以前にボディガラスコーティングSP-Gを施工させて頂きました、Y.M様のBMWです。今回お車を板金塗装されたので、コーティングを再施工します。今回ご依頼いただいたのは最高級のコーティング、ハイモースコートです。それでは作業に取りかかりたいと思います。
s-DSC01825

まずは洗車をしてボディの下地作りを行います。鉄粉と水垢を残さず取り除いていきます。
s-DSC01802
s-DSC01803
s-DSC01792
s-DSC01793
s-DSC01796

下地が出来上がったら、磨き作業の前にボディの状態をチェックします。塗装の厚さを測定し、ボディのシミや傷の状態を確認します。
s-DSC01775
s-DSC01773
s-DSC01777

磨き作業です。ギアポリッシャーで傷やシミを取り除き、ダブルアクションポリッシャーで仕上げます。
s-DSC01781
s-DSC01793
s-DSC01785
s-DSC01789

磨き作業が終わったら、高圧ガンでコンパウンドのカスを取り除いて脱脂作業を行います。
s-DSC01799
s-DSC01798
s-DSC01805

こちらが今回使用するコーティング、ハイモースコートです。ガラス被膜とフッ素の二層コートにより、大変汚れにくいボディに仕上がります。
s-DSC01808

コーティングの塗りこみ作業です。最初にガラス被膜を塗りこみ、乾燥した後フッ素コーティングを塗りこみます。そしてコーティングの硬化を促進させるため、ハロゲンヒーターでボディ全体を暖めます。
s-DSC01813
s-DSC01817
s-DSC01821
s-DSC01810

作業完了です。深みのあるツヤのボディになりました。
s-DSC01828
s-DSC01831

個々のパーツがとてもカッコイイ形をしていますね。s-DSC01832
s-DSC01841
s-DSC01836

Y.M様。今回もコーティングをご依頼いただきまして、本当にありがとうございます。今回も前回のコーティング同様、半年ごとに我々がボディのメンテナンスを致しますのでぜひご利用くださいませ。
s-DSC01844
s-DSC01838
s-DSC01829