今を生きる、未来を創る。

人生は美しい、私たちの魂は素晴らしい!! 美しい毎日を豊かに生き、望む未来を創ってください。

生と死の境界線

こんにちは、松下です。
集中して仕事してたんですが、集中が切れてしまいました。(笑)


私たちは毎日生きています。


しかしながら、いつか必ず死の訪れを迎えます。
その時が、いつやってくるのか、あらかじめ分かる人は、
ほとんどいないと思います。


ということは、死はいつか突然やってくるということです。
(事前に分からなければ、突然ですよね)


今、生きていて、いつ死ぬか分からない。


つまり、生と死の境界線は、ありませんよね。


そう想うと、人生を更に美しく感じます。

コップ半分の水

おはようございます、松下です。

すっきりと晴れています。




日本海側は、まだ大雪に注意なんですよね。雪

気を付けていただきたいです。






コップに半分残ったお水の話。





その水は残っているのか、
それともなくなったのか。


あの話には、続きがあって・・・・・



ものごとをポジティブに見たとき(ポジティブっていう表現もまた今度・・・・・)

私たちの体はどうなると思います?





進もうとしますね。






ではネガティブに見たときは、

なかなか進まないです、あるいは下がっちゃいます。





これが、視点のマジックです。



そしてこれを日常的に繰り返すと、

2つの違った見方をする人は、

1年後、10年後には、遥かに離れたところにいるのです。





あとは、前に進みたいか、

それとも後ろに進みたいか。





意思、希望。



あるいは、選択。





単純ですよね。





人生はシンプルで美しいです。

美しい人生を美しく、豊かな人生を豊かに。





楽しんでくださいね。

無限の源

こんにちは、松下です。

新大阪はすごくいいお天気です。



どうでもいいかもしれませんが、

寝る暇もないくらい忙しいです。




でも、寝ちゃうんです。





全ての人が持っていながら、

残念なことに、ほとんどの人が使っていない、

ものすごいお宝って知ってますか?





もちろん、あなたも持っています。





・・・・・






私たちの体の一番上についている、





「頭」、正確には「脳」です。





私たちの脳は優れた無限の可能性と力を持った道具です。

めちゃくちゃ使えるんです。(笑)





なんてったって、無限なんですから。





聞いたことありますよね、



人間は脳のうち3%しか使っていないって。



残りの部分を少しでも使うと、

身体の能力さえ上がっちゃうんですよ。





本当かどうか、

アインシュタインはその11%を使っていたという・・・・・(13%だったかな?)





脳を使うためには、

考えればいいんです、想像すればいいんです、集中すればいいんです。





素晴らしい世界が広がっていますから。





私はトレードのアイディアが次から次へと溢れます。

人生に対する理解が、日に日に深まります。

他にも、無限のアイディアや可能性が溢れ出てきます。





それは単に脳に働いてもらっているだけ。

便利でパワフルなんですよね〜。





もっと考えてみたらいいんですよ、

もっと想像してみたらいいんですよ、

もっと集中したらいいんですよ。





それがあなたの無限の力の源なのですから。

自分のやるべきこととは・・・・・

こんにちは、松下です。

今日は実り多い一日でした。




(毎日実り多い日なんでしょうが)(笑)





自分がやるべきこととは何だろう・・・・・



考えたことありますか?



ミッションとか使命とか。





私はミッションとか使命という言葉は使わないんですが、

よく見かけますよね。





前に私も考えたことがあって、ある先生に尋ねたんです、



「先生、私のやるべきことは、何でしょうか?」ってね。





師、答えて曰はく(なぜ急に漢文?)(笑)





「あなたのできることが、あなたのやるべきこと」





「・・・・・」





このくだりは、これまで何度も色々なところで紹介してきたんです。

多分、これからも紹介する思います。





私たちは、できることをやればいい、それが自分のやるべきことなのだから。



今の私はそんな風に想うんです。



だから、今できることを精一杯やります。



ただそれだけなんです。





それだけでも、十分なんですが。(笑)

力を与えるか、それとも、力を奪うか

こんにちは。
少し、ご無沙汰しちゃいました。


実は、ある案件の締切間近で、
大変なことになっています。(笑)


私たちの周りに起こる出来事、
人間関係、社会、色々なものを見るときに、


それが、周りに力を与えているのか、
それとも、力を奪っているのかという視点で見ると、
面白いものが見えてきます。


あるいは、あなたは力を与えてもらいたいですか、
それとも力を奪われたいですか?


