October 15, 2018

2018.10.14 Aratori's SSM(Silent Street Music) Duo「ちょっかいを出してくるが、聞いた瞬間、本気になり、礼儀正しくなる」「お恵みは2921円」

2018.10.14 Aratori's SSM(Silent Street Music) Duo「ちょっかいを出してくるが、聞いた瞬間、本気になり、礼儀正しくなる」「お恵みは2921円」

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-10-15.html

14 Oct, 2018 (Sun)
22:15-24:00(1.75H)
The north west corner of Shijo-Kawaramachi Kyoto

Roland FP-4, jazz organ tone by right hand, bass bone by left hand, Aratori
Roland TD-1KV, Harumi YOSHIDA

踊った人は、20人
ヘッドフォンを装着して聞いた人は、40人
写真か動画を撮影した人は、40人

動画
なし

●今夜は、2日前と気温は同じ位ですが、軽い冬型気圧配置は緩んで、暖かい気がします。
人々もリラックスしています。


●四条河原町の交差点の対角線の反対方向には、有音ストリート様のバケツドラム様が大音量で、また丸井デパートの壁の反響が強くて、すざましい音を立てています。


●とても知的な外国人カップルは、ぜひ、お友達になりたいような方々で、ワイヤレスヘッドフォンで乗り乗りで聞いた後、さすがですが、お賽銭箱に書いたサイン、

「Thank you for the silence」

を撮影しました。


●時間が遅くなると、酔っぱらって、ちょっかいを出してくるグループがいます。
一緒にエア演奏するのです(笑)

しかし、ぼくがワイヤレスヘッドフォンを指さして、装着して聞いた瞬間、そのエア演奏が、本気になります。
そして、礼儀正しくなり、お辞儀をして去っていくのです(笑)
他方、グループの一人は、そこの植え込みで、ゲーゲー吐いています(ゲー)

そこが、SSMミュージシャンのテクニックです。


●今夜のお恵みは2921円でした。
FullSizeR (2)


  
Posted by aratori at 01:54Comments(0) SSM: Silent Street Music(ご迷惑かけない無音ストリート) 

October 12, 2018

2018.10.12 Aratori's SSM(Silent Street Music) Duo「冬場に入る。軽い冬型気圧配置で心身が冷える。人々の乗りが悪い」「突発的に短時間、熱い場が生まれる」「お恵みは3641円」

2018.10.12 Aratori's SSM(Silent Street Music) Duo「冬場に入る。軽い冬型気圧配置で心身が冷える。人々の乗りが悪い」「突発的に短時間、熱い場が生まれる」「お恵みは3641円」

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-10-12.html

12 Oct, 2018 (Fri)
20:30-22:15(1.75H)
The north east corner of Shijo-Kawaramachi Kyoto

Roland FP-4, jazz organ tone by right hand, bass bone by left hand, Aratori
Roland TD-1KV, Harumi YOSHIDA

踊った人は、10人
ヘッドフォンを装着して聞いた人は、20人
写真か動画を撮影した人は、30人

動画
2018.10.12 Aratori's SSM(Silent Street Music)
https://youtu.be/anaqxY666oM



●日本の西日本の冬場の天候は、週単位で循環し「雨、冬型気圧配置、高気圧、小春日和、生暖かい」「三寒四温」のサイクルです。

今夜は、冬場の初期の軽い冬型気圧配置で、熱いお酒が必要な夜です(笑)

心身が冷えて、人々も乗りが悪いです。

ぼくは1秒に一度、気を付ける、という方法で、そうしないと冬山登山で遭難する、と常に心の中で言わないと、心身が冷えます。


●ですから動画では、ぼくはキョロキョロと気を付ける目をしています。

きょうの動画も映り込みを避けるため、自分たちだけが映っています。


●突発的に短時間、熱い場が生まれること、乗りがよい外国人がワイヤレスヘッドフォンを装着した途端に踊り出し、その瞬間、周囲の数十人が注目する、という状況が3回ありました。


●このSSMをしていると、日本人の精神がいかにヒネているかがわかります。

外国人が乗り乗りなのを見て、好奇心に負けて、ソッと近づき、ワイヤレスヘッドフォンをして聞いてみたものの、外国人たちが去ると途端に、シラーッとした感じになります。

なんで、そこまで、シラーッとなるのでしょうか。

日本社会と冬場の天候が、そうさせているのでしょう(笑)


