P7021171前の記事でホイールコーティングのブログをUP致しましたN.N様のシトロエンDS3です!レクサス600Hでお世話になっておりますN様のご家族様です。今回GT−Cを施工させていただく事になりました。しっかり施工させていただきます!それでは施工手順をご覧下さい!

P7021081P7021086P7021087




今回ウィンドウガラスのコーティングのご依頼もありましたので、まずはそちらから作業に入ります。ガラス表面の油膜や汚れをキレイに取り除いた後フッ素コーティングを塗りこんでいきます。隙間なく丁寧に作業を進めます。

P7021089
ウィンドウガラスコーティング作業が終わったら、水を流してしっかりチェックいたします。水弾きに問題なくOKです!



P7021101P7021103ウィンドウコーティングのチェックが終わったらボディー洗浄に入ります。高圧洗浄ガンでホコリを落とし優しく手洗いを致します。ちなみに前の記事のホイールコーティングのホイール洗浄もこの時作業を行なっております。

P7021093P7021094P7021095




ボディー洗車が終わったら下地処理に入ります。まずは目に見えにくい鉄粉を除去剤にて取り除いていきます。キレイに見える新車と言えども少量の鉄粉は付着しております。特に外車の場合はストック時間や運搬距離が長いためいろいろなトラブルが考えられます。写真では少し分かりにくいですが鉄粉除去剤が反応を起こしております。

P7021108
鉄粉除去剤で見えにくい鉄粉を取り除いたら、ネンドを使用し優しくボディー表面を滑らせます。表面がよりツルツルな状態になります。



P7021107P7021109鉄粉除去作業が終了したらボディー表面の余分な油分を専用クリーナーで取り除いていきます。ナンバープレートもしっかり作業を行ないます。


P7021104
下地作業が終了したら再度洗車をし使用した溶剤をキレイに洗い流します。しっかり水気を取り除いて次の工程へと移ります。



P7021114P7021116磨き作業前の下準備に入ります。まずは樹脂部分やゴム部分をマスキング致します。今回は新車磨きになりますので、傷取り磨きとは違い艶を引き出しながらフラットにしていく磨きですが、樹脂部分などにコンパウンドなどが入り込んで変色を起こさないようにマスキングを施します。

P7021126P7021127マスキングが終わったら光を当てながらボディーチェックを致します。光の角度をかえながらしっかりチェックいたします。新車と言えども時にはひどく傷が付いている場合があります。今回は大きなトラブルはないようです。

P7021123
ボディーチェックが終了したら塗装の皮膜厚チェックです。ルーフ部分の塗膜は厚めのようです。



P7021122P7021124P7021125




ルーフ部分の塗膜に比べるとイエロー部分の塗膜は少し薄いようですが、最近の車両は水性塗料で皮膜は以前に比べて薄くなっておりますので問題はありません。シトロエンの塗装は以前に比べると大変良くなりましたがドイツ車や日本車に比べると少しデリケートなのでコーティングの施工は特にしておいた方がいい車両の一つです。

P7021117P7021118
磨き作業開始です!ワンパネルごと丁寧に作業を進めます。きれいなイエローカラーがさらに艶を増していきます。


P7021119P7021120P7021121




ルーフや側面、リアハッチ部分も丁寧に磨いていきます。新車のキレイな状態よりも磨くことによりさらに輝きが増します。そしてコーティングの付着率も確実にUP致します。

P7021128P7021129P7021130




磨き作業終了後、コンパウンドカスを高圧洗浄ガンでしっかり洗い流し、再度ボディー洗車を致します。この時、優しくボディーをなでる様に洗車を致します。

P7021131P7021105洗車終了後、コーティングの付着をUPさせるため脱脂作業に入ります。ワンパネルごとチェックをしながら作業を進めていきます。最後にしっかり水を流します。


P7021132P7021133脱脂作業が終わったらエアーガンで細部に入り込んだ水滴をかき出し傷のつかないセーム皮でしっかり水気を取り除きます。


P7021137P7021138P7021139




コーティングを塗りこむ前に細部の仕上げを行ないます。窓の周りやステップ部分、そして給油口など細かい部分を水気を取りながら仕上げていきます。

P7021140P7021141ボディーを乾燥させコーティングの塗りこみ開始です!GTーCの塗りこみは丁寧さとスピードが大切です。そのため塗りこみ範囲は約30cm四方がベストです。


P7021142P7021143塗りこんですぐにマイクロファイバークロスで仕上げていきます。塗りこみ作業に取り掛かった休憩はNGです!塗りムラの無いように作業を進めていきます。


P7021145P7021146
GT−Cは素材を選ばないため樹脂部分などにも塗りこみ可能です。しっかり塗りこんで仕上げていきます。


P7021147P7021148
メッキ部分にもしっかり塗りこみます。ガラスのコートでシットリした艶になります。



P7021155P7021156ボディー全体の塗りこみが終了したら、ヒートガンを使用しマイクロファイバークロスで最終仕上げチェックを行ないます。ムラがないこと確認し作業を進めていきます。

P7021158P7021160硬化を早めるため遠赤外線ハロゲンヒーターでボディー内部から暖めていきます。当店では硬化を早めたとは言えその日に納車は致しません。一晩お預かりししっかり硬化をさせてからの納車になります。

P7021165
最後の最後にタイヤワックスを致します。今回はホイールコーティングも合わせて施工いたしましたのでこれで全工程が終了となります。


P7021167P7021174P7021169




作業完了でございます!!鮮やかなイエローカラーに強靭なボディーガラスコーティングがまとい、さらに輝きを増しております!!大変オシャレな車両ですので目立つこと間違いありません!

P7021176P7021170P7021168




これから約一ヶ月後に無料の最終チェックを行ないます!そして半年後のメンテナンスは無料でさせて頂きます!その間の洗車は割引券を使用しお値打ちに洗車が出来ますので是非ご利用下さい!また今月からコーティング車専用洗車『バリュー洗車』もご用意いております!N.N様、この度は本当にありがとうございました!キレイさをしっかり持続させていきますので、これからもよろしくお願い致します!