前回の記事の続きです。二台目のバイクコーティングの作業を行っていきます。
sDSC05081

まずは部品の取り外しと洗浄作業です。ホイールやエンジンなどの汚れを取り除きます。それからポリッシャーを使い、磨き作業を行います。今回はタンクやフェンダーがつや消しのマット塗装の為、ポリッシャーを使うのは樹脂パーツのみとなります。
sDSC04953
sDSC04967
sDSC04954
sDSC04956
sDSC04957
sDSC04961

パーツの洗浄が終わったら、脱脂をしてコーティングをかけていきます。吹き付けタイプのコーティングを行いますので、他のパーツに付着しない様、マスキングをしてから作業を行います。
sDSC04963
sDSC04971
sDSC04977
sDSC04979
sDSC04980
sDSC04983

次は樹脂パーツのコーティングです。プライマーで下地を作り、その上にコーティングを施工します。シートには、専用の革コーティングを使用します。コーティング作業が終わったら、ハロゲンヒーターでボディを暖めコーティングの硬化を促進させます。
sDSC04975
sDSC04990
sDSC04985
sDSC05077

作業完了です。
sDSC05078

ツヤ消しの塗装がキレイにきまっていますね。全体のフォルムもすごくカッコイイです。
sDSC05082
sDSC05080
sDSC05083
sDSC05089
sDSC05087
sDSC05091
sDSC05095

H.I様。本日はご来店いただきましてありがとうございます。メンテナンス等でお困りのことがございましたら、ぜひ当店にご相談くださいませ。
sDSC05098
sDSC05101
sDSC05103