●きょうのお恵みは3641円でした。

FullSizeR (1)
  
Posted by aratori at 23:46Comments(0) SSM: Silent Street Music(ご迷惑かけない無音ストリート) 

October 11, 2018

アラトーリ(aratori)の活動インデックス

アラトーリ(aratori)の活動インデックス

■プロフィール

アラトーリ(aratori)
本名:歳森彰(としもり あきら)Akira Toshimori
1957生まれ
高松高校卒
1975-1985京都大学理学部数学系卒
1977ジャズピアニスト
1986-1996ログハウス建築
2003ロボカップジュニア京都開設
2008日本音楽即興学会設立メンバー
2009無音ストリート
2013ホームヘルパー/となりの人間国宝さん
2015視覚障がいガイドヘルパー
2016アロマセラピストAEAJ



■写真
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjQpL23-JzWAhWJTbwKHQs_BcsQ_AUICygC&biw=1366&bih=638



■SSM: Silent Street Music(無音ストリート)——

2012.04 エッセイ「ご迷惑かけない無音ストリートライブ音楽」初論: 3つのプラクティス(非騒音、非占拠、被容認)が音楽即興の流動場をつくる。(英日対訳、約7万字)
The first theory of silent street live music without bothering others:
Three practices - non-noisy, non-occupying, being acknowledged - make a flow field of musical improvisation.
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-08.html

上記エッセイアップの補足
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-09.html

2017.09.10 無音ストリートの実践: 面白さ、情熱、存在、視覚、男女問題、音楽種別
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

2018.02.03 電子楽器のある行く末のある岐路でのぼくの決断「グループSSMに移行しないでソロSSMを継続すること」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-02-03.html

2012.10.08 日本リズム協会での研究発表「無音ストリートとリズム—無音の演奏にリズムを感じるか?」(約17,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-10.html

ワイヤレスジャパン 2012 「ご迷惑かけない無音ストリート(ワイヤレス&モバイル)が作る未来の町」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2012-05-17.html

2013.07.08 無音ストリート「となりの人間国宝さん(関西テレビ)」「テレビ放映へのコメント」
https://www.youtube.com/watch?v=ZtsZr0UxxyM
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2013-07-08.html

2017.07 「三関王—ザサイレント」無音ストリート、ケーブルテレビ放映
https://youtu.be/HXGsiZD42Ug
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-06-09.html

2011年7月23日(土)放映 KBS京都「谷口な夜」谷夜調査隊—無音ストリート
https://youtu.be/A-cevYPh0kk
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2011-07-29.html

——ここまで、無音ストリート





アラトーリの音楽——

■モバイルピアノ
2012.06.09 Aratori Jazz Yatai with Jun Suzuki and more
https://www.youtube.com/watch?v=lU679ezK9IE


■森田利久すみぞめバンド(1978-)
2017.07.02 Autumn Leaves - Toshihisa Morita 森田利久
https://www.youtube.com/watch?v=vHoDQAFJvWs


■Jun & Aratoriジャズスタンダードデュオ(2013-)
Jun & Aratori play Xmas songs
https://www.youtube.com/watch?v=8KEtDT_z2DI
赤鼻のトナカイで踊るさくらパンダ
https://www.youtube.com/watch?v=oTBvpeErdwQ


■アラトーリのハンドタッチング付きライブ


■レニー・トリスターノ・ソロピアノスタイル
2010.03.30 I'll Remember April
https://www.youtube.com/watch?v=edTQKYEBGhA


■無調でスウィング
2009.08.08 Aratori: Solo 01
https://www.youtube.com/watch?v=hLHBVZxwvno


■アラトーリのジャズセッションレッスン@京都
http://blog.livedoor.jp/aratori-lesson/archives/1739552.html


■呼吸法を使いピアノを弾く
日本音楽即興学会(JASMIM)2010大会 演奏発表「(私の)音楽即興を実演解説」
歳森彰「タイムプロセシング(時間処理)の1方法:呼吸単位の循環」
「呼+吸」単位と「吸+呼」単位
http://jasmim.net/2010annualmeeting_toshimori.htm


