いつもお世話になりますH様からのご依頼でハーレーFLHRをバイクコーティングさせて頂くことになりました!こちらのハーレーもシブくカスタムされております!妥協なく作業をし綺麗に仕上げてまいります。それでは施行手順をご覧ください!
s-DSC04277

まずは取り外し可能なパーツを取り除きます。傷がつかないように慎重に作業いたします。
s-DSC03559
s-DSC03561
s-DSC03746

続いて足回りを重点的に洗浄いたします。ホコリや汚れはもちろんの事、グリスなどの油汚れもしっかり取り除きます。
s-DSC03747
s-DSC03809
s-DSC03741
s-DSC03812

取り外したパーツもしっかり洗浄いたします。傷がつかないように段ボールの上で作業をいたします。
s-DSC03854
s-DSC03857

グリスだらけのフェンダー内側も綺麗になりました!
s-DSC03861
s-DSC03866

ボディー全体の洗浄が終了したら下地工程に入ります。鉄粉や水垢を綺麗に取り除きます。
s-DSC03849
s-DSC03872
s-DSC03802

水気を取り除きメッキ部分の磨き作業に入ります。この作業はとにかく根気よく妥協なくいたします。細部にこだわることで綺麗さが増します。
s-DSC04063
s-DSC03567
s-DSC04064
s-DSC04066

細部も綺麗になりました!ビフォーアフターをご覧ください。
P3055938
P3055944

くすんだメッキもピカピカです!ビフォーアフターをご覧ください。
P3055939
P3055945

錆びていた部分も綺麗になりました!ビフォーアフターをご覧下さい。
P3055941
P3055946

続いて塗装面の磨き作業に入ります。光を当てながらチェックを入れます。塗膜厚を測定し磨きすぎに注意いたします。
s-DSC04265
s-DSC04135
s-DSC04137
s-DSC04138

しっかり磨いて作業を進めていきます。
s-DSC04061
s-DSC04058

メッキ部分のコーティング作業に入ります。光触媒チタンコーティングを施行いたします。このコーティングは汚れを自己洗浄する特徴があります。
s-DSC04155
s-DSC04163
s-DSC04177
s-DSC04203

メッキコーティングの乾燥を行い、塗装面のコーティングに入ります。脱脂作業、プライマー工程を行いコーティングを隙間なく塗り込んでいきます。
s-DSC04228
s-DSC04230
s-DSC04235

最後に硬化を早めるため遠赤外線ハロゲンヒーターで全体を暖めていきます。
s-DSC04253

作業完了でございます!シブいハーレーFLHRが光り輝いております!
s-DSC04275
s-DSC04281

メッキ部分の輝きがたまりません!強靭なコーティングで愛車をガードいたします!
s-DSC04298
s-DSC04301
s-DSC04303

オートセンター・Y様。この度は本当にありがとうございました!これから気になる所がありましたらお気軽にご来店ください!
s-DSC04287
s-DSC04319