先週のことになりますが、長らく取り組んでいた弦巻コーポラティブハウスの
お引渡しをすることができました。

計画のお話をいただいてから約3年。 

紆余曲折ありながらも、なんとこの日を 迎えられたことは本当に感慨深く、
組合員の皆様はじめ、コーディネイトの皆様、施工者の皆様 と
関わられたすべての方々に感謝の意を表します。

本当にありがとうございました。

お引渡しの日はいつもながら、うれしい反面、
子供を嫁に出すような切ない想いもあり、なんとも複雑な気持ちになります。

まして、住む方のお顔を見ながらのコーポラティブハウスならでは、感慨もひとしおです。

私たちも心をこめて細部まで丁寧に取り組んできたつもりです。
これからは、住まわれる方々の手で、愛着のある建物になっていっていただけると嬉しく思います。

IMG_0081n
建物正面ファサードです。コンクリート化粧打放し仕上げの手摺と溶融亜鉛メッキの手摺がシャープにできていると思います。

IMG_0060
エントランス入口。右手には常緑ヤマボウシ、左手にはソヨゴの高木の間を抜けて入ります。

IMG_0124
建設組合で皆さんの投票により決定した館名。コールテン鋼で切り文字にして館銘板にしました。夜間は文字が明りで浮き上がります。

IMG_0101
エントランスの格子扉。スチール焼付塗装でシャープに。各パイプとフラットバーでデザインしました。

IMG_0091
エントランス通り庭を抜けると奥に中庭。

IMG_0085
中庭。安山岩の砥川石で製作したベンチと水盤。

IMG_0140
水盤にはちょろちょろと水が注ぎます。腐敗やボウフラ発生防止のため、毎朝数分タイマー制御しています。

IMG_0151
通常未利用な屋上は入居者の皆様が活用できるよう、菜園を。一休みできる東屋も設置。その屋根の雨水をため、菜園の散水に利用するためタンクを設置。

IMG_0387
夜には新宿の夜景がバックに見えます。
とにかく、気持ちの良い屋上です。

RIMG0173
菜園の区画には、ワークショップで作ったメモリアルプレートを設置。
200mm角の型枠を作り、モルタルのなかに思い思いのものをデザイン。

RIMG0172
私たち設計者、コーディネイター、施工者も一つずつ作らせていただきました。
ワークショップ、楽しかったです。
5月の菜園開きが楽しみです。

IMG_0375
最後に、エントランスの夜景を。
入居者の皆様が帰宅されるときに、ほっと迎え入れるような温かい雰囲気に。

皆様の笑顔を胸に。
これからも頑張っていきます!!!