Ancient Botanical Garden

群馬の埋文・考古系ブログです。植物と食物を中心に、考古学、民俗学の裏通りを散策してます

 マグノリア マンサクは花盛り 雪の中のフクジュソウ アセビはもうすぐ咲きそうだ キノコは全然わからない。  センボンクヌギタケ、というのに似てるようだが・・・  ミズバショウはまだまだ小さい ...

朝ドラで一気に知名度が上がったバイカオウレン。 ここにあるのは知らなかったなぁ。葉が、すっかり鹿に食べられてしまったセリバオウレン。 雪の中から、頼りなさそうに花だけがのぞいている。 ...

風が強いので、尾根に登るのは辞めようかと思ったのだけれど、中の尾根に挑戦。 榛名も赤城も、雪はうっすら。 みちばたの花は、春仕様に変わってきた。 橘川、瓜山橋までの道 工事が終わったようだ。 来週はスミレの道を歩くことができそうだね。 ...

上州の名城。 歩いても楽しみの多い城だ。 通い詰めたのは、おやおや、もう40年も前になるのか。 曰く因縁があって、足が遠のいてしまった。 そのころは、のぼり旗も案内表示もなかったし、クマの心配も、ヤマビルの心配もなかったのだが。 暗くなり始めていたので、今日は入 ...

安中市資料館が、老朽化のため今日で閉館するというので、駆け込み見学。 学校跡地に民具や土器、石器が雑然と置いてあって、掘り出し物探し的な面白さがある。 「お宝」はないけれど、懐かしい名前の遺跡の土器や石器や鉄滓がホコリをかぶっている。 大きな半切りや桶や、 ...

群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館 2階 資料展示室 令和6年2月18日(日)〜令和6年6月 9時から17時まで 入場無料 八ッ場ダム関連や上信道の建設に伴う発掘で、吾妻地域の弥生・古墳時代の様相がわかってきました。 今回は上信道関連の四戸遺跡、四戸の古墳群、新 ...

国立科学博物館特別展「和食 〜日本の自然、人々の知恵〜」 コロナの影響で2020年の展示が中止になってしまってのリベンジ開催 待ちかねていたのだが、結局終了間際になってからの駆け込み見学。 三連休中日で、それも唯一の好天予報ということで、なかなかの人出。 左の写真 ...

埼玉県立嵐山史跡の博物館企画展  武蔵武士の食と信仰 −食べて 祈って 戦って− 2024年1月13日(土)〜3月3日(日)出土した動植物遺体や煮炊具、食器、食具からはじまって、絵巻、文献資料等々、多方面から食と信仰に迫った展示。 ...

曇り空。赤城山は見えない。 気の早いオオアラセイトウが花を開いているけれど、ベロニカは目を閉じている。 昨年末まで整理していた遺跡の報告書が納本された。 例によって、見たこともない遺跡を、図面と写真で読み解くという作業。 今回は遺跡の内容にかかわらず、200頁 ...

前橋の沼の窪ザゼンソウ群生地。 2020年、イノシシに荒らされて壊滅状態になってしまった。 毎年様子を見に来ているのだけれど、 今年も「立ち入り禁止」が継続中。 ...

 冬から春を迎える赤城自然園の楽しみがセリバオウレン  なのだけれど  あるはずの場所に、見えない。  雪の中で緑が目立つセリバオウレン。  鹿にすっかりやられてしまったのだそうだ。  数年前にもひどい食害にあっていたのだけれど  今年のはさらに酷い。  まだ一 ...

 特殊詐欺被害防止キャンペーンで配ってたんだそうだ。  「それって詐欺かも」の旅がらす。  「特殊詐欺かも?」と不安に思ったら、こちらまでご相談・ご連絡ください!  警察相談専用窓口 #9110  振り込め詐欺被害防止ホットライン(群馬県警察)  電話 027−224− ...

梅の花を撮りたくなる時期。 昨日とは打って変わって冷たい強風。 遠くに八ヶ岳、谷川連峰が見える。 ...

 中の尾根コース。  曇り空で日射しはないが、今日も暖かい。  赤城も榛名も、雪が消えてしまった。いろいろ花がさきはじめた。 荒れた畑地にはホトケノザ絨毯も。  橘川沿いに瓜山橋に下るコースは工事中。  スミレの時期には終わるだろうか。 ...

いつもの梅林でも、花が開き始めた。ナズナ、ホトケノザ、イヌフグリ、ノボロギク 冬でも元気なメンツだが、今日の暖かさで花色が鮮やかに。こちらも着々と花粉散布の準備。 ...

↑このページのトップヘ