同じように、
あなたは周りに力を与えていますか、
それとも周りから力を奪っていますか?


ごくシンプルな視点なんですが、
あまりそのような見方をする人はいません。


もちろん、あたしは力を与えてもらいたいですし、
誰かに力を与えられる人でいたいです。


だったら、力を与えてもらい、
誰かの力になれるなら、喜んで力になりましょう。


ずっとね。


シンプルでしょう。
シンプルに生きて行きましょうか。


いつも、ありがとうございます。

「在る」を知る

こんにちは。


新年明けましておめでとうございます。


今年も皆様にとって、
良い年でありますように。


2012年という人生の1ページが、
進んで行きます。


進んで行くのは、
時ではなく、私たち自身。


どこへ向かうかは自由、
どこへ行きましょうか?


目的地を探す時、
何かを手に入れたい時に大切なこと、


それは・・・・・


「できると知ること」


もう少し言うと、
「既にそこに在ることを知ること」


部分の総和は、全体よりも大きい。


だから、2012年を良い年にしてください。

Life is Passion!!

Life is Passion!!


2006年4月にオーストラリアで聞いた言葉です。
あの人は、そう言ってました、心の底から。


どうしたら、あんな風に情熱的に人生を生きることができるのか、
なぜ彼はあんなエネルギーを纏っているのか、
当時はそれが不思議でした。(笑)


でも、彼の言っている通りでした。


Life is Passion!!


それはジャッジや理由ではなく、
ただそう。


だから、情熱的な人生をただ生きる。


情熱を持って、情熱的に生きるか、
それとも、違う人生を生きるか。


それは、自らの選択であり、
その人自身が選ぶもの。


情熱的に生きても、
そうでなくても、
どちらでもいい。(素晴らしい)


2011年が終わり、
2012年が始まる。


情熱的に生きますか!


人生は美しい、
そして、私たちの人生は素晴らしい!

いつ不平不満を口にするか、そして、いつ感謝を口にするか。

こんにちは。


ここ数日、寒かったですね。
日本海側は、随分雪も降ったようです。


体調など壊さないよう、ご自愛ください。


私たちは毎日何気なく、言葉を使っています。
本当に何気なく・・・・


私はすごくもったいないと思います。
言葉はエネルギーであり、創造の道具なのに・・・・・


いつも不平不満を口にする人がいます。
その人には、不満な境遇や状態があるからだと思います。


いつも不平不満を口にし、その不満な境遇や状態は
いつ変わるのでしょうか。


明日、明後日、それとも1年後・・・・


1年後に状況が変わった時に、
感謝の言葉が口から溢れてくるのでしょうか・・・・・


一方で、いつも感謝を口にする人がいます。
その人には、感謝する状況があるからでしょうか。


言葉をよく聞いて、大切に使ってみませんか。


私たちの口から出た言葉は、そのまま具現化します。
目の前に、姿を現します。


不平不満を口にすれば、何が現れるのか。
感謝を口にすれば、何が現れるのか。


私たちの目の前に現れているものは、
どこから来たのか・・・・


さあ今、不平不満を口にしますか、
それとも感謝を口にしますか。


それが、私たちの実現の力です。


最初に言葉があった。
最初に感謝があった。


いつも、ありがとう。

「今」の積み重ねが、「未来」を創る

こんにちは。
クリスマスにかけての3連休、
これから少し風が強くなるようですね。


私たちは、毎日色々な想いを抱えて過ごしますね。


誰しもが想うこと、
それは


幸せに生きたい。


明るい未来を築きたい。


明るい幸せな未来とは・・・・・


未来とはいつやってくるのでしょう。
それは、今、この瞬間。


今の瞬間は、過去においての未来。
つまり、未来とは今。


おそらく、同じ意味で、過去も今なんでしょうね。


未来を幸せに生きることとは、
今を幸せに生きること。


今、幸せ。
それが、未来。


完結してはいかがでしょう、今を。


今、私は幸せです、と。


幸せで、温かいクリスマスをお過ごしください。
世界がやさしいクリスマスに包まれますように!

