December 12, 2018

ライブのお知らせ 2018.12.15(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場

ライブのお知らせ 2018.12.15(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場

場所:京都市ゼスト御池(地下鉄市役所前駅直結の地下街)西端の御幸町広場

毎月第1,3土曜日「音楽ひろば」

<ライブ>
12:00-

<御池合唱団>
13:30-15:00
どなたでも通りすがりでその場で参加できる合唱団です!

<ライブ>
15:00-18:00頃
4-5バンド出演します。

●アラトーリのソロ演奏は一番最後、

17:30頃-18:00頃

です。

その後のフォレストのライブはありません。  
Posted by aratori at 14:31Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music 

December 08, 2018

アラトーリ(aratori)の活動インデックス

アラトーリ(aratori)の活動インデックス

■プロフィール

アラトーリ(aratori)
本名:歳森彰(としもり あきら)Akira Toshimori
1957生まれ
高松高校卒
1975-1985京都大学理学部数学系卒
1977ジャズピアニスト
1986-1996ログハウス建築
2003ロボカップジュニア京都開設
2008日本音楽即興学会設立メンバー
2009無音ストリート
2013ホームヘルパー/となりの人間国宝さん
2015視覚障がいガイドヘルパー
2016アロマセラピストAEAJ



■写真
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjQpL23-JzWAhWJTbwKHQs_BcsQ_AUICygC&biw=1366&bih=638



■SSM: Silent Street Music(無音ストリート)——

2012.04 エッセイ「ご迷惑かけない無音ストリートライブ音楽」初論: 3つのプラクティス(非騒音、非占拠、被容認)が音楽即興の流動場をつくる。(英日対訳、約7万字)
The first theory of silent street live music without bothering others:
Three practices - non-noisy, non-occupying, being acknowledged - make a flow field of musical improvisation.
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-08.html

上記エッセイアップの補足
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-09.html

2017.09.10 無音ストリートの実践: 面白さ、情熱、存在、視覚、男女問題、音楽種別
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

2018.02.03 電子楽器のある行く末のある岐路でのぼくの決断「グループSSMに移行しないでソロSSMを継続すること」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-02-03.html

2012.10.08 日本リズム協会での研究発表「無音ストリートとリズム—無音の演奏にリズムを感じるか?」(約17,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

ワイヤレスジャパン 2012 「ご迷惑かけない無音ストリート(ワイヤレス&モバイル)が作る未来の町」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2012-05-17.html

2013.07.08 無音ストリート「となりの人間国宝さん(関西テレビ)」「テレビ放映へのコメント」
https://www.youtube.com/watch?v=ZtsZr0UxxyM
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2013-07-08.html

2017.07 「三関王—ザサイレント」無音ストリート、ケーブルテレビ放映
https://youtu.be/HXGsiZD42Ug
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-06-09.html

2011年7月23日(土)放映 KBS京都「谷口な夜」谷夜調査隊—無音ストリート
https://youtu.be/A-cevYPh0kk
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2011-07-29.html

——ここまで、無音ストリート





アラトーリの音楽——

■モバイルピアノ
2012.06.09 Aratori Jazz Yatai with Jun Suzuki and more
https://www.youtube.com/watch?v=lU679ezK9IE


■森田利久すみぞめバンド(1978-)
2017.07.02 Autumn Leaves - Toshihisa Morita 森田利久
https://www.youtube.com/watch?v=vHoDQAFJvWs


■Jun & Aratoriジャズスタンダードデュオ(2013-)
Jun & Aratori play Xmas songs
https://www.youtube.com/watch?v=8KEtDT_z2DI
赤鼻のトナカイで踊るさくらパンダ
https://www.youtube.com/watch?v=oTBvpeErdwQ


■アラトーリのハンドタッチング付きライブ


■レニー・トリスターノ・ソロピアノスタイル
2010.03.30 I'll Remember April
https://www.youtube.com/watch?v=edTQKYEBGhA


■無調でスウィング
2009.08.08 Aratori: Solo 01
https://www.youtube.com/watch?v=hLHBVZxwvno


■アラトーリのジャズセッションレッスン@京都
http://blog.livedoor.jp/aratori-lesson/archives/1739552.html


■呼吸法を使いピアノを弾く
日本音楽即興学会(JASMIM)2010大会 演奏発表「(私の)音楽即興を実演解説」
歳森彰「タイムプロセシング(時間処理)の1方法:呼吸単位の循環」
「呼+吸」単位と「吸+呼」単位
http://jasmim.net/2010annualmeeting_toshimori.htm


■春分秋分
2008.01.31 Aratori Spring Yang (春の陽気)
https://www.youtube.com/watch?v=2b9klMD2eJI
2007.09.27 Aratori Autumn Yin (秋の陰気)
https://www.youtube.com/watch?v=jUFZl0XKylA

——ここまで、アラトーリの音楽



■新月満月

■偽タバコ呼吸法


■健康法

●飲尿療法(2015.03-)





