寒暖の差が激しく、お陰で桜を長く楽しむ事が出来たこの春、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
先日4月2日に「海外移住とMM2H(マレーシアマイセカンドホーム)」と題して弊社石井よりプレゼンテーションをいたしました定例会のご報告を致します。
FullSizeRender

皆さんは自分の人生で今後海外で過ごすという選択を考えてみたことはありますでしょうか?
平成27年の世論調査によれば、日本人の老後の住まいの選択肢として海外を考えている人は約2%ほどと、意外と少なからずいるとのことです。
FullSizeRender

 海外赴任のご両親とともに幼少期より長期間石井が過ごしたマレーシア、実はロングステイの希望先ランキング12年連続No.1との事で、ハワイやタイを抜いて1位を獲得し続けているその人気の理由は何なのか?説明してもらいました。


FullSizeRender
FullSizeRender
上記はマレーシア政府観光局のHPからの引用ですが、温暖な気候で治安も良く物価も安いことに加え、注目すべきは「MM2H」というビザがあること。
FullSizeRender

海外移住するにはまずビザが必要となりますが、マレーシアには「MM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)」という長期滞在査証があり、多少収入面など条件をクリアしなければなりませんが、他国に比べ10年間もの長期滞在が可能であることから、リタイアした日本人にとっては魅力的に映るわけです。
FullSizeRender
当日の定例会参加者は、今まで海外移住など想像すらしたことのない人ばかりでしたが、この話を聞いて海外移住が身近に思えてきた、と口々に感想を述べていました。(ちなみにプレゼンした本人はマレーシアと日本の2拠点居住が理想とのことでした  ←私も寒い冬と花粉の季節はマレーシア、といのは素敵と思います)
今後の住まいとして、永住とまではいかなくても長期ビザが取得できるMM2Hを利用して100年時代の住まいとして海外移住を視野に入れても良いかもしれませんね。