2008年05月

2008年05月31日

麦秋至

・・・とはいうものの寒いくらいの一日だった。
昨日は久しぶりに皮のバレーを練習したので、気合いを入れてテレビ観戦したのだけれど、がっかりするような負け方。


archaeoring at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2008年05月30日

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新 原古墳

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新
原古墳 藤岡市鬼石
直径16mほどの横穴式石室をもつ円墳。
神流川と三波川の合流地点にある。
http://www.gunmaibun.org/saishin/index-h.htm
からどうぞ。


archaeoring at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

群馬埋文HP情報 整理遺跡の最新情報

群馬埋文HP情報 整理遺跡の最新情報

平成20年度資料整理事業の概要
平成20年度資料整理予定遺跡一覧表
http://www.gunmaibun.org/saishin/index-s.htm からどうぞ


archaeoring at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2008年05月29日

中之条町歴史民俗資料館&東宮遺跡

雨の作業休みを利用して吾妻方面へ。
八ツ場事務所の部長さんに資料利用の承諾をいただくことが主目的。
途中、中之条町歴史民俗資料館を見学。
旧吾妻第三小学校の建物が資料館の本体になっていて、町の資料館としてはスペースに余裕があるということなのだろう。6000点余という多くの資料が展示されている。
装置や技法はさておき、それぞれの資料に対する「愛情」の深さが感じられる点では群馬でも一番の館だ。
用事を済ませてから、調査遺跡発表会でも取り上げられる東宮遺跡へ。
三回目の訪問になるが、今年の調査でもびっくりするような発見が相次いでいる。。。。
6月8日の報告をお楽しみに!

archaeoring at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)博物館 | 遺跡

どきどキット

先週に引き続き、中学生の職場体験を受け入れている。
雨で現場作業ができないときのプログラムとして、どきどキットを借りておいた。
収蔵庫の片隅に眠ったままで、ほこりをかぶっていたもの。
今日は久しぶりに活躍した。
誘因力の不足が課題だと思っていたのだが、「実物の土器」ということは、それだけで十分魅力があるのだろう。
四人の中学生、予想外に熱心に取り組んでくれた。
消耗品がいくつか欠けているようだ。
ペーパープレートと大判の付箋紙、買い足しておこうね。

archaeoring at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学び | 考古学

2008年05月28日

平成20年度調査遺跡発表会

群馬埋文平成20年度調査遺跡発表会の告知がホームページに掲載されました
日時 平成20年6月8日(日)午前10時20分〜午後3時
場所 前橋テルサ ホール(前橋市千代田町2-5-1)
内容
東宮遺跡(吾妻郡長野原町) 篠原正洋
南原間遺跡(伊勢崎市) 笹澤泰史
西川原古墳群(利根郡川場村) 神谷佳明(当事業団職員)
上白井西伊熊遺跡(渋川市) 大西雅広(当事業団職員)
日高遺跡(高崎市)小泉範明(高崎市教育委員会)
天良七堂遺跡(太田市)小宮 豪(太田市教育委員会)
詳しいことは埋文ホームページの案内を見てください。

群馬埋文HP情報 発掘情報館だより更新

群馬埋文HP情報 発掘情報館だより更新
久しぶりの更新。
最新情報展第1期の講演会についての報告です。
http://www.gunmaibun.org/saishin/index-f.htm
からどうぞ。

archaeoring at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 遺跡の保存と活用

今日の道ばた オオムギ

オオムギ現場の周りはほとんどコムギの畑。
オオムギは珍しい。

archaeoring at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 

今日の観音山古墳

今日の観音山古墳草刈りが終わってさっぱりした。
でも、とたんに墳丘を滑ったり駆け下りたりする人が増える。
そうすると、墳丘が痛んじゃうんだよ。
asahi.comのマイタウン群馬にこんな記事が載ってました。
なかなかすごい古墳なんだよ。大切にしてくださいね。


archaeoring at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 遺跡

2008年05月27日

今日の道ばた サクランボ

今日の道ばた サクランボ
5月8日に載せたサクランボ。
もうすっかり熟している。
早く取らないと、鳥に食べられちゃうよ。
昨日、ウチにも山梨からサクランボが届いた。


archaeoring at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今週のトチノキ

今週のトチノキもう花は終わり。

archaeoring at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今週のトチノキ 

2008年05月26日

今日の観音山古墳 散髪中

観音山古墳散髪中

archaeoring at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

今日の道ばた コウゾリナ

コウゾリナ

archaeoring at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の道ばた イチジク

イチジク

archaeoring at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2008年05月25日

今日の道ばた 黄色

職場の前にある土手。
秋にはクヌギをたくさん拾うところ。
黄色い花が何種類も咲いていた。
ニガナニガナ

ハナニガナハナニガナ

イワニガナ ジシバリイワニガナ

archaeoring at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

ひさしぶりに資料展示室

体験学習室今日は体験学習室の当番で出勤。
朝方の悪天候のせいか、40人足らずのお客さんだったのでやや余裕あり。
わが職場ながら久しぶりに資料展示室を見学。
発掘に出ていると、なかなか見る機会がないんだよね。