素直に耳を傾ける

こんばんは、すっかり暗くなっちゃいましたね。
今週は、忘年会やクリスマスムード、一色でしょうか。


日々の暮らしの中で、
私たちはどこかに向かおうとして、
試行錯誤し、悩み、迷いますよね。


でも・・・・・


悩まなくてもいいのかも知れない、
ただ素直に耳を傾ければ。


何に・・・・・


何でもいいんじゃないでしょうか、
私たちには常に色んなメッセージが届いています。


色々な姿、形で。


そう思って、見ていると、聞いていると、
毎日って楽なのかも知れない。


っていうか、昔、言われたんです。
流れを見てください、って。


同じですよね。


流れを見る


耳を傾ける


委ねる


力を抜いて、楽に。
さあ、素直に耳を傾けましょうか。


いつも、ありがとう。

何を見るか?

こんにちは。
昨日は1dayセミナーがあり、ついつい力が入り過ぎちゃいました。(⌒∇⌒)


もう7年になりますが、今でも力が入ります。


さっき仕事で梅田の地下を歩いてました。
クリスマスシーズンですので、人が多い、多い。


そんな行き交う人の顔を見ていると、
何だか嬉しくなっちゃいます、何もないんですが。


行き交う人の顔に何を見るか、
あるいは、何も見ないのか。


それは、その人次第。


昔、同じような時期に、同じような場所で、
不思議な景色を見て、以来、世界が輝きを放っています。


世界は美しいですね。
美しい世界に、感謝。


大丈夫?それとも、ダメ?

こんにちは。
今日は、冬とは思えない陽気です。


私は、日々話をする仕事をしていることもあり、
言葉の大切さ、というものを感じます。


別に、仕事で話さなくとも、
私たちのコミュニケーションは、
会話を中心に行われるので、みんなに大切ですね。


その話の中で、あるいは意識の中で、
知らず知らずのうちに、大きく2つの道に分かれていくことがあります。


その2つとは、

「大丈夫」

そして

「ダメ」


全く違いますね。
1つは安心、1つは不安かも知れません。


なぜ、安心なのでしょう。
逆に、なぜ不安なのでしょう。


これには、いつものごとく深い理由があるのですが( ̄ー ̄)ニヤリッ
それは置いといて


言葉として、先に使ってしまうといいのです。
「大丈夫」ってね。


「最初に言葉があった。」
という言葉を聞いたことがあります。


おそらく1つの真理なのでしょう。


いつも使う言葉の中で、
あるいはいつも持つ意識の中で、


「大丈夫」
を持ってみませんか。


少なくとも、いつも「ダメ」と思っているよりは、
日々の暮らしが変わってくると思いますよ。


だって、「あなたは、大丈夫」なのだから。

天才

おはようございます。
ヒンヤリとはしていますが、気持ちの良いお天気ですね。


時々なんですが、「天才」という言葉に、
思いを馳せます。


私は、決して天才ではなかったので。(⌒∇⌒)


でも今は、その想いはちょっと違っていたことに、
気づきました。


人は、「天才」と聞くとどうしても、
「あの人には、他の人にはないスゴイ才能がある。天才だ」
というように、限られた特定の人にしかない才能のように
思っています。


しかし、今の私の理解は違います。


「天才」とは、「天から与えられた才能」。
つまり、私たち全員が既に持っているものです。


誰も持っていない人などいないのです。


あなたにも天才がある、隣の人にも天才がある、
全ての人に。


もちろん、全ての子どもたちに。


この場合の、「天」というのは、
無理に神様と思わなくてもいいです。


ただ、与えられているのですから。


まあ、与えているのが誰かと言う話は、長くなりますので、
また今度。( ̄ー ̄)ニヤリッ


ねっ、みんな天才ですよ。
早く気づいて、受け取りましょうね。


あるいは、受け取っていることに気づきましょうね。
あなたの天才を!!

