April 26, 2017

2017.04.26 こんなヘルパー業務があるんだ。ギター購入。

きょうは常軌を逸したヘルパー業務をしました。
ある視覚障害者の方のガイドヘルパーでした。
その利用者さんはギタリストなのですが、これまでエレキだけで、アコースティックは持っておられなかった。でも、年齢もあり、アコースティックギターを持ち、円熟の時を待つ感じでした。

1週間前に、ワタナベ楽器大阪店で、そのギターを、ぼくは、素晴らしいと絶賛。ビンテージで1960年前後製造のギブソン、弾きこなれていて、近年の高価なギターのように派手さはないものの、多様な音が全て素晴らしい、明るい音ではなく陰影の表現が、その方の暗さとピッタリ符号する。

偶然の出来事を乗り越えて、買うことができました。
そのギターは、その方の人生に大きな影響を与える可能性がある、というか、そのギターとの愛の生活になるかもです。
ピアニストの楽器に対する薄情さと違って、弦楽器は所有が大切ですから、ホッとしました。
  
Posted by aratori at 23:10Comments(0)介護、ホームヘルパー 

April 25, 2017

2017.04.25 ご迷惑かけない目隠し無音ストリート「今夜のお恵みは680円」「死出の旅から帰った気持ち」「騒音に感謝」

2017.04.25 ご迷惑かけない目隠し無音ストリート「今夜のお恵みは680円」「死出の旅から帰った気持ち」「騒音に感謝」

2017年4月25日(火)7:45pm-9:15pm
きょうの最高気温、18時の気温、21時の気温が、23,20,17。
風速は夜は1mの予報でしたが、もう少し風があったような感じです。
あすは雨の予報で、雨の前夜の生暖かい感じはありました。


「今夜のお恵みは680円」でした。

無音ストリートから帰ると、「死出の旅から帰った気持ち」です。
普通、死出の旅とは、治療困難な病気や、戦争に行かされるとか、ですが、
ぼくの無音ストリートの場合は、別に、命に別状はありません。
ですが、そんな気持ちなのです。

またもや、バケツドラマーと片思い共演しました。
すごいですね、バケツドラマーさん。
ぼくのワイヤレスヘッドホンの音量は、お客さんのそれより大分下げていますので、
バケツドラムの音量は、ぼくのワイヤレスヘッドフォンの音量より、
ぼくにとって、はるかに大きく大音量で鳴っています。

最高です。
ドラムの役割は騒音ですからね。

一方、ジャズピアニストにとって騒音をスルーするのは最高の心身テクニックです。
騒音にケチをつけるジャズピアニストはイモですね。
「騒音に感謝」いたします。


20170425

  
Posted by aratori at 22:20Comments(0)ご迷惑かけない無音ストリート 

‪無音ストリート予告、今夜。‬ ‪

‪無音ストリート予告、今夜。‬
‪2017年4月25日(火)8:00pm-9:00pm四条大橋。‬
  
Posted by aratori at 12:12Comments(0)ご迷惑かけない無音ストリート 

2017.04.25 強い光に対して親指で暗い光を探る

春分が過ぎ1ヶ月たち、きのうのように強い太陽の光に負けそうになる。
一つの方法は地下に入ること。
他の方法は、親指の方法。
明るい光に惑わされないように、親指で暗い光を探る。親指震わせもよい。
すると心が落ち着く。  
Posted by aratori at 06:25Comments(0)陰の方法 

April 19, 2017

2017.04.14 ご迷惑かけない目隠し無音ストリート「現実に聞こえていない音楽を想像するために」

2017.04.14 ご迷惑かけない目隠し無音ストリート「現実に聞こえていない音楽を想像するために」

アラトーリとオーディエンスは、現実に聞こえている音楽(バケツドラム)で踊っているのではなく、現実に聞こえていない音楽(無音ストリート)で踊っています。


2017.04.14 aratori silent street music without bothering others
https://youtu.be/Gr6UZ6BVA6s


at shijo bridge kyoto japan
  
Posted by aratori at 06:29Comments(0)ご迷惑かけない無音ストリート 

April 16, 2017

2017.04.16 ご迷惑かけない目隠し無音ストリート@四条大橋「今夜のおめぐみは3765円。いつか食えるようになるかもという明るい希望」「無音ストリートは騒音ストリートの仲間」「オーディ