上野国印・犬甘・朝のスタンプ群馬県埋文センター発掘情報館
最新情報展「縄文人の精神世界−八ツ場地区の調査成果を中心にして−」は、僕には難しい。展示向きじゃないテーマというやつか??
面白かったのは新設ブースの出土した古代文字に関する展示。
昨年の第2期最新情報展を常設化したもの。
解説がちょっと難しいのだけれど、古代の戸籍に自分の名前を書き込んで「上野国印」のスタンプを押すというイベントがなかなか面白い。
トピック展示の「遺跡から出土した人形・玩具」はワンケースながら秀逸。
これは2月に行われた「ひとの形と考古学」の講演会参加者の感想に応えた展示でしょう。
両方とも、ホームページ上では告知されていない。
もったいないなぁ。

archaeoring at 20:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 

2008年05月24日

今日の道ばた ヤマボウシ

ヤマボウシ
女房殿も体調悪く、かかりつけの医者に連れて行く。
車を降りたら、花盛りのヤマボウシ。
裏の林からはカッコウの声が聞こえてきた。


archaeoring at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の読書 追放されしもの

Outcast (Chronicles of Ancient Darkness)
追放されしもの (クロニクル千古の闇 4)

明日は日曜開館の当番なのだけれど、体調不十分。
ぐだぐだと寝っ転がりながら、買ったままになっていたこれを。
このシリーズ、フィクション・ファンタジー部分の作りは面白いのだけれど、プレヒストリック部分が弱いんだよなぁ。

2008年05月23日

今日の読書 季刊東北学第15号

季刊東北学15号季刊東北学 第15号 (15)
特集 新たな縄文像を探る −縄文考古学最新情報
珍しく考古学プロパーの特集号。
安斎正人さんが芸工大に行かれたためだろうが、これからの展開が楽しみだ。
今回は縄文だけれど、この方向性を保ったままで弥生、古墳、古代が語られるようになると面白いのだが。。。


archaeoring at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

今日の道ばた コンフリー

コンフリー近所の空き地に咲いていた。
ひところは健康食品としてもてはやされたけれど、今では毒草扱い。
なんだかかわいそうな。。。


ところで、
バレー全日本女子、五輪出場決定。
まずは良かったね。
本番でも力一杯の、気持ちの良いプレーを期待しています。


archaeoring at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2008年05月21日

今日の道ばた テッセン

テッセン

archaeoring at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の道ばた ハナズオウ

ハナズオウ

archaeoring at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の読書 古墳時代における畿内と東国

右島和夫「古墳時代における畿内と東国−5世紀後半における古東山道ルートの成立とその背景−」
『研究紀要』第13号 財団法人由良大和古代文化研究協会 2008.3

久しぶりに古墳のお勉強。
論点は二つ。
一つは「毛野」が「上野+下野=群馬+(栃木−那須)」ではなくて、「前橋・高崎&太田・足利・佐野」だということ。
もう一つは畿内から伊那谷を経て上野に至る「古東山道ルート」が5世紀後半に開かれ、これに馬が大きな役割を果たしていたこと。

archaeoring at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)考古学 

2008年05月20日

今日の読書&今週のトチノキ

トチノキの自然史とトチノミの食文化
谷口真吾さんと和田稜三さんの共著。
和田(辻)さんの論文は気にしつつも今まで読んだことがなかった。
この本には丹念な調査から導かれた和田トチノ(キ・ミ)論が濃縮されているようだ。
谷口さんは農学畑の方とのこと。
植物としてのトチノキについて、トチノミについて、丁寧にわかりやすく書かれている。
これでトチノキを見る目が少し変わるかな?



