過ごしやすい爽やかな季節になりました。
秋の夜長、おうちでゆっくり過ごす時間が増える人もいらっしゃるのでは。

このたび住みたい街ナンバーワンの「吉祥寺」に
気軽に住み始められるシェアハウス

『ソーシャルレジデンス吉祥寺』  がオープンしました。

南面1

アルコではリノベーションの設計監理を担当しました。
中身をちょっとご紹介いたします。

吉祥寺の駅から歩いて15分ほど、賑わいが少し落ち着いた辺りに
築32年の豊かに樹木が茂る、ゆとりある開放的な中庭やお庭が素敵な
建物が立っています。元はファミリー世帯向け企業社宅です。

外観は武蔵野の雑木林をイメージしてディープグリーンを壁に塗り
刷新感がありながら、周りの景観に馴染むよう配色計画をしています。

コモンテラス2
コモンテラス
中庭1
中庭と各棟エントランス
こんな玄関が外部通路沿いに10ヵ所続きます。
外部廊下
外部通路

アクセントカラーの「ブルー、グリーン、ブラウン」の3色を棟ごとに使い分けて
通路を歩くときに吉祥寺のストリートを歩いているような楽しさを表現しました。

ラウンジ2
コモンラウンジ
ダイニング2
コモンダイニング
キッチン1
コモンキッチン
居室1
居室

 ファミリータイプだった1住戸に6戸の居室と共用トイレ、シャワー室、洗面を設け
一部界壁をぶち抜いてコモンダイニング・ラウンジをつくりました。
お庭とデッキテラスは共用で利用します。

上の写真の居室は土間が室内にあり、自転車などを直接置くことができます。
共用玄関を通らずダイレクトインできるドアもあります。
ときには一人ひっそり帰宅したい、という人などにはお勧めです。
他にもいろいろなタイプのお部屋があります。


これからいろいろな個性の54人が住まい、様々な文化が交錯する吉祥寺らしさが
このシェアハウスにも漂うよう期待しています。 


(入居ご希望の方、興味のある方はこちらの詳細を参照くださいませ! )
(その後の様子の記事はこちら