■春分秋分
2008.01.31 Aratori Spring Yang (春の陽気)
https://www.youtube.com/watch?v=2b9klMD2eJI
2007.09.27 Aratori Autumn Yin (秋の陰気)
https://www.youtube.com/watch?v=jUFZl0XKylA

——ここまで、アラトーリの音楽



■新月満月

■偽タバコ呼吸法


■健康法

●飲尿療法(2015.03-)





■介護、アロマ、タッチング——

「直腸&前立腺セルフタッチング排便法」の勧め(約12,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-08-18.html

『親指脱力法により優しくお撫でいたします—優しいタッチングとは』(約4万字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2016-08-26.html

「ハンドをリラックスするための根本概念」(約11,000字)
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2015-08-05.html

アラトーリの男性用外収尿方式パッドの実験
オムツメーカーが「外収尿方式パッド」の開発をしてくれればよいのになあ!
http://blog.livedoor.jp/aratori-urine/

■アラトーリのサロン

2017.10 アラトーリの指タッチングセラピー予約制
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-10-29.html

セラピストさんのための「邪気取りセラピー」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-11-15.html




——ここまで、介護、アロマ、タッチング







■子育て、非体罰教育——

2017.08日野皓正ビンタ事件について
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-02.html

2010.04.01「怒らない子育ての厳しさ」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/51571436.html

2010.02.13「非体罰子育ての厳しさ」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/51508921.html

「子育て」カテゴリー
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/cat_10040850.html

——子育て、非体罰教育






■ログハウス建築(1986-1996)
「The Hira Log House built by Akira Toshimori/ 比良ログハウス(歳森彰建築)」
http://blog.livedoor.jp/aratori-loghouse/






以上です。

1957-End

死因は餓死希望

  
Posted by aratori at 12:00Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music | 介護、ホームヘルパー

lazyな日々が基本

‪ぼくはメイン事業所を退社して20日たちました。大きなプロジェクトが3つできました。フーッと。‬
‪それぞれ1+1+2=計4週間を予定してたから、1週間前倒しで、できました。‬
‪次のプロジェクトに向けて、さあ、やるぞ、まずはlazyな日々を過ごします(笑)‬  
Posted by aratori at 11:14Comments(0) 音楽・芸術一般 

October 09, 2018

2018.10.09 Aratori's SSM(Silent Street Music) Duo 「若い人の人生に好影響を与えるのが老年の役目」「SSMだからこそ親密感が出る」「お恵みは、2186円、前回は725円」

2018.10.09 Aratori's SSM(Silent Street Music) Duo 「気温は20度で風なし、最高の気候」「若い人の人生に好影響を与えるのが老年の役目」「SSMだからこそ親密感が出る」「お恵みは、2186円、前回は725円」

http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2018-10-09.html

09 Oct, 2018 (Tue)
20:30-22:00(1.5H)
The north east corner of Shijo-Kawaramachi Kyoto

Roland FP-4, jazz organ tone by right hand, bass tone by left hand, Aratori
Roland TD-1KV, Harumi YOSHIDA

ヘッドフォンを装着して聞いた人は、40人
写真か動画を撮影した人は、60人

動画
2018.10.09 Aratori's SSM(Silent Street Music)
https://youtu.be/I8DuoGqlei4




●相変わらず、この四条河原町では、夜は、有音ストリート演奏をしていて、到着した時は、北東角だけが空いていましたので、そこでやることにしました。

いずれは、有音の隣で(仲良く)無音でしようと思います。


●この角は動画撮影の映り込み対策が難しいので、今夜の動画は自分たちだけを映しています。


●あすは少雨予報で、今夜のように翌日に雨が近づく夜は、人々はリラックスかつ落ち着いた感じで、反応はよかったです。

気温は20度で風なし、という最高の気候です。

次回の10月中旬からは少しヒンヤリするでしょう。


●京都市は外国人観光客が多いおかげで、相変わらず、まずは彼らがきき、それを不思議そうに眺めている日本人が、彼らに従ってきく、というパターンです。


●ある日本人高校生カップル、体を動かして、何か合図して去りました。

若い人の人生に好影響を与えるのが、われわれ60代老年の役目ですね(笑)


●夜10時ごろ、プレイヤーとオーディエンス共にノリノリだった時、急に、ザーッという音になりました。

それはFMトランスミッタの電池が切れたから。残念ながらパフォーマンス終了となりました。

"Out of battery"

