2007年08月

2007年08月30日

センニンソウ

センニンソウ1センニンソウ2

archaeoring at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

群馬埋文HP情報 発掘情報館だより更新

発掘情報館だより更新

大盛況だった情報館の催しレポート2本。

埋蔵文化財講座第3回が行われました
夏休み親子宿題教室が大盛況

http://www.gunmaibun.org/saishin/index-f.htm
からどうぞ。

archaeoring at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月29日

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新

発掘最新情報更新
生品西浦遺跡(利根郡川場村)
http://www.gunmaibun.org/saishin/index-h.htm
からどうぞ。


archaeoring at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

2007年08月28日

トチノキ2007

トチノキの花5月から今日までの「今週のトチノキ」をまとめました。
「トチノキ2007−花から実へ−」として、Eternal Orbiters+αのPicture Storageにアップしました。
トチの実から栃餅までっていうのもやってみたいなぁ。



archaeoring at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 出土種実

今週のトチノキ

今週のトチノキ1今週のトチノキ2


いつも撮っているトチの実がない!と思ったら、
もう下に落ちていました。
暑さはまだまだ続いているけれど、秋なんだなぁ。

今週のトチノキ3おそらくこの実だと思います。
5月の花から今日まで、写真を並べてみると面白いだろうな。
これからも、冬芽やつぼみがふくらむ様子が撮れると良いな。

archaeoring at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 出土種実

コナラ

コナラだいぶ大きくなってきました。

archaeoring at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(1) | 出土種実

2007年08月27日

モミジアオイ

モミジアオイよく見かけるのだけれど、名前を知らなかった。
フヨウやムクゲ、ハイビスカスと同じ仲間だそうだ。

archaeoring at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の読書

椎葉に行きたい。
・・・で、三十年ぶりくらいに「後狩詞記」を読んだ。
椎葉は日本民俗学の故地である。

 世の中のうきたひことに思ひいつる
       椎葉の村は千とせにもかも

と詠む柳田先生も、農政上の行政視察という目的を超えたロマンを、椎葉に感じちゃったんだろうなぁ。

職場の図書室にあるのは、筑摩の柳田国男全集。
書棚の、ひとつ上の段に千葉徳爾先生の狩猟伝承研究が並んでいる。
その中から「狩猟伝承研究 後編」をこれも、ん十年・・・ぶりに開いてみた。学生の頃も、それこそ「開いた」だけで、ほとんど「読んで」はいないのだ。でも、「いわゆる先住民と狩猟村落」あたりは、やはり強く印象に残っている。
この文章には、たとえば考古学側が民俗学の成果を「使う」事に対しての、千葉先生の見方、立場が示されている。理論家の千葉先生が「資料の質についても、存在形態についても、十分な検討を加えた上で利用し、方法論的にも厳密を要するであろう。」とされている。現実的には「使っちゃダメよ!」という宣告みたいなものだ。冒頭の「筆者はこれまでふれなかったが」という一文には、ずいぶんと厳しい視線を感じたものだ。

archaeoring at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月26日

タカサゴユリ

タカサゴユリ

archaeoring at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

ヤマボウシ

ヤマボウシだいぶ色づいてきました。

archaeoring at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 

ニラ

にら

archaeoring at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

花火

花火1花火2

昨日のこと。
本やさんからの帰り道、花火があがりはじめた。
ATさんのお膝元のほうらしい。
花火の方向に車を向けて、路上の特等席で鑑賞。
デジカメで花火を撮るというのは難しいものだ。
開くタイミングとシャッターの感覚が全く合わない。
まあ良い方だったのがこの2枚。

花火3PCで見直したら、火花がくるくるになっている。
ブレてしまっているのか?
それともこれでちゃんと撮れているのか?

archaeoring at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月25日

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

archaeoring at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

ススキ

ススキ

archaeoring at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ 

タカトウダイ

タカトウダイ

archaeoring at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

マツムシソウ

マツムシソウ

archaeoring at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

カシワの幼果

カシワの幼果

archaeoring at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

archaeoring at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2007年08月23日

埋文講座終了

からすうり

現場での体感では50℃近い猛暑の中。
考古学のトレーニングを受けずに発掘調査担当者になっている市町村の職員を対象にした講座の現場実習が終了。
7世紀の竪穴住居の発掘をしながら、朝と夕方にミニ講義。
ハリスをちょっとアレンジした形で層と境界面について。
土色帳の使い方について。
・・・というより、土の色や堆積には意味があるんだよ、というお話し。
わかったかなぁ???





