ダイハツ

H.K様 ハイゼット アラワナコーティング AC−GW

ハイゼットの入庫です。いつもお世話になりますK様。今回はお仕事で使用されるハイゼットにボディーガラスコーティング、AC−GWを施工させていただくことになりました。お仕事車もキレイさを大切にするお気持ちがとても素敵です。しっかりと作業をしてメンテナンスケアでキレイさを守っていきます。
sDSC02134

洗車・下地作業
sDSC02080
sDSC02081
sDSC02085
sDSC02090

ボディーチェック
sDSC02094
sDSC02095
sDSC02097

磨き作業
sDSC02099
sDSC02100

脱脂
sDSC02084
sDSC02091
sDSC02088

コーティング剤
sDSC02104

塗りこみ・温め
sDSC02106
sDSC02107
sDSC02110
sDSC02111
sDSC02114

作業完了
sDSC02126
sDSC02127
sDSC02128
sDSC02129
sDSC02130
sDSC02131
sDSC02132
sDSC02136
sDSC02137
sDSC02140
sDSC02141
sDSC02120
sDSC02121
sDSC02124
K様 この度は本当にありがとうございました。

Y.S様 タント ボディーガラスコーティング G’ZOXツヤプラス

タントの入庫です。いつもお世話になります、S様。今回はタントでのボディーガラスコーティングを承りました。新車コースですがしっかりとボディーチェックをして作業を行います。メンテナンスケアも安心してお任せください。
sDSC09505

洗車・下地作業
sDSC09433
sDSC09434
sDSC09437
sDSC09438
sDSC09446
sDSC09445

ボディーチェック
sDSC09455
sDSC09456
sDSC09458

磨き作業
sDSC09461
sDSC09462

脱脂
sDSC09441
sDSC09449
sDSC09442

コーティング剤
sDSC09472

塗りこみ・温め
sDSC09476
sDSC09477
sDSC09480
sDSC09481
sDSC09474

作業完了
sDSC09498
sDSC09499
sDSC09500
sDSC09501
sDSC09502
sDSC09503
sDSC09507
sDSC09508
sDSC09510
sDSC09511
sDSC09491
sDSC09492
sDSC09495
Y.S様 この度は本当にありがとうございました。

M.T様 ムーブ ボディーガラスコーティング G’ZOX艶プラス

いつもお世話になります、M.T様。いつも遠いところからご来店いただき本当にありがとうございます。今回もしっかり作業させていただきます。
sDSC09475

洗車・下地作業
sDSC09440
sDSC09436
sDSC09437
sDSC09438
sDSC09443

ボディーチェック
sDSC09447
sDSC09446

磨き作業
sDSC09448
sDSC09449

脱脂
sDSC09439
sDSC09444
sDSC09441

コーティング剤(G’ZOX艶プラス)
sDSC09451

塗りこみ
sDSC09454
sDSC09455
sDSC09460
sDSC09461
sDSC09457

作業完了
sDSC09463
sDSC09465
sDSC09466
sDSC09467
sDSC09468
sDSC09469
sDSC09473
sDSC09474
sDSC09476
sDSC09479
sDSC09477
sDSC09478
sDSC09464
sDSC09472
M.T様 この度は誠にありがとうございました。

S.K様 コペン ボディーガラスコーティング GT−C

S.K様のコペンで最後の記事となりますボディーガラスコーティングの施工手順です!遠方から着て頂いて必ず満足したいただけますようにキッチリ妥協なく作業いたします!それでは施工手順をご覧下さい!
s-DSC06297

まずはボディーをやさしく洗浄いたします。クリーミーな泡でしっかり汚れを取り除きます。洗浄終了後、下地工程に入ります。目に見えにくい鉄粉から細部に溜まった水垢汚れまでしっかり取り除きます。
s-DSC06117
s-DSC06108
s-DSC06111
s-DSC06114

下地工程終了後、ボディーチェックに入ります。光を当てながら隅々までしっかりチェックします。チェック項目を専用カルテに記載し、塗装の被膜を測定します。
s-DSC06125
s-DSC06120
s-DSC06121
s-DSC06122

チェックを終え、磨き作業開始です!今回は経年車コースになりますのでまずは傷を取る磨き工程になります。丹念に磨き上げる事で本来の輝きへと導きます。
s-DSC06126
s-DSC06130
s-DSC06133

写真左半分が施工後です。艶の違いがお分かり頂けるかと思います!
s-DSC06139

傷取り磨き終了後、さらに艶をUPさせる磨き工程に入ります。最高の艶を引き出す重要な工程です。
s-DSC06146

磨き作業を終えたら脱脂作業を行い、コーティングの定着をUPさせます。
s-DSC06163
s-DSC06159
s-DSC06173

ボディーをしっかり乾燥させ、コーティングの塗り込み作業に入ります。今回使用するのはボディーガラスコーティング剤『GT−C』です!被膜の硬さ最高級のコート剤です!隙間なく丁寧に塗りこんで仕上げてまいります!
s-DSC06183
s-DSC06195

ボディー全体を塗り終えたら、硬化を早めるため遠赤外線ハロゲンヒーターで暖めていきます。
s-DSC06178
s-DSC06182

最後にチェック作業を行い作業完了でございます!深い艶を輝きに包まれております!
s-DSC06286
s-DSC06299

この綺麗さをこれからしっかりと管理させて頂くため、約一か月後に無料メンテナンスを行い、半年後のメンテナンスも無料で行います!
s-DSC06253
s-DSC06303
s-DSC06295
s-DSC06296

S.K様、本当に遠方からありがとうございました!当店を選んで頂きましたことを心より感謝いたします!これからもしっかりとメンテナンスをさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します!
s-DSC06289
s-DSC06301
s-DSC06293

S.K様 コペン ウロコ除去&コーティング

前記事の続きになりますS.K様のコペンです!ガラスのウロコジミが頑固に付着しております。光を当てながら確認作業を行い、作業スタートです!
s-DSC06015

専用クリーナーを使用し頑固なシミを取り除いてまいります。ポリシャーが使用不可能なところは手磨きでしっかり取り除きます。
s-DSC06149
s-DSC06152

綺麗になりました!(ビフォーアフターをご覧下さい)
s-DSC06005
s-DSC06242

今回使用するガラスコーティング剤『ハイパービュー』です!素晴らしい撥水力を長期間(2年)持続いたします!
s-DSC06091

隙間なく丁寧に塗りこんで参ります。水弾きをチェックし作業完了でございます!続いてボディーガラスコーティングの施行手順をUPいたします!
s-DSC06095
s-DSC06098
記事検索
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