10月も終わり、今年もあと2か月となります。
いつの間にか冬の気配を感じる今日この頃、
以前より、デザイン監修をさせていただいております、
有料老人ホームの開所式に本日出席してまいりました。

開所式は、ここまで携わった関係者が参加し、
運営者のアズパートナーズ様のスタッフの方たちのおもてなしによります。
これからここで働くスタッフの方たちにお会いできる機会にもなります。

今回、デザイン監修ということで、
外観及び内観デザイン、インテリアコーディネートまで、
携わらせていただいております。

「住まいの室礼」をコンセプトに、
入居者様が主としての心地よさを感じ、
心から寛いでいただける住空間を目指しました。

【外観】
大きな邸宅として入居者様が愛着と誇りを持てる安定感のあるデザインとしています。
外観1+


【エントランスロビー】
来客を迎え入れる場として演出し、季節の行事に合わせたディスプレイを設けられる受付カウンターを設置
ラウンジ1

【居室】
木目クロスと色和紙調クロスを使い落ち着きとメリハリのあるデザインとしています。
2F居室1
2階3階は明るめの色調
4F居室2
1階4階は濃いめの色調
モデル3
モデルルームをインテリアコーディネートしております。

【食堂】
社交の場としてデザイン、各階でアクセントクロスを変え、華やかさを演出しました。
2F食堂

また、隣地にデイサービスも建設中です。

デザイン監修は通常設計監理と異なり、細部については難しい局面もありますが、
ここに住まう入居者様の心地よさやここで働くスタッフの皆様の快適性を思い描きながら、
携わることができる点においては、大変有意義なことだと思います。

なお、いつも大変お世話になっているアズパートナーズ様は、
今年で10周年、12件だということです。
益々のご発展をお祈りいたします。


⇒『アズハイム町田』公式ウェブサイトはこちら