荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

太賀さんインタビュー!御法川修監督『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を紹介!FM山形『シネマアライヴ』11/30(金)

今日30日(金)15時からのFM山形『シネマアライヴ』は、太賀さん
御法川修監督『母さんがどんなに僕を嫌いでも』紹介。


ゲストコーナーでは主演の太賀さんにお話を伺います。
山形県ではまだ公開日が決まってませんが、全国的には11月16日から公開。その前日に東京で太賀さんにインタビューしたものです。太賀さんは現在25歳ですが、キャリア12年。10代半ばの頃から いい俳優だなあ!と思っていたので、話を伺うのは念願でした。存分にお聴き下さい👂
🎫イオンシネマ 、鶴岡まちなかキネマ招待券プレゼント 締切は放送終了時まで!を
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』音楽は主演の太賀さん、吉田羊さん、御法川修監督の作品から選曲🎶


M1: 廣原暁監督・太賀主演『ポンチョに夜明けの風はらませて』2017 主題歌
忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」


【新作紹介】御法川修監督『母さんがどんなに僕を嫌いでも』出演: 太賀、吉田羊、木野花、森崎ウィン、秋月三佳、白石隼也、小山春朋、斎藤洋一郎、おかやまはじめ 他
小説家・漫画家の歌川たいじが自身の壮絶な母子関係を綴った同名コミックエッセイの映画化。『母さんがどんなに僕を嫌いでも』おばあちゃん・友人

著者が受けた児童虐待やいじめからのトラウマを、他人ではあるが可愛がってくれた「ばあちゃん」をはじめとする周囲の大人や友人たちの助けを得て乗り越えた経験が描かれたもので、成長物語としても青春映画としても楽しめる。


【ARAI's Guest】太賀さん(主人公 歌川たいじ役)
作品に賭ける想いや原作者、共演者、監督の演出に至るまで真摯に話してくれました。「今日から俺は!」太賀、矢本悠馬と





『今日から俺は!』矢本悠馬さん太賀




M2: 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』小山春朋・吉田羊・太賀「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

主題歌

ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」


太賀さんインタビュー後編≫


M3: 御法川修監督『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』2012

主題歌 カサ『コーヒーが冷めないうちに』吉田羊・松本若菜リンチュ「あるがままに」


M4:塚原あゆ子監督、吉田羊出演 『コーヒーが冷めないうちに』2018・9・28〜主題歌YUKI「トロイメライ」


【山形映画情報】
🔅11/30(金)[山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー金曜上映会]最上町金曜上映会岸善幸監督出身の岸善幸監督が手掛けたTVドキュメンタリードラマ上映。
『少女たちの日記帳 ヒロシマ昭和20年4月6日~8月6日』14:00/19:00
『ラジオ』 16:20
無料 山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー(ビッグウィング3階)




🔅12/1(土)17:20〜ムービーオン山形『オボの声』上映&主演 結城貴史さん、齋藤孝監督 舞台挨拶
『オボの声』上映&主演 結城貴史さん、齋藤孝監督 舞台挨拶 チケット1.000円ム−ビ−オン窓口、インターネット予約発売中!






M5: 深田晃司監督、太賀 出演『淵に立つ』2016 主題歌HARUHI「Lullaby」



arayuki_cinema at 2018年11月29日 (22:51)
PermalinkComments(0) 俳優 | 映画

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