2007年05月11日

外貨建て金融商品と外国為替証拠金取引

主な外貨建て金融商品としては、「外貨預金」、「外国債券」、「外国株式」、「外貨MMF」、そして最近注目を集めている「外国為替証拠金取引(FX)」などがあげられます。
以下にその特長をまとめてみました。

これらの金融商品のなかで、「外国為替証拠金取引(FX)」に人気が集まっている理由として、少額の資金で取引ができるうえ、
取引コストが他の金融商品と比べて突出して安く、24時間手軽に取引できることがあげられます。

主な外貨建て金融商品
外貨預金 外貨を銀行に預金するものです。銀行で利用できる身近な外貨建て金融商品として、広く一般に浸透しています。
・外国債券 外国の政府や企業が発行する債券で、基本的に国内債券と同じ仕組みの金融商品です。金利の高さと信用リスクとのバランスを見極めるのが難しい商品です。

・外国株式 外国為替証拠金取引 外国の企業が発行する株式のことです。世界の有名企業だけでなく、東南アジアなどの急成長を遂げている企業への投資も可能です。
・外貨MMF      外貨建ての公社債等で運用する外国投資信託の一種で、運用状況に応じて分配金が支払われます。円建てMMFよりも高い利回りを期待できます。
証拠金制度により、少額の資金で外貨を運用でき、他の外貨建て金融商品と比較して、格安なコストで24時間手軽に取引できるのが魅力です。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星