梅雨空が続く毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は弊社が手掛けました有料老人ホーム「アズハイム市川・アズハイム市川アネックス」のご紹介です。

エントランス1_2

「エントランスホール」

千葉県市川市のJR市川駅より徒歩18分、緑多い立地に建つ、築17年と築2年の2棟の有料老人ホームの
改修工事の設計監理を担当しました。
既存の老人ホーム外観は打放を基調にレンガ調タイルが貼られ、作りもデザインも上質な建物でした。
食堂から一望できる庭園は裏山の深い緑から続く素晴らしい眺めで、さらに屋上には趣向を凝らした
豊かなガーデンも設えてあり、周辺の緑と調和して建物の価値を高めていました。
外観_市川
「外観」
屋上庭園
「屋上庭園」
before
「既存エントランス・受付」

今回はホームの運営を中断することなく、住まいながらの改修工事でしたが、
新しい運営会社様のオペレーションに合わせて動線を整理しつつ、インテリアにおいても運営会社様の
カラーを大切に、既存のクラシックでエレガントなテイストから和モダンな空間に刷新しています。
エントランスホール3

「エントランスホール」
 …組子をあしらった間接照明を正面に配置しています
  EV扉の左奥の壁を撤去して新たな動線を確保しています

ラウンジ

「1Fラウンジ」 
3階EVホール1

「3F談話スペース」
 …光庭(吹抜け)を背景にくつろぐスペースを設けています
食堂

「1F食堂」
 …照明を変更して明るいイメージに刷新しています
食堂2階

「2F食堂」
 …1Fにしかなかった食堂を2Fにも増設しました
(上記写真すべて「アズハイム市川」)

3階EVホール2_アネックス
「3F EVホール」(アスハイム市川アネックス)
 …新たにニッチを設けて訪問者を迎えるアイキャッチにしています
モデル2 - 2
「居室」(モデルルーム)
 …モデルルームのコーディネートも担当しました

入居者がお住まいのまま改修工事を進めなければならない状況下で、工期が短い中、浴室を新設したり、
撤去する部分も少なからずあり、随所に配慮と機転を要する難しいプロジェクトでした。
施工者さんやスタッフのみなさん、もちろんご入居者様もご苦労が多かったと思います。
一方で、建築を利用する住まい手やスタッフの方々の様子を間近で見て、感じながら設計監理できた
ことは大変良い経験になりました。

このホームがご入居者様の終の棲家として、またスタッフの方たちが気持ちよくサービスできる、
落ち着く快適な住まいとなるよう心から願っています。

************************************
アズハイム市川
https://as-heim.com/ichikawa/

アズハイム市川アネックス
https://as-heim.com/annexichikawa/