というと、外国人オーディエンスは、

「ありがとうございます」

と、われわれプレイヤーたちとハイタッチして、終了となりました。

実は、「SSMだからこそ親密感が出る」のです。

同じ音楽を有音でストリート演奏しても、このような反応にはならないでしょう。


●きょうのお恵みは、2186円、前回は725円でした。

2018.10.07-725



2018.10.09.-2186




  
Posted by aratori at 23:44Comments(0) SSM: Silent Street Music(ご迷惑かけない無音ストリート) 

October 08, 2018

2018.10.07 初実行、グループSSM(Silent Street Music)デュオ「Concurrent SSM」「一人SSMの方が100倍は難しい」「無許可SSMのためのEquipment、電子ドラムの台車」「FM送受信」「グループSSMは楽しい」

2018.10.07 初実行、グループSSM(Silent Street Music)デュオ「Concurrent SSM」「一人SSMの方が100倍は難しい」「無許可SSMのためのEquipment、電子ドラムの台車」「FM送受信」「グループSSMは楽しい」

2018年10月7日(日)
20:45-22:15(1.5H)
四条河原町交差点南東角

電子ピアノ:ローランドFP-4、ジャズオルガン音とベース音、奏者はアラトーリ
電子ドラム:ローランドTD-1KV、ドラム音、奏者は吉田はるみ

踊った人は、5人
ヘッドフォンを装着して聞いた人は、20人
写真か動画を撮影した人は、50人
不思議に思ってマジマジと見た人は、200人
一瞥した人は、1000人

長年SSMをしているぼくにとっては、上記の人数の比率は常識です。

動画
2018.10.07 Aratori's SSM(Silent Street Music)
https://youtu.be/lIMhT4LscIw




●Concurrent SSM

1年前からKさんからConcurrent SSMを勧められていたのですが、そうは言ってもなかなか進みませんでした。

ぼくは、2009.06に初めてSSMを行い、ずっと一人で孤独にやってきましたので、そう簡単にパフォーマンスを変化させることはできません。

ぼくのSSMは、一人で、左手でベース音、右手でジャズオルガン音を弾き、誰も聞いていなくてもノリノリでパフォーマンスする、というもので、そのような無意味なパフォーマンスを一緒にできる共演者はいなかったのです。

Concurrent SSMについては、ぼくはSSMの概念として最初から「非騒音、非占拠、被容認」あるいは「強制、排他、支配から選択、自由、共存へ」を考えていました。詳しくは、
2012.04 エッセイ「ご迷惑かけない無音ストリートライブ音楽」初論
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2017-09-08.html

ワイヤレスジャパン 2012 「ご迷惑かけない無音ストリート(ワイヤレス&モバイル)が作る未来の町」
http://blog.livedoor.jp/aratori/archives/2012-05-17.html

さて、ぼくは、有音ストリートの近くで無音ストリートを何回もしてきましたが、それは、被容認、共存であり、同時に演奏しているので、Concurrent SSMであると言えます。

ですから、ぼくにとっては外部的なConcurrentよりも内部的なConcurrent、つまり共演者が大きな問題だったのです。

実際、今夜、グループSSMを初実行した感想は、

「(グループSSMより)一人SSMの方が100倍は難しい」

でした。


●ローランドの電子ドラムTD-1KV

は、半年前の3月に念のために(笑)買っておいたのですが、なかなかドラマーはいませんでした。

しかし、しばらくして偶然ドラマーが現れました。

その人はクラシックピアニストの吉田はるみさんで、彼女の主な仕事はホールでフルコンサートピアノを弾くこと。

ぼくは彼女にジャズピアノをレッスンしているのですが、物の試しに電子ドラムを叩いてみたところ、なぜか行ける(笑)

そこで、50回ほどリハーサルすることができ、また、ぼくは9月下旬に、5.5年続けた訪問介護事業所を退社したことから時間の余裕ができたため、準備と構想に時間をかけることができ、また、この夏の酷暑で生き延びるだけで精一杯で何もできなかったのが、最近やっと秋めき、多少動けるようになり、