archaeoring at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月21日

今週のトチノキ

今週のトチノキ

archaeoring at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今週のトチノキ 

2007年08月19日

抽出終了

炭質物の抽出78サンプル中39サンプルから種実。
このうち21サンプルからコムギを主とする穀類。
イネらしきもの1。
5サンプルからモモ。

archaeoring at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出土種実 

2007年08月18日

キツネノカミソリ

キツネノカミソリ

archaeoring at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

クリ

クリ

archaeoring at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

サルナシ

サルナシ

archaeoring at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2007年08月17日

・・で、問題はやっぱりムギ

三ツ堂下の現場に詰めたのは、近くの遺跡で採取した土壌サンプルの水洗選別のため。
7月26日付けでちょっと触れた平安時代住居からのサンプルだ。
調査担当者は元の上司。
土をとっておいて、さらに現場に呼んでくれた。
ありがたいことだ。
この地域での意識的な水洗選別は初めてなのだ。
そして、この地域は水田に向く土地柄じゃない。
集落の住民は何を食べて、どのように暮らしていたのか?
集落を支えた生産の基盤は何だったのか?
それを具体的な調査項目として取り上げた初めての発掘になる。
・・で、問題はやっぱりムギ、ということになりそうだ。
一棟だけじゃなく、多くの調査例を得なくてはならない。
これからの調査に向けて、効率的なサンプリング戦略を組み立てる必要がある。

archaeoring at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出土種実 

三ツ堂の

三ツ堂から現場を見る今日のraijin上毛新聞ニュースに「三ツ堂の百八灯」の記事がある。
本紙では一面だったとか。
伝統のある盆の送り火行事。
昨日と今日通った現場は、この三ツ堂のすぐ下にある。
三ツ堂から見下ろすとこんな景色だ。


三つ堂1現場から三ツ堂を見上げると、こんな具合。
夜の百八灯は見られなかったのだが、昼間でも十分に神秘的な雰囲気がある。


三つ堂2しかし、この場所も、ダム建設で水没する予定。
代替地には新しい社が造られているのだが、この雰囲気は再現しようもない。

新しい聖地が聖地らしい風格を備え、僕のような通りすがりの異人にも霊性を感じさせるようになるには、どのくらいの年月が必要なのだろうか?
それとも人造の聖地には、それは求め得ないことなのか?

archaeoring at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月15日

柏崎☆キッズミュージアム☆

ML経由の情報です。
ダイナミックな活動になってますね。
すごいエネルギーだなあ。
------
新潟県中越沖地震で被災した子どもたちたちへのアート体験支援プロジェクト
 柏崎☆キッズミュージアム☆ 〜滋賀からあーとな仲間がやってきた〜

 新潟県中越沖地震によって被災地となった柏崎の子どもたちは、避難生活の中で夏休みを終えようとしています。まだまだ不自由な毎日が続く子どもたちに、何か支援ができないかと考えました。
 滋賀県では、美術館・博物館と学校現場と地域・公民館と文化ボランティアが連携して、子どもたちに本物の文化芸術体験の機会を提供する連携活動を続けてきています。この「本物に触れる体験プログラム」は、「子どもたちの目の輝きが違う」と評判になり、文部科学省や文化庁の事例紹介にも取り上げられています。このような連携活動メンバーの一人が柏崎市出身ということもあり、被災後現地入りし、学校関係者が、子どもの心の影響に大変不安を抱いていることを知りました。支援をしたいという有志が集まり、被災地の子どもたちのために、「かしわざきキッズミュージアム応援隊」を結成しました。地元の柏崎市教育委員会や文化担当課とも相談し、夏休み最後の週末、8月25日・26日の2日間、柏崎市内の会場にて、滋賀県から楽しいアート体験プログラムをお届けする、「かしわざきキッズミュージアム」を実施することになりました。プロのアーティストや学芸員と一緒に信楽の土をこねたり、お皿に絵を描いたり、琵琶湖の葦(よし)で作る笛など……自然や美術品から学び、楽しみながら創作に集中するひとときを過ごします。地元の新潟県立歴史博物館も参加協力し、「古代人体験プログラム」を実施します。また、夏祭りの雰囲気も味わってほしいと思い、たこやき、綿菓子、ポップコーン、カキ氷など、信楽の皆さんの協力による楽しい屋台も登場します。今回のプロジェクトによって、被災地の子どもたちが、楽しいひとときを過ごし、傷ついた心の癒しになれば思います。25日朝、有志約30名が被災地に向かいます。柏崎と滋賀を結ぶ「ご縁日」(縁を結ぶ日)になればと願っています。