人生いろいろ

おはようございます。
もうすぐ2011年も終わるんですね・・・


今日のタイトルを見て、
歌のフレーズを思い出した方、
私と同世代ですね。(⌒∇⌒)


大学生とか、就職したての頃、
カラオケボックスで歌いました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


街を歩きながら、多くの人のお顔を見ていると、
様々な人生があるんだな〜、と感慨深くなります。


同じように、たまに海外に赴くと、
なおさらです。


私たちは、ついつい外の景色に目が向いてしまいます。
本当は気になっているのは、内側なのに。


70億の人が地球で生きていけば、
70億の人生があります。


そのいずれにも、上下もなく、高低もなく、
優劣もありません。


ただ、在ります。


だとすれば、大切なことは、
どう生きるか。


どう生きるかという視点に立った時、
周りの方の人生も、同じように大切になるでしょう。


70億の人生が。


先日のセミナーで、口をついて出た言葉があります。


重要なことは、明日世界がどうなるかではありません。
明日、どう生きるかです。


言葉は大切に使わなければいけませんが、
私はそう想います。


人生いろいろ、
ご自身の人生を生きてください。


いつも、ありがとう。

感謝の心と言葉

おはようございます。


もうずいぶん前に、お二人の方からほぼ同時に、
「ありがとうと言うといいですよ」と言われました。


同じことを2回言われた時は、
素直に実践した方がいいです。


それは、メッセージですから。


ちなみに、私は同じことを
数か月にわたって7回言われたことがあります。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


話を戻して、
「ありがとう」です。


その頃は、その意味が分かりませんでした。
また言えませんでした。


しかし、いつしか言えるようになって、
それが習慣やクセになって、
それも超えて、素直にそうなって・・・・・


今では言葉の最後や文章の最後に、
出てくるようになりました。


あるいは、心の中で。


そうすると・・・・・


心が満ち足りていることに気づきます。
特に何かあるわけではないのに。


それが満足、それが感謝なんですね。


何気ないものなのですが、
揺るぎない真理がありますよ。


やってみてくださいね。


ありがとう

夢を描く

こんにちは。
お久しぶりです。

5年以上空きました。
他のところでは、いろいろと露出しているのですが。(笑)

ブログのタイトルも変え、
好きなことを語っていきたいと思います。

素直に心の内を。
今を生きて、未来を創る軌跡を。



あなたは夢を抱いていますか?

それはどんな夢ですか?

ぜひ抱き続けてくださいね。
心と頭から離すことなく、常に、ずっと・・・・

いつしか夢が叶っていることでしょう。
それは、叶えたい夢なのでしょう。

だから、叶えましょう。


私も夢があります。
今、44歳ですが、ずっと夢を抱いてきたような気がします。

そして、色んな夢が叶いました。

私たちは、実現するために、
今、ここにいます。

だから実現しましょう。

夢には限界は要りません。
自分で境を取り払って、無限に夢を叶えてくださいね。

私もそうやって、実現させていきます。


皆さんの夢が実現しますように!!

「愛すること、愛を伝えること」

突然顔から火が出そうなタイトルですが、(笑)

それでも書いてみようと思います。

 

何かが音を立てて変わり始めた2001年1月の新幹線の中、

あれから5年7ヶ月、余りにも色々なことがありました。

 

悲しいこと、悔しいこと、腹立たしいこと、涙が出たこと、

情けないこと、無力なこと、そしてつらいこと・・・

それでも毎日が楽しくて幸せでここまで来ることができました。

 

それにはもちろん妻や子供、家族や多くの友人、

その他の大勢の人の力を借りました。

いつも心から感謝をしたいと思います。

 

ここ5ヶ月はそんな中でも静かなる、

そして大いなる変化の時間でした。

 

そして、辿り着いた想い、

それは「愛すること、そして愛を伝えること」。

 

