電車で袴姿の学生さんを見かける季節になりました。
親戚の子からも大学卒業しました報告が写真とともに届き、
年度末であることを実感している今日この頃です。

アルコでの年度末らしいことと言えば、
物件がこの時期にあわせて竣工することです。
今回は2月末に竣工した「ラ・カーサ大森」ご紹介します。
共同住宅(ワンルーム賃貸+オーナー宅)と1階に店舗が入った12階建てのRC造です。
RCの12階建てにもなると工期が長いので、
確認申請を提出したのが2017年で驚きました…
月日が経つのは早いですね。

02_3024
▲外観
逆梁を採用したことで、スッキリとしたファサードになりました。
ターゲット層や店舗(質屋)とのバランスを鑑み、シックな外観となっています。

IMG_4100
 
▲エントランス
3-12階は賃貸なのですが、タイルや石材、ジョリパット等、
素材感のあるものを使い、また、色味もモノトーンにすることで
分譲のような高級感を持ったエントランスになりました。


IMG_4039

▲共用廊下
お施主様の奥様がパッチワークの作品をつくってくださり、
それを各階の共用廊下に飾っています。
必要最低限の照明とアート作品で、ホテルライクな共用部になりました。

IMG_4045

IMG_4048

▲タイプA
賃貸は3タイプあります。
AとBはキッチンと居室が一体となったお部屋で、広々とお使いいただけます。
淡い木目のフローリングなので、お部屋全体が明るく、
より広く感じられると思います。


IMG_4060

▲タイプB
タイプAを反転させたお部屋です。


IMG_4068

IMG_4066

▲タイプC
こちらはキッチンがやんわりと区切られており、
キッチンをよく使う方や、来客に対してキッチンをみせたくない…
という方はこちらがオススメです。
WICもあり、募集状況的にはこのタイプが人気だそうです。
玄関から直接リビングインなのも、最近の方は気にしないようです。
廊下の面積分有効に使えるのは得した気分かもしれませんね。


震災のことも考え、災害時用のマンホールトイレや、
雨水貯槽タンク、保安灯を各戸に設置したり、防犯にも配慮したりと、
お施主様の「入居者の方たちに安心して住んでほしい」という
想いの詰まった建物になっています。
家具配置が割と自由にできるプランになっているので、
模様替えを楽しんだり、自分らしいお部屋にアレンジして、
楽しく安心して住んでいただけたらと思います。