荒井幸博オフィシャルウェブサイト シネマパーソナリティ、映画解説、フリー結婚式司会者。イベント企画プロデュース、進行等お任せください。

ショーン・ペン監督・娘ディラン・ペンとW主演『フラッグ・デイ 父を想う』

ショーン・ペンが自身の監督7作目にして初めて出演し、実娘ディラン・ペンショーン・ペン『フラッグ・デイ父を想う』と父娘役を演じた『フラッグ・デイ 父を想う』は、ジャーナリストのジェニファー・ボーゲルが2005年に発表した回顧録を原作に、愛する父が実は犯罪者だったと知った娘の葛藤と家族の絆を、実話を基に描いたもの。この父親の見栄張りのダメダメ振りは極端だが、自分が重なる部分があり、いたく反省するのでした。

タイトルの『フラッグ・デイ』とは、6月14日アメリカ国旗制定記念日のこと。 この日に生まれた父親は、自分は生まれながらにして祝福されていると思い込み、成功する当然の権利があると信じ愚行を重ねていったことから。






arayuki_cinema at 2023年01月24日 (19:17)
PermalinkComments(0) 映画監督 | 俳優

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