【日程:会場】

日程: 8月25日(土)15:00〜18:00
    8月26日(日) 9:00〜14:00

会場: 柏崎市中央地区コミュニティセンター


<かしわざきキッズミュージアム応援隊>

現地参加:信楽公民館館長・しがらき狸学会会長 大平正道、京都橘大学文化政策学部准教授 木下達文、陶芸家 宮本ルリ子、橘 功一郎、シャオ ティン ルー、MIHO MUSEUM 崎野幸輝、滋賀県民文化課 門脇 宏 粟津中学美術教師 人見和宏、子どもの美術教育をサポートする会 津屋結唱子(柏崎出身)中川正子、津屋有李、天野優子、野間隆弘、本田雅史、秀明自然農法ネットワーク 鈴木陽之、新潟県立歴史博物館学芸課 山本哲也など、有志 30名

協力団体:信楽公民館、長野自治会、しがらき狸学会、県立琵琶湖博物館、新潟県立歴史博物館、MIHO MUSEUM、しが文化芸術体験サポートセンター、NPO法人秀明自然農法ネットワーク、NPO子どもの美術教育をサポートする会


archaeoring at 19:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)博物館 | 学び

九州古代種子研究会

九州古代種子研究会、9月22日〜23日に、昨年の「予告」通り、椎葉村で開かれるそうです。
椎葉は熊倉を調査していた頃から行きたいと思っていた場所。
9月末はいろいろと微妙な時期で、参加するのはかなり苦しい。
でも何とかがんばるぞ・・・!

椎葉民俗芸能博物館の特別展「先史時代農耕と九州山地の焼畑展」の一環として位置づけられています。
「先史時代の農耕に関する考古資料を展示するとともに、椎葉村に残る焼畑農耕及び椎葉村周辺町村でかつて行われていた焼畑>農耕について展示します。また世界の焼畑を写真で展示し、焼畑農耕のもつ文化的意義を探ります。」
という展示です。
9月22日は展示に関連した講演、23日の日曜日が種子研としての研究発表、という形になっています。
詳細は椎葉村ホームページ内の案内ページ
http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/cms/index.php?itemid=784
を見てください。

九州古代種子研究会第4回大会
日時:平成19年9月23日(日) 9:30〜15:30
会場:椎葉村開発センター1階講堂

遺構・遺物からみたワラビの利用
  パレオ・ラボ考古分析支援部部長 佐々木由香
縄文時代遺跡出土炭化球根類をめぐる諸問題
  長野県企画局主査 中沢道彦
圧痕資料からみた九州縄文後・晩期のマメ栽培
  熊本大学文学部准教授 小畑弘己
  熊本大学文学研究科修士課程 仙波靖子
  パレオ・ラボ 佐々木由香
山梨県におけるレプリカ法による植物圧痕の事例
  山梨県立博物館学芸課長 中山誠二
古民族植物学、技術、環境からみた沿海州における農耕の発達
  ロシア科学アカデミー極東支部研究員 L.セルグシェーワ
  ロシア科学アカデミー極東支部生態学研究室長 Yu.ヴォストレツォフ
モンゴルアウラガ遺跡出土の植物遺存体
  熊本大学 仙波靖子・小畑弘己
アイヌの農耕
  北海道開拓記念館学芸課長 山田悟郎

特別展  先史時代農耕と九州山地の焼畑 関連行事
「極東アジアの先史農耕と椎葉の焼畑−焼畑農耕の過去、現在そして未来−」
平成19年9月22日(土) 9:30〜15:00
椎葉村開発センター1階講堂

東アジアの先史農耕
  熊本大学文学部教授 甲本 眞之
韓国先史時代の農耕
  大韓民国円光大学校人文大学考古美術史学科教授 安 承模
縄文時代農農耕〜焼畑農耕の可能性〜
  福岡市教育委員会文化財専門調査員 山崎 純男
椎葉の焼畑文化
  宮崎公立大学教授 永松 敦
韓国の焼畑文化
  大韓民国国立民俗博物館学芸研究士 鄭 然鶴
東南アジアの現在の焼畑農耕
  熊本大学文学部准教授 横山 智

