荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

[徹子の部屋]に酒井和歌子がゲスト出演。

内藤洋子(1950年5月28日)と酒井和歌子(1949年4月15日)。

1960年代後半、東宝の2大青春スターとして並び称せられた2人。黒澤明監督『赤ひげ』(1965年4月3日公開)まさえ役をオーディションで最後の最後まで争った2人。共に恩地日出夫監督『あこがれ』('66)、『めぐりあい』('68)を代表作とする2人。正に好敵手の2人でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、クローズアップ


内藤は人気絶頂の'70年、20歳で引退しミュージシャン喜多嶋修と結婚。22歳で舞を産む。ここ数年、舞が産んだ息子(22)、内藤にとっての初孫の件で心を痛めることになったのは如何にも気の毒。
一方の酒井は独身を貫き、女優人生を歩み続けている。昨日2/4(月)『徹子の部屋』にゲスト出演。20年前に父親を亡くして以来、母・慶子さんと2人暮らし。そんな2人の楽しみは海外旅行。中国や北極・南極などにも行ったという。慶子さんが83歳の時に北極に連れて行ったというから驚き!90歳を過ぎても元気だった慶子さんでしたが昨年9月に永眠。40代後半に差し掛かった頃に乳がんを患っていた事実も明かしました。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、クローズアップ


酒井和歌子さんの笑顔が好きで、洋子と和歌子では和歌子派だった私。
あの頃と変わらぬ笑顔に感動🥺

2人の絶頂期から50年。
あれから対照的な人生を歩んだ2人が古希を機に共演が実現したら
どれだけ素晴らしいだろう。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、テキスト


arayuki_cinema at 2019年02月05日 (11:00)
PermalinkComments(0) 女優 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