリ秒(1ビートの長さの1/6、つまり24番目の音符の長さを意味する)(現在のテンポ108BPMで556/6=93ミリ秒)以上の場合、黄色でマークされ、大きな音を示します時間差。

通常、音符の長さはタイミングオンからタイミングオフまでの時間ですが、このMIDI分析ではタイミングオフが省略されているため、現在のノートのタイミングオンからタイミングまでの時間です。 -次のノートの。

MIDIデータ(タイミングオン、タイミングオフ、ピッチ、ベロシティ)の中で、ベロシティ(ラウドネス)も省略し、ピッチは考慮しないので、タイミングオンのみに焦点を当てています。

この4小節では、メロディートーン1のギャップは1小節の1拍目(4小節の頭)を含むいくつかの音符で1/6未満ですが、ほとんどは1/6から1/3の間です。これはかなりのギャップです。

4本のバーの頭がアーティキュレーションポイントであり、ギャップが比較的少ないことがわかります。これは、タイムギャップを利用したタイミング進行の例です。

これは、アーティキュレーションポイントで解決するコード進行に似ています。しかし、タイミングの進行は、表記法やスコアで説明できないという点で、コード進行とはまったく異なります。タイミングの進行にはミリ秒が必要です。



---
最初の小節/2番目のビートの行を参照してください。

低音四分音符#324(#:数字)は、演奏開始後の324番目の音符を示します。

214090は、演奏開始後214.090秒のタイミングを示します。

422は、低音の四分音符#324の長さ(ms)を示します。

その行のメロディー3を参照してください。

低音四分音符#327からのギャップは422msであるため、黄色/等しい(**)とマークされています。その音符はトリプレット音符の最後の音符であり、次の低音四分音符と正確にミリ秒単位で一致します。

同様に、note#336とnote#353は同じ特性を持っているため、yellow / coincident(**)とマークされています。

---
16番目の音符については、2つの音符(音符#344と音符#363)が次の低音四分音符に張り出し、黄色/張り出し(*)とマークされています。


---
一般的に、最後の音符(メロディートーン2、3、4)については:

(*)黄色/張り出し

最後の音符(8音符のペアの2番目、トリプレットの3番目、または16番目の音符の4番目)が低音の四分音符の長さよりもずれている場合、オーバーハングします。つまり、最後の音符が次の音符を超えます。低音の四分音符。

(**)黄色/等しい

それらが等しい場合、それは最後の音が次の低音四分音符と正確に一致することを意味します。
---


この4つの小節で6つのトリプレットを演奏しましたが、このテーブルを見て、そのうちの3つが**黄色/等しいことに驚きました。驚いたのは次の(1)(2)です。

(1)そんな風にプレイするつもりは全くなかった。両方の音を自分で弾くとミリ秒の一致は珍しくありませんが、後ろの音と一致して弾くのは難しく、しかも0.001秒という全く同じタイミングです。

(2)このmp3を何度聴いても**とは言えません。私はリスニング能力なしでそれらの正確なタイミングでやりました、それはスキルの1つです。


次に、この4つの小節には、16分音符の*黄色/オーバーハングの2つのケースがあります。
上記と同じように、このmp3を何度聴いても*としては理解できません。

---
私たちは自分のリスニング能力を疑うべきですが、何十年もの練習を必要とする私たちの行動のスキルを調査する必要があると言うつもりです。

まだ全体のテンポを分析していませんが、この現象はテンポによって異なります。
音符の性質(8分音符、3連符、16分音符)はテンポによって異なります。

最後に、意図的に同等またはオーバーハングでプレイしていると誤解しないでください。この特徴は、ビートの流れとメロディーの流れを同時に演奏する練習をすることで自然に実現されます。





  

August 04, 2022

If I could play Bach, I couldn't play this style.

from 2018-11-17
I began to practice the style "Major Simplex".

After I have practiced for 3 years, I recorded 40 tempos in MP3, MIDI, YouTube.

It took 8 days from 2022-02-19 to 2022-02-26

I began to numerically analyse MIDI data.
Now I have finished a half of it.

---
I'm going to name the subtitle of the style as follows:

"If I could play Bach, I couldn't play this style".

In fact, I have been thinking of 

"Destroy Bach!"

but I found it be wrong. 

Instead of destroying Bach, I have to destroy my ego, which wants to play Bach.  So I should not destroy Bach but destroy own ego! 

I suppose that when people listen to this style, some may misunderstand it's like Bach. I have to stress the difference between Bach and this style. This style needs another skill, which is different from Bach.

In my opinion, to destroy ego can be done by impossiblity, that is in the current case, even if I want do play Bach, I can't play it. That impossiblity will lead the another skill of making structure of music, that is, Timing Progression.

I will illustrate the skill in the spreadsheet of MIDI analysis, while using numeral data by milliseconds, that is, 0.001 seconds.





---グーグル翻訳による日本語

2018年11月17日から
私は「メジャーシンプレックス」というスタイルを考案し、実践し始めました。
https://twitter.com/aratori/status/1063605252677545984

3年間練習した後、MP3、MIDI、YouTubeで40のテンポを録音しました。

2022-02-19から2022-02-26まで8日かかりました

MIDIデータの数値解析を始めました。
今、私はそれの半分を終えました。



---
スタイルのサブタイトルには次のような名前を付けます。

「バッハをプレイできたら、このスタイルはプレイできなかった」。

実際、私は考えていました

「バッハを破壊せよ!」

しかし、私はそれが間違っていることに気づきました。

バッハを破壊する代わりに、バッハをプレイしたいエゴを破壊しなければなりません。だから私はバッハを破壊するのではなく、自分のエゴを破壊するべきです!

このスタイルを聞くと、バッハのようだと誤解する人もいるかもしれません。バッハとこのスタイルの違いを強調する必要があります。このスタイルには、バッハとは異なる別のスキルが必要です。

私の意見では、エゴを破壊することは不可能によって行うことができます。つまり、現在の場合、バッハをプレイしたくても、プレイすることはできません。その不可能性は、音楽の構造を作る別のスキル、つまりタイミングプログレッションを導きます。

ミリ秒単位の数値データ、つまり0.001秒を使用しながら、MIDI分析のスプレッドシートでスキルを説明します。