今週のトチノキ1で。。。今週のトチノキです。
少しずつ散り始めました。

今週のトチノキ2拡大してみると、雄性花と両性花がわかるでしょうか?
左上に一つ見える、子房がふくらんだのが両性花のようです。

2008年05月19日

今日の道ばた グンバイナズナ

グンバイナズナグンバイナズナってやつじゃないかと思う。
確かに軍配。面白い形だね。

archaeoring at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2008年05月18日

今日の道ばた スダジイ

スダジイ秋にはおいしい実をたくさんつけてくれる。
幸い拾う人が他にはいないようなので、毎年遠慮なくいただいてる。
今年も期待してるよ!

archaeoring at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

昨日の読書 稲作渡来民

稲作渡来民―「日本人」成立の謎に迫る (講談社選書メチエ 411)
昨日の車中。
帰りは特にうつらうつらしながらの読書だった。
前作稲作の起源は一気に読ませるような迫力があったのだけれど、今回はまったく空振り。


archaeoring at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

雑穀研究会

雑穀焼酎懇親会では先週からおなじみになった雑穀ビールに加えてこんな焼酎が登場!
メインディッシュはやっぱり野草の天ぷら。
今回はアケビの芽や桑の葉、ヤブカラシも。。。

しかし予想以上に充実した研究会でした。
考古学とは接点の少ない、他分野の専門家が対象ということもあったのでしょう、各講師とも高質の概論と最新の情報をうまくミックスして話されていました。
また、性急な結論を求めずに、調査と研究の基本をきちっと作ろうという立場も共通していたように思います。
講演録をそのまんま種実の考古学に関するテキストにしたいくらい。
二次会の途中までしかおつきあい出来ませんでしたが、各講師の皆さんやプラントオパールのT先生、あきる野のSさん、栃木のTさん、若手研究者のタネオさん、いろいろお話を伺うことができました。
みなさん、ありがとうございました!

archaeoring at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出土種実 | 考古学

2008年05月16日

考古学における雑穀研究の現状

明日は学芸大の雑穀研究会に出かけます。
----------
第8回 雑穀研究会 春の勉強会      
テーマ:考古学における雑穀研究の現状
日 時:平成20年5月17日(土) 13:00〜17:00
場 所:東京学芸大学 環境教育実践施設 多目的教室
主 催:雑穀研究会
協 力:植物と人々の博物館
[プログラム]
13:00  挨拶・連絡など
会長挨拶:竹井恵美子(大阪学院短期大学)
事務連絡:木俣美樹男(東京学芸大学)
趣旨説明・司会:安孫子昭二 (大成エンジニアリング)
13:20  フローテーションによる雑穀の抽出   黒尾和久(あきる野市前原遺跡調査会)
13:40  レプリカ法による種子鑑定    丑野 毅(東京国際大学)
14:00  縄文時代のマメ利用         中山誠二(山梨県立博物館)
14:30  縄文時代のイネ科雑穀の利用    高瀬克範(明治大学文学部)
15:15  弥生〜古墳時代の雑穀研究の現状  浜田晋介(川崎市市民ミュージアム)
15:50  全体討議
16:50  まとめ・連絡:木俣美樹男
17:00〜19:30  終了後、懇親会

参加費(資料代):当日、申し受けます
一般 3000円、学生 1000円 
懇親会費は別に、一般2000円、学生 500円

archaeoring at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出土種実 | 考古学

ダイコン

ダイコン

archaeoring at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の観音山古墳

今日の観音山古墳校外学習の時期なのでしょうか、見学者がたくさん見えています。
来週は、ウチの現場にも職場体験の中学生が来る予定。
週半ばの天気が心配ですが、楽しい体験になると良いですね。


archaeoring at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

今日のトチノキ

今日のトチノキ

archaeoring at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今週のトチノキ 

今日の道ばた イヌタデ

イヌタデ

archaeoring at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

2008年05月14日

岩宿大学

岩宿博物館のホームページに2008年度岩宿大学の情報が載っていました。
http://www.city.midori.gunma.jp/iwajuku/

第1講 6月15日(日曜日)
『人類進化研究の最前線』 楢崎修一郎氏(群馬県埋蔵文化財調査事業団) 
第2講 7月20日(日曜日)
『旧石器時代研究の最前線』橋本勝雄氏(千葉県立現代産業科学館)
第3講 9月21日(日曜日)
『縄文草創期再考』谷口康浩氏(國學院大學准教授)
第4講 10月12日(日曜日)
『縄文集落―その多様性と研究現状―』石井寛氏(横浜市ふるさと歴史財団)
第5講 12月7日(日曜日) 
『弥生時代研究の最前線』黒沢浩氏(南山大学准教授)

各回とも午後1時30分〜

archaeoring at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)博物館 

2008年05月13日

今週のトチノキ &トチの実餅

今週のトチノキシャンデリア・ツリーという名前にふさわしい姿になってきた。

こちらはトチモチで、こちらは奥多摩で買ったトチの実餅。
原材料は水飴、餅粉、砂糖、トレハロース、とちの実、ピーナッツ、澱粉、乳化剤、酵素、着色剤とのこと。
砂糖よりトチの実のほうが少ないと言うことだね。
でも、甘さはさほどしつこくない。
ピーナツの香りと食感が強い。
女房殿と娘には好評でしたが、トチ餅と言うにはやや物足りない。

