臨江閣 前橋市新出土文化財展2020今日の道ばた

2020年11月23日

岩宿博物館と曙杉(メタセコイア)

DSC00566

DSC00567
 岩宿博物館の企画展が今日まで、ということで、慌てて出かける。
 「岩宿時代の円形のムラ」 環状ブロックに関する展示のPart2。
 岩宿フォーラムのテーマに合わせた展示。
 パネルの文章からの気づきは少なからずあったものの、私には難解過ぎる展示。
 無知だねえ。
 工夫の余地はあると思うのだけど、
 岩宿博物館にして、旧石器展示は難しい、ということか。

DSC00568

DSC00578

DSC00573

DSC00571

DSC00574

DSC00576
 館を出て、ふと見上げると、ひときわ目立つ枝垂れた杉の木。
 メジリチ遺跡の、マンモスの骨や牙でつくられた復元住居の隣にある。
 ぶら下がっているのは、蕾なのかな。
 館の方に尋ねたら、メタセコイア、とのこと。
 もうすぐ、和名の通り曙色に色づくのだろう。
 




archaeoring at 19:03│Comments(0)遺跡の保存と活用 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
臨江閣 前橋市新出土文化財展2020今日の道ばた