荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

よくぞ言った キムタク!サッカー日本代表へのコメント

SMAP木村拓哉が、CMキャラクターを務める紅茶の新製品「ティオ」発売記者会見で、発表されたサッカーW杯日本代表メンバーを見て、三浦知良エーッ?」と驚き、「入ってるだろうという方が入ってなかったのでビックリしました」と感想。
カズさん(三浦知良)がいてくれたら元気が違う」とコメント。

これは、勇気のいるコメントだ。

サッカー通の木村だったら、現在のカズが日本代表に選ばれないことくらい百も承知だったはず。

カズは、現在43歳で、日本代表から外れて10年の月日が流れている。

しかし、サッカーファンの誰しもが思っている
「カズをW杯に出場させたい」を代弁してくれたのだろう。

日本が初めてW杯に出場した1998年仏大会直前でカズは代表を外された。
岡田武史
当時の岡田武史監督は、加茂周監督の突然の解任によってコーチから昇格。

三浦知良絶対的存在のカズでさえ、俺は外すんだぞ」と世間に指導者としての意思の強さをアピールしたかったのだろう。代表から外れた選手の名前を発表する際「三浦知良」と言うべきところを「カズ、 三浦カズ」という発表の仕方も、ある種背伸びしての上から目線を表すものととれる。
当時のカズは、確かに全盛期のキレを失っていた。しかし、チームの精神的支柱であることに変わりは無かった。

「日本をW杯に連れて行くために帰ってきました」と言って1990年にブラジルから帰国した男は、三浦知良 後ろ言葉通り、93年に開幕したJリーグを盛り上げ、94年W杯アメリカ大会に予選で、あと一歩のところまで漕ぎ着けながら「ドーハの悲劇」により、夢は4年後に先送りとなった。そして、約束から8年後カズは日本をW杯に連れて行くことに成功したのだ。
カズは、日本W杯初出場の最大の功労者だった。当時のカズの年齢は31歳。
普通に考えればラストチャンスだった。

カズのいない日本代表は、本大会で3戦3敗で帰国。得点は、
カズの魂を受け継いだ中山雅史(ゴン)の1点のみという体たらくだった。

日本のサッカーファンの多くは、この時のカズの無念を自分のことのように思っている。
この時の岡田監督のボタンの掛け違いは取り返すことはできない。今回、34歳の川口能活をGKに選出した理由として「チームの精神的支え」としていたが、12年前のカズ外しを失敗だったと暗に認めたようなものだが、木村の発言は、岡田監督への
痛烈な皮肉ともとれる。三浦知良 横浜


いずれにしても、
木村拓哉の発言は驚きだったし、
素直に嬉しかった。

 キムタクよ、よくぞ言ってくれた

arayuki_cinema at 2010年05月11日 (23:00)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)サッカー・Jリーグ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