荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

《第14回伴淳映画祭》10月26日(土)に米沢市民文化会館大ホールで開催!

《第14回伴淳映画祭》チラシ

米沢市が生んだ偉大な喜劇俳優“伴淳三郎”を顕彰する

《伴淳映画祭》は14回目を迎えます。


伴淳さん生誕111年に開催する《第14回伴淳映画祭》は伴淳さん38回目の命日10月26日(土)に米沢市民文化会館大ホールで開催します。トークゲストに漫画家・エッセイスト・テレビコメンテーターとして大活躍の やくみつる さんをお迎えします。好角家でクイズ番組で博識ぶりを遺憾無く発揮している やくさんですが、何を隠そう、昭和歌謡そして 伴淳さんのファンでもあります。
やくさんが、伴淳さんのどこに惹かれたのか?どんな話が飛び出すのか 興味は尽きません‼️

上映作品はバラエティに富んだ下記3作品です。第14回伴淳映画祭》チラシ裏
大島渚監督「太陽の墓場』(1960 松竹)
福田晴一監督「二等兵物語万事要領の巻』(1959松竹京都)
福田晴一監督 『伝七捕物帖 髑髏狂女』(‪195‬8松竹京都)

チケットは、全て観賞できる前売り(通し)券2.000円(当日2.500円)です。
米沢市内プレイガイド、各書店で扱っています。お問い合わせは[伴淳の会]酒井さん08052261539まで👴

ロビーでは恒例のポスター展示も行います。
伴淳さん主演作は日本映画の全盛期を表すような豪華絢爛なもので、何時間観ていても飽きません。台本、プレス、当時掲載された雑誌等々 垂涎ものですよ😊



『伝七捕物帖 髑髏狂女』

「二等兵物語万事要領の巻』(「太陽の墓場』



       ご遠方の方も是非いらしてください。



arayuki_cinema at 2019年08月13日 (11:37)
PermalinkComments(0) 映画祭 | 俳優

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