荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

夏川りみさん「てぃんさぐぬ花」で想うこと。

今日のNHK『うたコン』夏川りみさんが沖縄民謡の「てぃんさぐぬ花」を歌いました。
一気にタイムリープしてしまいます。夏川りみさん「てぃんさぐぬ花」





1999年の今頃、当時、私が
夢あられさんとパーソナリティを務めていた山形放送『なつメロリクエスト
電話でこんばんは』で初のファンの集いを公開放送という形で[大石田町あったまりランド深堀]で開催したのですが、その時のゲストが夏川りみさん。
当時の夏川さんは、演歌歌手からポップス歌手へシフトチェンジしている頃で「夕映えにゆれて」というバラードで頑張っていました。新たな事務所の方針が、演歌は歌わせないというもの。しかし、会場は温泉施設の大広間。観客の大半が中高年で風呂上がりの人もいる。そんな中、夏川りみさんはセンターの赤絨毯のうえをパンプスにピンクのドレス姿でセリーヌ・ディオンの 「マイ・ハート・ウィル・ゴーオン」を歌いながら入場。
いかにも場にそぐわず、客席がシーンとしている。そこで、りみさんに沖縄の話を振り、私が「てぃんさぐぬ花」が好きなのでアカペラで一節歌ってもらえないかとお願いしたら、喜んでワンコーラスを歌ってくれたのでした。それは、観客そしてりみさん自身が嬉々として盛り上がった場面でした。公開放送後に会場で用意してくれた地酒と料理・蕎麦に舌鼓を打ち、石垣島出身の共通の友人・島唄シンガー新良幸人くんの話等で盛り上がったのですが、新幹線の時間で駅に向かわねばならなくなり、後ろ髪を引かれるように会場を後にしたことが忘れられません。大ヒットした「涙そうそう」は、それから「ファムレウタ」新良幸人くんと夏川りみさんのデュエット。1年半後のリリースでした。りみさんは「涙そうそう」のヒットを受けて2002年3月にリリースしたミニアルバム『南風』「てぃんさぐぬ花」を、そして、同年9月リリースしたファーストアルバム『てぃだ 〜太陽・風ぬ想い〜』に新良幸人君の「ファムレウタ(子守唄)」([筑紫哲也NEWS23]1995年10月- 12月新良幸人パーシャクラブによるエンディングテーマ)を収録したのでした。
👆新良幸人さんと夏川りみさん





arayuki_cinema at 2022年09月20日 (22:57)
PermalinkComments(0) 歌手・ミュージシャン | ラジオ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