荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

3月30日放送『なつかし楽し歌謡アワー』最終回

クィーン「伝説のチャンピオン」1:クィーン「伝説のチャンピオン」1977酒田市40代男性(WBCでの日本代表の決勝で優位に進めた試合の素晴らしさや大舞台の経験こそ活きるという栗原健太へのメッセージ。BGMにしても構わないのでリクエストに応えて欲しい。)この言葉に甘えBGMにして 他のメッセージも紹介。4月から90分に拡大になることへの喜びと、朝刊ラジオ欄に「なつかし楽し歌謡アワー最終回」とあったので番組が終わってしまうと勘違いしたリスナーからの惜しむメッセージも戴きました。

来週4月6日からは『月曜音楽館』と名前を変え、午後7時30分から9時までの90分番組となります。
CA3B1381
2:山のさと子「どこかで春が」 鶴岡市57歳女性(私が中学1、2年の昭和40年頃はもっと雪が多く、今頃の時期でも1mほど積もっていました。雪解けの土から黄色いこぶしの花が見えたり、ひばりが鳴いたりして、自然にこの歌が口をついて出ました。)

小柳ルミ子 ベスト3:小柳ルミ子「お久しぶりね」 1983 山形市60代女性(会社勤めをしていた40代に、よくカラオケでこの歌を唄っていた。)


奥山えいじさん09.3.30
ゲスト 徳間ジャパン奥山えいじさん
4: BGM「薫る雨」奥山えいじ
デビュー15周年を迎え、感謝の想いで、4月5日に母校の尾花沢市立寺内小学校体育館で無料コンサートを行うこと。奥山せいじ「お酒がしみる」

来月からの「サンデー歌謡パラダイス」のパーソナリティを吉川わこさんと務めることなどを語ってくださいました。

5: 「お酒がしみる」奥山えいじ



新谷のり子「フランシーヌの場合」6:新谷のり子「フランシーヌの場合」 1969・6・15 山辺町50代女性(実話を唄っているのか?!)1969年3月30日フランスで、フランシーヌ・ルコントという30歳の女性が、パリで起こしたベトナム戦争、ビアフラの飢餓問題などへの政治的抗議のための焼身自殺をした。その事実を知った郷伍郎(作曲)、いまいずみあきら(作詞)が取材して書いた歌で、同年6月15日の反安保の日(1960年6月15日に樺美智子が死亡)に発売され、約80万枚を売る大ヒットを記録した。

梓みちよ「小心者」7:梓みちよ「小心者」 1983 山形市50代女性
(毎週必ず聴いています。来週からも必ず。 好きな歌です。)







ジョーン・バエズ8:ジョーン・バエズ「風に吹かれて」 山形市57歳女性
(定時制高校に働きながら通っていましたが、10人ほどが集まり、フォークソング・クラブを作り、この歌をよく練習しました。)


arayuki_cinema at 2009年03月31日 (06:50)
PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 昭和歌謡曲

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