ついに、今週からグループSSMをやろうと注力し、今夜、実現にいたりました。

吉田はるみさんは、今夜のグループSSMで、楽器運びのために手袋をした、その手袋のまま、直径1cmの軽い丸棒で叩くという、電子ドラムの特性である、マッチョと正反対の、微妙なコントロールを、クラシックピアニストならではの繊細さでパフォーマンスしていました。


ローランドFP-4とTD-1KVの電源は全く同じ、9Vで、プラグは外形5.5、内径2.1のセンターマイナスです。
電池ボックスがセンタープラスですから、極性を変える変換ケーブルを使います。

image


image



●無許可SSMのためのEquipment、電子ドラムの台車

無許可SSMは、場の構想が非常に難しいです。

現場に行くと速やかに、ご迷惑かけないで、非占拠で(すぐに退去可能なように)演奏できるようにEqipmentを準備しておかないといけません。

そこで、電子ドラムの台車を作りました。

電子ピアノよりもやや軽く12kgなので、台車の板部分は桐集成材、25mm角のスギ角材を使いました。


写真:桐集成材
20181007板



写真:25mm角のスギ角材
20181007角材


写真:ネジ
20181007ねじ



写真:電子ドラムを乗せたところ
20181007電子ドラム台車



空気入りタイヤキャスターは、電子ピアノの台車と同じものを使いました。同キャスターは電子ピアノでは9年使用しても全くどうもありません。


写真:シシク(SISIKU)空気入車輪付キャスター 固定 153mm
シシク(SISIKU)空気入車輪付キャスター 固定 153mm



写真:シシク(SISIKU)空気入車輪付キャスター 自在ストッパー付 153mm

シシク(SISIKU)空気入車輪付キャスター 自在ストッパー付 153mm


ぼくは大工は得意なのですが、どうも塗装は苦手で、今回も、まずラッカースプレーしたのですが、これは揮発性が高く、気分悪くなるし、ベランダで塗装すると、室内まで粉が飛んできて、うっすらと汚れました、トホホ。

もう二度とラッカーは使いません。


写真:ラッカースプレー
20181007スプレー



写真:水性スプレー
20181007スプレーb





●FM送受信

最初からずっと、ぼくは2.4GHzのワイヤレスヘッドフォンシステムを使っていたのですが、2.4GHzの電波は、WiFiの一部やBluetoothや、町中なら電子レンジで使われていて干渉が多く、雑音が入ったり、音が途切れたりしやすいのです。

Kさんはすぐに2.4GHzに見切りをつけ、FMがよいと言われました。

で、ぼくも1年たって、ようやく(笑)2.4GHzに見切りをつけ、

(その2.4Gのワイヤレスヘッドフォンとトランスミッタは、中古を多く買い込んでいましたし、電波干渉さえなければ音は臨場感があって、よかったのですが)

Kさんにもらった写真のFMトランスミッタと、1000円ほどの小さなFM受信機を、通常のヘッドフォンにつなぎ、テープでくっつけて一体化しました。

写真:FMトランスミッタと受信機とヘッドフォン
20181007FM


オーディエンス用のヘッドフォンは3個、用意しました。

ぼくはモニタのためにも同じヘッドフォンを使い、また、ドラマーにマイクで指示を出すために、ヘッドセットマイクを使いました。

ヘッドセットマイクでの指示は、結局のところ

「ハイハットを聞いて」

と数回言いましたが、それが、とても、とても、決め手なのでした。


●SSMのサイン

新調して、「アラトーリ」という個人名は止め、「無音ストリート」は「SSM」としました。

写真:新サイン
20181007新サイン



●パフォーマンスのレポート

ぼくは一人SSMに関しては、もう60歳代になったこともあり、力尽きて、風前の灯だったのですが、

「グループSSMは楽しい」ことに味をしめました(笑)

年取ったら楽したらよいのですね(笑)


SSMをしてみたい人は、ぜひ、ご連絡くださいませ。


  
Posted by aratori at 01:01Comments(0) SSM: Silent Street Music(ご迷惑かけない無音ストリート) 

October 04, 2018

ライブのお知らせ 2018.10.06(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場のフォレスト店内で

ライブのお知らせ 2018.10.06(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場のフォレスト店内で、

18:30-21:00ごろ

フォレストの素晴らしい音のビンテージのアコースティックピアノを弾きます。

基本、毎週あります。

10月の音楽広場は第2,3土曜日となりましたので、6日の土曜日は広場での演奏はありません。  
Posted by aratori at 21:05Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music 