2017.04.16 ご迷惑かけない目隠し無音ストリート@四条大橋
「今夜のおめぐみは3765円。いつか食えるようになるかもという明るい希望」
「無音ストリートは騒音ストリートの仲間」
「オーディエンスの存在論」

2017年4月16日(日)8:45pm-10:15pm

気候状態は、
最高気温は、26度、18時で23度、21時で19度、
風速は、21時で風速1m。
黄砂はない、
日曜日の夜、
という最高の状態です。



●今夜のおめぐみは3765円です。
1.5時間ですから、これを続けていると、いつか、ぼくの、食えないジャズピアニストが、食えるようになるかもしれません。
それは明るい希望でございます(笑)

●日曜日なので、時間を遅めにしました。
四条大橋には、いつもの、三味線ストリートと、バケツドラムストリートが、いましたが、後者は10時に近づくと終了。
ホッと(笑)
やっぱり10時になると、110番される確率が、各段に上がるでしょうから。

ぼくは他の騒音ストリートが検挙される時は、ぼくも運命を共にする覚悟はできております。
無音だからと言って、「騒音を出していない」と抗弁しても、道交法違反には違いないですからね。
その点において、無音ストリートは騒音ストリートの仲間でございます。
というか、目隠ししていますので、逃げ遅れるとか(笑)
ならば、リスクは、ぼくがお引き受けいたします(笑)

●数年前、目を開けて無音ストリートをしている時は、オーディエンスの反応を一生懸命、観察して、ブログの記事に書いたものです。
それは、それは、気になるものです。
いかに、自分が嘲笑されているか、気になりますね。

今は、もう慣れました。
全く気にならなくなりました。
そもそも目隠ししていますので。

オーディエンスの方々は、ぼくが弾いている、すぐそばで、何か、いろいろ、話したり、笑ったり、楽しんでおられるわけですが、ぼくは、ドライブすることだけに集中しています。

あるいは、誰もオーディエンスがいなくても、ぼくは、ドライブすることだけに集中しています。

この思考は「オーディエンスの存在論」です。


20170416

  
Posted by aratori at 23:35Comments(0)ご迷惑かけない無音ストリート 

April 15, 2017

2017.04.14 ご迷惑かけない無音ストリート@四条大橋「石持て打たれる」「今夜のおめぐみは2046円」「バケツドラマーと一人コラボ」「全てのリズムが歌われているか」

2017.04.14 ご迷惑かけない無音ストリート@四条大橋「石持て打たれる」「今夜のおめぐみは2046円」「バケツドラマーと一人コラボ」「全てのリズムが歌われているか」

2017年4月14日(金)7:00pm-8:45pm

気候状態は、
最高気温は、23度、18時で20度、21時で17度、
風速は、昼は風が、まあまあ、あったものの、20時には風速1mにまで落ちる、
黄砂はない、
という最高の状態です。

●今夜のおめぐみは2046円です。

●ジャズの基本は「全てのリズムを歌うこと」「ずっと同じテンポを続けること」です。
今夜はあらためて、ジャズのリズムの強さを再認識しました。

●ご迷惑かけない無音ストリートに向かう時は、(自分が刑を執行される)刑場に向かう気持ちです。

何の罪を負って、このようなことをしなければならないのでしょうか。
演奏するのに、音を出すことができない、とは。

石持て打たれる気持ちです。

「ご迷惑かけない」のに、どうして「石持て打たれる」のか?
実は、「ご迷惑かけない」からこそ、「石持て打たれる」のです。

四条大橋に到着すると、バケツドラマーがストリート演奏をしていました。
ぼくは無音なので、近くで演奏を始めます。

ぼくは自分のワイヤレスヘッドホンの音量はかなり下げています。
お客さんのそれは、逆に、かなり上げています。
ぼくは、ずっと聞いていますが、お客さんは短時間ですから、
ぼくにとって耳を悪くしないためのことです。