そこには特別なものなど必要ないと思うのです。

ただ愛するだけ、そして同時に愛を伝えるだけ。

 

男ですから、こんな話は照れくさいですが、

それでもそれが自分自身と思うからこそ、

そう生きて行こうと思います。

 

全ては「愛すること、愛を伝えること」

ダイヤモンドザイ編集部刊「商品トレード超入門」で紹介されました。

一番売れてる株の雑誌ザイが作った 商品トレード超入門

こんばんは、昨日の雨ですっかり涼しくなりました。

さて今日はちょっと宣伝です。

実は、松下の本が書店に並んでいます。

嘘です。(笑)ある本の一部に紹介されました。

それは、「商品トレード超入門」(ダイヤモンドザイ編集部刊) 

第4章をまるごとかけての紹介で恐縮します。

内容は松下の原点とも言える、「投資で失敗しない7つの法則」です。

顔写真も一枚だけ入っているので、間違いなく分かると思います。

良ければ、書店で手に取って見て下さい。

ちなみに印税は入ってきません。(爆)

それでも嬉しいものです。

だって巻頭はジム・ロジャーズですし、

同じページに、ラリー・ウィリアムズやジェシー・リバモアの

名前が並んでいるのですから、光栄です。

これからも伝えたいことを伝えていきます。

いつもありがとうございます。

 

 

夢の原点

私の夢の原点は、今から20年前のある雑誌との
出会いから始まります。

その時の特集記事は
“チェルノブイリの後遺症”というような内容でした。

確か付近の住民に甲状腺癌が多発することや、
生後まもなく亡くなる赤ちゃんのことなどが
取り上げられていました。

時は過ぎて、社会人になった私は次に心を
揺さぶられる本に出会います。
それは“ルーマニア エイズと闘う子供たち”
と“もっと生きたいの”という2冊の本です。
http://www.gaifu.co.jp/books/ISBN4-7736-1802-7.html
http://www.gaifu.co.jp/books/isbn4-7736-2201-6.html

チャウシェスク元大統領の誤った政策の下、
明らかに人為的に起こった、子供のエイズ感染の増大、
その事に取り組む日本人ジャーナリストの書いた本でした。

チェルノブイリの水頭症の大きな頭で笑う赤ちゃん、
ルーマニアの屈託のない笑顔の子供と、
悲しみの涙にくれるお母さんの写真を見て、
涙が出る想いをしながら、いつか何かができる人間になろう、
そう想った気がします。

それから10数年、今の私は原点に戻りつつあります。

私は世界が愛と喜びに溢れていると思います。
しかし、嘆きと悲しみにくれている人たちがいるのも事実です。

ならば私は愛を伝えたいと想います。
戦下の子供、飢餓や貧困にある子供、病床にある子供
直接彼らを抱きしめて、愛を伝えられる、
そんな行動を取りたいと想います。

ふと夏の休みに夢について考えてみました。

やはり夢はいいですね、夢を語ることも。
だってその夢を叶えることが出来るのですから。

ぜひ皆さんも夢を語りませんか。
あなたの夢を聞かせてください。

お待ちしています。

「足るを知る」

先日久々に書きたいことを書いてみたら、

思わず「禅」の世界か?という言葉が出てきました。

 

そして今日、家族全員で行ったところは、

「福井県立恐竜博物館」と「永平寺」?。

 

その永平寺の拝観の最後に差し掛かったところに

いくつかの教えが写真とともに飾ってありました。

いずれも心にしみる言葉でしたが、その中に一つ

「貪欲が起これば、美しい心は消える。仏心とは足るを知ることである。」

という言葉がありました。

 

この言葉を見たとき、「またかー」って思いました。

4月にオーストラリアでアンソニー・ロビンスに大きな気づきを

与えてもらって以来、今日で合計9人から同じことを言われて来ました。

 

それは「己を知る」ということ。

 

いつか誰からも言われなくなったとき、

そのとき私は「足るを知る」己になっているのでしょう。

ありがとうございます。

Profile
Amazonライブリンク



  • ライブドアブログ