September 30, 2018

2018.09.29 びわ湖ホールの台風前日の緊急特別公演の方法が、例え大成功であっても、日本社会に広がることを恐れます。

2018.09.29 びわ湖ホールの台風前日の緊急特別公演の方法が、例え大成功であっても、日本社会に広がることを恐れます。

時系列で並べます。

---
びわ湖ホール
2018.09.28

https://www.biwako-hall.or.jp/topics/20180928_6500.html
【緊急】台風24号の影響による開館20周年記念公演「千人の交響曲」について
9月30日(日)14:00開演のびわ湖ホール開館20周年記念公演 マーラー作曲 交響曲第8番「千人の交響曲」については、台風の接近が予想されるため、次のとおりの対応とさせていただきます。


 攜演実施の有無】
 9/30(日)の公演については、通常どおり開催する予定としておりますが、警報等の発令状況、交通機関の運行状況等を考慮して、公演を中止する場合は、遅くとも、9/30午前10時までに、本サイトでご案内します。また、公演中止の場合には、チケットご購入のお客様に、後日、払い戻しの手続きのご案内をさせていただきます。
(下記に記載の緊急特別公演を鑑賞いただいた方は、払い戻しの書類は送付いたしませんのでご了承ください)

◆擽杁淨段霧演の実施およびチケット販売】
9/30(日)と同じ内容の緊急特別公演を9/29(土)16:00開演(15:15開場)で実施することとしました。
チケットは9/29(土)14:00より大ホール前特設カウンターでお一人5,000円(現金のみ、お一人2枚までとさせていただきます)で販売します。なお、この当日券は自由席です。(*9/30(日)のチケットを既にご購入済みの方は、9/29、9/30ともにご入場いただけます。9/30の前売券をお持ちの方は、券面に指定のお席にご着席ください。)


---

びわ湖ホールが、台風の日曜日のイベントの中止決断は当日朝10時までしないで、前日の土曜日に何と同じイベント開催。
https://www.biwako-hall.or.jp/topics/20180928_6500.html

「あきらめわるい」古い方法ですね。

あらゆるイベントが、この方法を取ればどうなります? みんな台風の土曜日と日曜日は右往左往。

晴耕雨読は天候に合わせて生活しよう、という教え。

価値ある大イベントこそ、率先して、

オフ、仕事なし〜

日常生活を楽しもう〜

あきらめが大切

というメッセージを発信してほしいものです。

仕事をひたすら増やして、減らすことは絶対にできない、という古い価値観にとらわれていますね。

ぼくが関係する日曜日のイベントは、金曜日の早朝に中止を決断しました。

---
びわ湖ホール
2018.09.29
9:20

【緊急】公共交通機関の影響により「千人の交響曲」にご来場いただけない方へ
【9:20更新】
9月30日(日)14:00開演のびわ湖ホール開館20周年記念公演 マーラー作曲 交響曲第8番「千人の交響曲」については実施を検討しておりますが、実施する場合におきましても、台風の影響により、ご来場が困難なお客様については、払い戻しの対象とさせていただきます。
具体的な手続きについては、後日ご案内をさせていただきます。
(9/29(土)の【緊急特別公演】にご来場のお客様は、払い戻しの対象とはなりません。)
https://www.biwako-hall.or.jp/topics/20180929_6501.html

---
びわ湖ホール
2018.09.29
15:00

【緊急 9/29 15:00発表】

9/30(日)「千人の交響曲」公演を中止します
9月30日(日)びわ湖ホール開館20周年記念公演 マーラー作曲 交響曲第8番「千人の交響曲」については、台風の影響による公共交通機関の計画運転等の発表をうけ、公演を中止することといたしました。
ご来場になれなかったお客様については、公演チケットの払い戻しをいたします。
具体的な手続きについては、後日ご案内させていただきます。
(9/29(土)の【緊急特別公演】にご来場いただいたお客様は、払い戻しの対象となりませんのでご了承ください。)
https://www.biwako-hall.or.jp/topics/20180929_6503.html