2008年05月12日

今日の道ばた ジャガイモ

じゃがいも

archaeoring at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

今日の道ばた スカシタゴボウ

スカシタゴボウ

archaeoring at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

いただき物と買い物

山のふるさと村山のふるさと村のパンフレットと「山ふるガイド」。
山ふるガイドは全部で36種類あるらしいのだけれど、全部は揃わないようだ。
18種類で800円だった。

archaeoring at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

いただきもの

雑穀展報告書雑穀のはなし


右開きが昨年6月に開かれた雑穀展の報告書。
左開きの「雑穀のはなし」は雑穀を易しく解説した絵本。

民族植物学ノオト 創刊号民族植物学ノオト 第2号

民族植物学ノオト

自然文化史研究会報 ナマステ自然文化史研究会KIDS会報

自然文化史研究会の会報。
大人用(?)と子供用

植物と人の博物館ニュースレター植物と人の博物館ニュースレター

archaeoring at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新

群馬埋文HP情報 発掘最新情報更新
上郷A遺跡(吾妻郡東吾妻町)
古代から中世と思われる落とし穴の調査です。
http://www.gunmaibun.org/saishin/index-h.htm
からどうぞ。


archaeoring at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遺跡 

群馬埋文HP情報 最新情報展第1期展示と講演会のお知らせ

平成20年度最新情報展第1期展示と講演会のお知らせが掲載されました。
テーマは「 縄文人の精神世界−八ツ場地区の調査成果を中心にして−」
縄文時代中期〜後期の敷石住居・配石遺構・墓などの施設や土偶・石棒などの呪術具から、縄文人の心を解き明かそうとする、意欲的な展示です(って、まだ見てないけど。。。)
藤巻幸男さんの講演が5月18日(日曜日)の 午後1時30分〜午後3時30分に開かれます。

詳しいことは群馬埋文のホームページ 日本語のトップからWhat's New経由で案内ページを見てください。
http://www.gunmaibun.org/guide/news/saishinjyohoten/20-1/20-1.htm


archaeoring at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2008年05月11日

青梅市郷土博物館

青梅市郷土博物館小菅村からの帰り道。
青梅街道から吉野街道に入って、まずは澤乃井櫛かんざし美術館を見学。
市立郷土博物館では馬場遺跡の炭化繊維についてうかがう。
「誰もができた石器作り」のダイジェスト展示が残っていたのはラッキーだったね。

誰もができた石器作り図録残部が少ないという図録も購入。

archaeoring at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)博物館 

雑穀講習会

キビあいにくの雨で、畑仕事は結局出来ませんでしたが、準備されていたサイドメニューが、これまたすごくボリュームのあるものでした。
特に、木俣先生のエコミュージアム論や山田先生の教育論(ごめんなさい、原体験教育の山田先生だと言うことを先ほど認識いたしました。)は、僕にとってはとても新鮮で刺激的でした。
小菅村の方々の声を聞けたのも収穫でした。
わが村と、群馬の村と共通するところ、違うところ、考えさせられました。

archaeoring at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

らんち と でぃなー

らんちでぃなー

らんちは小菅の湯、でぃなーは山水館。
蕎麦は両方とももちろん手打ち。
つゆがやや薄めなのが惜しい。
らんち、でぃなーともに天ぷらが秀逸。
ねぎ坊主、ツリガネニンジン、イタドリ、ウド(茎&葉)、イタドリ、ヨモギ、ユキノシタ&判別不能数種。
でぃなーの小鉢はオオバギボウシとクサソテツ、モミジガサ。
ヤマメとこんにゃくの刺身に、ヤマメの味噌焼き。
山菜の水煮とポテトサラダはいらなかったなぁ。

archaeoring at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

ここから山梨県

ここから山梨県

archaeoring at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

山ふるビジターセンター

山のふるさと村東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村。
ここも、晴れた日にゆっくり再訪したいところ。

archaeoring at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

奥多摩水と緑のふれあい館

奥多摩水と緑のふれあい館東京都水道局の施設らしいですね。
一階には奥多摩町の歴史資料の展示もありました。
考古資料は縄文時代のものに限られるようです。

archaeoring at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2008年05月10日

今日の道ばた ホオノキとフジ

ホオノキとフジ奥多摩周遊道路で。
天気が良ければ。。。。。

archaeoring at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ | 

奥多摩湖

cd68123b.jpg奥多摩湖に来たのは35年ぶり。
今日はあいにくの雨です。


archaeoring at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2008年05月08日

今日の道ばた サクランボ

サクランボ

archaeoring at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)草と木と・・ |