椎葉民俗芸能博物館
Tel:0982−68−7033
Fax:0982−68−7031
Mail:shi-ed78@m-link.jp

archaeoring at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出土種実 | 考古学

猛暑

ナツメ

館林では40度を超えたそうだ。
職場の冷房が5時に切れると、とたんにジットリと汗ばんでくる。
こんな日は残業をしても効率が上がらない。

昨日はかつての仕事仲間の、今日は同僚のご母堂の訃報。

archaeoring at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月14日

今週のトチノキ

今週のトチノキ今週のトチノキ

2007年08月13日

レンゲショウマ

レンゲショウマレンゲショウマ2

レンゲショウマ。

今日も暑い一日。
書き入れ時の普及部門は相変わらずの恐慌状態。
でもお盆休みの人も多くて、職場全体としてはすこぶる静かな感じ。
整理棟で泡を食って仕事しているのは僕だけ?
あと一月でどこまでできるかな??

archaeoring at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2007年08月12日

上高津貝塚

上高津貝塚

archaeoring at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

古墳の新しい機能

古墳の新機能

新しい団地だから、氏神様というのはない。
祭神のない夏祭りだったのだが、今年は公園の中にある古墳を祀ることにしたようだ。


archaeoring at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

イラクサ

イラクサ

イラクサ

8月の自然観察会

8月の観察会

先月は濃い霧に恐れをなして休んでしまったので、今月は張り切って参加。
所長さんのお話では、今年は果実が豊作とのこと。
たしかに、キイチゴをあんなにたくさん見つけることができたのは初めてだったね。
去年は買わなくては手に入らなかったマタタビ、サルナシも、今年はたくさん採れそうなのだ。


エノキカツラ

こちらはエノキとカツラ。
カツラの実は初めて見た。

イケマナルコユリ

イケマとナルコユリ。


archaeoring at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自然観察会 

ちょっと強行軍。

蝉の抜け殻

土曜日。
午前中の自然観察会終了後、地区のお祭り。
前橋の現説はパスでした。
ディスクを使った子供向けイベントのお手伝いとフランクフルト焼き。
200本完売!
隣の焼きそばも300食完売!
終了後女房殿の実家へ。

日曜日。
上高津貝塚ふるさと歴史の広場。
墓参後会食。
甥を連れて、7月にリニューアルした土浦市立博物館。
クイズラリーで100点もらった!
群馬に戻って写真の整理。

小山で給油。132円だった。

archaeoring at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2007年08月10日

ハイイロチョッキリ

コナラクヌギ

ハイイロチョッキリとやらにやられてしまったんだね。


archaeoring at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出土種実 | 

クズの花

クズ

archaeoring at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

センダングサ

センダングサ

野歩きの大敵。


archaeoring at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2007年08月07日

今週のトチノキ

今週のトチノキ1今週のトチノキ2

今週のトチノキ。

archaeoring at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今週のトチノキ | 

2007年08月03日

群馬埋文HP情報 発掘最新情報他更新

発掘最新情報更新
前橋市 上泉武田遺跡
As-BP下の石器など。

平成19年度最新情報展第2期展示と講演会のお知らせ
「古代の地方社会と文字−支配の文字と信仰の文字−」

http://www.gunmaibun.org/guide/what.htm
からどうぞ。

archaeoring at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 | 

オニユリ

オニユリ

草も木も青々と葉が茂っているのだけど、花は乏しい時期だね。

そういえば、夏は飢餓の季節でもある。
冬よりも一層きびしい時期だ。
ムギ作が奨励されたのも、夏を乗り切るため。

archaeoring at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新
前橋市 五代砂泊遺跡群

http://www.gunmaibun.org/saishin/index-h.htm
からどうぞ。

archaeoring at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

2007年08月02日

ひまわり

ひまわり

暑い一日でした。
夏休みの教員向け講習の打ち合わせで現場へ。
日射しの強さを改めて思い知りました。
「ずいぶん色白だったんだねぇ」などと言われてしまった。

archaeoring at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 草と木と・・

2007年08月01日

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新
前橋市 芳賀東部工業団地遺跡群
面白い焼失住居が見つかっています。
屋根材とは思えないのですが、どうでしょうね。

http://www.gunmaibun.org/saishin/index-h.htm
からどうぞ。

archaeoring at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

カナムグラに引っかかれ・・・

カナムグラに引っかかれ・・・
カラムシを刈り取っていたら、カナムグラに思い切り引っかかれた!

archaeoring at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

ヤブマオ

ヤブマオ