やはり、ミュージシャンのみなさま、ヘッドホンの音量には気を付けましょうね。
突発性難聴を素直に怖がりましょう。

そのように自分は音量を下げているので、ぼくにとって、バケツドラマーの音は、
ぼくの音よりも、はるかに大きく聞こえます。

自分が演奏していないと、このような状態には耐えられないのですが、
自分が演奏しているので、これもコラボレーションの内です。
バケツドラマーの音を聞きながら、「一人コラボ」で、ぼくは演奏します。
異なるテンポ、とかは全く関係ありません。

「全てのリズムが歌われているか」だけを聞いています。

これには、とてもエネルギーを要します。
だから、今夜のぼくの顔は、写真のようになっております(笑)

でも、ぼくは想像します。

ぼくはバケツドラマーの音は、くまなく聞いて(聞こえて)一人コラボしている。
が、バケツドラマーは、ぼくの音は聞こえません。

その点において、ぼくは罪悪を行っています。

だから石持て打たれるのです。






IMG_0332




20170414





  
Posted by aratori at 01:48Comments(0)ご迷惑かけない無音ストリート 

April 10, 2017

ライブとハンドセラピーのお知らせ 2017.04.15(土) Jun & Aratoriジャズスタンダードデュオ@ゼスト御池御幸町広場

ライブとハンドセラピーのお知らせ 2017.04.15(土) Jun & Aratoriジャズスタンダードデュオ@ゼスト御池御幸町広場

場所:ゼスト御池(地下鉄市役所前駅直結の地下街)西端の御幸町広場

Jun & Aratoriの演奏は

17:45-18:15頃

です。

毎月第1,3土曜日「音楽ひろば」の最後です。

http://musickyoto.com/2017/02/07/415

<御池合唱団>
13:30-15:30
どなたでも通りすがりでその場で参加できる合唱団です!

<アフターライブ>
15:30-18:00
30分単位で4-5バンド出演します。

●アラトーリのハンドセラピーは、
13:30頃から17:30頃までやっています。
  
Posted by aratori at 22:21Comments(0)JUN+Aratoriデュオ 

April 09, 2017

2017.04.09 Old Folks: Tosihisa Morita (g) 森田利久

2017.04.09 Old Folks: Tosihisa Morita (g) 森田利久

Toshihisa Morita(g), Akira Toshimori(p), Fumio Akiyoshi(b), Kazuaki Yoshida(ds)

2017年4月9日(日)
森田利久(g)バンド公開リハ、 京都ヴィンセント
歳森彰(p)、秋吉文夫(b)、吉田一明(ds)

https://youtu.be/tUEOcbO5Mq8



  
Posted by aratori at 20:57Comments(0)森田利久SBAND 

April 08, 2017

2017.04.08 日曜日の四条寺町信号

河原町と烏丸間の四条通を横断する南北通りの信号の青信号は、日祝は、わずか8秒。
って、きょう動画にとって初めて測定しましたが(笑)
青信号になりクラクションで後押しするのは下品な行為ですが、ご覧の通り、その行為はやむをえません(笑)

ちなみに、これらの通りを車通行禁止にする案はかなり以前からあり、四条通周辺の歩道文化を素晴らしいものにするでしょうが、周辺ビジネスの反対でストップしています。しかし実質的に、信号政策により少しずつ進行しているわけです。

https://youtu.be/ZNFzSTcu5Tc
  
Posted by aratori at 12:01Comments(0)社会