台風の多い秋でしたが、いよいよ師走、寒さも本番になって参りました。
今年最後の「暮らす会 Vol.10」勉強会を開催しましたのでご報告致します。
1

今回の勉強会は弊社鎌田より、一年の締めくくりとして皆さんとともにこれまでの会を振り返りながら
100年時代を豊かに暮らすために、「今必要なこと」を考える機会としました。
2

今年の通年テーマ「100年時代の豊かな暮らし」について改めて確認しますと、
「25年後には、平均寿命が100歳に到達すると予測されている」というデータを受けて
これからの長寿人生をどう過ごすのかを考えてみることとなりました。

ほぼ毎月開催してきた第1回からのタイトルとお話しから得られた
「100年時代を豊かに暮らすキーワード」を並べてみますと、
暮らす会2019
となりました。
一言で言い表すのは少々乱暴なところもありますが、全体を通してわたくしなりに感じることは、
自身の豊かな暮らしのためには他者とのより良い関わりをいかに築くかがとても大切だということを
各回のお話を伺って思いました。

一方で、心理学からのアプローチとして豊かな暮らしのヒントとなる「自己実現」についても
参加者で考える時間を持ちました。 
3

上記はアメリカ心理学者アブラハム・マズローという人の欲求5段階説の図解で
「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものだそうです。
人間の欲求は第一段階の「生理的欲求」から次第に満たされていき高次の欲求へと上がっていくが、
第四の承認欲求までは不足するとすぐに「不満」に早変わりし、豊かさから遠ざかってしまう。
しかしその先の第五の段階「自己実現欲求」に達すれば、すべての行動の動機がこの欲求に帰結
されるようになり、欠乏すること無く常に満たされる=豊かになれるということ、、

4
自己実現を成しえた人は上記のような特徴があるそうです。
外見は普通なんですね。

会場では参加者みんなでシートに記入して「自分」を見つめなおす機会も持ちました。
普段なかなか考えることのない「自己分析」、やってみると悩み始めてしまう人もちらほら、、
5

「自分らしさを探求し続ける」ことが肝要との言葉で今年の会は幕を閉じました。
参加者の皆様は、長い人生をより豊かに暮らすためのヒントや刺激を得られたでしょうか、、、

今年はフェイスブックイベントに開催告知をして、多くの初めましての方々に参加して頂きました。
訪問くださいまして、本当にありがとうございました。
また来年も引き続き勉強会を開催していきたいと思っておりますのでご期待ください!!
1年間どうもありがとうございました。