■介護、アロマ、タッチング——

「直腸&前立腺セルフタッチング排便法」の勧め(約12,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-08-18.html

『親指脱力法により優しくお撫でいたします—優しいタッチングとは』(約4万字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2016-08-26.html

「ハンドをリラックスするための根本概念」(約11,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2015-08-05.html

アラトーリの男性用外収尿方式パッドの実験
オムツメーカーが「外収尿方式パッド」の開発をしてくれればよいのになあ!
http://blog.livedoor.jp/aratori-urine/

■アラトーリのサロン

2017.10 アラトーリの指タッチングセラピー予約制
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-10-29.html

セラピストさんのための「邪気取りセラピー」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-11-15.html




——ここまで、介護、アロマ、タッチング







■子育て、非体罰教育——

2017.08日野皓正ビンタ事件について
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-02.html

2010.04.01「怒らない子育ての厳しさ」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/51571436.html

2010.02.13「非体罰子育ての厳しさ」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/51508921.html

「子育て」カテゴリー
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10040850.html

——子育て、非体罰教育






■ログハウス建築(1986-1996)
「The Hira Log House built by Akira Toshimori/ 比良ログハウス(歳森彰建築)」
http://blog.livedoor.jp/aratori-loghouse/






以上です。

1957-End

死因は餓死希望

  
Posted by aratori at 00:00Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music | 介護、ホームヘルパー

December 07, 2018

2018年12月9日(日)、森田利久(g)バンド公開リハ

2018年12月9日(日)、森田利久(g)バンド公開リハ

京都ヴィンセント、3pm-7pmの間で。

森田利久(g) 歳森彰(p) 秋吉文夫(b)

見学にお越しください(スタジオ代カンパ)。
ご連絡は歳森まで。

ヴィンセント 075-441-3312
京都市上京区大北小路東町483(堀川上立売上る西入る南側)
地下鉄今出川駅(烏丸今出川)徒歩13分
http://vin-cent-music.jp/access.htm  
Posted by aratori at 15:03Comments(0) 森田利久SBAND 

December 05, 2018

ライブのお知らせ 2018.12.08(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@フォレスト

ライブのお知らせ 2018.12.08(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場の洋食プラスおばんざいレストランのフォレスト店内で、

18:30-21:00ごろ

フォレストの素晴らしい音のビンテージのアコースティックピアノを弾きます。  
Posted by aratori at 15:04Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music 

November 24, 2018

現代の霊能者は

現代の霊能者は自他にとって得することはなく災いを招くだけであるので、より小さな災いを起こすことだけを考えないといけない。  
Posted by aratori at 23:14Comments(0)  

November 22, 2018

人生=生活、の不安

‪ぼくの一人暮らしの母親は夜に誰かがドアを開けようとするとの不安がある。‬

‪ぼくがヘルプしていたある利用者さんはカギは開け放しで、助けてと言えば隣の人が来てくれるが、彼女は狐に取り憑かれているとの不安がある。‬

‪ぼくは人生の目標を達成しないで終わるかもとの不安がある(笑)‬

  
Posted by aratori at 18:30Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music 

November 19, 2018

健康法ばかり

自分が意識する生活のどれだけの割合を、広い意味での健康法、さもなくば病気の治療が占めるか、

20歳では25%
40歳では50%
60歳では75%
80歳位では100%

と思っておけば、健康法ばかりで、あー面倒くさいと思わずにすみます。  
Posted by aratori at 08:58Comments(0) 健康法、飲尿療法、排便デトックス 

November 18, 2018

慣習とスゥイング

‪社会的慣習は、成長過程での学習による習慣に支えられているから習慣を変えればよいはずが、神なき日本では慣習を信仰してしまい、なかなか変わらない。‬

‪他方、神や慣習によらず「自分で自我を作る」ことはめちゃ大変で21世紀の共通問題。‬

‪それができればスゥイングしますね(笑)‬
  
Posted by aratori at 16:42Comments(0) 社会 

November 17, 2018

‪「C Major Simplex」‬

‪ぼくの一生かけてのジャズピアノスタイルを決めました。‬
‪トリスターノの「C Minor Complex」と対照する‬

‪「C Major Simplex」‬

‪Majorスケールだけで、左手ベースで弾きます。‬
‪これから3年練習して65歳位から、それを材料にタイミング研究をします。‬  
Posted by aratori at 10:31Comments(0) timing progression 

November 15, 2018

バッドな判官贔屓

‪2004年、改正航空法で飛行機内全面禁煙になった時、ある作家が「既得権の侵害だ」とわめきましたが、社会的に崖っぷちになっても、がんばることで、10年程度は、少数でもコアなファンとの絆を保ち、作家人生を確実に延命できる、という日本文化的法則があるのでしょう。‬
‪バッドな判官贔屓です。‬  
Posted by aratori at 22:56Comments(0) 社会