---
びわ湖ホール
Facebook
2018.09.29
20:36

【開館20周年記念公演 マーラー作曲 交響曲第8番『千人の交響曲』 緊急特別公演 終演!】
今週末の台風の影響で、急遽開催の運びとなりました本日の公演、無事に終演いたしました。
びわ湖ホールのオペラを成功に導いてきた8名のソリスト、沼尻との厚い信頼関係で結ばれた京都市交響楽団・130名、今年の2月から田中信昭先生と大川修司さんの指導のもと練習を重ねに重ねてきた230名もの2群のコーラス、そしてびわ湖ホールの舞台でも幾度となくステージに立ってきた44名の大津児童合唱団。濃密な演奏をお届けできたと思います。
たくさんの拍手、ありがとうございました!
突然の開催にもかかわらずご来場いただきました皆様、心より御礼申し上げます。
また、明日の公演は中止となり、楽しみにしていただいておりました皆様には本当に申し訳ありませんが、また違うコンサート、舞台でお会いできますことを願っております。
開館20周年記念公演は「緊急特別公演」での開催となりましたが、新しい節目を迎えられましたことに深く感謝し、これからも皆様に愛され、そして親しみをもっていただける劇場として歩んでいきたいと思います。
関係者の皆様、ご来場いただきました皆様、いつもびわ湖ホールを応援いただいている皆様、そしてこれからびわ湖ホールにお越しいただく皆様、どうぞこれからもびわ湖ホールをよろしくお願いいたします!



---
びわ湖ホール、29日16時開演の緊急特別公演は大成功とのこと。

そのことに2つの恐ろしさを感じます。

1つ目の恐ろしさは他律的な理由づけです。

その緊急開演直前15時発表で翌日30日の本番は中止。
理由は「公共交通機関の計画運転等の発表をうけ」。

しかし29日9:20発表では「台風の影響により、ご来場が困難なお客様については、払い戻し」とあるので、運休しても本番はやる予定だった。だから運休は理由にならないはず。
しかも天気予報は、30日5時でも、まだ、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県は、注意報であり警報は出ていない。

2つ目の恐ろしさは、日本社会でよくある「公」優先です。

出演者を含め多くの人は29日の予定があったはず。
馳せ参ぜよ、との命令に従い、予定を急遽変更し参加、大成功を味わった多数(日本社会では「公」を優先した人)と、参加できなかった少数(日本社会では「私」を優先した人)の間に亀裂が潜在することになった。

本来は、馳せ参ずるのが公ではなく、この分断に対して思いやるのが公。

例えば、ヘルパーが必要な障害者は「馳せ参ずる」ことはできない。

そもそも楽しみのために音楽会に行くのだから、余裕を持ちたいわけで、「馳せ参ずる」ことはしたくない、と決断してもよい。

前日の緊急特別公演というのは、「馳せ参ずるのが公」と言うのに他ならない。

さて、そうやって大成功に終わり、経済的にも大成功したなら、

せめて払い戻し金は2倍にすべき。

参加できなかった出演者にもギャラを払うべき。

https://www.biwako-hall.or.jp/topics/20180929_6503.html




---2018.10.01追記

‪昨日の台風の日曜日の公演について、‬
‪びわ湖ホールは中止発表は引き伸ばした上、前日に緊急特別公演を招集したのとは、大違い、‬

‪X JAPANは無観客ライブを実行、WOWOW、ニコニコで配信されたとのこと。‬
‪新旧の違いを感じますね。‬

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000034-natalien-musi‬
  
Posted by aratori at 07:27Comments(0) 社会 

September 29, 2018

ライブのお知らせ 2018.09.29(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場のフォレスト店内で

ライブのお知らせ 2018.09.29(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場のフォレスト店内で、

18:30-21:00ごろ

フォレストの素晴らしい音のビンテージのアコースティックピアノを弾きます。

基本、毎週あります。
  
Posted by aratori at 09:08Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music 

September 22, 2018

ライブのお知らせ 2018.09.22(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場のフォレスト店内で、

ライブのお知らせ 2018.09.22(土) Aratoriジャズスタンダードピアノソロ@京都市ゼスト御池御幸町広場のフォレスト店内で、

18:30-21:00ごろ

フォレストの素晴らしい音のビンテージのアコースティックピアノを弾きます。

基本、毎週あります。  
Posted by aratori at 03:51Comments(0) Aratori(アラトーリ) Music