前回のホイールコーティングの記事の続きです。今度はボディガラスコーティングの作業に取りかかっていきます。まずはボディの洗浄と下地作りです。ボディに付着した水垢や鉄粉を除去していきます。
sDSC03594
sDSC03599
sDSC03504
sDSC03506
sDSC03507
sDSC03511
sDSC03513
sDSC03509
sDSC03508
sDSC03510

下地作業が終わったら、磨き作業を始める前にボディの状態をチェックします。塗装の厚さを測定し、キズやシミの有無を確認します。
sDSC03532
sDSC03535
sDSC03531

磨き作業です。まず細目のコンパウンドでキズやシミを取り除き、超微粒子コンパウンドで仕上げの磨きをおこないます。
sDSC03522
sDSC03520
sDSC03523
sDSC03524

ポリッシャーの入らない部分は手作業で行います。
sDSC03526
sDSC03528
sDSC03530

磨き作業が終わったら、洗車をして脱脂作業を行います。専用の脱脂剤を使いボディの余分な脂分を取り除き、コーティングの定着を向上させます。
sDSC03600
sDSC03596

今回使用する「ハイモースコート」です。ガラスとフッ素の二層コートで、撥水タイプのガラスコーティングです。
sDSC03604

コーティングの塗りこみ作業です。最初にガラス被膜を形成して、その上にフッ素コーティングを塗りこみます。コーティングを塗り終えたらハロゲンヒーターでボディ全体を暖めて、コーティングの硬化を早めます。
sDSC03605
sDSC03606
sDSC03607
sDSC03608
sDSC03611

作業完了です。新車の輝きが復活しました。
sDSC03613
sDSC03612
sDSC03614

全体のフォルムやプレスラインのひとつを見ても、国産のセダンとは違う魅力がありますね。
sDSC03617
sDSC03619
sDSC03627

H.Y様。本日は当店をご利用いただき、ありがとうございました。これからは我々がお車のメンテナンスを致しますので、ぜひご来店くださいませ。
sDSC03615
sDSC03626
sDSC03630
sDSC03616